サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 和古書

ふんふく茶釜

詳細情報

タイトル ふんふく茶釜
出版社[鱗形屋]
出版年月日等 [江戸中期]
大きさ、容量等 1冊 ; 17.8cm
注記 書名は刷り題簽による
注記 出版者は版元印による
注記 装丁 : 和装
DOI 10.11501/2541129
製作者 国立国会図書館
出版年(W3CDTF) 1700
製作日 2011-03-31
件名(キーワード) 赤本
NDLC W114
要約・抄録 赤本1冊。鱗形屋版。題名を「ふんふく茶釜(ルビ=ちやかま)」と書き3ウ4オの茶釜になった狢(狸の誤称)の場面を大きく描いた題簽のある完本。昔話もので、草双紙としては赤小本『京東山化け狐』の系統とみられる。東山殿の茶道坊主ぶん福が秋の山へ行楽に出、谷底を見ると古狢が藻を被っていろいろに化ける。ぶん福は羽織を被って「風流相生獅子」などを歌いながら踊り、狢も踊るところを捕まえて縛る。ぶん福は、仲間のぶん徳、福阿弥、ぶんさいに獲物を自慢し「晩には狢の吸い物で飲もう」と提案。ぶん福は狢を俎に乗せ料理しようとする。狢は空死に(そらじに)して油断させ、逃げ出したが四人の坊主に追い詰められ、叢に逃げ込んで茶釜に化ける。四人は茶釜を拾い持ち帰って湯をわかす。狢は次第に熱くなり正体を現す。四人はあきれて「ぶんぶく茶釜に毛が生えた」と囃したてる。四人の坊主が狢に化かされた事を東山殿は不届きと思し召され、全員裸にして追出す。四人が当てもなく野に伏せっていた時、狢は例の八畳敷を広げ「どうだ坊主ども、暖かで良かろ」と四人に被せる。四人は夢うつつに生臭く心地わるい。茶道坊主たちは難なくまた狢を捕らえ、御前に引き据えてご褒美にあずかる。という大らかな作品。近藤清春画『ぶんぶく茶釜』の改作とみられ、「風流相生獅子」の文句があるので享保19年(1734)以降の成立。狢が四人に八畳敷を被せる場面など、歌川国芳の戯画「狸の」シリーズはこれら『ぶんぶく茶釜』の赤本による着想ではないかと想像している。(木村八重子)参考資料:『近世子どもの絵本集』江戸篇
対象利用者 一般
資料の種別 和古書
マニフェストURI https://www.dl.ndl.go.jp/api/iiif/2541129/manifest.json
記録形式(IMT形式) image/jp2
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
インターネット公開(保護期間満了)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで