メインページ > お知らせ > 「琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ」との連携を開始しました

「琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ」との連携を開始しました

2021年6月28日

国立国会図書館サーチは2021年6月28日から、琉球大学附属図書館が運営する「琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ」との連携を開始しました。

「琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ」は、琉球・沖縄に関する貴重資料を電子的に公開しているサイトです。「宮良殿内文庫」、「仲宗根政善文庫」、ハワイ大学所蔵の「阪巻・宝玲文庫」をはじめとした各種コレクションのデジタル画像化に加え、翻刻・現代語訳・英訳なども行っております。
今回の連携により、「琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ」のメタデータを国立国会図書館サーチにて検索できるようになりました。

琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブのメタデータは、国立国会図書館サーチが提供している各種APIからもご利用いただけます。メタデータについては「クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 パブリック・ライセンス」(CC BY)の条件により、国立国会図書館サーチからご利用いただくことが可能です。

※APIの利用方法及び、APIを利用して取得したメタデータのご利用にあたっては、「APIのご利用について」をご参照ください。

【データプロバイダの詳細】
データプロバイダID:u-ryukyu
リポジトリ番号:R100000112
データ件数:約1700件
OAI-PMHでのデータの起点(datestamp):2021-06-24T02:51:47Z