メインページ > お知らせ > ゆにかねっとのデータ提供館追加・一部遷移方式改善のお知らせ

ゆにかねっとのデータ提供館追加・一部遷移方式改善のお知らせ

2021年8月30日

2021年8月30日から、相模原市立図書館が、新たに国立国会図書館総合目録ネットワーク(ゆにかねっと)データ提供館になりました。
これにより、国立国会図書館サーチから相模原市立図書館の蔵書を検索できるようになりました。書誌詳細画面の「見る・借りる」欄のリンクから、相模原市立図書館OPACの書誌詳細画面へ直接遷移できます。

また、既存のデータ提供館である札幌市中央図書館名古屋市図書館について、遷移方式の改善を行いました。
これにより、書誌詳細画面の「見る・借りる」欄のリンクから、札幌市中央図書館、名古屋市図書館のOPACの書誌詳細画面へ直接遷移できるようになりました。
直接遷移できる図書館については、「同じ本を所蔵している図書館をまとめて表示する」をご覧ください。

2021年8月現在、ゆにかねっとのデータ提供館は67館 になり、そのうち国立国会図書館サーチから直接遷移できる公共図書館は54館になりました。
今後も、遷移方式の改善を順次行う予定です。