メインページ > お知らせ > 検索対象データベース「JAIRO」のサービス終了に伴う対応について

検索対象データベース「JAIRO」のサービス終了に伴う対応について

2019年3月26日

国立国会図書館サーチの検索対象データベースである「JAIRO」(提供機関:国立情報学研究所)が、
2019年3月末にサービス終了し、4月3日より、新IRDB(https://irdb.nii.ac.jp/)が公開されます。

これに伴い、国立国会図書館サーチでは以下の対応を行います。

(1)データプロバイダ名の変更

  • 2019年4月3日
    当該データプロバイダの国立国会図書館サーチでの名称を、
    「JAIRO」から「学術機関リポジトリデータベース(IRDB)(機関リポジトリ)」に変更します。

(2)国立国会図書館サーチからの遷移先の変更

  • 2019年4月3日以降
    検索結果一覧画面や書誌詳細画面からの遷移先が、
    当面の間、「学術機関リポジトリデータベース(IRDB)」のトップ画面となります。
    IRDBの検索画面から、論文等の再検索が可能です。
  • 2019年度中(予定)
    検索一覧画面や書誌詳細画面からの遷移先を
    IRDBに参加する各機関リポジトリの書誌詳細画面に変更します。

参考: