サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 博士論文

ポーラスコンクリートの二酸化炭素ガス吸収特性と物性変化に関する研究

小川洋二 [著]

詳細情報

タイトル ポーラスコンクリートの二酸化炭素ガス吸収特性と物性変化に関する研究
著者 小川洋二 [著]
出版年月日等 1996
注記 博士論文
注記 博士論文
DOI 10.11501/3121219
製作者 国立国会図書館
出版年(W3CDTF) 1996
NDLC UT51
資料の種別 博士論文
授与大学名 徳島大学
授与年月日 平成8年11月15日
報告番号 乙第1528号
学位 博士 (工学)
記録形式(IMT形式) image/jp2

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
国立国会図書館/図書館・個人送信限定

目次
 

  • 論文目録 / (0001.jp2)
  • 論文内容要旨 / (0003.jp2)
  • 学位論文目次 / (0007.jp2)
  • 第1章:序論 / p1 (0010.jp2)
  • 1.1 研究の背景と目的 / p1 (0010.jp2)
  • 1.2 研究の意義 / p3 (0011.jp2)
  • 1.3 本論文の構成 / p4 (0012.jp2)
  • 1章 参考文献 / p6 (0013.jp2)
  • 第2章:二酸化炭素ガスの有効利用法とポーラスコンクリートに関する既往の研究 / p7 (0013.jp2)
  • 2.1 緒言 / p7 (0013.jp2)
  • 2.2 二酸化炭素ガス削減対策技術 / p8 (0014.jp2)
  • 2.3 消石灰の炭酸化硬化反応 / p10 (0015.jp2)
  • 2.4 コンクリートの炭酸化反応 / p12 (0016.jp2)
  • 2.5 ポーラスコンクリート / p16 (0018.jp2)
  • 2.6 既往の研究における問題点 / p22 (0021.jp2)
  • 2章 参考文献 / p24 (0022.jp2)
  • 第3章:ポーラスコンクリートの性質 / p27 (0023.jp2)
  • 3.1 緒言 / p27 (0023.jp2)
  • 3.2 透水性および透気性 / p27 (0023.jp2)
  • 3.3 圧縮強度特性 / p36 (0028.jp2)
  • 3.4 エポキシ樹脂塗装鉄筋との付着性状 / p45 (0032.jp2)
  • 3.5 ポーラスコンクリートの内部表面積 / p55 (0037.jp2)
  • 3.6 ポーラスコンクリートの内部空隙構造 / p60 (0040.jp2)
  • 3章 参考文献 / p65 (0042.jp2)
  • 第4章:ポーラスコンクリートの二酸化炭素ガス吸収特性 / p66 (0043.jp2)
  • 4.1 緒言 / p66 (0043.jp2)
  • 4.2 二酸化炭素ガス吸収材料の研究 / p67 (0043.jp2)
  • 4.3 使用骨材の影響 / p76 (0048.jp2)
  • 4.4 配合条件の影響 / p82 (0051.jp2)
  • 4.5 外的要因の影響 / p90 (0055.jp2)
  • 4.6 ポーラスコンクリートの二酸化炭素ガス吸収速度式の提案 / p102 (0061.jp2)
  • 4.7 総括 / p111 (0065.jp2)
  • 4章 参考文献 / p112 (0066.jp2)
  • 第5章:二酸化炭素ガスを吸収したポーラスコンクリートの物性 / p113 (0066.jp2)
  • 5.1 緒言 / p113 (0066.jp2)
  • 5.2 セメントペーストの細孔構造 / p114 (0067.jp2)
  • 5.3 圧縮強度 / p132 (0076.jp2)
  • 5.4 海水および硫酸塩に対する抵抗性 / p146 (0083.jp2)
  • 5.5 長期強度変化 / p166 (0093.jp2)
  • 5章 参考文献 / p171 (0095.jp2)
  • 第6章:ポーラスコンクリートにおける圧縮強度増加のメカニズム / p172 (0096.jp2)
  • 6.1 緒言 / p172 (0096.jp2)
  • 6.2 セメントペーストの二酸化炭素ガス吸収特性と細孔容積の変化 / p173 (0096.jp2)
  • 6.3 ポーラスコンクリートの圧縮強度とセメントペーストの細孔容積の関係 / p175 (0097.jp2)
  • 6.4 ポーラスコンクリートの二酸化炭素ガス吸収量と圧縮強度の予測 / p177 (0098.jp2)
  • 6.5 まとめ / p183 (0101.jp2)
  • 6章 参考文献 / p183 (0101.jp2)
  • 第7章:気泡ポーラスコンクリートの二酸化炭素ガス吸収特性と物性変化 / p184 (0102.jp2)
  • 7.1 緒言 / p184 (0102.jp2)
  • 7.2 気泡ポーラスモルタルの二酸化炭素ガス吸収特性および物性変化 / p185 (0102.jp2)
  • 7.3 気泡ポーラスコンクリートの二酸化炭素ガス吸収特性および物性変化 / p199 (0109.jp2)
  • 7.4 まとめ / p210 (0115.jp2)
  • 7章 参考文献 / p211 (0115.jp2)
  • 第8章:結論と今後の課題 / p212 (0116.jp2)
  • 8.1 本研究の結論 / p212 (0116.jp2)
  • 8.2 今後の課題 / p215 (0117.jp2)
  • 謝辞 / p217 (0118.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで