サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

粟薬師如来縁記

詳細情報

タイトル 粟薬師如来縁記
シリーズ名 1和書
シリーズ名 03仏教
シリーズ名 5寺院1寺誌
大きさ、容量等 1
注記 機関名 : 西尾市岩瀬文庫
注記 アーカイブ名 : 古典籍書誌データベース
注記 資料名 : 岩瀬文庫蔵書
注記 所蔵機関 : 西尾市岩瀬文庫
注記 タイトル関連 : 縁起集
注記 タイトル注記 : 書名は中央刷外題による。内題「尾張国年魚市郡高田村龍王山海上寺本尊薬師瑠璃光如来本縁」。
注記 カテゴリ名 : 和
部分タイトル 尾張国愛知郡高田村、龍王山海上寺(現・名古屋市瑞穂区直来町、真言宗)の本尊薬師如来の略縁起。漢字かな交じり。最初に薬師の功徳を解説する。同寺の本尊は弘法大師の御作。当国城下勝野氏某は25歳より田虫という病を患い、44歳の頃は惣身にはびこり目口に至るまで痒きこと堪え難く、既に命も危うかった。文政10年4月15日の夢に、粟穂を手にした金色の如来が現れ粟薬師を信仰するよう告げ、野中の小堂に入るのを見て目覚め、20日ばかりの間に平癒する。その後方々に問い合せ、高田村海上寺に粟薬師があると知り参詣、夢で見た小堂と同じであった。
出版年(W3CDTF) 1829
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 書写資料

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで