サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 博士論文

病院原価管理論

荒井耕 [著]

詳細情報

タイトル 病院原価管理論
著者 荒井耕 [著]
出版社[荒井耕]
出版年月日等 [2001]
大きさ、容量等 1冊
注記 博士論文
注記 博士論文
DOI 10.11501/3185583
製作者 国立国会図書館
出版年(W3CDTF) 2001
NDLC UT51
資料の種別 博士論文
授与大学名 一橋大学
授与年月日 平成13年3月28日
報告番号 甲第124号
学位 博士 (商学)
記録形式(IMT形式) image/jp2
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
国立国会図書館内公開

目次
 

  • 目次 / p1 (0005.jp2)
  • 序章 問題提起 / p1 (0012.jp2)
  • 第1節 病院原価管理論の必要性 / p1 (0012.jp2)
  • 第2節 本研究の視点と方法 / p1 (0012.jp2)
  • 第3節 本論文の構成 / p3 (0014.jp2)
  • 第I部 米国の病院における原価管理の展開~原価管理対象の多様化 / p6 (0017.jp2)
  • 第1章 原価管理対象の多様化の背景 / p6 (0017.jp2)
  • 第1節 83年メディケア償還制度改革と病院原価管理への影響 / p6 (0017.jp2)
  • 第2節 マネジドケアによる医療管理の強化と病院原価管理への影響 / p8 (0019.jp2)
  • 第2章 部門別原価計算・原価管理中心の時代~83年メディケア償還制度改革まで / p10 (0021.jp2)
  • 第1節 部門別原価計算・原価管理の必要性の認識(65年メディケア創設以前) / p10 (0021.jp2)
  • 第2節 部門別原価計算・原価管理の普及(65年メディケア創設以降) / p11 (0022.jp2)
  • 第3節 部門別原価計算・原価管理の洗練化(83年改革及びマネジドケアの管理強化以降) / p12 (0023.jp2)
  • 第4節 本章のまとめ / p16 (0027.jp2)
  • 第3章 部門内各種サービス別原価計算・原価管理の本格化~83年メディケア償還制度改革以降 / p17 (0028.jp2)
  • 第1節 多様な部門内各種サービス別原価計算方法の内容と性質 / p17 (0028.jp2)
  • 第2節 部門内各種サービス別原価計算・原価管理の普及と洗練化(83年改革以降) / p24 (0035.jp2)
  • 第3節 部門内各種サービス別原価計算・原価管理のさらなる洗練化・徹底化(80年代末以降) / p26 (0037.jp2)
  • 第4節 本章のまとめ / p27 (0038.jp2)
  • 第4章 疾病(DRG)別原価計算・原価管理の本格化~83年メディケア償還制度改革以降 / p29 (0040.jp2)
  • 第1節 疾病(DRG)別原価計算・原価管理の普及(83年改革以降) / p29 (0040.jp2)
  • 第2節 普及していった疾病(DRG)別原価計算の計算構造~メディケア原価報告書方式の部門別原価計算を基本枠組みとした計算構造 / p30 (0041.jp2)
  • 第3節 疾病(DRG)別原価計算・原価管理の洗練化(80年代末以降) / p34 (0045.jp2)
  • 第4節 本章のまとめ / p36 (0047.jp2)
  • 第5章 医師別原価管理の本格化~マネジドケアによる医療管理の強化(80年代末)以降 / p38 (0049.jp2)
  • 第1節 医師別原価管理(医師プロファイリング)の展開 / p38 (0049.jp2)
  • 第2節 医師による原価管理の提唱 / p43 (0054.jp2)
  • 第3節 本章のまとめ / p48 (0059.jp2)
  • 第I部補論 米国の病院におけるABC~計算構造・計算方法の観点から~ / p49 (0060.jp2)
  • 第1節 一般産業界におけるABCの概要 / p49 (0060.jp2)
  • 第2節 病院ABCの計算構造・計算方法 / p50 (0061.jp2)
  • 第3節 本補論のまとめ / p61 (0072.jp2)
  • 第II部 米国の病院における品質管理と原価管理の統合(80年代末以降)~原価管理思考の変化 / p62 (0073.jp2)
  • 第6章 品質・原価統合的管理の展開の背景 / p62 (0073.jp2)
  • 第1節 品質と原価の相互関係に関する認識の変化 / p62 (0073.jp2)
  • 第2節 JCAHO等によるTQMの推進 / p70 (0081.jp2)
  • 第3節 厳しい原価抑制下での品質低下の危機感に対処するための仕組み / p72 (0083.jp2)
  • 第4節 品質・原価統合的管理の全体像 / p75 (0086.jp2)
  • 第5節 本章のまとめ / p77 (0088.jp2)
  • 第7章 診療プロトコルマネジメントによる品質・原価統合的管理の展開 / p79 (0090.jp2)
  • 第1節 診療プロトコルマネジメントの展開 / p79 (0090.jp2)
  • 第2節 費用対アウトカム(医療の質)を考慮した診療プロトコル開発 / p88 (0099.jp2)
  • 第3節 診療プロトコルと実績との差異分析を通じた品質・原価の統合的管理 / p98 (0109.jp2)
  • 第4節 診療プロトコルマネジメントを支える情報システムの必要性 / p99 (0110.jp2)
  • 第5節 本章のまとめ / p100 (0111.jp2)
  • 第8章 品質コストマネジメント手法による品質・原価統合的管理の展開 / p102 (0113.jp2)
  • 第1節 一般産業界における品質コストマネジメント手法の概要 / p102 (0113.jp2)
  • 第2節 病院における品質コストマネジメントの展開 / p106 (0117.jp2)
  • 第3節 本章のまとめ / p119 (0130.jp2)
  • 第9章 ABMによる品質・原価統合的管理の展開 / p121 (0132.jp2)
  • 第1節 一般産業界におけるABMの概要 / p121 (0132.jp2)
  • 第2節 病院におけるABMの展開 / p125 (0136.jp2)
  • 第3節 本章のまとめ / p138 (0149.jp2)
  • 第10章 品質・原価統合的管理の全体像 / p139 (0150.jp2)
  • 第1節 各品質・原価統合的管理手法の相互関係 / p139 (0150.jp2)
  • 第2節 品質・原価統合的管理の促進手段としての業績管理システム / p140 (0151.jp2)
  • 第III部 日本の病院における原価管理の現状 / p146 (0157.jp2)
  • 第11章 原価計算・原価管理の現状~インタビュー等に基づく実態調査 / p146 (0157.jp2)
  • 第1節 病院原価計算・原価管理の歴史的経緯 / p146 (0157.jp2)
  • 第2節 病院原価計算・原価管理の現状(90年代末以降) / p148 (0159.jp2)
  • 第3節 先進的な事例:聖路加国際病院における原価計算・原価管理 / p166 (0177.jp2)
  • 第12章 日本の病院における部門別原価管理実務の実態~全民間病院へのアンケート調査から / p192 (0203.jp2)
  • 第1節 調査の概要 / p192 (0203.jp2)
  • 第2節 部門別採算管理実務の実態調査結果 / p199 (0210.jp2)
  • アンケート調査分析結果資料 / p229 (0240.jp2)
  • 第IV部 日本の病院における原価管理上の今後の課題~米国における史的展開と日本の現状からの考察 / p255 (0266.jp2)
  • 第13章 日本の病院において今後なすべき課題 / p255 (0266.jp2)
  • 第1節 日本の今後の課題 / p255 (0266.jp2)
  • 第2節 今後の研究課題 / p291 (0302.jp2)
  • 文献目録 / p294 (0305.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで