サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

昭和後期女性文学論

新・フェミニズム批評の会 編

詳細情報

タイトル 昭和後期女性文学論
著者 新・フェミニズム批評の会 編
著者標目 日本文学協会 (1946年)
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社翰林書房
出版年月日等 2020.3
大きさ、容量等 460p ; 22cm
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784877374525
価格 4200円
JP番号 23392510
トーハンMARC番号 34059996
部分タイトル 占領下の宮本百合子 / 岩淵宏子 著
部分タイトル 〈防波堤〉としての〈闇の女〉 / 渡邉千恵子 著
部分タイトル 林芙美子における〈戦争未亡人〉の表象 / アダム・グレグッシュ 著
部分タイトル 耳鳴りの耳が聴く声 / 遠藤郁子 著
部分タイトル 大田洋子の現代性 / 和佐田道子 著
部分タイトル 東アジアの"想起"の文学 / 岡野幸江 著
部分タイトル 円地文子「黝い紫陽花」 / 羽矢みずき 著
部分タイトル 小林美代子「蝕まれた虹」 / 永井里佳 著
部分タイトル 壺井栄「風」「空」論 / 小林裕子 著
部分タイトル 大原富枝「ストマイつんぼ-第七感界の囚人」論 / 伊原美好 著
部分タイトル 少女労働者の抵抗 / 王晶 著
部分タイトル 阿部静枝の戦後 / 内野光子 著
部分タイトル 石垣りん・人災と天災の同一視を批判 / 高良留美子 著
部分タイトル 〈母〉から遠く離れて / 橋本のぞみ 著
部分タイトル 吉屋信子『安宅家の人々』 / 小林美恵子 著
部分タイトル 幸田文『きもの』 / 菊原昌子 著
部分タイトル 森茉莉『恋人たちの森』 / 近藤華子 著
部分タイトル 野上弥生子『森』 / 吉川豊子 著
部分タイトル 秋元松代〈書く女〉と演劇 / 有元伸子 著
部分タイトル 「パルタイ」と文学場 / 藤木直実 著
部分タイトル 「黒さ」と想像力 / 小林富久子 著
部分タイトル 〈病〉の文学から読む『苦海浄土わが水俣病』 / 沼田真里 著
部分タイトル 大庭みな子『霧の旅』 / 北田幸恵 著
部分タイトル 戦争と女学生 / 長谷川啓 著
部分タイトル 〈女〉から〈わたし〉へ / 羅麗傑 著
部分タイトル 津島佑子『寵児』 / 矢澤美佐紀 著
部分タイトル 増田みず子『シングル・セル』 / 溝部優実子 著
部分タイトル 干刈あがた『黄色い髪』 / 中島佐和子 著
部分タイトル 山田詠美『ベッドタイムアイズ』 / 但馬みほ 著
部分タイトル 李良枝の文学世界 / 渡邊澄子 著
部分タイトル 〈沖縄文学〉の女性作家たち / 与那覇恵子 著
出版年(W3CDTF) 2020
件名(キーワード) 日本文学--歴史--昭和後期
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 女性作家--日本--歴史--昭和後期
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KG322
NDC(10版) 910.264 : 日本文学
NDC(9版) 910.264 : 日本文学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで