サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

くらしの工夫

今田謹吾 編

詳細情報

タイトル くらしの工夫
著者 今田謹吾 編
出版地東京
出版社生活社
出版年月日等 昭和17
大きさ、容量等 232p 図版 ; 22cm
JP番号 46019405
DOI 10.11501/1065443
部分タイトル 勝負(横光利一) 私はかう思ふ(平出英夫) しまつの夏着(藤原あき) 大東亜の生活表現(吉屋信子) こどもの情操教育(兼常清佐) 日本人のたしなみ(岸田国士) 京都の借家(林芙美子) 色の量(佐野繁次郎) あこがれの美(森田たま) 着物の参考(尾上菊五郎) 「一疋」の利用(三宅周太郎) 兵隊のみだしなみ(三徳四水) 婦人標準服の考案(斎藤佳三) 洋装の歩むみち(佐竹武美) 染め替へ(柴崎吉太郎) 生地のこと(白井敬三郎) 帽子をうちで作る(斉田あき) いぼじり巻き(嵯峨とみ) 洋服のこと(村松浜子) ヒフを守れ(中村敏郎) すまひの事(間喜三郎) こども(林淑子) きもの読本(安並半太郎)
製作者 国立国会図書館
出版年(W3CDTF) 1942
製作日 2010-03-31
NDC 590
対象利用者 一般
資料の種別 図書
記録形式(IMT形式) image/jp2
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
国立国会図書館/図書館送信参加館内公開

目次
 

  • 標題 / (0004.jp2)
  • 目次 / (0007.jp2)
  • きもの / (0009.jp2)
  • 昔の人の節約 / (0009.jp2)
  • ゆかたの胴はぎ / (0011.jp2)
  • ぞうきんぐらいの布をついで / (0011.jp2)
  • 男のきものは女の係り / (0012.jp2)
  • 男のうち着 / (0012.jp2)
  • 節約ついたけの秘傳 / (0013.jp2)
  • 夏の長じばんはやめ / (0013.jp2)
  • 出ず入らず / (0014.jp2)
  • 安くて水々しい一色染 / (0014.jp2)
  • 汗とりの實際 / (0015.jp2)
  • 夏のにく / (0015.jp2)
  • くふう / (0016.jp2)
  • 夏は若い人も自分でかうして / (0016.jp2)
  • 戸棚の中をなるべく仕切る、これだけ違ふ / (0016.jp2)
  • 古ゆかたでのれん / (0017.jp2)
  • すだれは短かく / (0017.jp2)
  • ゆかたの殘りで / (0018.jp2)
  • 野天で働く / (0020.jp2)
  • スカートのいたまぬ本式の大エプロン / (0020.jp2)
  • お使ひに / (0020.jp2)
  • 若い人の / (0020.jp2)
  • 働く服のきこなし / (0022.jp2)
  • 自分で縫ふ / (0022.jp2)
  • 女學校の制服を直して / (0022.jp2)
  • 學校を出たての方の / (0022.jp2)
  • 外國雜誌を見誤るな / (0023.jp2)
  • 物のたんせい / (0025.jp2)
  • 男の古浴衣で外出着 / (0026.jp2)
  • 半巾帶の結び方 / (0026.jp2)
  • 晝寢のけい古 / (0027.jp2)
  • でざいん / (0027.jp2)
  • お掃除や臺所・長倉總子 / (0027.jp2)
  • 若い人に・鹽澤沙河 / (0028.jp2)
  • 上級學校の人・北田蓮子 / (0028.jp2)
  • むだの無い外出着・越水金治 / (0029.jp2)
  • ぜひズボンは一ツ要る・戸田康子 / (0030.jp2)
  • お勤めに・佐々木清子 / (0031.jp2)
  • 手で縫へる服・平河すず子 / (0031.jp2)
  • 運動とよそゆき / (0032.jp2)
  • きもの前の服・今田敏子 / (0033.jp2)
  • ゆかたを直して・小原京子 / (0033.jp2)
  • 女らしい服・長谷川きみ / (0034.jp2)
  • りりしい服・松永冬子 / (0034.jp2)
  • けい古に縫ふ・鈴木千代子 / (0035.jp2)
  • 勝負・横光利一 / 58 (0036.jp2)
  • 私はかう思ふ・平出英夫 / 60 (0037.jp2)
  • しまつの夏着・藤原あき / 63 (0038.jp2)
  • 大東亞の生活表現・吉屋信子 / 66 (0040.jp2)
  • こどもの情操教育・兼常清佐 / 69 (0041.jp2)
  • 日本人のたしなみ・岸田國士 / 71 (0042.jp2)
  • 京都の借家・林芙美子 / 74 (0044.jp2)
  • 色の量・佐野繁次郎 / 77 (0045.jp2)
  • あこがれの美・森田たま / 80 (0047.jp2)
  • 着物の參考・尾上菊五郎 / 85 (0049.jp2)
  • 「一疋」の利用・三宅周太郎 / 89 (0051.jp2)
  • 兵隊のみだしなみ・三徳四水 / 92 (0052.jp2)
  • 婦人標準服の考案・齋藤佳三 / 94 (0054.jp2)
  • 洋裝の歩むみち・佐竹武美 / 96 (0055.jp2)
  • 染め替へ・柴崎吉太郎 / 98 (0056.jp2)
  • 生地のこと・白井敬三郎 / 100 (0057.jp2)
  • 帽子をうちで作る・齋田あき / 103 (0058.jp2)
  • いぼじり卷き・嵯峨とみ / 108 (0061.jp2)
  • 洋服のこと・村松濱子 / 114 (0064.jp2)
  • 小さすぎる服 / (0064.jp2)
  • 中胴の合ひ過ぎ / (0065.jp2)
  • 非衞生、ウエストが高過ぎる / (0066.jp2)
  • ぬひ過ぎる裏側 / (0066.jp2)
  • 浴衣を直してワンピースとブラウス / (0067.jp2)
  • 涼しい仕立 / (0067.jp2)
  • 夏のひだ / (0068.jp2)
  • 洋服の汗取り / (0071.jp2)
  • 決定的な夏服前のあき
  • 袖つけ
  • 製圖のむづかしさ
  • ヒフを守れ・中村敏郎 / 131 (0072.jp2)
  • すまひの事・間喜三郎 / 137 (0075.jp2)
  • 起きて半疊ねて一疊 / (0075.jp2)
  • 道具の買ひ過ぎ / (0076.jp2)
  • 裝飾より、家の手入れ / (0077.jp2)
  • 西洋人の掃除と日本人の掃除 / (0077.jp2)
  • カーテン買ふより入口の打ち水 / (0078.jp2)
  • 先づ押入れから / (0079.jp2)
  • 無理をして家を建てる / (0080.jp2)
  • 十坪半で親子三人 / (0080.jp2)
  • 進んで防火のために / (0082.jp2)
  • 床は三尺で充分 / (0082.jp2)
  • 玄關上り口の障子はむだ / (0084.jp2)
  • 高い材木は病氣の木 / (0084.jp2)
  • 節板を貴べ / (0084.jp2)
  • 夏の障子 / (0085.jp2)
  • すだれも切つて / (0086.jp2)
  • 床の間 / (0087.jp2)
  • 花と香り / (0088.jp2)
  • こども・林淑子 / 164 (0089.jp2)
  • 失禮な失敗 / (0090.jp2)
  • 生きたお講義 / (0093.jp2)
  • 叱ること / (0095.jp2)
  • きもの讀本・安並半太郎 / 179 (0096.jp2)
  • 切符をあまらせる / (0097.jp2)
  • 昔の人のしまつ / (0098.jp2)
  • 浴衣を外着に / (0099.jp2)
  • はげ色と出色 / (0099.jp2)
  • ゆかたの着こなし / (0100.jp2)
  • 西洋人の日本かぶれ / (0101.jp2)
  • 雜布ぎれで「こよみゆかた」 / (0101.jp2)
  • 浴衣はきものの假縫ひ / (0102.jp2)
  • 鈎衽か三つ衿か / (0103.jp2)
  • ついたけで三尺節約 / (0103.jp2)
  • 袖とつまみで七尺節約 / (0104.jp2)
  • 染より安い「色あげ」 / (0105.jp2)
  • 安ものの中に幸せ / (0105.jp2)
  • 勿體ない兩面染 / (0105.jp2)
  • 若い人に單衣の知識 / (0106.jp2)
  • 保たす用意 / (0107.jp2)
  • 麻を大事に / (0108.jp2)
  • 「通」のうそ / (0109.jp2)
  • 單帶、考へもの / (0109.jp2)
  • 夏は細い目 / (0110.jp2)
  • 半巾帶の結び方 / (0110.jp2)
  • 夏の下着 / (0112.jp2)
  • 夏、長じばんはイミなし / (0113.jp2)
  • 半じばん / (0114.jp2)
  • 汗とり / (0114.jp2)
  • 汗取りは自分で作れ / (0115.jp2)
  • へちまは大事 / (0116.jp2)
  • 心がけ / (0116.jp2)
  • 足もと / (0117.jp2)
  • 男のきものは女の係り / (0117.jp2)
  • しばり氣は男に禁物 / (0118.jp2)
  • 男、夏羽織無用 / (0118.jp2)
  • 丸洗ひ / (0119.jp2)
  • 谷崎さんの夏着 / (0119.jp2)
  • 男の柄 / (0120.jp2)
  • 通の下等さ / (0120.jp2)
  • 袖の平づけ / (0121.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで