サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

高校数学の技法

桐村信雄, 小林隆一 共著

詳細情報

タイトル 高校数学の技法
著者 桐村信雄, 小林隆一 共著
出版地東京
出版社培風館
出版年月日等 1958 2刷
大きさ、容量等 274p ; 19cm
JP番号 20812132
DOI 10.11501/1384060
製作者 国立国会図書館
出版年(W3CDTF) 1958
製作日 2011-03-31
NDC 410.7
対象利用者 一般
資料の種別 図書
記録形式(IMT形式) image/jp2
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
国立国会図書館/図書館送信参加館内公開

目次
 

  • 目次 / (0006.jp2)
  • 第I部 問題はいかにしてとくか? / (0008.jp2)
  • 1. かくれている条件はないか? / p3 (0009.jp2)
  • 2. 結論の見当はつかないか? / p14 (0015.jp2)
  • 3. 逆むきに考えよ / p23 (0019.jp2)
  • 4. 図を有効に使え / p33 (0024.jp2)
  • 5. 計算の能率化をはかれ / p47 (0031.jp2)
  • 6. 場合はつくされたか? / p60 (0038.jp2)
  • 7. 道は1つとは限らない / p72 (0044.jp2)
  • 8. 方程式と未知数のかず / p92 (0054.jp2)
  • 9. 推論はequivalent(同値)に進められたか? / p109 (0062.jp2)
  • 10. 条件を分析せよ / p126 (0071.jp2)
  • 11. 問題はいかにして作られるか / p144 (0080.jp2)
  • 第II部 忘れてならぬ一般的技法 / (0084.jp2)
  • 1. andとor / p155 (0085.jp2)
  • 2. 0ではわれぬ / p160 (0088.jp2)
  • 3. 正か,負か / p165 (0090.jp2)
  • 4. 絶対値の克服 / p171 (0093.jp2)
  • 5. 実数か,虚数か / p177 (0096.jp2)
  • 6. 補助線はどう引くか / p182 (0099.jp2)
  • 7. どの手でゆこうか / p191 (0103.jp2)
  • 8. 函数とグラフ / p202 (0109.jp2)
  • 9. 命題について / p217 (0116.jp2)
  • 10. 必要か,十分か / p223 (0119.jp2)
  • 11. 同値(Equivalent) / p228 (0122.jp2)
  • 12. 条件の表現 / p235 (0125.jp2)
  • 付録 / (0132.jp2)
  • 1. 未定係数と因数定理 / p248 (0132.jp2)
  • 2. 対称式と交代式 / p250 (0133.jp2)
  • 3. 背理法と数学的帰納法 / p254 (0135.jp2)
  • 4. 図形の移動法 / p256 (0136.jp2)
  • 5. 軌跡発見の手段 / p261 (0138.jp2)
  • 6. 作図法発見の手段 / p264 (0140.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで