サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 DAISY

さわって楽しむ博物館 : ユニバーサル・ミュージアムの可能性

広瀬浩二郎 編著

詳細情報

タイトル さわって楽しむ博物館 : ユニバーサル・ミュージアムの可能性
著者 広瀬浩二郎 編著
出版地東大阪
出版社大阪府立中央図書館
出版年月日等 2012
大きさ、容量等 CD-ROM 1枚
注記 収録時間: 10時間31分
注記 原本: 青弓社 2012
注記 ISBN: 978-4-7872-0048-8
注記 システム要件 : DAISY ver.2.02
注記 製作注記 : MP3 32kbps
注記 音声DAISY
点字図書・録音図書全国総合目録番号 10267762
部分タイトル 「ユニバーサル・ミュージアム」とは何か
部分タイトル 壁を壊せ
部分タイトル 「さわる」力が地域を変える
部分タイトル 湯浅八郎と民芸品コレクション
部分タイトル 焼き物、アート、コミュニケーション
部分タイトル 人が優しい「市民ミュージアム」
部分タイトル レプリカ展示の意義と限界
部分タイトル 視覚障害者の博物館利用
部分タイトル とらえ方・伝え方
部分タイトル 「手学問」理論の創造
部分タイトル 盲学校での社会科教育
部分タイトル 文化的・歴史的探訪の手がかりとしての"手で見る絵画"の可能性
部分タイトル さわれないものを理解するための技法
部分タイトル 触覚でとらえる世界
部分タイトル 古墳壁画にさわる
部分タイトル 梅棹忠夫の博物館経営論を継承・発展させるために
部分タイトル さわる写真展の挑戦
部分タイトル ニューヨークのミュージアムでの視覚障害者の学びとエデュケーターの役割
部分タイトル 「さわる展示」の回顧と展望
部分タイトル 子ども向け暗闇体験プログラムの教育的効果
部分タイトル ロビー展「仮面の世界へのご招待」がもたらしたもの
部分タイトル ハンズ・オンから手学問へ
部分タイトル 博物館情報論から考えるユニバーサル・ミュージアム
部分タイトル "さわる"ことは目的なのか手段なのか
著者別名 ヒロセ, コウジロウ
製作者 大阪府立中央図書館
出版年(W3CDTF) 2012
受理日 2014-01-29T15:10:11Z
NDC(9版) 069.5 : 博物館
対象利用者 一般
資料の種別 視覚障害者向け資料
資料の種別 DAISY
記録形式 音声DAISY
記録形式(IMT形式) application/octet-stream
記録形式(IMT形式) text/html
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで