サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

図説日本と世界の土木遺産 : ものづくり技術遺産〈土木の博物誌〉

五十畑弘 著

詳細情報

タイトル 図説日本と世界の土木遺産 : ものづくり技術遺産〈土木の博物誌〉
著者 五十畑弘 著
著者標目 五十畑, 弘, 1947-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社秀和システム
出版年月日等 2017.10
大きさ、容量等 442p ; 21cm
注記 文献あり 索引あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784798052236
価格 2400円
JP番号 22973444
トーハンMARC番号 33677218
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) 建設事業--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC DL811
NDC(10版) 510.92 : 建設工学.土木工学
NDC(9版) 510.92 : 建設工学.土木工学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 図説日本と世界の土木遺産 :ものづくり技術遺産〈土木の博物誌〉
  • 図説 日本と世界の土木遺産ものづくり技術遺産(土木の博物誌)Contents
  • はじめに 3
  • 本書の読み方と表記について 4
  • 第1章 運河、疏水
  • 第1章 1 小樽運河(北海道) 16
  • 第1章 2 横利根閘門(千葉) 22
  • 第1章 3 琵琶湖第一疎水(京都、滋賀) 25
  • 第1章 4 那須疎水旧取水施設(栃木) 29
  • 第1章 5 安積疏水(福島) 33
  • 第1章 6 中島閘門(富山) 37
  • 第1章 6 海外事例
  • 第1章 6 ポンテカサステ水路橋(イギリス) 40
  • 第1章 6 フォース・クライド運河(イギリス) 41
  • 第1章 6 アンダートン・ボートリフト(イギリス) 43
  • 第1章 6 リドー運河(カナダ) 44
  • 第1章 6 コリントス運河(ギリシャ) 46
  • 第2章 ダム、堰堤、河川構造物
  • 第2章 1 旧岩淵水門(東京) 48
  • 第2章 2 筑後川導流堤(佐賀、福岡) 50
  • 第2章 3 布引ダム(神戸) 52
  • 第2章 4 黒部ダム(富山) 56
  • 第2章 5 立山砂防堰堤(白岩、本宮、泥谷:富山) 59
  • 第2章 6 大谷川砂防堰堤(徳島) 64
  • 第2章 7 牛伏川階段工(長野) 66
  • 第2章 8 直江石堤(山形) 68
  • 第2章 9 南郷洗堰(滋賀) 70
  • 第2章 10 旧倉松落大口逆除(埼玉) 73
  • 第2章 11 五厘堤(富山) 75
  • 第2章 12 毛馬洗堰、毛馬閘門(大阪) 77
  • 第2章 13 十六橋水門(福島) 79
  • 第2章 13 海外事例
  • 第2章 13 テムズ・バリアー(イギリス) 82
  • 第2章 13 ホースシュー堰堤(イギリス) 83
  • 第2章 13 ディー川堰堤(イギリス) 85
  • 第3章 ドック、港湾、防波堤
  • 第3章 1 象の鼻防波堤(神奈川) 88
  • 第3章 2 端島(軍艦島:長崎) 90
  • 第3章 3 三角西(旧)港(熊本) 93
  • 第3章 4 稚内港北防波堤ドーム(北海道) 95
  • 第3章 5 小樽北・南防波堤(北海道) 98
  • 第3章 6 旧薩摩藩砲台跡(鹿児島) 101
  • 第3章 7 ドックヤードガーデン(神奈川) 103
  • 第3章 8 小菅修船場跡(長崎) 105
  • 第3章 8 海外事例
  • 第3章 8 セント・キャサリンドック(イギリス) 108
  • 第3章 8 SSグレイトブリテン号(イギリス) 110
  • 第4章 鉄道、駅、モノレール、LRT
  • 第4章 1 鉄道駅前ペデストリアンデッキ(宮城、千葉、東京、埼玉) 114
  • 第4章 2 御茶ノ水・浅草橋間の高架橋(東京) 118
  • 第4章 3 旧梅小路機関車庫と関連施設(京都) 121
  • 第4章 3 海外事例
  • 第4章 3 リスボンの路面電車(ポルトガル) 124
  • 第4章 3 ロンドン鉄道駅(イギリス) 126
  • 第4章 3 ドレスデン中央駅(ドイツ) 128
  • 第4章 3 ヴッパタールモノレール(ドイツ) 130
  • 第5章 コンクリート橋
  • 第5章 1 惣郷川橋梁(山口) 132
  • 第5章 2 JR鶴見線連続高架(神奈川) 134
  • 第5章 3 高角橋(島根) 136
  • 第5章 4 日ノ原第10、11号橋(京都) 138
  • 第5章 5 第二領地橋梁(高知) 140
  • 第5章 6 明治橋(愛媛) 142
  • 第5章 6 海外事例
  • 第5章 6 インファンテ橋(ポルトガル) 145
  • 第5章 6 ロンドンブリッジ(イギリス) 147
  • 第6章 石橋
  • 第6章 1 諌早眼鏡橋(長崎) 150
  • 第6章 2 南禅寺水路閣(京都) 153
  • 第6章 3 旧甲突川5石橋(鹿児島) 155
  • 第6章 4 眼鏡橋と中島川石造群(長崎) 158
  • 第6章 5 堀川第一橋(京都) 162
  • 第6章 6 大江橋、淀屋橋(大阪) 164
  • 第6章 7 碓井第三橋梁(めがね橋:群馬) 167
  • 第6章 8 六義園渡月橋(東京) 170
  • 第6章 9 円月橋(東京) 172
  • 第6章 10 霊台橋(熊本) 174
  • 第6章 11 山王橋(大分) 176
  • 第6章 12 山形の石造アーチ群(山形) 178
  • 第6章 13 創成橋(北海道) 182
  • 第6章 14 通潤橋(熊本) 184
  • 第6章 14 海外事例
  • 第6章 14 ター・ステップ(イギリス) 187
  • 第6章 14 サン・ベネゼ橋(フランス) 188
  • 第6章 14 レイ・ミルトン高架橋(イギリス) 189
  • 第6章 14 ポンテ・ロット(イタリア) 190
  • 第6章 14 サンタンジェロ橋(イタリア) 191
  • 第6章 14 ポンヌフ(フランス) 192
  • 第7章 鉄、鋼橋
  • 第7章 1 神子畑鋳鉄橋(兵庫) 194
  • 第7章 2 永代橋、清洲橋(東京) 197
  • 第7章 3 吾妻橋(東京) 203
  • 第7章 4 豊海橋(東京) 205
  • 第7章 5 霞橋(神奈川) 207
  • 第7章 6 総武線秋葉原付近のプレートガーダー(東京) 211
  • 第7章 7 十三大橋(大阪) 214
  • 第7章 8 城ヶ島大橋(神奈川) 216
  • 第7章 9 砥川橋梁(栃木) 218
  • 第7章 10 松住町架道橋(東京) 220
  • 第7章 11 富士川水管橋(静岡) 222
  • 第7章 12 秩父橋(埼玉) 225
  • 第7章 13 浦舟水道橋(神奈川) 228
  • 第7章 14 十綱橋(福島) 231
  • 第7章 15 打越橋(神奈川) 233
  • 第7章 16 中橋(栃木) 235
  • 第7章 17 柳橋(東京) 237
  • 第7章 18 旧新大橋(愛知) 239
  • 第7章 19 東京市街鉄道の架道橋(東京) 241
  • 第7章 20 美々津橋(宮崎) 244
  • 第7章 21 愛知川橋梁(滋賀) 246
  • 第7章 22 松齢橋(福島) 248
  • 第7章 23 JR左沢線最上川橋梁(山形) 250
  • 第7章 24 森村橋(静岡) 253
  • 第7章 25 尾張大橋、伊勢大橋(愛知、三重) 257
  • 第7章 26 美濃橋(岐阜) 260
  • 第7章 27 八幡橋(旧弾正橋:東京) 262
  • 第7章 28 南高橋(東京) 264
  • 第7章 29 旧揖斐川橋梁(岐阜) 267
  • 第7章 30 出島橋(長崎) 270
  • 第7章 31 緑地西橋(旧心斎橋:大阪) 273
  • 第7章 31 海外事例
  • 第7章 31 マイス橋(イギリス) 275
  • 第7章 31 リフェイ橋(アイルランド) 276
  • 第7章 31 アイアンブリッジ(イギリス) 277
  • 第7章 31 コールポート橋(イギリス) 279
  • 第7章 31 ゴーンレス橋(イギリス) 281
  • 第7章 31 ヨーロッパ橋(オーストリア) 283
  • 第7章 31 フォース鉄道橋(イギリス) 284
  • 第7章 31 シドニー・ハーバー橋(オーストラリア) 286
  • 第7章 31 ウェストミンスター橋(イギリス) 287
  • 第7章 31 ドン・ルイスI世橋(ポルトガル) 289
  • 第7章 31 ガラビ橋(フランス) 291
  • 第7章 31 コンウェイ吊橋(イギリス) 293
  • 第7章 31 アルバートブリッジ(イギリス) 294
  • 第7章 31 ブルックリン吊橋(アメリカ) 296
  • 第7章 31 ユニオン吊橋(イギリス) 298
  • 第7章 31 チェインブリッジ(ハンガリー) 299
  • 第7章 31 クリフトン吊橋(イギリス) 301
  • 第8章 木橋
  • 第8章 1 錦帯橋(山口) 304
  • 第8章 2 称名寺の反橋(神奈川) 306
  • 第8章 3 住吉大社の反橋(大阪) 308
  • 第8章 4 日光神橋(栃木) 310
  • 第8章 5 猿橋(山梨) 312
  • 第8章 6 厳島神社の太鼓橋(広島) 314
  • 第8章 7 田丸橋(愛媛) 316
  • 第8章 7 海外事例
  • 第8章 7 カペル橋(スイス) 318
  • 第8章 7 数学橋(イギリス) 319
  • 第9章 可動橋
  • 第9章 1 勝鬨橋(東京) 322
  • 第9章 2 長浜大橋(愛媛) 326
  • 第9章 3 筑後川昇開橋(福岡、佐賀) 329
  • 第9章 4 小天橋(回旋橋:京都) 331
  • 第9章 4 海外事例
  • 第9章 4 タワーブリッジ(イギリス) 333
  • 第9章 4 ビスカヤ橋(スペイン) 335
  • 第10章 塔状構造物
  • 第10章 1 品川燈台(愛知) 338
  • 第10章 2 犬吠埼燈台(千葉) 340
  • 第10章 3 萩反射炉(山口) 343
  • 第10章 4 韮山反射炉(静岡) 346
  • 第10章 5 千葉県高架水槽、栗山配水塔(千葉) 349
  • 第10章 6 高岡市配水塔(富山) 352
  • 第10章 7 靖国神社第一鳥居(東京) 354
  • 第10章 8 観音崎燈台(神奈川) 356
  • 第10章 9 和田岬燈台(兵庫) 358
  • 第10章 9 海外事例
  • 第10章 9 クレリゴス教会の鐘塔(ポルトガル) 361
  • 第10章 9 サンタ・ジュスタのリフト(ポルトガル) 363
  • 第11章 まち並み
  • 第11章 1 浜崎伝統的建造物群保存地区(山口) 366
  • 第11章 2 川越伝統的建造物群保存地区(埼玉) 369
  • 第11章 3 佐原地区伝統的建造物群保存地区(千葉) 372
  • 第11章 4 美々津重要伝統的建造物群保存地区(宮崎) 375
  • 第11章 5 萩城下町のまち並み(山口) 378
  • 第11章 5 海外事例
  • 第11章 5 エディンバラ(イギリス) 381
  • 第11章 5 チェスター(イギリス) 383
  • 第12章 トンネル、土構造、その他
  • 第12章 1 朝比奈切通し(神奈川) 386
  • 第12章 2 元寇防塁(石築地:福岡) 388
  • 第12章 3 旧逢坂山トンネル(滋賀) 390
  • 第12章 4 山手隧道(神奈川) 392
  • 第12章 5 湊川トンネル(兵庫) 394
  • 第12章 6 蝉丸跨線橋(滋賀) 397
  • 第12章 7 掩体壕(高知) 399
  • 第12章 7 海外事例
  • 第12章 7 テムズトンネル(イギリス) 401
  • 解説 土木遺産とは何か?
  • 1 土木分野における文化財 404
  • 1 1-1 わが国の文化財保護制度 404
  • 1 1-2 文化財としての土木構造物 407
  • 2 文化財としての土木遺産の特徴 410
  • 2 2-1 文化財価値概念の拡張 410
  • 2 2-2 土木の対象とするインフラ 413
  • 2 2-3 土木遺産の評価基準と顕彰制度 415
  • 2 2-4 土木遺産の活用 419
  • 2 2-5 防災施設に見る土木遺産の特徴 425
  • 3 世界遺産登録の土木遺産 427
  • 3 3-1 世界遺産登録の分類 427
  • 3 3-2 文化財保護に関する国際認識 430
  • 3 3-3 世界遺産登録の偏り是正の傾向 431
  • 3 3-4 奈良ドキュメント 432
  • 参考文献 434
  • 索引 436

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで