サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

社会変化論

オグバーン 著,雨宮庸蔵, 伊藤安二 訳

詳細情報

タイトル 社会変化論
著者 オグバーン 著
著者 雨宮庸蔵, 伊藤安二 訳
出版地東京
出版社育英書院
出版年月日等 昭和19
大きさ、容量等 346p ; 22cm
注記 原タイトル: Social change with respect to culture and original nature
JP番号 46012235
DOI 10.11501/1061825
別タイトル Social change with respect to culture and original nature
製作者 国立国会図書館
出版年(W3CDTF) 1944
製作日 2010-03-31
NDC 361
NDC 361.3
原文の言語(ISO639-2形式) eng : English
対象利用者 一般
資料の種別 図書
記録形式(IMT形式) image/jp2
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
国立国会図書館/図書館送信参加館内公開

目次
 

  • 標題 / (0002.jp2)
  • 目次 / (0033.jp2)
  • 譯者序・雨宮庸藏 / (0005.jp2)
  • 本書の性質並にアメリカ文化社會學について / 1 (0005.jp2)
  • ドイツ文化社會學の特色 / 17 (0013.jp2)
  • 日本文化社會學確立のために / 31 (0020.jp2)
  • 本書の譯出について / 42 (0026.jp2)
  • 著者序 / (0003.jp2)
  • 第一部 社會的遺産と原本的人性 / 1 (0036.jp2)
  • 一、 社會的遺産(社會傳承) / 3 (0037.jp2)
  • 二、 原本的人性 / 7 (0039.jp2)
  • 三、 文化と心理學的人性との混淆 / 13 (0042.jp2)
  • 四、 文化的素因と心理學的素因との差別 / 17 (0044.jp2)
  • 五、 生物學的素因の過重視 / 29 (0050.jp2)
  • 六、 數種の社會學的概念の再吟味 / 39 (0055.jp2)
  • 第二部 社會の進化 / 51 (0061.jp2)
  • 一、 社會進化の概念 / 54 (0063.jp2)
  • 二、 社會變化における生物學的素因と文化的素因 / 58 (0065.jp2)
  • 三、 文化發逹の往昔の記録 / 63 (0067.jp2)
  • 四、 物質文化の増積性とその多樣化 / 71 (0071.jp2)
  • 五、 發明と心的能力と文化 / 76 (0074.jp2)
  • 二人乃至それ以上の人によつて獨立になされた若干の發明發見の表 / 85 (0078.jp2)
  • 六、 文化成長率 / 96 (0084.jp2)
  • 七、 人間の生物學的變化 / 109 (0090.jp2)
  • 八、 文化的變化と生物學的變化の相互關係 / 122 (0097.jp2)
  • 要約 / 131 (0101.jp2)
  • 第三部 文化慣性と保守主義 / 135 (0103.jp2)
  • 一、 文化の抵抗についての種々の概念 / 138 (0105.jp2)
  • 二、 殘存物(殘留) / 143 (0107.jp2)
  • 三、 文化の効用 / 146 (0109.jp2)
  • 四、 發明の困難と傳播の困難 / 151 (0111.jp2)
  • 五、 既得權益 / 157 (0114.jp2)
  • 六、 傳統の力 / 160 (0116.jp2)
  • 七、 習慣 / 164 (0118.jp2)
  • 八、 社會的壓力 / 170 (0121.jp2)
  • 九、 不愉快の忘却 / 175 (0123.jp2)
  • 十、 心理學的特性と保守主義 / 178 (0125.jp2)
  • 要約 / 181 (0126.jp2)
  • 第四部 社會の不調整 / 185 (0128.jp2)
  • 一、 文化遲滯の假説 / 188 (0130.jp2)
  • 二、 勞働者の侵害補償の事實による證明 / 200 (0136.jp2)
  • 三、 實例 課税、家族、國際關係、産業組合、代議政治、部落住民 / 223 (0147.jp2)
  • 四、 文化遲滯の理由 / 242 (0157.jp2)
  • 五、 文化各部門間の相互關係 / 250 (0161.jp2)
  • 六、 近代社會變化の根源としての物質文化 / 253 (0162.jp2)
  • 要約 / 262 (0167.jp2)
  • 第五部 人間性と文化との調整 / 265 (0168.jp2)
  • 一、 近代都市における洞穴人の理論 / 268 (0170.jp2)
  • 二、 調整缺除の證據 神經過敏と精神錯亂 / 294 (0183.jp2)
  • 三、 調整缺除の證據 社會問題 / 313 (0192.jp2)
  • 四、 人間性の變更對社會進化の統制 / 317 (0194.jp2)
  • 五、 よりよき調整への示唆 / 328 (0200.jp2)
  • 要約 / 345 (0208.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで