サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

東アジア 2

肥田, 路美, 1955-,宮治, 昭, 1945-,肥田, 路美, 1955-,板倉, 聖哲, 1965-

詳細情報

タイトル 東アジア
著者標目 肥田, 路美, 1955-
著者標目 宮治, 昭, 1945-
著者標目 肥田, 路美, 1955-
著者標目 板倉, 聖哲, 1965-
シリーズ名 アジア仏教美術論集
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社中央公論美術出版
出版年月日等 2019.3
大きさ、容量等 626p ; 22cm
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784805511312
価格 5800円
JP番号 23200405
トーハンMARC番号 33903510
巻次 2
別タイトル 隋・唐
部分タイトル 隋・唐 / 肥田路美 責任編集
部分タイトル 隋・唐時代の仏教美術 / 肥田路美 著
部分タイトル 初唐期における長安造像の復元的考察 / 藤岡穣 著
部分タイトル 蜀道の両端 / 于春 著肥田路美 訳
部分タイトル 迦毘羅神考 / 大島幸代 著
部分タイトル 唐代弥勒菩薩像の一表現 / 下野玲子 著
部分タイトル 山西天龍山石窟唐前期諸窟造像の特徴 / 八木春生 著
部分タイトル 敦煌の千手千鉢文殊菩薩と仏教の視覚文化における一対表現 / ミシェル・C・ワン 著濱田瑞美 訳
部分タイトル 感応と図様 / 長岡龍作 著
部分タイトル 本生図の変容 / 田中健一 著
部分タイトル 唐代龍門石窟 / 久野美樹 著
部分タイトル 龍門石窟造像記からみた善導浄土教の受容 / 倉本尚徳 著
部分タイトル 唐代における十一面観音の図像と信仰 / 顔娟英 著肥田路美 訳
部分タイトル 則天武后と仏教 / 大西磨希子 著
部分タイトル 唐代における宮殿の施入と仏寺への転用 / 冉万里 著肥田路美 訳
部分タイトル 敦煌莫高窟初唐期の維摩経変 / 濱田瑞美 著
部分タイトル 唐代における高僧像の制作と鑑真和上像前史 / 稲本泰生 著
部分タイトル 敦煌石窟の金光明経変に関するいくつかの問題 / 沙武田 著肥田路美 訳
部分タイトル 正倉院宝物螺鈿紫檀五絃琵琶の淵源について / 加島勝 著
部分タイトル 古代日本仏教美術におけるインド仏跡の造形的受容について / 三田覚之 著
シリーズ著者宮治昭, 肥田路美, 板倉聖哲 監修
出版年(W3CDTF) 2019
件名(キーワード) 仏教美術--中国--歴史--隋時代
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 仏教美術--中国--歴史--唐時代
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC K141
NDLC K151
NDC(10版) 702.2 : 芸術史.美術史
NDC(9版) 702.2 : 芸術史.美術史
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで