サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

北京を知るための52章

櫻井澄夫, 人見豊, 森田憲司 編著

詳細情報

タイトル 北京を知るための52章
著者 櫻井澄夫, 人見豊, 森田憲司 編著
著者標目 櫻井, 澄夫, 1948-
著者標目 人見, 豊, 1946-
著者標目 森田, 憲司, 1950-
シリーズ名 エリア・スタディーズ ; 160
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社明石書店
出版年月日等 2017.12
大きさ、容量等 366p ; 19cm
注記 文献あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784750346014
価格 2000円
JP番号 22998225
トーハンMARC番号 33704193
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) 北京--社会
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GE367
NDC(10版) 302.2211 : 政治・経済・社会・文化事情
NDC(9版) 302.2211 : 政治・経済・社会・文化事情
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 北京を知るための52章
  • 北京を知るための52章 目次
  • まえがき 3
  • I 北京と日本人
  • I 第1章 明治初期-北京の日本人(1) 16
  • I 第1章 【コラム1】明治の北京紀行を読む 21
  • I 第2章 丸山昏迷『北京』と中野江漢『北京繁盛記』-北京の日本人(2) 23
  • I 第2章 【コラム2】丸山昏迷『北京』の人々 28
  • I 第3章 北京の古写真-昔の北京を今に伝えるモノ 30
  • I 第3章 【コラム3】古写真について 34
  • I 第4章 北京と日本人-北京で活動した日本人の足跡 37
  • II 北京と日本人 70~90年代そして今
  • II 第5章 「日僑飯店」の日々-多くの事情を学べた 44
  • II 第6章 北京在住の日本人女性の就職・子育て今昔-子供好き社会に甘えてきた私のケース 51
  • II 第7章 1970年代の北京放送局-「リュー・コーメイ」として青年期を日本と中国のはざまで働いて 56
  • II 第8章 1980年代の北京留学-毎日が異文化体験、懐かしの留学生活 61
  • II 第9章 北京奇譚-北京ビジネス往来35年 66
  • II 第10章 様変わりする北京の日本人-日中間の立場が逆転 71
  • III 北京の歴史-史跡と町並み
  • III 第11章 北京以前-北京の歴史(1) 78
  • III 第12章 元の大都から北京へ-北京の歴史(2) 83
  • III 第13章 明代の北京城-近世東アジアの百万都市 88
  • III 第14章 清から民国期に北京にいた満洲族-八旗がつくった古都北京 94
  • III 第15章 盧溝橋の謎-石獅子のみぞ知る 99
  • III 第16章 紫禁城-北京「故宮」に見る中国の古代思想 105
  • III 第17章 天安門クロニクル-広場をめぐる歴史 110
  • III 第18章 北京の環状鉄路と地下鉄-鉄路に見る北京城壁の残影 115
  • III 第19章 「王府井」は、本当はどこなのか?-地名学からの検討 121
  • III 第20章 北京の昔の看板-文字を描かない看板「幌子」 127
  • III 第21章 北京の地名研究とある日本人のこと-胡同を巡りながら思い出す 132
  • III 第21章 【コラム4】北京にあった外国語地名 138
  • III 第22章 巨大な北京の地図を知る-『乾隆京城全図』の価値と現状 142
  • III 第23章 「北京博物館通票」から見た北京の博物館-リピーターたちのために 149
  • III 第24章 北京の石刻めぐり-首都の歴史を語る石たち 154
  • III 第25章 「北頂」娘娘廟今昔-オリンピック公園の片隅の話 159
  • III 第26章 北京で骨董を集める-人間模様を映し出す"お宝" 164
  • III 第26章 【コラム5】世界最大のインターネット「独立王国」 169
  • IV 暮らし
  • IV 第27章 柳絮の現状-北京の「名物」の正体 174
  • IV 第28章 北京の金魚を探して-私と金魚の半世紀 179
  • IV 第29章 アーイー-北京生活の頼もしい助っ人 184
  • IV 第29章 【コラム6】アーイーとの雑談から 189
  • IV 第30章 水が語るみやこの伝説-水と建部の深いかかわり 192
  • IV 第37章 カード化・電子マネー化する北京-なぜだろう? 197
  • IV 第37章 【コラム7】最初に北京で買い物に使用されたクレジットカードは日本発行 203
  • IV 第32章 すさまじい変化を遂げる北京のホテル業界-日本人は「サービスノウハウ」提供者 205
  • IV 第32章 【コラム8】北京トイレ談義-"尿盆"(ニャオペン)が使えない 210
  • IV 第33章 北京のお墓-夫婦一緒に入れない革命公募 214
  • V 食文化
  • V 第34章 変化を続ける北京の料理店-まずいと言われてきた料理を回顧しつつ 220
  • V 第35章 北京在住者がお勧めする「北京の旨いもの」-目には見えない世界から 227
  • V 第36章 北京の食-老舗ものがたり 233
  • V 第37章 日中、北京ダック談義-もう少しこの「名物」のことを知るために 242
  • V 第38章 餃子の話-北京の歴史と餃子 249
  • V 第39章 絶品の麺-北京の「おやじの味」 254
  • V 第40章 北京日本料理店(秘)苦労話-北京に住んで30年 260
  • V 第41章 消えゆく「菜市場」文化-その現状と源流 267
  • VI 文化・芸能
  • VI 第42章 北京の「でんでんむしむしかたつむり」-わらべうたの中の北京 274
  • VI 第42章 【コラム9】日常生活の中の北京の言葉 280
  • VI 第43章 北京と京劇-人間性を表現する演劇 283
  • VI 第44章 進化する北京の書店-出会いと物語が生まれる空間 289
  • VI 第45章 「北京本」を分類する-視角を変えもっと「北京を知る」ために 295
  • VII 社会
  • VII 第46章 陳情村-地図に載らない救済部署 306
  • VII 第47章 引越し-最近北京転居事情 311
  • VII 第48章 北京の女-プライド高く難攻不落も、一皮むけば良妻賢母 318
  • VII 第49章 北京偽札談義-私の現地体験から 322
  • VII 第49章 【コラム10】北京っ子の日本製品好きに乗じた偽日本ブランド・メイソウ名創優品"MINISO" 329
  • VII 第50章 世界最長の北京メトロ-北京っ子よりくわしくなろう 331
  • VII 第51章 北京バスの思い出-エピソードのベスト5 337
  • VII 第52章 もう慣れっこになっちゃった-PM2・5 341
  • 本書の完成に際して 345
  • 本書出版の経緯 347
  • もっと北京を知るための主要参考文献 356

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで