サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

世界及びアジアにおける石炭市場の取引動向と石炭コモディティ化への対応 : 平成27年度海外炭開発支援事業海外炭開発高度化等調査

石油天然ガス金属鉱物資源機構

詳細情報

タイトル 世界及びアジアにおける石炭市場の取引動向と石炭コモディティ化への対応 : 平成27年度海外炭開発支援事業海外炭開発高度化等調査
著者標目 石油天然ガス金属鉱物資源機構
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社石油天然ガス・金属鉱物資源機構
出版年月日等 2016.2
大きさ、容量等 26, 214p ; 30cm
注記 背のタイトル: 石炭市場の取引動向
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
JP番号 22941970
出版年(W3CDTF) 2016
件名(キーワード) 石炭産業
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC DL81
NDC(10版) 567.092 : 石炭
NDC(9版) 567.092 : 石炭
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 世界及びアジアにおける石炭市場の取引動向と石炭コモディティ化への対応 : 平成27年度海外炭開発支援事業海外炭開発高度化等調査
  • 目次
  • 第1部 国際石炭市場の概況整理 1
  • 第1部 1. 石炭の分類 2
  • 第1部 1. 1.1. 炭化の度合いによる分類 2
  • 第1部 1. 1.2. 用途別の分類 3
  • 第1部 1. 1.3. IEAによる分類 4
  • 第1部 1. 1.4. 本報告書における分類 5
  • 第1部 2. 国際燃料炭市揚の概況整理 6
  • 第1部 2. 2.1. 燃料炭の市場規模 6
  • 第1部 2. 2.2. 地域別生産動向 7
  • 第1部 2. 2.3. 地域別消費動向 8
  • 第1部 2. 2.4. 主要生産国 9
  • 第1部 2. 2.5. 主要消費国 10
  • 第1部 2. 2.6. 主要輸出国 11
  • 第1部 2. 2.7. 主要輸入国 12
  • 第1部 2. 2.8. 燃料炭の国際貿易フロー 13
  • 第1部 2. 2.8. 2.8.1. 地域別需給バランス 13
  • 第1部 2. 2.8. 2.8.2. 主要輸出国からの供給フロー 15
  • 第1部 2. 2.8. 2.8.2. 2.8.2.1. インドネシアからの供給フロー 15
  • 第1部 2. 2.8. 2.8.2. 2.8.2.2. 豪州からのフロー 16
  • 第1部 2. 2.8. 2.8.2. 2.8.2.3. ロシアからのフロー 17
  • 第1部 2. 2.8. 2.8.2. 2.8.2.4. 南アフリカ共和国からのフロー 18
  • 第1部 2. 2.8. 2.8.2. 2.8.2.5. オランダからのフロー 19
  • 第1部 2. 2.8. 2.8.2. 2.8.2.6. 米国からのフロー 20
  • 第1部 2. 2.8. 2.8.2. 2.8.2.7. コロンビアからのフロー 21
  • 第1部 2. 2.8. 2.8.2. 2.8.2.8. カザフスタンからのフロー 22
  • 第1部 2. 2.8. 2.8.2. 2.8.2.9. ベトナムからのフロー 23
  • 第1部 3. 国際原料炭市場の概況整理 25
  • 第1部 3. 3.1. 市場規模 25
  • 第1部 3. 3.2. 地域別生産動向 25
  • 第1部 3. 3.3. 地域別消費動向 26
  • 第1部 3. 3.4. 主要生産国 27
  • 第1部 3. 3.5. 主要消費国 28
  • 第1部 3. 3.6. 主要輸出国 29
  • 第1部 3. 3.7. 主要輸入国 31
  • 第1部 3. 3.8. 原料炭の国際貿易フロー 32
  • 第1部 3. 3.8. 3.8.1. 地域別需給バランス 32
  • 第1部 3. 3.8. 3.8.2. 主要輸出国からの供給フロー 33
  • 第1部 3. 3.8. 3.8.2. 3.8.2.1. 豪州からの供給フロー 33
  • 第1部 3. 3.8. 3.8.2. 3.8.2.2. 米国からのフロー 34
  • 第1部 3. 3.8. 3.8.2. 3.8.2.3. カナダからのフロー 35
  • 第1部 3. 3.8. 3.8.2. 3.8.2.4. ロシアからのフロー 37
  • 第1部 3. 3.8. 3.8.2. 3.8.2.5. 新興輸出国からのフロー 38
  • 第1部 3. 3.8. 3.8.2. 3.8.2.6. 欧州の主要輸出国からのフロー 38
  • 第2部 石炭のコモディティ化とトレーディングの発達 41
  • 第2部 1. 石炭の商流構造 42
  • 第2部 1. 1.1. 物流と商流 42
  • 第2部 1. 1.2. 石炭の物流構造 42
  • 第2部 1. 1.3. 石炭の商流構造 43
  • 第2部 1. 1.3. 1.3.1. 生産者による販売 45
  • 第2部 1. 1.3. 1.3.1. 1.3.1.1. 需要家企業への直接販売 45
  • 第2部 1. 1.3. 1.3.1. 1.3.1.2. 商社への販売 45
  • 第2部 1. 1.3. 1.3.1. 1.3.1.3. 別の生産事業者への販売 45
  • 第2部 1. 1.3. 1.3.2. 商社による販売 46
  • 第2部 1. 1.3. 1.3.2. 1.3.2.1. 需要家企業への転売 46
  • 第2部 1. 1.3. 1.3.2. 1.3.2.2. 別の商社への転売 46
  • 第2部 1. 1.3. 1.3.2. 1.3.2.3. 生産事業者への転売 46
  • 第2部 1. 1.3. 1.3.2. 1.3.2.4. 生産事業者への返売 47
  • 第2部 1. 1.3. 1.3.3. 需要家企業による販売 47
  • 第2部 1. 1.3. 1.3.3. 1.3.3.1. 他の需要家企業への転売 47
  • 第2部 1. 1.3. 1.3.3. 1.3.3.2. 商社への転売または返売 47
  • 第2部 1. 1.3. 1.3.3. 1.3.3.3. 生産事業者への返売 48
  • 第2部 2. 石炭取引の形態 49
  • 第2部 2. 2.1. 長期契約とスポット契約 49
  • 第2部 2. 2.2. 近年の傾向 50
  • 第2部 2. 2.2. 2.2.1. 長期契約の短期化 50
  • 第2部 2. 2.2. 2.2.2. スポット契約量の増加 51
  • 第2部 2. 2.3. 値決め形態 52
  • 第2部 2. 2.3. 2.3.1. 長期契約における値決め形態 52
  • 第2部 2. 2.3. 2.3.2. スポット契約における値決め形態 55
  • 第2部 3. 石炭のコモディティ化 57
  • 第2部 3. 3.1. コモディティ化の経緯 57
  • 第2部 3. 3.2. コモディティとしての石炭取引 59
  • 第2部 3. 3.2. 3.2.1. トレーディング 59
  • 第2部 3. 3.2. 3.2.2. 各市場参加者による取引とトレーディング 60
  • 第2部 3. 3.2. 3.2.2. 3.2.2.1. 生産事業者による販売 60
  • 第2部 3. 3.2. 3.2.2. 3.2.2.2. 需要家企業による販売 61
  • 第2部 3. 3.2. 3.2.2. 3.2.2.3. 商社による販売 62
  • 第2部 3. 3.3. 石炭のコモディティ化が解消する需給不一致 63
  • 第2部 3. 3.3. 3.3.1. 長期的な需給の不一致 63
  • 第2部 3. 3.3. 3.3.2. 短期的な需給の不一致 65
  • 第2部 3. 3.3. 3.3.3. 物流上の需給の不一致 66
  • 第2部 3. 3.3. 3.3.4. 与信制限にともなう需給の不一致 67
  • 第2部 4. 石炭トレーディングの実践 69
  • 第2部 4. 4.1. トレーディング事業者の要件 69
  • 第2部 4. 4.1. 4.1.1. 6つの要件 69
  • 第2部 4. 4.1. 4.1.2. 6つの要件を活用した近年の動き 70
  • 第2部 4. 4.2. 一般的なトレーディング手法 71
  • 第2部 4. 4.2. 4.2.1. 現物取引とペーパー取引の併用 71
  • 第2部 4. 4.2. 4.2.2. 現物のトレーディング 71
  • 第2部 4. 4.2. 4.2.2. 4.2.2.1. 長期契約とスポット契約の併用 71
  • 第2部 4. 4.2. 4.2.2. 4.2.2.2. 現物トレーディングの収益モデル 72
  • 第2部 4. 4.2. 4.2.2. 4.2.2.3. 現物トレーディングのリスク 73
  • 第2部 4. 4.2. 4.2.2. 4.2.2.4. 現物トレーディングのリスクマネジメント 74
  • 第2部 4. 4.2. 4.2.3. デリバティブ取引 75
  • 第2部 4. 4.2. 4.2.3. 4.2.3.1. リスクヘッジ 75
  • 第2部 4. 4.2. 4.2.3. 4.2.3.2. スペキュレーション 76
  • 第2部 4. 4.2. 4.2.3. 4.2.3.3. リスクヘッジとスペキュレーションの併用 78
  • 第2部 4. 4.2. 4.2.4. 相対取引と取引所取引 79
  • 第3部 コモディティ化先進市場の事例 81
  • 第3部 1. 欧州燃料炭市場 82
  • 第3部 1. 1.1. 需給概況 82
  • 第3部 1. 1.1. 1.1.1. 欧州全体の需給 82
  • 第3部 1. 1.1. 1.1.2. 国別貿易概況 83
  • 第3部 1. 1.2. 輸入取引 85
  • 第3部 1. 1.2. 1.2.1. 商流 85
  • 第3部 1. 1.2. 1.2.2. 契約形態 86
  • 第3部 1. 1.2. 1.2.2. 1.2.2.1. 銘柄指定と品位指定 86
  • 第3部 1. 1.2. 1.2.2. 1.2.2.2. 長期契約とスポット契約 87
  • 第3部 1. 1.2. 1.2.3. 値決め方法 88
  • 第3部 1. 1.3. 域内取引 89
  • 第3部 1. 1.4. デリバティブ取引 91
  • 第3部 1. 1.4. 1.4.1. 発展の経緯 91
  • 第3部 1. 1.4. 1.4.2. デリバティブ取引の現状と見通し 92
  • 第3部 1. 1.4. 1.4.2. 1.4.2.1. デリバティブ取引の規模 92
  • 第3部 1. 1.4. 1.4.2. 1.4.2.2. デリバティブ取引の活用状況 93
  • 第3部 1. 1.4. 1.4.2. 1.4.2.3. 相対取引と取引所取引 95
  • 第3部 1. 1.4. 1.4.3. デリバティブ取引が市場に与えた影響 95
  • 第3部 1. 1.4. 1.4.4. 今後の見通し 96
  • 第3部 2. 米国燃料炭市場 98
  • 第3部 2. 2.1. 需給概況 98
  • 第3部 2. 2.2. 輸出取引 99
  • 第3部 2. 2.3. 国内取引 101
  • 第3部 2. 2.3. 2.3.1. 需要家向けの商流 101
  • 第3部 2. 2.3. 2.3.2. 大手生産事業者と商社間のトレーディング 103
  • 第3部 2. 2.4. デリバティブ取引 104
  • 第3部 2. 2.4. 2.4.1. 発展の経緯 104
  • 第3部 2. 2.4. 2.4.2. デリバティブ取引の現状 105
  • 第3部 2. 2.4. 2.4.2. 2.4.2.1. デリバティブ取引の規模 105
  • 第3部 2. 2.4. 2.4.2. 2.4.2.2. ヘッジの実践状況 109
  • 第3部 2. 2.4. 2.4.2. 2.4.2.3. 相対取引と取引所取引 110
  • 第3部 2. 2.4. 2.4.3. デリバティブ取引が市場に与えた影響 110
  • 第3部 2. 2.4. 2.4.4. 今後の見通し 111
  • 第4部 アジア市場におけるコモディティ化の現況 113
  • 第4部 1. アジア太平洋燃料炭市場全体の傾向 114
  • 第4部 1. 1.1. 需給概況 114
  • 第4部 1. 1.1. 1.1.1. アジア太平洋地域全体の需給概況 114
  • 第4部 1. 1.1. 1.1.2. 国別貿易概況 115
  • 第4部 1. 1.2. コモディティ化の概況 117
  • 第4部 1. 1.3. 今後の見通し 118
  • 第4部 2. アジア新興需要国の現況 120
  • 第4部 2. 2.1. 中国 120
  • 第4部 2. 2.1. 2.1.1. 需給概況 120
  • 第4部 2. 2.1. 2.1.2. 輸入取引 122
  • 第4部 2. 2.1. 2.1.2. 2.1.2.1. 商流 122
  • 第4部 2. 2.1. 2.1.2. 2.1.2.2. 契約形態 123
  • 第4部 2. 2.1. 2.1.2. 2.1.2.3. 値決め方法 123
  • 第4部 2. 2.1. 2.1.3. 国内取引 125
  • 第4部 2. 2.1. 2.1.4. デリバティブ取引 126
  • 第4部 2. 2.1. 2.1.4. 2.1.4.1. 輸入取引 126
  • 第4部 2. 2.1. 2.1.4. 2.1.4.2. 国内取引 128
  • 第4部 2. 2.2. インド 130
  • 第4部 2. 2.2. 2.2.1. 需給概況 130
  • 第4部 2. 2.2. 2.2.2. 輸入取引 131
  • 第4部 2. 2.2. 2.2.2. 2.2.2.1. 商流と契約形態 131
  • 第4部 2. 2.2. 2.2.2. 2.2.2.2. 値決め方法 133
  • 第4部 2. 2.2. 2.2.3. 国内取引 134
  • 第4部 2. 2.2. 2.2.4. デリバティブ取引 134
  • 第4部 3. アジア先進需要国の現況 136
  • 第4部 3. 3.1. 韓国 136
  • 第4部 3. 3.1. 3.1.1. 需給概況 136
  • 第4部 3. 3.2. 輸入の商流 137
  • 第4部 3. 3.2. 3.2.1. 指標連動価格とデリバティブ取引 139
  • 第4部 3. 3.3. 台湾 140
  • 第4部 3. 3.3. 3.3.1. 需給概況 140
  • 第4部 3. 3.3. 3.3.2. 輸入取引 141
  • 第4部 3. 3.3. 3.3.3. 指標連動価格とデリバティブ取引 142
  • 第4部 4. アジア主要燃料炭生産国の現況 144
  • 第4部 4. 4.1. インドネシア 144
  • 第4部 4. 4.1. 4.1.1. 需給概況 144
  • 第4部 4. 4.1. 4.1.2. 輸出取引 146
  • 第4部 4. 4.1. 4.1.3. 国内取引 147
  • 第4部 4. 4.1. 4.1.4. デリバティブ取引 148
  • 第4部 4. 4.2. 豪州 150
  • 第4部 4. 4.2. 4.2.1. 需給概況 150
  • 第4部 4. 4.2. 4.2.2. 輸出取引 151
  • 第4部 4. 4.2. 4.2.3. 国内取引 153
  • 第4部 4. 4.2. 4.2.4. デリバティブ取引 154
  • 第4部 4. 4.3. ロシア 156
  • 第4部 4. 4.3. 4.3.1. 需給概況 156
  • 第4部 4. 4.3. 4.3.2. 輸出取引 157
  • 第4部 4. 4.3. 4.3.3. 国内取引 159
  • 第4部 4. 4.3. 4.3.4. デリバティブ取引 159
  • 第4部 5. 国際原料炭市場 161
  • 第4部 5. 5.1. 需給構造の変化 161
  • 第4部 5. 5.2. 契約形態の変化 162
  • 第4部 5. 5.3. 値決め方法の変化 164
  • 第4部 5. 5.4. コモディティ化の現況 165
  • 第4部 5. 5.5. デリバティブ取引 167
  • 第5部 我が国の石炭需要家および商社の取組 169
  • 第5部 1. 我が国の石炭需給概況 170
  • 第5部 1. 1.1. 燃料炭 170
  • 第5部 1. 1.2. 原料炭 172
  • 第5部 2. 石炭取引の目的 175
  • 第5部 2. 2.1. 調達において優先される目的 175
  • 第5部 2. 2.1. 2.1.1. 燃料炭 175
  • 第5部 2. 2.1. 2.1.2. 原料炭 177
  • 第5部 2. 2.2. 販売において優先される成果 178
  • 第5部 3. 輸入の商流 180
  • 第5部 3. 3.1. 燃料炭 180
  • 第5部 3. 3.2. 原料炭 181
  • 第5部 4. コモディティ化への対応 183
  • 第5部 4. 4.1. 燃料炭 183
  • 第5部 4. 4.1. 4.1.1. 契約形態 183
  • 第5部 4. 4.1. 4.1.2. デリバティブ取引に対する姿勢と取組 184
  • 第5部 4. 4.2. 原料炭 185
  • 第5部 4. 4.2. 4.2.1. 契約形態 185
  • 第5部 4. 4.2. 4.2.2. デリバティブ取引に対する姿勢と取組 186
  • 第6部 コモディティ化が石炭市場に及ぼす影響の考察 189
  • 第6部 1. 価格への影響 190
  • 第6部 1. 1.1. コモディティ化と価格ボラティリティの変化 190
  • 第6部 1. 1.2. 関連エネルギー商品との相関 194
  • 第6部 2. 貿易フローへの影響 198
  • 第6部 2. 2.1. 輸入フローへの影響 198
  • 第6部 2. 2.1. 2.1.1. コモディティ化先進市場向けフローの変化 198
  • 第6部 2. 2.1. 2.1.2. 日本向けフローの変化 200
  • 第6部 2. 2.2. 輸出フローへの影響 203
  • 第6部 2. 2.2. 2.2.1. 南ア炭のフロー 203
  • 第6部 2. 2.2. 2.2.2. ロシア炭のフローの変化 205
  • 第6部 2. 2.2. 2.2.3. 米国炭のフローの変化 206
  • 第6部 2. 2.2. 2.2.4. 豪州炭のフローの変化 208
  • 第6部 2. 2.2. 2.2.5. インドネシア炭のフローの変化 209
  • 第6部 3. 投資性判断の変化 211
  • 第6部 3. 3.1. 炭鉱投資に対する影響 211
  • 第6部 3. 3.2. 消費設備への投資に対する影響 212
  • 図目次
  • 図1-1 石炭化の度合いによる分類 2
  • 図1-2 石炭の原料用途と燃料用途の分類 3
  • 図1-3 IEAによる石炭の分類と本報告書における石炭の分類 5
  • 図1-4 燃料炭の種別生産量および消費量の推移 6
  • 図1-5 地域別燃料炭生産量の推移と世界全体に占める割合 7
  • 図1-6 地域別燃料炭消費量の推移と世界全体に占める割合 8
  • 図1-7 燃料炭生産上位10ヵ国 9
  • 図1-8 燃料炭消費上位10ヵ国 10
  • 図1-9 燃料炭輸出上位10ヵ国 12
  • 図1-10 燃料炭輸入上位10ヵ国 13
  • 図1-11 地域別燃料炭需給バランス(生産量-消費量) 14
  • 図1-12 燃料炭の国際貿易フロー 15
  • 図1-13 インドネシアの国別燃料炭輸出量 16
  • 図1-14 インドネシアの地域別燃料炭輸出量 16
  • 図1-15 豪州の国別燃料炭輸出量 17
  • 図1-16 豪州の地域別燃料炭輸出量 17
  • 図1-17 ロシアの国別燃料炭輸出量 18
  • 図1-18 ロシアの地域別燃料炭輸出量 18
  • 図1-19 南アフリカ共和国の国別燃料炭輸出量 19
  • 図1-20 南アフリカ共和国の地域別燃料炭輸出量 19
  • 図1-21 オランダの国別燃料炭輸出量 20
  • 図1-22 オランダの地域別燃料炭輸出量 20
  • 図1-23 米国の国別燃料炭輸出量 21
  • 図1-24 米国の地域別燃料炭輸出量 21
  • 図1-25 コロンビアの国別燃料炭輸出量 22
  • 図1-26 コロンビアの地域別燃料炭輸出量 22
  • 図1-27 カザフスタンの国別燃料炭輸出量 23
  • 図1-28 カザフスタンの地域別燃料炭輸出量 23
  • 図1-29 ベトナムの国別燃料炭輸出量 24
  • 図1-30 ベトナムの地域別燃料炭輸出量 24
  • 図1-31 世界の原料炭生産量と消費量の推移 25
  • 図1-32 地域別原料炭生産量の推移と世界全体に占める割合 26
  • 図1-33 地域別原料炭消費量の推移と世界全体に占める割合 27
  • 図1-34 原料炭生産上位10ヵ国 28
  • 図1-35 原料炭消費上位10ヵ国 29
  • 図1-36 原料炭輸出上位10ヵ国 30
  • 図1-37 原料炭輸入上位10ヵ国 31
  • 図1-38 地域別原料炭需給バランス(生産量-消費量) 32
  • 図1-39 原料炭の国際貿易フロー 33
  • 図1-40 豪州の国別原科炭輸出量 34
  • 図1-41 豪州の地域別原料炭輸出量 34
  • 図1-42 米国の国別原料炭輸出量 35
  • 図1-43 米国の地域別原料炭輸出量 35
  • 図1-44 カナダの国別原料炭輸出量 36
  • 図1-45 カナダの地域別原料炭輸出量 36
  • 図1-46 ロシアの国別原料炭輸出量 37
  • 図1-47 ロシアの地域別原料炭輸出量 37
  • 図1-48 モンゴルおよびモザンビークの国別原料炭輸出量 38
  • 図1-49 オランダ,チェコ,ポーランドの国別原料炭輸出量 39
  • 図2-1 一般的な石炭の物流構造 43
  • 図2-2 一般的な石炭の商流構造 44
  • 図2-3 買主による長期契約とスポット契約の併用による調達のイメージ 50
  • 図2-4 売主による長期契約とスポット契約の併用による調達のイメージ 50
  • 図2-5 長期契約における指標価格の利用イメージ 53
  • 図2-6 スポット取引における指標価格の利用イメージ 56
  • 図2-7 コモディティ化の過程 58
  • 図2-8 生産事業者の取引とトレーディング 60
  • 図2-9 需要家企業の取引とトレーディング 61
  • 図2-10 商社の取引とトレーディング 62
  • 図2-11 長期的な需給の不一致とトレーディングが果たす役割 64
  • 図2-12 短期的な需給の不一致とトレーディングが果たす役割 65
  • 図2-13 物流上の需給の不一致とトレーディングが果たす役割 66
  • 図2-14 与信制限にともなう需給の不一致とトレーディングが果たす役割 67
  • 図2-15 現物のトレーディングにおける一般的な利益獲得手法 73
  • 図2-16 デリバティブを活用した価格変動リスクの低減手法 76
  • 図2-17 スペキュレーターによるリスク請負とその相殺の仕組み 77
  • 図2-18 OTC取引と取引所取引のイメージ 80
  • 図3-1 欧州の燃料炭バランスの推移 82
  • 図3-2 欧州地域の種別燃料炭バランス 83
  • 図3-3 欧州地域の国別燃料炭貿易量 84
  • 図3-4 OECD欧州の供給元別燃料炭輸入量 84
  • 図3-5 欧州地域における輸入燃料炭の商流 85
  • 図3-6 欧州地域における燃料炭の域内商流 90
  • 図3-7 欧州撚料炭市場における主要デリバティブ契約と現物貿易の取引量 93
  • 図3-8 API2スワップとAPI4スワップの取引量の推移 97
  • 図3-9 米国の燃科炭バランスの推移 98
  • 図3-10 米国の種別燃料炭バランス 99
  • 図3-11 米国の仕向地別燃料炭輸出量 99
  • 図3-12 米国における輸出燃料炭の商流 101
  • 図3-13 米国における燃料炭の国内商流 102
  • 図4-1 アジア太平洋地域の燃料炭バランスの推移 114
  • 図4-2 アジア太平洋地域の種別燃料炭バランス 114
  • 図4-3 アジア太平洋地域の国別燃料炭貿易量 116
  • 図4-4 アジア太平洋地域における燃料炭取引形態への影響要因 117
  • 図4-5 中国の燃料炭バランスの推移 120
  • 図4-6 中国の種別燃料炭バランス 121
  • 図4-7 中国の供給元別燃料炭輸入量 121
  • 図4-8 中国における輸入燃料炭の商流 122
  • 図4-9 中国における国産燃料炭の商流 125
  • 図4-10 鄭州商品取引所(ZCE)の燃料炭先物約定量の推移 129
  • 図4-11 インドの燃料炭バランスの推移 130
  • 図4-12 インドの種別燃料炭バランス 131
  • 図4-13 インドの供給元別燃料炭輸入量 131
  • 図4-14 インドにおける輸入燃料炭の商流 132
  • 図4-15 韓国の燃料炭バランスの推移 136
  • 図4-16 韓国の種別燃料炭バランス 137
  • 図4-17 韓国の供給元別燃料炭輸入量 137
  • 図4-18 韓国における輸入燃料炭の商流 138
  • 図4-19 台湾の燃料炭バランスの推移 140
  • 図4-20 台湾の種別燃料炭バランス 140
  • 図4-21 台湾の供給元別燃料炭輸入量 141
  • 図4-22 台湾における輸入燃料炭の商流 142
  • 図4-23 インドネシアの燃料炭バランスの推移 144
  • 図4-24 インドネシアの種別燃料炭バランス 145
  • 図4-25 インドネシアの仕向地別燃料炭輸出量 145
  • 図4-26 インドネシア産燃料炭の輸出商流 146
  • 図4-27 豪州の燃料炭需給バランスの推移 150
  • 図4-28 豪州の種別燃料炭バランス 150
  • 図4-29 豪州の仕向地別燃料炭輸出量 151
  • 図4-30 豪州の産燃料炭の輸出商流 153
  • 図4-31 ロシアの燃料炭バランスの推移 156
  • 図4-32 ロシアの種別燃料炭バランス 157
  • 図4-33 ロシアの仕向地別燃料炭輸出量 157
  • 図4-34 ロシアの産燃料炭の輸出商流 158
  • 図4-35 主要国別原料炭輸出入量の推移 161
  • 図4-36 国産原料炭市場における商流構造 163
  • 図4-37 AngloAmerican社の四半期更改価格への移行経緯 165
  • 図5-1 日本の燃料炭バランスの推移 170
  • 図5-2 燃料炭輸入量における日本の順位の変遷 171
  • 図5-3 日本の種別燃料炭バランス 171
  • 図5-4 日本の供給元別燃料炭輸入量 172
  • 図5-5 日本の原料炭バランスの推移 173
  • 図5-6 日本のコークス需給バランスの推移 173
  • 図5-7 原料炭輸入量における日本の順位の変遷 174
