メインページ > お知らせ > ExcelでNDL書誌データを取得する : APIを利用したツール「NDL書誌データ取得シート」のご紹介

ExcelでNDL書誌データを取得する : APIを利用したツール「NDL書誌データ取得シート」のご紹介

2020年3月16日

国立国会図書館サーチではAPI(外部提供インターフェース)を通して、収集したメタデータを外部システムで利用しやすい形で提供しています。APIを通じて国立国会図書館の書誌データ(メタデータ)を取得するためのツールがいくつか公開されています。
その中のひとつ「NDL書誌データ取得シート」をご紹介します。

「NDL書誌データ取得シート」はExcelを使用しISBNのリストをもとに対応する国立国会図書館の書誌データを簡単に取得できるものです。

また、エクセルのマクロ機能で作成されているため、専門的なプログラミングの知識がなくても取得するデータ項目の変更などのカスタマイズが可能です。

「NDL書誌データ取得シート」は同志社大学の原田隆史教授が作成したもので、以下のURLから最新版がダウンロード可能です。


国立国会図書館ホームページで、「NDL書誌データ取得シート」の詳しい使い方をご紹介しています。

本ツールは蔵書管理システム未導入の図書館・図書室や蔵書管理システムへのインポートなどで幅広く利用されています。
どうぞご活用ください。