サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

Proceedings of the 9th Workshop on Altaic Formal Linguistics

edited by Andrew Joseph and Esra Predolac

詳細情報

タイトル Proceedings of the 9th Workshop on Altaic Formal Linguistics
著者 edited by Andrew Joseph and Esra Predolac
シリーズ名 MIT working papers in linguistics ; 76
出版地(国名コード) US
出版地[Cambridge, Massachusetts]
出版社MITWPL
出版年月日等 [2015?]
大きさ、容量等 v, 350 pages : illustrations ; 24 cm
注記 Cover title
注記 機器種別 : unmediated
注記 キャリア種別 : volume
注記 表現種別 : text
注記 Includes bibliographical references
OCLC番号 931628468
部分タイトル The development of Japanese No: grammaticalization, degrammaticalization, or neither?
部分タイトル How much do islands matter in sluicing? / Susumu Kuno and Soo-Yeon Kim --
部分タイトル The influence of sentence-final intonation and phonological phrasing on the interpretation of Wh-Indeterminates / Jiwon Yun --
部分タイトル A derivational approach to prosodic -Yo attachment in Korean / Changguk Yim and Yoshi Dobashi --
部分タイトル The Kazakh noun/adjective distinction / Bonnie Krejci and Lelia Glass --
部分タイトル Evidential marker in the nominal right periphery: the Japanese hearsay marker Tte / Toru Ishii --
部分タイトル Nominative-genitive conversion in late Middle Korean / Yinji Jin --
部分タイトル Accusative subject licensing in modern Inner Mongolian / Lina Bao, Megumi Hasebe, Wurigumula Bao, and Hideki Maki --
部分タイトル Object movement and its implication for A-scrambling in Japanese / Yoshiyuki Shibata --
部分タイトル Nominative as no case at all: an argument from raising-to-accusative in Sakha / Jaklin Kornfilt and Omer Preminger --
部分タイトル Raising in Kazakh: case, agreement, and the EPP / Hanzhi Zhu --
部分タイトル Light verb constructions in Turkish: a case for DP predication and blocking / Faruk Akkuş --
部分タイトル Verbal complementizers in Kalmyk: V, C, or both? / Mikhail Knyazev --
部分タイトル Exclamatives and nominalization in Japanese / Hideki Kishimoto --
部分タイトル Differential object marking in Tatar and the functional architecture of the noun phrase / Ekaterina Lyutikova and Asya Pereltsvaig --
部分タイトル Cross-dialectal patterns of focus marking in Japanese copular constructions / Noriko Yoshimura and Shoichi Iwasaki --
部分タイトル Should Turkish be categorized as a high or low applicative language? / Nil Tonyalı --
部分タイトル Phases and idioms / Kyumin Kim --
部分タイトル Minimal vs. maximal truncation in hypocoristics of Kansai Japanese / Yusuke Imanishi --
部分タイトル Towards a contrast-driven typology of the Altaic vowel systems / Seongyeon Ko --
部分タイトル Phrasal or phasal coordination? From the evidence of suspended affixation / Yusuke Yoda --Kunio Nishiyama --
部分タイトル On the "What as Why" phenomenon in Japanese and Turkish / Yasuhiro Iida --
部分タイトル On the structure of postpositional phrases in Turkish / Bilge Palaz --
部分タイトル The double functions of the Korean benefactive suffix / Hyun Kyoung Jung --
部分タイトル Is non-active morphology a reliable indicator of external causation? Evidence from Turkish / Feyza Balakbabalar --
部分タイトル Remerge and causative in Japanese / Takashi Nakajima --
部分タイトル A predicate approach to Korean sluicing-li'/ke constructions / Sungsoo Ok --
部分タイトル On the subject position of unaccusatives in Japanese: the Kageyama-Kishimoto puzzle / Naoyuki Akaso --
部分タイトル Not so simple as Ik-sounds: verbs of motion and purpose Ni in Japanese / Takeru Suzuki --
部分タイトル Silent possessors in Korean / Kenshi Funakoshi --
部分タイトル Absence of case-matching effects in Mongolian sluicing / Yuta Sakamoto --
部分タイトル The logophoric behavior of the strict local anaphor kendi 'Self' in Turkish / Ayşe Büşra Yakut
出版年(W3CDTF) 2015
件名(キーワード) Altaic languages--Congresses
NDLC KJ31
LCC P1
LCC PL1
LCC PL1
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) eng : English

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで