サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

通俗八十日間世界一周

ジュール・ベルネ 著,井上勤 訳

詳細情報

タイトル 通俗八十日間世界一周
著者 ジュール・ベルネ 著
著者 井上勤 訳
出版地東京
出版社自由閣
出版年月日等 明21.11
大きさ、容量等 426p ; 19cm
JP番号 41015586
DOI 10.11501/894920
製作者 国立国会図書館
出版年(W3CDTF) 1888
NDC 930
対象利用者 一般
資料の種別 図書
マニフェストURI https://www.dl.ndl.go.jp/api/iiif/894920/manifest.json
記録形式(IMT形式) image/jp2
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
インターネット公開(保護期間満了)

目次
 

  • 標題 / (0001.jp2)
  • 目次 / (0005.jp2)
  • 第一回 得僕扶氏喜瑞祥 / 1p (0007.jp2)
  • 第二回 撿家新僕驚整斉 / 11p (0013.jp2)
  • 第三回 賭金扶氏約旅行 / 18p (0017.jp2)
  • 第四回 扶氏約睹発英京 / 32p (0025.jp2)
  • 第五回 警官得信疑扶氏 / 39p (0028.jp2)
  • 第六回 警吏待船立阜頭 / 46p (0032.jp2)
  • 第七回 領事一言戎警吏 / 56p (0037.jp2)
  • 第八回 警吏賺僕探秘事 / 62p (0041.jp2)
  • 第九回 浪静◇船過涙関 / 71p (0045.jp2)
  • 第十回 家僕失帽免危急 / 82p (0051.jp2)
  • 第十一回 万金買象発孤村 / 90p (0055.jp2)
  • 第十二回 扶氏義侠企危挙 / 109p (0064.jp2)
  • 第十三回 義僕入火救少女 / 125p (0072.jp2)
  • 第十四回 扶氏贈象賞義心 / 141p (0080.jp2)
  • 第十五回 警吏搆策捕廉士 / 156p (0088.jp2)
  • 第十六回 脱厄三人発印度 / 170p (0095.jp2)
  • 第十七回 従僕察情嘲警吏 / 181p (0100.jp2)
  • 第十八回 少女失処約同行 / 192p (0106.jp2)
  • 第十九回 警吏誤策酔義僕 / 200p (0110.jp2)
  • 第二十回 廉士同船不知讎 / 214p (0117.jp2)
  • 第廿一回 扶氏放砲需救援 / 225p (0122.jp2)
  • 第廿二回 義僕醒来悟我非 / 241p (0130.jp2)
  • 第廿三回 義僕売衣僅免餓 / 253p (0136.jp2)
  • 第廿四回 義僕積忿撲警吏 / 265p (0143.jp2)
  • 第廿五回 倶氏一行入米洲 / 278p (0150.jp2)
  • 第廿六回 夢中車走数千里 / 289p (0155.jp2)
  • 第廿七回 老僧説教忘人去 / 298p (0160.jp2)
  • 第廿八回 列車一瞬渡破橋 / 290p (0165.jp2)
  • 第廿九回 少女放砲倒番賊 / 324p (0173.jp2)
  • 第三十回 紳士率兵救義僕 / 337p (0179.jp2)
  • 第卅一回 主僕飛橇衝狼群 / 350p (0186.jp2)
  • 第卅二回 錮閉船長転航路 / 383p (0203.jp2)
  • 第卅三回 紳士急厄泣義僕 / 398p (0211.jp2)
  • 第卅四回 少女感恩約偕老 / 403p (0213.jp2)
  • 第卅五回 結了周遊不誤期 / 413p (0218.jp2)
  • 第卅六回 得勝扶氏結良縁 / 420p (0222.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで