メインページ > お知らせ

利用者サービスアンケートにご協力をお願いします(2020年3月31日まで)

2019年4月23日

国立国会図書館サーチをはじめ、国立国会図書館が提供する各種サービスのご利用に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。
アンケート実施期間:2019年4月1日から2020年3月31日まで

利用者サービスアンケート(別ウィンドウで開きます)
アンケートの詳細については「利用者アンケートのページ(別ウィンドウで開きます) 」をご覧ください。

オープンデータとして利用可能なメタデータが追加されました

2019年4月12日

青森県立図書館が運営する「青森県立図書館デジタルアーカイブ」のメタデータを「クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 パブリック・ライセンス」の条件(以下「CC BY」)により
国立国会図書館サーチからご利用いただけるようになりました。

国立国会図書館サーチでは、外部提供インタフェース(API)等を通じ、提供するメタデータをより広くご利用いただくために、関係機関との協力のもとメタデータの二次利用条件表示に向けた取り組みを進めています。
現在、以下の10データプロバイダのメタデータを「CC BY」によりご利用いただけます。

  • 青森県立図書館デジタルアーカイブ
  • 国立国会図書館オンライン(雑誌記事索引)
  • 国立国会図書館オンライン
  • NDL新着書誌情報
  • NDL全国書誌情報
  • 奈良県地域史料目録
  • まほろばデジタルライブラリー
  • デジタルアーカイブシステムADEAC
  • 文化遺産オンライン
  • ColBase: 国立博物館所蔵品統合検索システム

  • APIの利用方法及び、APIを利用して取得したメタデータのご利用にあたっては、「APIのご利用について」をご参照ください。

    「青森県立図書館デジタルアーカイブ」との連携を開始しました

    2019年4月12日

    国立国会図書館サーチは2019年4月12日から、青森県立図書館が運営する「青森県立図書館デジタルアーカイブ」との連携を開始しました。
    これにより、国立国会図書館サーチで青森県立図書館が所蔵する貴重資料や郷土資料等を検索することが可能となりました。

    青森県立図書館デジタルアーカイブのメタデータは、国立国会図書館サーチが提供している各種APIからもご利用いただけます。

    【データプロバイダの詳細】
    データプロバイダID:aomori
    リポジトリ番号:R100000101
    データ件数:約200件
    OAI-PMHでのデータの起点(datestamp):2019-04-10T23:57:14Z

    APIの利用方法及び、APIを利用して取得したメタデータのご利用にあたっては、「APIのご利用について」をご参照ください。

    国立国会図書館が作成し提供する書誌データがオープンデータになりました

    2019年4月1日

    2019年4月1日から、国立国会図書館が作成し提供する書誌データは、利用目的にかかわらず、どなたでも無償で自由にご利用いただけるようになりました。

    国立国会図書館サーチからAPIを通じて取得できる書誌データでは、

    • 国立国会図書館オンライン(雑誌記事索引)
    • 国立国会図書館オンライン
    • NDL新着書誌情報
    • NDL全国書誌情報
    が当館が作成したものであり、無償で自由にご利用可能です。
    書誌データの利用条件は「書誌データの利用」に掲載の通りであり、CC BY(クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)) に従うことでも利用が可能です。

    国立国会図書館サーチのAPIの仕様等については「API仕様の概要」および「API提供対象データプロバイダ一覧」をご覧ください。

    参考:

    オープンデータとして利用可能なメタデータが追加されました

    2019年3月29日

    奈良県立図書情報館が運営する「奈良県地域史料目録」「まほろばデジタルライブラリー」のメタデータを「クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 パブリック・ライセンス」の条件(以下「CC BY」)により国立国会図書館サーチからご利用いただけるようになりました。

    国立国会図書館サーチでは、外部提供インタフェース(API)等を通じ、提供するメタデータをより広くご利用いただくために、関係機関との協力のもとメタデータの二次利用条件表示に向けた取り組みを進めています。
    現在、以下の5データベースのメタデータを「CC BY」によりご利用いただけます。

  • 奈良県地域史料目録
  • まほろばデジタルライブラリー
  • デジタルアーカイブシステムADEAC
  • 文化遺産オンライン
  • ColBase: 国立博物館所蔵品統合検索システム

  • APIの利用方法及び、APIを利用して取得したメタデータのご利用にあたっては、「APIのご利用について」をご参照ください。

    「まほろばデジタルライブラリー」との連携を開始しました

    2019年3月29日

    国立国会図書館サーチは2019年3月29日から、奈良県立図書情報館が提供する「まほろばデジタルライブラリー」との連携を開始いたしました。
    これに伴い、「まほろばデジタルライブラリー」の前身である「奈良県立図書情報館 ふるさとデジタル化書籍+絵図展示ギャラリー」との連携は終了いたしました。

    【データプロバイダの詳細】
    データプロバイダID:nara-book
    リポジトリ番号:R000000039
    データ件数:約1,100件
    OAI-PMHでのデータの起点(datastamp):2019-03-27
    ※2019-03-27T22:00:18Z~2019-03-27T22:00:19Zは削除データとなります。

    検索対象データベース「JAIRO」のサービス終了に伴う対応について

    2019年3月26日

    国立国会図書館サーチの検索対象データベースである「JAIRO」(提供機関:国立情報学研究所)が、
    2019年3月末にサービス終了し、4月3日より、新IRDB(https://irdb.nii.ac.jp/)が公開されます。

    これに伴い、国立国会図書館サーチでは以下の対応を行います。

    (1)データプロバイダ名の変更

    • 2019年4月3日
      当該データプロバイダの国立国会図書館サーチでの名称を、
      「JAIRO」から「学術機関リポジトリデータベース(IRDB)(機関リポジトリ)」に変更します。

    (2)国立国会図書館サーチからの遷移先の変更

    • 2019年4月3日以降
      検索結果一覧画面や書誌詳細画面からの遷移先が、
      当面の間、「学術機関リポジトリデータベース(IRDB)」のトップ画面となります。
      IRDBの検索画面から、論文等の再検索が可能です。
    • 2019年度中(予定)
      検索一覧画面や書誌詳細画面からの遷移先を
      IRDBに参加する各機関リポジトリの書誌詳細画面に変更します。

    参考:

    国立国会図書館サーチのセキュリティ対応について

    2019年3月22日

    国立国会図書館サーチでは、セキュリティ強化のためにSSL/TLSへの対応を行いました。
    この対応に伴う変更点は、以下の通りです。

    1.国立国会図書館サーチ全ページのURLの変更

    国立国会図書館サーチ全ページのURLが、httpからhttpsに変わります。
    • 変更後のURL
      https://iss.ndl.go.jp(変更前のURL「http://iss.ndl.go.jp」)

    なお、当面の間、各種APIサービスについては、http、httpsともにご利用いただけます。
    • SRU(https://iss.ndl.go.jp/api/sru
    • SRW(https://iss.ndl.go.jp/api/srw
    • OpenSearch(https://iss.ndl.go.jp/api/opensearch
    • OpenURL(https://iss.ndl.go.jp/api/openurl
    • OAI-PMH(https://iss.ndl.go.jp/api/oaipmh
    • 書影API(https://iss.ndl.go.jp/thumbnail
    ※APIサービスは2019年中にhttpsでのアクセスに切替をいたします。
    ※切替後、httpによるアクセスはhttpsへリダイレクトいたします。

    2.携帯電話版サービスの終了

    携帯電話版(http://iss.ndl.go.jp/mobile)のすべてのサービスを終了しました。
    以降はPC版又はスマートフォン版をご利用ください。

    参考:国立国会図書館サーチ 携帯電話版サービス終了のお知らせ(予告)

    オープンデータとして利用可能なメタデータが追加されました

    2019年3月13日

    このたび、TRC-ADEAC株式会社の運営する「デジタルアーカイブシステムADEAC」から提供されるメタデータについて、
    クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 パブリック・ライセンス」の条件(以下「CC BY」)によりご利用いただけるようになりました。

    国立国会図書館サーチでは、外部提供インタフェース(API)等を通じ、提供するメタデータをより広くご利用いただくために、
    関係機関との協力のもとメタデータの二次利用条件表示に向けた取り組みを進めています。
    今回「デジタルアーカイブシステムADEAC」が追加されたことより、
    文化遺産オンライン」「ColBase: 国立博物館所蔵品統合検索システム」をあわせ、3データベースのメタデータを「CC BY」によりご利用いただけるようになりました。
    今後もオープンデータとして利用可能なメタデータが追加された際には順次広報させていただきます。

    ぜひご活用ください。

    なお、APIの利用方法及びAPIを利用して取得したメタデータのご利用にあたっては、「APIのご利用について」をご参照ください。

    国立国会図書館サーチのシステムメンテナンスのお知らせ(3月20日)

    2019年1月1日


    下記の時間、国立国会図書館サーチのシステムメンテナンスを実施いたします。

  • 平成31年3月20日(水曜日)12時から20時まで

  • その間、国立国会図書館サーチでは以下のサービスをご利用いただけません。
  • 国立国会図書館サーチ(PC向け、スマートフォン向け、モバイル向け*、API)
  • 国際子ども図書館 子どもOPAC

  • 上記のシステムメンテナンスに関連して、以下の期間、国立国会図書館サーチのデータ更新を停止いたします。
  • 平成31年3月15日(金曜日)から平成31年3月20日(水曜日)まで

  • ご不便をおかけしますが、どうぞご了承ください。

    *なお、モバイル向け(https://iss.ndl.go.jp/mobile) につきましては、本システムメンテナンスを持ちまして全てのサービスが終了となります。以降はPC版又はスマートフォン版をご利用ください。

    参考
  • 国立国会図書館サーチ 携帯電話版サービス終了のお知らせ(予告)