メインページ > 国立国会図書館サーチについて > 第21回図書館総合展フォーラム「国立国会図書館サーチのこれから:書籍等分野・図書館領域のつなぎ役として」(2019年11月)

第21回図書館総合展フォーラム「国立国会図書館サーチのこれから:書籍等分野・図書館領域のつなぎ役として」(2019年11月)

2019年11月12日、第21回図書館総合展において「国立国会図書館サーチのこれから」をテーマにフォーラムを開催し、書籍等分野・図書館領域のつなぎ役としての国立国会図書館サーチ(NDLサーチ)の連携のあり方について議論しました。

当日の発表資料を公開しております。

  1. 講演Ⅰ
    「NDLサーチのこれまでと今後」
    川瀬 直人(電子情報部電子情報サービス課主査)
    発表資料[PDF; 886KB]
  2. 講演Ⅱ
    「NDLサーチ連携機関からの事例報告①;「叡智の杜Web」 フューチャー&パスト」
    日野 文都(宮城県図書館企画管理部企画協力班主任主査)
    発表資料[PDF; 757KB]
  3. 講演Ⅲ
    「NDLサーチ連携機関からの事例報告②;慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクションの現状と今後の展望」
    稲木 竜(慶應義塾大学メディアセンター本部電子情報環境担当(システム))
    発表資料[PDF; 3.88MB]
  4. 講演Ⅳ
    「NDLサーチ連携候補機関からの事例報告;三重県総合目録の現状と今後の展望」
    垣内 志織(三重県立図書館企画総務課主任)
    発表資料[PDF; 431KB]
  5. パネルディスカッション
    モデレーター 原田 隆史(同志社大学教授/国立国会図書館非常勤調査員)
    記録[PDF; 331KB]
    主なご質問及び回答[PDF; 226KB]

当日の様子





▲ ページの先頭へ
◀ 説明会資料 へ