サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

刀鍛冶考 : その系譜と美の表現

小笠原信夫 著

詳細情報

書誌作成中 クリックすると『書誌作成中』についての説明ページを表示します
タイトル 刀鍛冶考 : その系譜と美の表現
著者 小笠原信夫 著
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社雄山閣
出版年月日等 2019.2
大きさ、容量等 302p ; 27cm
注記 布装
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784639026303
価格 18000円
トーハンMARC番号 33890320
部分タイトル 大坂新刀鍛冶・河内守国助考
部分タイトル 江戸の新刀鍛冶
部分タイトル 備前長船鍛冶 右京亮勝光・左京進宗光の性格
部分タイトル 小柄小刀私考
部分タイトル 出羽大掾国路に関する一私考
部分タイトル 埋忠明寿とその周辺. 1
部分タイトル 埋忠明寿とその周辺. 2
部分タイトル 埋忠明寿とその周辺. 3
部分タイトル 長谷部国重についての一考察
部分タイトル 備前長船鍛冶の研究
部分タイトル 新藤五国光に関する一考察
部分タイトル 備前大宮鍛冶の系譜に関する問題
部分タイトル 山城鍛冶了戒・信国考
部分タイトル 室町時代刀剣の様相
部分タイトル 龍門延吉に関する一考察
部分タイトル 『古今銘尽』開版の諸条件
出版年(W3CDTF) 2019
件名(キーワード) 刀工--日本--歴史
NDC(10版) 756.6 : 金工芸
NDC(9版) 756.6 : 金工芸
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで