サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日本文学全集の時代 : 戦後出版文化史を読む

田坂憲二 著

詳細情報

タイトル 日本文学全集の時代 : 戦後出版文化史を読む
著者 田坂憲二 著
著者標目 田坂, 憲二, 1952-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社慶應義塾大学出版会
出版年月日等 2018.3
大きさ、容量等 265,23p 図版16p ; 20cm
注記 年表あり 索引あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784766425116
価格 2400円
JP番号 23039815
トーハンMARC番号 33739338
部分タイトル 〈王道〉筑摩書房の日本文学全集の歴史
部分タイトル 〈先駆〉角川書店『昭和文学全集』の誕生
部分タイトル 〈定番〉新潮社『日本文学全集』の変化
部分タイトル 〈現代〉講談社『日本現代文学全集』とその前後
部分タイトル 〈新進〉集英社の『自選集』と『日本文学全集』
部分タイトル 〈差異〉中央公論社『日本の文学』と文藝春秋『現代日本文学館』
部分タイトル 〈拡大〉河出書房『現代文豪名作全集』以降
部分タイトル 〈教養〉学習研究社と旺文社の文学全集
出版年(W3CDTF) 2018
件名(キーワード) 出版--日本--歴史--昭和後期
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 日本文学--歴史--明治以後
件名(キーワード) 叢書
NDLC UE17
NDC(10版) 023.1 : 出版
NDC(9版) 023.1 : 出版
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 日本文学全集の時代 :戦後出版文化史を読む
  • 目次
  • はじめに 1
  • 第一章 <王道> 筑摩書房の日本文学全集の歴史 7
  • 第一章 一 代表的な文学全集とその周辺 9
  • 第一章 二 『現代日本文学全集』の出発と増巻 14
  • 第一章 三 『新選現代日本文学全集』と各種改編版 19
  • 第一章 四 『現代文学大系』の登場-小型化への変化- 24
  • 第一章 五 『現代日本文学大系』-『現代日本文学全集』を継ぐもの- 27
  • 第一章 六 『筑摩現代文学大系』-小型版の完成- 30
  • 第一章 むすび 34
  • 第二章 <先駆> 角川書店『昭和文学全集』の誕生 35
  • 第二章 一 追うものと追われるもの 37
  • 第二章 二 開拓者『昭和文学全集』 40
  • 第二章 三 『昭和文学全集』の完成 45
  • 第二章 四 姉妹版『現代国民文学全集』 49
  • 第二章 五 もう一つの『昭和文学全集』 52
  • 第二章 むすび 57
  • 第三章 <定番> 新潮社『日本文学全集』の変化 59
  • 第三章 一 『現代小説全集』以降 60
  • 第三章 二 『日本文学全集』の誕生 64
  • 第三章 三 『日本文学全集』の改編 68
  • 第三章 四 第三次と第四次の『日本文学全集』 77
  • 第三章 五 『新潮日本文学』と『新潮現代文学』 83
  • 第三章 むすび 87
  • 第四章 <現代> 講談社『日本現代文学全集』とその前後 91
  • 第四章 一 『日本現代文学全集』の概略 93
  • 第四章 二 『日本現代文学全集』の豪華版と増補改訂版 96
  • 第四章 三 『長篇小説名作全集』から始まる 99
  • 第四章 四 『傑作長篇小説全集』が引き継ぐ 103
  • 第四章 五 『現代長編小説全集』と純文学への接近 110
  • 第四章 六 大衆文学と純文学の融合 114
  • 第四章 七 『われらの文学』に見る新しい息吹 120
  • 第四章 むすび 124
  • 第五章 <新進> 集英社の『自選集』と『日本文学全集』 127
  • 第五章 一 一九六一年から六二年にかけて 129
  • 第五章 二 『自選集』シリーズの骨格 132
  • 第五章 三 『自選集』シリーズの諸問題 136
  • 第五章 四 <デュエット版>『日本文学全集』の誕生 140
  • 第五章 五 『日本文学全集』の影響と改判 144
  • 第五章 むすび 149
  • 第六章 <差異> 中央公論社『日本の文学』と文藝春秋『現代日本文学館』 151
  • 第六章 一 中央公論社のホーム・ライブラリー 153
  • 第六章 二 『日本の文学』の骨格 157
  • 第六章 三 挿絵入の文学全集 161
  • 第六章 四 『現代日本文学館』という名称 165
  • 第六章 五 『現代日本文学館』の特色 168
  • 第六章 むすび 171
  • 第七章 <拡大> 河出書房『現代文豪名作全集』以降 173
  • 第七章 一 『現代文豪名作全集』の初期形態 175
  • 第七章 二 拡大する『現代文豪名作全集』 178
  • 第七章 三 『日本国民文学全集』の思想 183
  • 第七章 四 『日本文学全集』<ワイン・カラー版>と<豪華版> 187
  • 第七章 五 『日本文学全集』<カラー版>と<グリーン版> 191
  • 第七章 六 『国民の文学』と『現代の文学』 194
  • 第七章 むすび 197
  • 第八章 <教養> 学習研究社と旺文社の文学全集 199
  • 第八章 一 学年別雑誌をめぐる攻防 201
  • 第八章 二 学習研究社『現代日本の文学』の成功 205
  • 第八章 三 学習研究社系の『世界文学全集』 211
  • 第八章 四 旺文社『現代日本の名作』の苦戦 217
  • 第八章 五 『現代日本の名作』と旺文社文庫 222
  • 第八章 むすび 230
  • おわりに 233
  • 注 238
  • 初出一覧 256
  • 「日本文学全集の時代」年表 257
  • あとがき 262
  • 索引 1

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで