メインページ > お知らせ > オープンデータとして利用可能なメタデータが追加されました

オープンデータとして利用可能なメタデータが追加されました

2019年9月27日

国立国会図書館サーチと連携する一部のデータベースのメタデータを、オープンデータとして国立国会図書館サーチからご利用いただけるようになりました。

メタデータの利用条件及び対象のデータベースについては以下の通りです。

クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 パブリック・ライセンス(CC BY)

  • 札幌市中央図書館デジタルライブラリー札幌市中央図書館
    札幌市中央図書館が所蔵する、主に江戸後期から明治期までの貴重資料をデジタル化して公開するサイトです。古典籍、北海道関係を中心とした古書、古地図、自筆資料、錦絵などが検索できます。
  • 徳島県立図書館デジタルライブラリ徳島県立図書館
    徳島県立図書館が所蔵する絵図、阿波国文庫、阿波学会研究紀要を公開するサイトです。

  • 国立国会図書館サーチでは、外部提供インタフェース(API)等を通じ、提供するメタデータをより広くご利用いただくために、関係機関との協力のもとメタデータの二次利用条件表示に向けた取り組みを進めています。
    現在、国立国会図書館サーチのAPIでご利用いただけるデータプロバイダについては、「API提供対象データプロバイダ一覧 」をご覧ください。

    APIの利用方法及び、APIを利用して取得したメタデータのご利用にあたっては、「APIのご利用について」をご参照ください。