メインページ > お知らせ > 国立国会図書館が作成し提供する書誌データがオープンデータになりました

国立国会図書館が作成し提供する書誌データがオープンデータになりました

2019年4月1日

2019年4月1日から、国立国会図書館が作成し提供する書誌データは、利用目的にかかわらず、どなたでも無償で自由にご利用いただけるようになりました。

国立国会図書館サーチからAPIを通じて取得できる書誌データでは、

  • 国立国会図書館オンライン(雑誌記事索引)
  • 国立国会図書館オンライン
  • NDL新着書誌情報
  • NDL全国書誌情報
が当館が作成したものであり、無償で自由にご利用可能です。
書誌データの利用条件は「書誌データの利用」に掲載の通りであり、CC BY(クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)) に従うことでも利用が可能です。

国立国会図書館サーチのAPIの仕様等については「API仕様の概要」および「API提供対象データプロバイダ一覧」をご覧ください。

参考: