サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

ライティングの高大接続 = High School-to-College Articulation in Writing : 高校・大学で「書くこと」を教える人たちへ

渡辺哲司, 島田康行 著

詳細情報

タイトル ライティングの高大接続 = High School-to-College Articulation in Writing : 高校・大学で「書くこと」を教える人たちへ
著者 渡辺哲司, 島田康行 著
著者標目 渡辺, 哲司
著者標目 島田, 康行, 1963-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社ひつじ書房
出版年月日等 2017.6
大きさ、容量等 203p ; 21cm
注記 文献あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784894768758
価格 2000円
JP番号 22952654
トーハンMARC番号 33629185
別タイトル High School-to-College Articulation in Writing
部分タイトル 高校におけるライティング学習の経験はどれほどあるか / 渡辺哲司 著
部分タイトル 大学新入生は高校「国語」で何を学んでくるのか / 島田康行 著
部分タイトル 高校ではどのようなライティング技術が教えられるか. 1 レポートとして / 渡辺哲司 著
部分タイトル 高校ではどのようなライティング技術が教えられるか. 2 意見文、小論文ほか「書くこと」一般として / 渡辺哲司 著
部分タイトル 「言語活動の充実」によって高校までの「書く」学習の機会は増える〈た〉か / 渡辺哲司 著
部分タイトル 高大接続改革で高校「国語」はどう変わるのか / 島田康行 著
部分タイトル 大学入試「国語」はどう変わるのか / 島田康行 著
部分タイトル 国立教育政策研究所「特定の課題に関する調査〈論理的な思考〉」は何を示したか / 島田康行 著
部分タイトル 大学におけるライティング指導はどのようになされているか / 島田康行 著
部分タイトル 大学新入生にとってレポートとは / 渡辺哲司 著
部分タイトル 評価の目と書く腕前はどのような関係にあるか / 渡辺哲司 著
部分タイトル なぜ大学で「パラグラフ」を教えなければならないか / 渡辺哲司 著
部分タイトル 教室で実践する高大接続.パラグラフ・ライティングの指導事項 / 渡辺哲司 著
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) 論文作法
件名(キーワード) 高大連携
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC UC813
NDC(10版) 816.5 : 文章.文体.作文
NDC(9版) 816.5 : 文章.文体.作文
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで