メインページ > お知らせ > 国立国会図書館サーチのセキュリティ対策について:TLS1.0/1.1無効化のお知らせ

国立国会図書館サーチのセキュリティ対策について:TLS1.0/1.1無効化のお知らせ

2022年7月21日

国立国会図書館サーチでは、セキュリティ対策として、2022年7月20日から、TLS1.0/TLS1.1による暗号化通信を無効化いたしました。

TLS 1.2に対応していない端末(フィーチャーフォン等)やブラウザ等の環境からは、国立国会図書館サーチ(各種APIサービスを含む)をご利用いただけなくなります。
TLS 1.2に対応した環境からのアクセスをお願いいたします。

<対象となるウェブサイト>
国立国会図書館サーチ(https://iss.ndl.go.jp/

<対象となるAPIサービス>
SRU(https://iss.ndl.go.jp/api/sru
OpenSearch(https://iss.ndl.go.jp/api/opensearch
OpenURL(https://iss.ndl.go.jp/api/openurl
OAI-PMH(https://iss.ndl.go.jp/api/oaipmh
書影API(https://iss.ndl.go.jp/thumbnail

本作業は、TLS 1.0/1.1による暗号化通信を無効化することにより、第三者によるデータの盗聴・なりすまし・改ざんなどのリスクを軽減することを目的としています。
ご不便をおかけしますが、ご了承くださいますようお願いいたします。

※参考
  • 国立国会図書館サーチのセキュリティ対策について:TLS1.0/1.1無効化のお知らせ(予告)(2022年7月6日)
  • 国立国会図書館サーチのセキュリティ対策について:TLS1.0/1.1無効化のお知らせ(予告)(2022年2月3日)