サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 -

追想石井茂吉 (別冊)

写真植字機研究所石井茂吉追想録編集委員会 編

詳細情報

タイトル 追想石井茂吉
著者 写真植字機研究所石井茂吉追想録編集委員会 編
出版地[ ]
出版社写真植字機研究所石井茂吉追想録編集委員会
出版年月日等 1965
注記 付: シート1枚
JP番号 65010527
DOI 10.11501/1672559
巻次 (別冊)
製作者 国立国会図書館
出版年(W3CDTF) 1965
製作日 2011-03-31
件名(キーワード) 石井, 茂吉, 1887-1963
件名(キーワード) 写真植字
NDC 749.42
対象利用者 一般
記録形式(IMT形式) image/jp2
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
国立国会図書館内公開

目次
 

  • 目次 / (0022.jp2)
  • まえがき / (0019.jp2)
  • 口絵 / (0005.jp2)
  • 年表 / (0015.jp2)
  • 追懐集・(五十音順敬称略) / (0025.jp2)
  • 追憶・浅田長平 / 1 (0026.jp2)
  • 友情の追懐・浅山忍 / 4 (0028.jp2)
  • 心の中の〝写研〟―石井先生の投影―・伊藤勝二 / 8 (0030.jp2)
  • 命の親、心の親・伊藤久子 / 12 (0032.jp2)
  • 技術と精神の指導者・伊藤六郎 / 15 (0033.jp2)
  • 石井文字のできるへや・飯倉基二郎 / 18 (0035.jp2)
  • 石井先生とのあの時この時・岩田武夫 / 23 (0037.jp2)
  • 写真植字機と石井文字とをたたえる・江守賢治 / 28 (0040.jp2)
  • 感懐・大隈憲次郎 / 33 (0042.jp2)
  • 民間第一号機・加藤広太郎 / 37 (0044.jp2)
  • 創造力と精神力の結晶・加藤暉海 / 40 (0046.jp2)
  • 生前の師の人望を慕って・笠井弘康 / 41 (0046.jp2)
  • 偉大さを遠望して・笠原栄次 / 45 (0048.jp2)
  • 世界的な金字塔・鎌田弥寿治 / 51 (0051.jp2)
  • テレビのすもう・小柏又三郎 / 55 (0053.jp2)
  • 型のくずれない角帽・小林潔史 / 58 (0055.jp2)
  • 一期一会か・佐久間茂高 / 61 (0056.jp2)
  • 努力と幸運の人、石井さん・佐久間長吉郎 / 64 (0058.jp2)
  • 先生の人間味・佐々木松栄 / 68 (0060.jp2)
  • 恩師石井先生をしのんで・佐治為男 / 71 (0061.jp2)
  • わたしのみた石井先生の横顔・佐藤行雄 / 75 (0063.jp2)
  • りちぎな石井さん・阪本安房 / 79 (0065.jp2)
  • 石井文字の美しさ・志茂太郎 / 82 (0067.jp2)
  • 誠実な古武士の風格・芝周平 / 89 (0070.jp2)
  • 石井先生・柴田久三 / 91 (0071.jp2)
  • 写真植字機の追想・進藤重白 / 95 (0073.jp2)
  • 大漢和辞典にご協力を得て・鈴木一平 / 100 (0076.jp2)
  • 大瑩居士石井先生の芳躅讃仰・田久保周誉 / 103 (0077.jp2)
  • あるはなやかさ―石井文字をたたえる・田中京之介 / 108 (0080.jp2)
  • ひと言おわびを―・高相悌一 / 110 (0081.jp2)
  • 機械屋にやわらかく反ぱく・高橋弁三 / 114 (0083.jp2)
  • 石井茂吉さんをしのんで・中馬嘉一 / 118 (0085.jp2)
  • 石井茂吉は生きている・手島真 / 122 (0087.jp2)
  • 忘れられない思い出・中野博 / 126 (0089.jp2)
  • 研究所とわたくし・二宮猪之助 / 131 (0091.jp2)
  • 石井君と写真植字機・野口尚一 / 135 (0093.jp2)
  • 石井茂吉さんをいたむ・春木栄 / 139 (0095.jp2)
  • 故石井先生をしのぶ・日出島武男 / 141 (0096.jp2)
  • 無心二題・平野武利 / 145 (0098.jp2)
  • 世紀の偉業にもおごることなく・松木鉄造 / 148 (0100.jp2)
  • 写植で潮汐表・松島徳三郎 / 152 (0102.jp2)
  • 〝徳は孤ならず〟・向井一之 / 154 (0103.jp2)
  • 昇仙峡の松よりも美しく・本山豊三 / 158 (0105.jp2)
  • 石井茂吉さんの思い出・諸橋轍次 / 163 (0107.jp2)
  • 石井君をしのぶ・安川第五郎 / 165 (0108.jp2)
  • 紫雲に乗って活躍された先生・山岡謹七 / 168 (0110.jp2)
  • まさに世界的な発明・山田三郎太 / 172 (0112.jp2)
  • 愛野にて・山本隆太郎 / 174 (0113.jp2)
  • 石井先生の発明とその人となり・吉沢乙丙 / 175 (0113.jp2)
  • 焼け焦げた活字見本帳に寄せる執念・和田栄吉 / 182 (0117.jp2)
  • 近代的な宋朝体への構想・秋山文夫 / 185 (0118.jp2)
  • 永遠に生きておいでの先生・浅野長雅 / 189 (0120.jp2)
  • 先生の修整刀の切れ味・菊池寛行 / 195 (0123.jp2)
  • 先生の三周忌を迎えて・児玉尚根 / 200 (0126.jp2)
  • 最初で最後のリンゴの歌・清水隆文 / 203 (0127.jp2)
  • 命のかぎり・多胡正一 / 206 (0129.jp2)
  • 文字への限りない愛情・橋本和夫 / 210 (0131.jp2)
  • 意欲と慎重と・布施茂 / 213 (0132.jp2)
  • 質素で至誠通天の人・石神与八 / 218 (0135.jp2)
  • 英才石井茂吉のりっぱな最後・武藤己之作 / 221 (0136.jp2)
  • 愚弟の見た賢兄・石井秀之助 / 224 (0138.jp2)
  • 義父をうやまい、しのんで・三好和夫 / 227 (0139.jp2)
  • おじいちゃんに・三好由美子 / 229 (0140.jp2)
  • 父と過ごした日々・三好千恵子 / 231 (0141.jp2)
  • 父の夢と情熱をたたえて・石井不二雄 / 235 (0143.jp2)
  • ある理想像・石井喜代士 / 239 (0145.jp2)
  • 死を悟った父・石井裕子 / 243 (0147.jp2)
  • やさしくて、気むずかしくて・石井いく / 248 (0150.jp2)
  • あとがき / (0151.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで