The site menu is from hereThe head of this page

This is an explanation of shortcut keys. To link or execute a function, press any of the following combinations of shortcut keys and then press Enter.  To listen to an explanation of shortcut keys, press Alt and 0.  To display the top page, press Alt and 1.  To login, press Alt and 2.  To display the Simple Search page, press Alt and 3.  To display the Advanced Search page, press Alt and 4.  To display the Search page for persons with disabilities, press Alt and 5.  To sort search results, press Alt and 6.  To display the NDL homepage, press Alt and 7.  To refine search results, press Alt and 8.  This ends the explanation of shortcut keys.

The navigation is from here

The navigation is to here

A body is from here

Format 図書

メルロ=ポンティ哲学者事典 第1巻

モーリス・メルロ=ポンティ 編著,加賀野井秀一, 伊藤泰雄, 本郷均, 加國尚志 監訳

details

Title メルロ=ポンティ哲学者事典
Author モーリス・メルロ=ポンティ 編著
Author 加賀野井秀一, 伊藤泰雄, 本郷均, 加國尚志 監訳
Personal Name (Author) Merleau-Ponty, Maurice, 1908-1961
Personal Name (Author) 加賀野井, 秀一, 1950-
Personal Name (Author) 伊藤, 泰雄, 1950-
Personal Name (Author) 本郷, 均, 1959-
Place of Publication (Country Code) JP
Place of Publication東京
Publisher白水社
Date 2017.8
Size & Duration 417,19p ; 22cm
Description 原タイトル: LES PHILOSOPHES CÉLÈBRES
Description 索引あり
Description NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784560093115
Price 5400円
National Bibliography No.(JPNO) 22937785
TOHAN MARC No. 33626855
Volume 第1巻
Parallel Title 東洋と哲学・哲学の創始者たち・キリスト教と哲学
Parallel Title LES PHILOSOPHES CÉLÈBRES
Partial Title 東洋と哲学・哲学の創始者たち・キリスト教と哲学
Year of Publication(W3CDTF) 2017
Subject Heading(Keyword) 哲学者--便覧
Ajax-loader Related keywordSearching ・・・
NDLC H2
NDLC HA1
NDC(10th revised) 103.6 : Refernce books
NDC(9th revised) 103.6 : Refernce books
Original Lunguage (ISO639_2) fre :
Target Audience 一般
Material Type 図書
Language(ISO639-2 Form) jpn : 日本語

Table of Contents
 

  • メルロ=ポンティ哲学者事典.第1巻
  • メルロ=ポンティ哲学者事典[第1巻]-目次
  • はじめに 003
  • 本書の構成と執筆者 006
  • 序文 (モーリス・メルロ=ポンティ) 017
  • I 東洋と哲学 モーリス・メルロ=ポンティ 027
  • I インドの二人の哲学者 038
  • I ブッダ ジャン・フィリオザ 040
  • I ナンマールヴァール ジャン・フィリオザ 052
  • I インドの哲学 066
  • I ヴェーダ哲学(紀元前一五〇〇~一〇〇〇年) 066
  • I ブラーフマナ哲学(紀元前一〇〇〇~六〇〇年) 067
  • I ヴェーダとブラフマンから独立した思想家(紀元前六~五世紀) 068
  • I ジャイナ教(紀元前六~五世紀) 069
  • I 正統派仏教 070
  • I ❖ブッダ 070
  • I 非正統派仏教 071
  • I インドの古典哲学 073
  • I ダルシャナ 075
  • I タントラ哲学 079
  • I インド・イスラーム時代(十三~十四世紀) 079
  • I インド西欧時代(十九~二十世紀) 080
  • I インド哲学を論じたインド人歴史家 081
  • I 中国の二人の哲学者 082
  • I 荀子 マックス・カルタンマルク 088
  • I 荘子 マックス・カルタンマルク 094
  • I 中国の古代哲学(紀元前二世紀まで) 108
  • I ❖孔子(こうし) 108
  • I ❖子思(しし) 109
  • I ❖孟子(もうし) 109
  • I ❖荀子(じゅんし) 109
  • I ❖墨子(ぼくし) 110
  • I ❖老子(ろうし*) 110
  • I ❖楊朱(ようしゅ) 110
  • I ❖慎氏(しんし) 111
  • I ❖荘子(そうし) 111
  • I ❖呂不韋(りょふい) 111
  • I ❖列子(れっし*) 112
  • I ❖淮南子(えなんじ*) 112
  • I ❖商鞅(しょうおう) 112
  • I ❖申不害(しんふがい) 112
  • I ❖韓非子(かんびし) 112
  • I ❖李斯(りし) 113
  • I ❖菅子(かんし*) 113
  • I ❖恵施(けいし) 113
  • I ❖公孫龍(こうそんりゅう) 113
  • I 〔*=著作名〕
  • I 儒教、道教、仏教(紀元前二世紀~紀元後十世紀) 114
  • I ❖董仲箭(とうちゅうじょ) 114
  • I ❖揚雄(ようゆう) 115
  • I ❖王充(おうじゅう) 115
  • I ❖王弼(おうひつ) 115
  • I ❖郭象(かくしょう) 115
  • I ❖向秀(こうしゅう) 115
  • I ❖僧肇(そうじょう) 116
  • I ❖道生(どうしょう) 116
  • I ❖玄奘(げんじょう) 117
  • I ❖慧能(えのう) 117
  • I 新儒教の開花とその支配的広がり(六~十六世紀) 118
  • I ❖王通(おうとう) 118
  • I ❖韓愈(かんゆ) 118
  • I ❖李翺(りこう) 118
  • I ❖周敦頤(しゅうとんい) 118
  • I ❖邵雍(しょうよう) 119
  • I ❖張載(ちょうさい) 119
  • I ❖程頤(ていい) 119
  • I ❖朱子(しゅし) 120
  • I ❖程顥(ていこう) 121
  • I ❖陸九淵(りくきゅうえん) 121
  • I ❖楊簡(ようかん) 121
  • I ❖王陽明(おうようめい) 122
  • I 新儒教に対する反動(十七~二十世紀初頭) 122
  • I ❖顔元(がんげん) 122
  • I ❖戴震(たいしん) 123
  • I ❖廖平(りょうへい) 123
  • I ❖康有為(こうゆうい) 123
  • I ❖譚嗣同(たんしどう) 124
  • I ❖梁啓超(りょうけいちょう) 124
  • II 哲学の創始者たち モーリス・メルロ=ポンティ 127
  • II ソクラテス以前の哲学者たち 131
  • II ❖タレス 131
  • II ❖アナクシマンドロス 131
  • II ❖アナクシメネス 132
  • II ❖ピュタゴラス 132
  • II ❖ヘラクレイトス 133
  • II ❖クセノファネス 133
  • II ❖パルメニデス 133
  • II ❖ゼノン(エレアの) 133
  • II ヘラクレイトス ジャン・ボーフレ 134
  • II パルメニデス ジャン・ボーフレ 142
  • II ゼノン ジャン・ボーフレ 150
  • II ❖エンペドクレス 157
  • II ❖アナクサゴラス 158
  • II ❖レウキッポス 159
  • II ❖デモクリトス 159
  • II ❖ヒッポクラテス 160
  • II ❖プロタゴラス 161
  • II ソクラテス ヴィクトール・ゴルトシュミット 166
  • II プラトン ヴィクトール・ゴルトシュミット 182
  • II プラトンと後継者たち 201
  • II ❖ソクラテス 201
  • II ❖プラトン 201
  • II ❖スペウシッポス 201
  • II ❖クセノクラテス 201
  • II ❖ポレモン 201
  • II ソクラテス学派 202
  • II ❖エウクレイデス 202
  • II ❖アンティステネス 202
  • II ❖ディオゲネス 203
  • II ❖メニッポス 204
  • II ❖アリスティッポス 204
  • II ❖ヘゲシアス 204
  • II ❖アンニケリス 205
  • II アリストテレス ミシェル・グリナ 203
  • II アリストテレスと後継者たち 226
  • II ❖アリストテレス 226
  • II ❖エウデモス 226
  • II ❖アリストクセノス 226
  • II ❖テオフラストス 226
  • II ❖ストラトン 227
  • II ❖クリトラオス 227
  • II ❖アレクサンドロス 227
  • II エピクロス ヴィクトール・ゴルトシュミット 228
  • II エピクロスと後継者たち 236
  • II ❖エピクロス 236
  • II ❖ポリュストラトス 236
  • II ❖フィロデモス 236
  • II ❖ルクレティウス 236
  • II クリュシッポス ヴィクトール・ゴルトシュミット 238
  • II 古ストア主義 252
  • II ❖ゼノン(キティオンの) 252
  • II ❖クレアンテス 252
  • II ❖クリュシッポス 253
  • II ❖アリストン 253
  • II 懐疑主義と実証的な知 253
  • II ❖ピュロン 253
  • II ❖アイネシデモス 255
  • II ❖セクストス・エンペイリコス 255
  • II ❖ガレノス 256
  • II プラトンの伝統 256
  • II ❖アルケシラオス
  • II ❖カルネアデス 257
  • II ❖クレイトマコス 257
  • II ❖フィロン(ラリッサの) 257
  • II ❖アンティオコス 258
  • II 中期・新ストア主義 258
  • II ❖パナイティオス 258
  • II ❖ポセイドニオス 258
  • II ❖ムソニウス・ルフス 259
  • II ❖セネカ 259
  • II ❖エピクテトス 260
  • II ❖マルクス・アウレリウス 260
  • II エピクテトス ヴィクトール・ゴルトシュミット 262
  • II 新プラトン主義 272
  • II ❖アポロニオス 272
  • II ❖フィロン(アレクサンドリアの) 272
  • II ❖プルタルコス 273
  • II ❖ヌメニオス 273
  • II ❖プロティノス 274
  • II ❖ポルフュリオス 274
  • II ❖イアンブリコス 274
  • II ❖プロクロス 274
  • II ❖ダマスキオス 275
  • II プロティノス ミシェル・グリナ 276
  • III キリスト教と哲学 モーリス・メルロ=ポンティ 295
  • III キリスト教哲学のはじまり 306
  • III ❖パウロ 306
  • III ❖ディオニュシオス・アレオパギテス 307
  • III ❖ユスティノス 308
  • III ❖タティアノス 308
  • III ❖ウァレンティノス 309
  • III ❖バシレイデス 310
  • III ❖マルキオン 310
  • III ❖マニ 311
  • III ❖エイレナイオス 312
  • III ❖テルトゥリアヌス 312
  • III ❖クレメンス 312
  • III ❖サベリウス 313
  • III ❖オリゲネス 313
  • III ❖エウセビオス 314
  • III ❖アレイオス 315
  • III ❖アタナシオス 315
  • III ❖グレゴリオス 315
  • III ❖アンブロシウス 316
  • III ❖クリュソストモス 316
  • III ❖アウグスティヌス 316
  • III ❖ペラギウス 317
  • III ❖ネストリオス 317
  • III アウグスティヌス ポール・ヴィニョー 318
  • III 中世初期 326
  • III ❖ボエティウス 326
  • III ❖ベーダ 326
  • III ❖アルクィン 327
  • III ❖エリウゲナ 327
  • III ❖ベレンガリウス 328
  • III ❖ダミアヌス 328
  • III ❖アンセルムス 328
  • III ❖ロスケリヌス 330
  • III ❖ベルナルドゥス(シャルトルの) 330
  • III ❖ギヨーム・ド・コンシュー 331
  • III ❖ベルナルドゥス(クレルヴォーの) 331
  • III ❖フーゴ 332
  • III ❖ロンバルドゥス 332
  • III ❖アベラルドゥス 332
  • III ❖ヨハネス 334
  • III ❖アラヌス 334
  • III ❖アマルリック・ド・ベーヌ 335
  • III ❖ヨアキム 335
  • III イスラーム哲学、ユダヤ哲学とビザンティン哲学 336
  • III ❖キンディー 336
  • III ❖ファーラービー 336
  • III ❖イブン・シーナー 336
  • III ❖ガザーリー 342
  • III ❖イブン・ルシュド 342
  • III ❖イスラエリ 347
  • III ❖サアディア 347
  • III ❖イブン・ガビーロール 348
  • III ❖マイモニデス 348
  • III ❖ヨアンネス・クリマクス 349
  • III ❖プセロス 349
  • III 中世 350
  • III ❖グンディッサリヌス 350
  • III ❖グローステスト 350
  • III ❖ギヨーム・ドーヴェルニュ 350
  • III ❖ボナヴェントゥラ 350
  • III ❖アルベルトゥス・マグヌス 352
  • III ❖トマス・アクィナス 353
  • III トマス・アクィナス オリヴィエ・ラコンブ 354
  • III ❖キルウォードビ 366
  • III ❖シゲルス(ブラバンの) 366
  • III ❖ヘンリクス(ガンの) 366
  • III ❖アエギディウス 367
  • III ❖ヴィテロ 367
  • III ❖ルルス 367
  • III ❖エックハルト 368
  • III ❖ドゥンス・スコトゥス 369
  • III ❖オッカム 369
  • III ドゥンス・スコトゥス ポール・ヴィニョー 370
  • III オッカム ポール・ヴィニョー 378
  • III ❖ビュリダン 386
  • III ❖アルベルト・フォン・ザクセン 386
  • III ❖オレーム 386
  • III ❖ダイイ 386
  • III ルネサンス 387
  • III ❖ニコラウス・クザーヌス 387
  • III ❖フィチーノ 387
  • III ニコラウス・クザーヌス モーリス・ド・ガンディヤック 388
  • III ❖レオナルド・ダ・ヴィンチ 397
  • III ❖ピコ・デッラ・ミランドラ 397
  • III ❖ポンポナッツィ 398
  • III ❖エラスムス 398
  • III ❖マキアヴェッリ 399
  • III ❖ベーメ 399
  • III ❖パラケルスス 400
  • III ❖カルダーノ 401
  • III ❖ラムス 401
  • III ❖テレージオ 402
  • III ❖ポステル 402
  • III ❖ボダン 402
  • III ❖シャロン 403
  • III ❖ファン・デ・ラ・クルス 403
  • III ❖リプシウス 404
  • III ❖デュ・ヴェール 404
  • III ❖ブルーノ 404
  • III ❖カンパネッラ 406
  • 索引 v
  • 訳者略歴 i

A body is to here

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

Foot is to here