  • 図5-8 日本の供給元別原料炭輸入量 174
  • 図5-9 日本の事業者分類別発電設備量(2015年11月時点) 176
  • 図5-10 日本の事業者分類別石炭火力発受電量(2015年11月時点) 176
  • 図5-11 日本における伝統的な輸入燃料炭の商流 180
  • 図5-12 日本における新たな輸入燃料炭の商流 181
  • 図5-13 日本における輸入原料炭の商流 182
  • 図6-1 スポット燃料炭価格の推移 190
  • 図6-2 月間平均スポット価格の前月比の推移(豪州積み価格と欧州着価格) 191
  • 図6-3 豪州炭の日本向け年間固定契約価格とスポット価格の推移 192
  • 図6-4 豪州炭スポット価格と中国およびインドの年間輸入量の推移 193
  • 図6-5 オランダにおける燃料炭輸入価格、電力卸売価格、天然ガス卸売価格の変化推移 195
  • 図6-6 オランダにおける電力卸売価格と日本の豪州炭長期契約価格の変化推移 196
  • 図6-7 オランダにおける電力卸売価格と石炭および天然ガスのスパークスプレッドの推移 197
  • 図6-8 欧州の供給ソース別燃料炭輸入量と比率の推移 198
  • 図6-9 欧州到着ベースでの供給ソース別輸入価格の比較(南ア価格-各国価格) 200
  • 図6-10 日本の供給ソース別燃料炭輸入量と比率の推移 201
  • 図6-11 日本到着ベースでの供給ソース別輸入価格の比較(豪州価格-各国価格) 202
  • 図6-12 日本の供給ソース別燃料炭輸入通関価格の推移 203
  • 図6-13 南アフリカ共和国の仕向け地別燃料炭輸出量と比率の推移 204
  • 図6-14 ロシアの仕向け地別燃料炭輸出量と比率の推移 205
  • 図6-15 ロシアの主要産炭地域 206
  • 図6-16 米国の仕向け地別燃料炭輸出量と比率の推移 207
  • 図6-17 豪州の仕向け地別燃料炭輸出量と比率の推移 208
  • 図6-18 インドネシアの仕向け地別燃料炭輸出量と比率の推移 210
  • 表目次
  • 表1-1 IEAによる石炭の分類 4
  • 表1-2 IEAによる石炭の総称分類 4
  • 表2-1 各地域市場で主に参照される燃料炭の指標価格 54
  • 表2-2 各地域市場で主に参照される原料炭指標価格 55
  • 表3-1 欧州地域における輸入燃料炭の標準品位 87
  • 表3-2 API2およびAPI4の概要 89
  • 表3-3 欧州燃料炭市揚において取引される主なデリバティブ契約 94
  • 表3-4 米国から輸出される主な燃料炭の標準品位 101
  • 表3-5 米国国内市揚で主に取引される燃料炭の標準品位 103
  • 表3-6 米国国内の燃料炭市場において取引される主なデリバティブ契約 106
  • 表3-7 米国の燃料炭輸出のヘッジを目的に活用される主なデリバティブ契約 107
  • 表4-1 API8の概要 124
  • 表4-2 API5の概要 124
  • 表4-3 中国の燃料炭輸入あるいは同国向け輸出のヘッジを目的に活用される主なデリバティブ契約 127
  • 表4-4 ZCEの燃料炭先物契約の概要 129
  • 表4-5 CERCが推奨する平均指標価格 133
  • 表4-6 Taipower社が調達条件とする輸入燃料炭の標準品位 143
  • 表4-7 各種ICIの概要 147
  • 表4-8 インドネシア産亜瀝青炭を対象とした先物契約 148
  • 表4-9 豪州の燃料炭輸出のヘッジを目的に活用される主なデリバティブ契約 154
  • 表4-10 豪州産および米国産原料炭のスポット取引における標準品位例 163
  • 表4-11 国際原料炭市場において取引されるデリバティブ契約 167

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで