メインページ > お知らせ

システムリプレースに伴うデータ更新の遅延について(2020年11月~2021年1月)

2020年11月11日

国立国会図書館サーチでは、2020年11月から2021年1月にかけてシステムリプレースを実施いたします。
リプレースに伴う作業のため、下記の期間中、連携先データベースで行われたデータ更新が国立国会図書館サーチへ反映されるまで通常よりも数日程度時間を要する場合があります。
2020/11/13(金)~2021/01/04(月)

そのため、以下の情報の更新にも通常より時間を要する場合があります。

  • 各API
  • 新着書誌情報、全国書誌RSS
  • 全国書誌(電子書籍・電子雑誌編)TSVファイル

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

連携インタビュー第3弾(デジタルアーカイブ福井)を掲載しました。

2020年10月30日

連携インタビュー第3弾として、「デジタルアーカイブ福井」担当へのインタビューを掲載しました。

デジタルアーカイブ福井(福井県立図書館ほか)

デジタルアーカイブ福井は福井県立図書館・福井県文書館・福井県ふるさと文学館が管理する資料を中心とした協同検索データベースです。
古典籍・新聞・古文書・歴史的公文書・写真などを画像とともに公開していて、福井県ゆかりの人物や文学者に関する資料も調べることができます。

インタビューでは、特に福井県内の各機関の協同によるシステム構築の取り組みとその経緯についてお話しいただきました。デジタルアーカイブ福井で図書館資料以外にも写真や公文書、文学館資料など、様々な資料を公開した背景についてもお話しいただいています。是非ご覧ください。


連携機関インタビュー
国立国会図書館サーチでメタデータが検索できる。その裏には、連携するデータベース一つ一つに担当者のご尽力があります。
どのような思いで図書館システムやデジタルアーカイブを構築・運用され、連携を実現いただいたのか、伺ったお話を掲載しています。

オープンデータとして利用可能なメタデータが追加されました

2020年10月5日

国立国会図書館サーチと連携する一部のデータベースのメタデータを、オープンデータとして国立国会図書館サーチからご利用いただけるようになりました。

メタデータの利用条件及び対象のデータベースについては以下の通りです。

クリエイティブ・コモンズ CC0 1.0 全世界 パブリック・ライセンス(CC0)

  • 都市横浜の記憶横浜市中央図書館
    横浜市中央図書館が都市横浜の記憶装置として、これまで蓄積をしてきた横浜資料を活用し、横浜の変遷、成長過程を浮き彫りにすることを目的としたサイトです。

  • 国立国会図書館サーチでは、外部提供インタフェース(API)等を通じ、提供するメタデータをより広くご利用いただくために、関係機関との協力のもとメタデータの二次利用条件表示に向けた取り組みを進めています。
    現在、国立国会図書館サーチのAPIでご利用いただけるデータプロバイダについては、「API提供対象データプロバイダ一覧 」をご覧ください。

    APIの利用方法及び、APIを利用して取得したメタデータのご利用にあたっては、「APIのご利用について」をご参照ください。

    JapanKnowledgeのデータを更新しました

    2020年7月6日

    JapanKnowledgeのデータを更新しました。
    JapanKnowledgeは、辞書・事典を中心にした総合データベースであり、国立国会図書館サーチでは年に2回ほどデータの更新を行っております。
    今回の更新では、『岩波 世界人名大辞典』、『日本長期統計総覧』等が追加され、現在ご利用いただけるデータ件数は約500万件です。

    書誌情報の中の言葉の読み方、意味・定義が分からないといった時に、信頼のおける辞書・事典を使って即座にそれを調べることができます。ぜひご活用ください。

    参考:
    新規連携機関の追加、入手手段へのナビゲーションの拡充など新機能リリースのお知らせ(2014年4月8日)

    「京都大学蔵書検索KULINE 貴重資料」との連携を開始しました

    2020年7月6日

    国立国会図書館サーチは2020年7月6日から、京都大学図書館機構が運営する「京都大学蔵書検索KULINE 貴重資料」との連携を開始しました。
    これにより、京都大学が所蔵している貴重資料を国立国会図書館サーチにて検索できるようになりました。その中でもデジタル化・公開している資料については、「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ」へ遷移することで、画像データを閲覧することができます。

    京都大学蔵書検索KULINE 貴重資料のメタデータは、国立国会図書館サーチが提供している各種APIからもご利用いただけます。メタデータについては「クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 パブリック・ライセンス」(CC BY)の条件により、国立国会図書館サーチからご利用いただくことが可能です。

    ※APIの利用方法及び、APIを利用して取得したメタデータのご利用にあたっては、「APIのご利用について」をご参照ください。

    【データプロバイダの詳細】
    データプロバイダID:u-kyoto
    リポジトリ番号:R100000105
    データ件数:約3万件
    OAI-PMHでのデータの起点(datestamp):2020-07-06

    連携機関インタビューを掲載しました

    2020年6月19日

    国立国会図書館サーチでは、連携機関ご担当の方へのインタビューを始めました。

    連携機関インタビュー https://iss.ndl.go.jp/information/renkei/renkei-interview/

    国立国会図書館サーチでメタデータが検索できる。その裏には、連携するデータベース一つ一つに担当者のご尽力があります。
    どのような思いで図書館システムやデジタルアーカイブを構築・運用され、連携を実現いただいたのか、具体的にお話を伺いました。

    ぜひ、ご覧ください。 

    国立国会図書館サーチの公式Twitterアカウントを開設しました

    2020年6月18日

    国立国会図書館サーチ(NDLサーチ)はこのほど、公式Twitterアカウントを開設しました。

    国立国会図書館サーチTwitter: https://twitter.com/iss_ndl

    NDLサーチからのお知らせや機能の紹介、検索できるデータプロパイダの紹介や連携に関する情報の発信を行っていきます。
    利用者、連携機関の方々にとって、より身近で使いやすいNDLサーチを目指します。

    ぜひ、ご覧ください。

    利用者サービスアンケートにご協力をお願いします(2021年3月31日まで)

    2020年6月16日

    国立国会図書館サーチをはじめ、国立国会図書館が提供する各種サービスのご利用に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。
    アンケート実施期間:2020年4月1日から2021年3月31日まで

    利用者サービスアンケートに答える(別ウィンドウで開きます)
    アンケートの詳細については「利用者アンケートのページ」をご覧ください。

    一部公共図書館への遷移方式改善のお知らせ

    2020年5月25日

    書誌詳細画面の「見る・借りる」欄のリンクから、各公共図書館のOPACの書誌詳細画面へ直接遷移できる図書館に「山形県立図書館」、「神奈川県立図書館」、「神奈川県立川崎図書館」が加わり、合わせて45館となりました。

    直接遷移できる図書館については「同じ本を所蔵している図書館をまとめて表示する」をご覧ください。

    今後も、遷移方式の改善を順次行う予定です。

    お問い合わせ等への対応について

    2020年4月13日

    現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた対応に伴い、利用者の方や関係機関のみなさまからのお問い合わせ・ご連絡への対応に、通常より時間を要する場合がございます。
    ご理解くださいますようお願いいたします。
    また、国立国会図書館サーチから資料を検索可能な図書館等でも、サービスの縮小・休止を実施している場合がございます。
    ご利用の際は各図書館等のホームページなどで最新の状況をご確認ください。