サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

流行性肝炎 : その転帰としての肝硬変

山本寛 著

詳細情報

タイトル 流行性肝炎 : その転帰としての肝硬変
著者 山本寛 著
シリーズ名 日本病理学叢書 ; 第14巻
出版地大阪
出版社永井書店
出版年月日等 1960
大きさ、容量等 319p (図版共) ; 22cm
注記 付 (210-319p) : 序, 研究材料および分類規範, 病因論, 病理解剖学的所見の統計的解析, 参考文献
JP番号 61001778
DOI 10.11501/1378562
製作者 国立国会図書館
出版年(W3CDTF) 1960
製作日 2011-03-31
件名(キーワード) 肝炎
NDC 493.4
対象利用者 一般
資料の種別 図書
記録形式(IMT形式) image/jp2
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
国立国会図書館/図書館送信参加館内公開

目次
 

  • 目次 / (0007.jp2)
  • 1. 流行性肝炎の歴史とカタル性黄疸 / p1 (0010.jp2)
  • 2. 特発性黄色肝萎縮症と長与続発性肝硬変症との関係に関する古典的観察 / p6 (0013.jp2)
  • 3. 流行性肝炎一般型のウイルス病理学 / p12 (0016.jp2)
  • A. 正常肝小葉の構造 / p13 (0016.jp2)
  • B. 流行性肝炎の生検的観察 / p17 (0018.jp2)
  • 1. 軽症肝炎 / p22 (0021.jp2)
  • a. 肝炎前期 / p22 (0021.jp2)
  • b. 急性肝炎後期 / p26 (0023.jp2)
  • c. 急性肝炎回復期 / p31 (0025.jp2)
  • 2. 中等症肝炎 / p32 (0026.jp2)
  • 3. 遷延性肝炎 / p32 (0026.jp2)
  • a. 選延性肝炎I型 / p32 (0026.jp2)
  • b. 遷延性肝炎II型 / p36 (0028.jp2)
  • C. 黄疸発生の形態学 / p37 (0028.jp2)
  • D. 急性流行性肝炎の剖検所見に就て / p41 (0030.jp2)
  • 4. 流行性肝炎の重症例 / p46 (0033.jp2)
  • A. 急性黄色肝萎縮症 / p48 (0034.jp2)
  • 附.浅蜊中毒その他の中毒性の黄色肝萎縮症 / p65 (0042.jp2)
  • B. 亜急性黄色肝萎縮症及長与A型硬変症 / p68 (0044.jp2)
  • C. 長与A型肝硬変症の前階梯に関する二,三の問題に就て,特に潜在性壊死性肝炎 / p78 (0049.jp2)
  • D. 所謂瘢痕肝としての馬鈴薯肝および大結節性(長与A亜型)肝硬変症 / p88 (0054.jp2)
  • E. 肥大性肝硬変症と細胆管性肝炎 / p101 (0060.jp2)
  • 1. Hanot型硬変症 / p101 (0060.jp2)
  • 2. 亜急性胆管肝炎(Himsworth) / p106 (0063.jp2)
  • 3. 細胆管性肝炎 / p110 (0065.jp2)
  • 5. 長与B型肝硬変症(Laennec肝硬変症) / p118 (0069.jp2)
  • A. 後肝炎性肝繊維化症 / p123 (0071.jp2)
  • B. 長与B型肝硬変症の構造とその発現機序 / p138 (0079.jp2)
  • 6. 流行性肝炎の転帰としての肝硬変 / p154 (0087.jp2)
  • 1. 急性黄色肝萎縮症 / p154 (0087.jp2)
  • 2. 亜急性黄色肝萎縮症 / p154 (0087.jp2)
  • 3. 長与A型硬変症 / p155 (0087.jp2)
  • 4. 大結節性(A亜型)硬変症 / p159 (0089.jp2)
  • 5. 肥大性硬変症(Hanot型) / p163 (0091.jp2)
  • 6. 硬変肝の重量に就て / p163 (0091.jp2)
  • 7. 長与B型硬変症の組織像分類 / p164 (0092.jp2)
  • 8. 実質肥大の要請 / p165 (0092.jp2)
  • 9. 長与B型硬変の各亜型とその発生機転に就て / p166 (0093.jp2)
  • 7. 脂肪性肝硬変症(Laennec肝硬変症)の発現機序 / p178 (0099.jp2)
  • 附. Wilson氏病肝 / p191 (0105.jp2)
  • 血色素性硬変症 / p194 (0107.jp2)
  • 日本住血吸虫症肝 / p195 (0107.jp2)
  • 8. 日本における肝硬変症の要約 / p200 (0110.jp2)
  • 9. 肝硬変の地理病理学 / p204 (0112.jp2)
  • 附録 / (0115.jp2)
  • I. 序 / p210 (0115.jp2)
  • II. 研究材料および分類規範 / p211 (0115.jp2)
  • III. 病因論 / p218 (0119.jp2)
  • 1. 遺伝的および家族的素因について / p218 (0119.jp2)
  • 2. 感染性疾患について / p219 (0119.jp2)
  • 3. 結核症について / p219 (0119.jp2)
  • 4. 梅毒およびサルバルサン剤使用について / p221 (0120.jp2)
  • 5. 腫瘍との合併 / p223 (0121.jp2)
  • 6. 妊娠との関係 / p223 (0121.jp2)
  • 7. 酒精飲料嗜好との関係 / p224 (0122.jp2)
  • 8. その他の病的機因について / p227 (0123.jp2)
  • a. 栄養と肝障碍について / p228 (0124.jp2)
  • b. 日本における戦時栄養失調症および脚気について / p229 (0124.jp2)
  • 9. 職業(労働量)との関係について / p232 (0126.jp2)
  • IV. 病理解剖学的所見の統計的解析 / p234 (0127.jp2)
  • 1. 急性黄色肝萎縮症 / p234 (0127.jp2)
  • 2. 亜急性黄色肝萎縮症 / p246 (0133.jp2)
  • 3. 続発性(長与A型)肝硬変症 / p257 (0138.jp2)
  • 4. 急性黄色肝萎縮症よりA型硬変へ / p266 (0143.jp2)
  • 5. 遷延性肝炎及後肝炎性繊維化症 / p270 (0145.jp2)
  • 6. 輪状(長与B型)肝硬変症 / p275 (0147.jp2)
  • 7. 輪状硬変肝の組織学的分類 / p282 (0151.jp2)
  • 8. 統計学的解析より見た各症型の関連に就て / p283 (0151.jp2)
  • 人名索引 / p309 (0164.jp2)
  • 物名索引 / p313 (0166.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで