サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

ゴルフ場企業グループ&系列 : ゴルフ特信資料集 2017年

一季出版株式会社ゴルフ特信編集部 編集

詳細情報

タイトル ゴルフ場企業グループ&系列 : ゴルフ特信資料集
著者 一季出版株式会社ゴルフ特信編集部 編集
著者標目 一季出版株式会社
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社一季出版株式会社ゴルフ特信編集部
出版年月日等 2017.6
大きさ、容量等 201p ; 30cm
注記 奥付の出版年月(誤植): 平成28年6月30日
注記 索引あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784872651966
価格 5000円
JP番号 22919470
トーハンMARC番号 33628567
巻次 2017年
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) ゴルフ場--名簿
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC D4
NDLC DH475
NDC(10版) 783.8 : 球技
NDC(9版) 783.8 : 球技
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • ゴルフ場企業グループ&系列 : ゴルフ特信資料集. 2017年
  • ゴルフ場企業グループ&系列 目次
  • ゴルフ場企業別コース、ホール数ランキング 9
  • 本書の手引き 14
  • I 大手専業グループ・2大大手
  • I 【アコーディア・ゴルフグループ】 16
  • I <アコーディア・ゴルフ> 16
  • I <アコーディアの運営受託コース> 17
  • I <(株)アコーディアAH01(旧・アコーディアAH11)> 17
  • I <(株)アコーディアAH12(旧・アコーディアAH12)> 17
  • I <(株)アコーディアAH36> 18
  • I <アコーディア・ゴルフが親会社の個別企業保有> 18
  • I <アコーディア・ゴルフ・アセット合同会社(AGA)> 19
  • I <アコーディアグループ入りしたゴルフ場> 20
  • I <アコーディア・GSグループから離脱したゴルフ場> 20
  • I 【平和・PGMグループ】 22
  • I  22
  • I  22
  • I  23
  • I  25
  • I <恵那ゴルフ(株)> 26
  • I <(株)鹿島の杜カントリー倶楽部> 26
  • I  27
  • I  27
  • I  27
  • II 大手専業グループ・準大手専業グループ
  • II <大手専業> 28
  • II 【明智GC・房総CCグループ】 28
  • II 【GCEグループ(熊取谷稔)】 28
  • II 【JGM(ロイヤルGC)グループ】 29
  • II 【新日本観光グループ】 30
  • II 【太平洋グループ(マルハングループ)】 30
  • II 【デイリー社グループ】 31
  • II <準大手専業> 32
  • II 【朝日コーポレーショングループ】 32
  • II 【熱海ゴルフ(熱海倶楽部グループ)】 32
  • II 【エビハラスポーツマングループ】 32
  • II 【鹿沼グループ】 33
  • II 【静岡カントリーグループ】 33
  • II 【信和ゴルフグループ】 33
  • II 【鈴鹿CC(名阪観光グループ)】 33
  • II 【北陸観光開発】 33
  • II 【松岡グループ(松岡茂)】 33
  • II 【山田グループ】 34
  • II 【レイクウッド・グループ(日土地グループ)】 34
  • III 専業グループ 35
  • III 【アーマット(旧・烏山城CC)グループ】 35
  • III 【あいがわGC】 35
  • III 【青葉ゴルフ】 35
  • III 【青山GC】 35
  • III 【朝日開発】 35
  • III 【朝日観光グループ】 35
  • III 【旭国際グループ】 36
  • III 【亜細亜観光】 36
  • III 【安達事業グループ】 36
  • III 【厚木国際CCグループ】 36
  • III 【姉ケ崎CCグループ】 36
  • III 【あららぎCCグループ】 37
  • III 【有馬ロイヤルGC(レジェンド)グループ】 37
  • III 【池田CCグループ】 37
  • III 【伊豆にらやまCCグループ】 37
  • III 【岩手中央観光】 37
  • III 【インターファイヴ(うるぎハイランド)】 37
  • III 【恵庭開発グループ】 37
  • III 【大分観光開発】 38
  • III 【大場商事】 38
  • III 【小郡CCグループ】 38
  • III 【鹿島総業】 38
  • III 【カネキ】 38
  • III 【唐沢観光グループ】 39
  • III 【川崎圧延グループ】 39
  • III 【川崎定徳グループ】 39
  • III 【関文グループ】 39
  • III 【キノシタグループ】 39
  • III 【京都日吉観光】 39
  • III 【協豊開発】 40
  • III 【グリーンアカデミーCC】 40
  • III 【グリーンライフ】 40
  • III 【栗橋国際CC】 40
  • III 【京滋観光開発】 40
  • III 【旧・ケンインター(水野健)グループ】 40
  • III 【郷原CC】 41
  • III 【国際開発興産(平井守)】 41
  • III 【国際桜ゴルフ(東京国際から変更)】 41
  • III 【国武関連】 41
  • III 【小平商事(旧・小平興業グループ)】 41
  • III 【佐賀CC】 42
  • III 【佐野GC系】 42
  • III 【三田レークサイドCCグループ】 42
  • III 【山武グリーンCC】 42
  • III 【塩屋崎CCグループ】 43
  • III 【品野台CCグループ】 43
  • III 【ジャパンスポーツコム(小野敏雄、旧・千代田観光開発)】 43
  • III 【上総観光開発】 43
  • III 【湘南シーサイドCC】 43
  • III 【スギー産業グループ】 44
  • III 【(株)ゼルコバグループ】 44
  • III 【センチュリーグループ】 44
  • III 【泉南CCグループ】 44
  • III 【袖ケ浦CCグループ】 44
  • III 【大樹開発】 44
  • III 【ダイヤエステート】 45
  • III 【大和産業グループ】 45
  • III 【高槻GCグループ】 45
  • III 【詫間興業】 45
  • III 【タニミズグループ】 45
  • III 【多摩興産系列】 45
  • III 【タラオCC(三栄建設)】 46
  • III 【チームトレイン】 46
  • III 【千葉カントリーグループ】 46
  • III 【中央ゴルフ】 46
  • III 【千代田開発観光】 46
  • III 【千里浜CCグループ】 46
  • III 【津軽CCグループ】 46
  • III 【東京グリーングループ】 47
  • III 【東松苑GCグループ】 47
  • III 【東条の森】 47
  • III 【東神商事】 48
  • III 【東濃CCグループ】 48
  • III 【東名御殿場CCグループ】 48
  • III 【東名ゴルフ】 48
  • III 【戸田GCグループ】 48
  • III 【中山・武蔵野・川越グループ】 48
  • III 【奈良開発興業】 49
  • III 【南部富士CC】 49
  • III 【西日本観光】 49
  • III 【日動】 49
  • III 【日本ゴルフ場企画】 49
  • III 【日本中央開発】 49
  • III 【日本緑化開発(株)】 49
  • III 【沼津GCグループ】 50
  • III 【能勢CCグループ】 50
  • III 【バンリュウゴルフ】 50
  • III 【東城陽GCグループ】 50
  • III 【東日本振興グループ】 50
  • III 【日高CCグループ(高橋正孝)】 50
  • III 【日田国際GCグループ】 51
  • III 【ビッグスギGC】 51
  • III 【日吉ハイランド】 51
  • III 【平岩観光】 51
  • III 【福高観光開発】 51
  • III 【富士平原グループ】 51
  • III 【星田ゴルフ】 52
  • III 【穂高CCグループ】 52
  • III 【舞鶴CC(グリーンメンバーズ)】 52
  • III 【丸五観光開発】 52
  • III 【緑産業(平山誠一)グループ】 52
  • III 【箕面GCグループ】 52
  • III 【宮古CCグループ】 52
  • III 【武蔵CCグループ】 52
  • III 【名神八日市CCグループ】 53
  • III 【やおつ】 53
  • III 【山形GC】 53
  • III 【(株)横浜国際ゴルフ倶楽部】 53
  • III 【リゾートマネジメント〈旧・富士ランドG〉】 54
  • III 【六甲国際GCグループ】 54
  • IV 外資系 55
  • IV 韓国系 55
  • IV 【イーケーカンパニー】 55
  • IV 【イーヒョングループ】 55
  • IV 【韓国産業洋行(エイチ・ジェイ)】 55
  • IV 【姜(カン)佰賢氏(韓国の実業家)】 56
  • IV 【龜尾(グミ)開發】 56
  • IV 【ケービーアイジャパン】 56
  • IV 【祁答院リゾート】 56
  • IV 【Golf and Art Resort Japan】 57
  • IV 【Compass Blue Japan】 57
  • IV 【サイカンホールディングス】 57
  • IV 【水山ジャパン】 57
  • IV 【チサングループ】 57
  • IV 【清光(チョンガン)グループ】 58
  • IV 【チョン・クリストファー・ヤン氏他】 58
  • IV 【T&Gネットワークジャパン】 58
  • IV 【都和(トファ)総合技術公社グループ】 58
  • IV 【東廣(トンガン)グループ】 58
  • IV 【那須伊王野CC】 58
  • IV 【ニューユーアイ】 59
  • IV 【パインヒールズ】 59
  • IV 【BANDO】 59
  • IV 【ハンファグループ】 59
  • IV 【大京(ペギョン)TLS】 59
  • IV 【ボボスジャパン】 60
  • IV 【ユニオンエースGC(京安グループ)】 60
  • IV 【廉(ヨム)英燮氏他韓国人実業家】 60
  • IV 【英(ヨン)流通】 60
  • IV 【ワイエイチビー・ジャパン】 61
  • IV その他外資系 62
  • IV 【一達国際投資(株)】 62
  • IV 【サクセスユニバースグループ】 63
  • IV 【SUN ASIA PASIFIC CORPORATION】 63
  • IV 【董(トウ)学林氏】 63
  • IV 【パララックスキャピタル】 63
  • IV 【PCCW】 64
  • IV 【Fosunグループ】 64
  • IV 【マレーシア系の投資家グループ】 64
  • IV 【ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド】 65
  • V 不動産・観光系 66
  • V 【アイランドゴルフグループ】 66
  • V 【アジアゲートホールディングス】 67
  • V 【穴吹興産】 68
  • V 【アパグループ】 68
  • V 【一条工務店】 68
  • V 【ASKグループ】 69
  • V 【ATP】 69
  • V 【エコナック】 69
  • V 【エムディアイ(MDI)】 69
  • V 【桜庵(旧・東京石亭、羽根田知也)グループ】 70
  • V 【大谷グループ】 70
  • V 【(株)片山】 70
  • V 【カネヒロ】 70
  • V 【加森観光】 70
  • V 【キタコー】 71
  • V 【近畿エル・エス】 71
  • V 【クラシック】 71
  • V 【ケンコーポレーション】 72
  • V 【ザイマックス】 72
  • V 【サクセス・プロ(旧・サクセスファクトリー)】 72
  • V 【ザナショナルCCグループ(富士合同会社)】 73
  • V 【(株)三共グループ】 73
  • V 【サンクチュアアセットマネージメント】 73
  • V 【三恵観光】 74
  • V 【三和地所】 74
  • V 【シンクス】 74
  • V 【神東観光】 74
  • V 【スターツ】 75
  • V 【ゼネラルビルディンググループ】 75
  • V 【セラヴィリゾート】 75
  • V 【第百ゴルフクラブ】 75
  • V 【大松産業】 75
  • V 【ダイヤモンドソサエティ】 75
  • V 【太陽グループ】 75
  • V 【大和地所】 75
  • V 【高橋正明氏】 76
  • V 【チェリーゴルフグループ】 76
  • V 【千代田トレーディング】 78
  • V 【司観光開発】 78
  • V 【塚本總業】 78
  • V 【鶴屋産業(紀州鉄道)グループ】 78
  • V 【東京建物】 78
  • V 【東京ドーム】 79
  • V 【東建コーポレーション】 79
  • V 【遠山偕成】 79
  • V 【日動グループ(札幌)】 80
  • V 【日商太平】 80
  • V 【日神不動産】 80
  • V 【パインコーポレーション】 80
  • V 【光観光開発】 82
  • V 【ヒロユキ観光】 82
  • V 【富士観光開発】 82
  • V 【富士スタジアムグループ】 82
  • V 【藤田観光】 82
  • V 【船橋CC】 83
  • V 【フューチャーインベストメント】 83
  • V 【平城開発】 83
  • V 【星野リゾート】 83
  • V 【ホスピタリティオペレーションズ】 84
  • V 【ホテル三日月グループ】 84
  • V 【ホテルモントレ】 84
  • V 【マックアース】 84
  • V 【丸和セレクトホーム】 85
  • V 【美登】 85
  • V 【南グループ(日本観光開発)】 85
  • V 【南大門グループ】 85
  • V 【森トラスト(旧・森ビル開発)グループ】 86
  • V 【森ビルグループ】 86
  • V 【旧・ライオンゲイン】 86
  • V 【リサ・パートナーズ】 87
  • V 【リソルグループ】 87
  • V 【リゾートトラストグループ】 88
  • V 【リビエラコーポレーション】 89
  • V 【緑化開発(安蔵優)グループ】 89
  • V 【ルートイングループ】 89
  • V 【レーサム(旧・レーサムリサーチ)】 89
  • V 【六本木トラスト】 89
  • V 【ワシントン】 89
  • V 【和澄産業・ワークジャパン】 90
  • VI 大企業集団・一般産業 91
  • VI 住友グループ 91
  • VI 【アサヒビール】 91
  • VI 【SRI(住友ゴム)グループ】 91
  • VI 【住友金属鉱山系(泉建設)】 91
  • VI 【住友商事系】 91
  • VI 【住友不動産系】 91
  • VI 【住友林業系】 91
  • VI 【三井住友銀行系(旧・住友銀行系)】 91
  • VI 三井グループ 92
  • VI 【昭和飛行機工業系】 92
  • VI 【三井化学(旧・三井東圧化学)系】 92
  • VI 【三井鉱山系】 92
  • VI 【三井住友銀行系(旧・さくら銀行系)】 92
  • VI 【三井造船系】 92
  • VI 【三井不動産系】 93
  • VI 三菱グループ 93
  • VI 【JX(旧・新日本石油)グループ】 93
  • VI 【三菱化学系】 93
  • VI 【三菱地所系】 94
  • VI 【三菱重工業】 94
  • VI 【三菱マテリアル系】 94
  • VI 一般産業 95
  • VI 【IHI(旧・石川島播磨重工業)】 95
  • VI 【ITX】 95
  • VI 【葵会グループ】 95
  • VI 【昭産業】 95
  • VI 【アサヒ商会】 95
  • VI 【アマダグループ】 96
  • VI 【アヤハグループ】 96
  • VI 【アルファクラブグループ】 96
  • VI 【アルペン】 96
  • VI 【石井グループ(ネッツトヨタ秋田)】 96
  • VI 【一家明成氏】 97
  • VI 【伊藤忠グループ】 97
  • VI 【今治造船】 97
  • VI 【インターナショナル通商】 97
  • VI 【宇部興産】 97
  • VI 【NHG(田渕道行代表)】 98
  • VI 【エヌジーエス】 98
  • VI 【オリオンビール】 98
  • VI 【オンワード樫山】 99
  • VI 【カイタック】 99
  • VI 【兼松】 99
  • VI 【カバヤ食品・オハヨー乳業】 99
  • VI 【川上産業】 100
  • VI 【川崎重工グループ】 100
  • VI 【川島グループ】 100
  • VI 【関西電力】 100
  • VI 【吉備システム】 100
  • VI 【九州電力】 101
  • VI 【協栄興業】 101
  • VI 【京セラ】 101
  • VI 【倉商SK(旧・愛宕原GC)グループ】 101
  • VI 【クラレグループ】 101
  • VI 【コーユーグループ】 101
  • VI 【西部ガス系】 101
  • VI 【SANKYO(三共)】 102
  • VI 【三甲】 102
  • VI 【賛光電器産業】 102
  • VI 【サンヨー食品】 102
  • VI 【サンレックス(旧・三洋石油)】 102
  • VI 【三和物産】 103
  • VI 【JFEグループ】 103
  • VI 【ジェルシステム】 103
  • VI 【シキボウ】 103
  • VI 【シャトレーゼ・グループ】 103
  • VI 【ジャパンバイオ】 104
  • VI 【ジュン】 104
  • VI 【松安産業】 104
  • VI 【常磐興産】 105
  • VI 【新日鉄(新日鐵住金)グループ】 105
  • VI 【スズキ】 105
  • VI 【セガサミーHD】 105
  • VI 【セコム】 105
  • VI 【セントラルメディカル】 106
  • VI 【染宮製作所(染宮公夫オーナー)】 106
  • VI 【大王製紙】 106
  • VI 【太平洋セメント(旧・日本セメント)】 106
  • VI 【ダイワボウ(大和紡績)】 107
  • VI 【タカガワグループ】 107
  • VI 【高瀬グループ】 107
  • VI 【達川(砕石業)グループ】 107
  • VI 【タニグチ(砕石業)グループ】 108
  • VI 【ツネイシグループ】 108
  • VI 【つるや】 108
  • VI 【東京タワー(日本電波塔)】 108
  • VI 【東京電力】 108
  • VI 【トーシン】 108
  • VI 【DOWAグループ】 109
  • VI 【土佐屋】 109
  • VI 【トヨタ自動車系列】 109
  • VI 【中島一族(平和の創業者一族)】 110
  • VI 【浪速企業グループ】 110
  • VI 【成本コンテナー】 110
  • VI 【日医工】 111
  • VI 【日菱】 111
  • VI 【日清食品】 111
  • VI 【日本ガイシ】 111
  • VI 【日本製紙】 111
  • VI 【貫井グループ】 111
  • VI 【ノザワワールド】 111
  • VI 【日立製作所グループ】 112
  • VI 【ビックカメラ】 112
  • VI 【百又グループ】 112
  • VI 【平川商事グループ】 112
  • VI 【芙蓉グループ】 112
  • VI 【ブリヂストン(石橋一族所有)】 113
  • VI 【ベルーナ】 113
  • VI 【本田開発興業】 113
  • VI 【本坊グループ】 113
  • VI 【前川製作所】 113
  • VI 【松屋】 113
  • VI 【丸正製粉】 114
  • VI 【マルナカホールディングス】 114
  • VI 【丸松金糸(株)・宇治田原CCグループ】 114
  • VI 【ミオスグループ】 114
  • VI 【ミナミグループ】 114
  • VI 【武蔵野】 115
  • VI 【メナード化粧品】 115
  • VI 【森永製菓グループ】 115
  • VI 【ヤマサキ(福岡)】 115
  • VI 【ヤマザキマザック】 115
  • VI 【ヤマハ(旧・日本楽器)グループ】 115
  • VI 【ヤンマー】 116
  • VI 【(株)ユニテックス】 116
  • VI 【ユニマットグループ】 116
  • VI 【淀川製鋼所】 117
  • VI 【ヨネックス】 118
  • VI 【喜びフーヅ】 118
  • VI 【ライジングプロモーション】 118
  • VI 【リョービ】 118
  • VI 【ロート製薬】 118
  • VII 銀行・金融系 119
  • VII 【アドミラルキャピタル】 119
  • VII 【オリックスグループ】 119
  • VII 【旧・加藤正見グループ】 121
  • VII 【岐阜信用金庫】 121
  • VII 【京都中央信用金庫系】 121
  • VII 【群馬銀行系】 121
  • VII 【小林洋行】 122
  • VII 【大和証券グループ】 122
  • VII 【旧・東京相和銀行(長田一族)】 122
  • VII 【東和銀行】 122
  • VII 【西山ホールディングス(旧西山興業グループ)】 122
  • VII 【ニューセントラル(中央建物)グループ】 123
  • VII 【ネオライングループ】 123
  • VII 【野村證券グループ】 123
  • VII 【プロミス】 123
  • VII 【ほくほくフィナンシャルグループ】 123
  • VII 【みずほフィナンシャルグループ】 124
  • VII 【三菱UFJフィナンシャルグループ】 124
  • VII 【もみじ銀行(旧・広島総合銀行)】 124
  • VII 【りそなグループ】 125
  • VIII 鉄道・運輸系 126
  • VIII 【アルピコグループ(旧・松本電鉄)】 126
  • VIII 【飯山陸送】 126
  • VIII 【岩崎産業】 126
  • VIII 【小田急グループ】 126
  • VIII 【柿木交通グループ】 126
  • VIII 【近鉄グループ】 126
  • VIII 【京王電鉄】 127
  • VIII 【京成電鉄グループ】 127
  • VIII 【京阪電鉄】 127
  • VIII 【京浜急行電鉄】 127
  • VIII 【国際興業】 127
  • VIII 【佐川急便グループ】 128
  • VIII 【JR(日本旅客鉄道)】 128
  • VIII 【西武グループ】 128
  • VIII 【全日空】 129
  • VIII 【玉村グループ】 130
  • VIII 【東急グループ】 130
  • VIII 【東都自動車グループ】 131
  • VIII 【東武鉄道グループ】 131
  • VIII 【南海電鉄グループ】 131
  • VIII 【南国交通グループ】 132
  • VIII 【広島電鉄グループ】 132
  • VIII 【富士急グループ】 132
  • VIII 【丸善グループ】 132
  • VIII 【南日本運輸倉庫】 133
  • VIII 【宮崎交通】 133
  • VIII 【明治海運】 133
  • VIII 【名鉄グループ】 133
  • VIII 【ヤマコー(ユトリアグループ)】 133
  • IX 建設・造園・土木 134
  • IX 【青木あすなろ建設(旧・青木建設)】 134
  • IX 【秋田土建】 134
  • IX 【明輝建設】 134
  • IX 【安達建設グループ】 134
  • IX 【市川ゴルフ興業グループ】 135
  • IX 【市川造園土木グループ】 136
  • IX 【今井建設】 136
  • IX 【植木組】 136
  • IX 【植村組(南九州開発=ブルーパシフィックC)】 136
  • IX 【大林組】 137
  • IX 【鹿島建設】 137
  • IX 【北野建設】 137
  • IX 【協和道路】 138
  • IX 【櫛谷組(湯田上CG)グループ】 138
  • IX 【熊谷組】 138
  • IX 【鴻池組】 138
  • IX 【國場組】 139
  • IX 【佐藤工業】 139
  • IX 【鈴縫工業グループ】 139
  • IX 【大成建設グループ】 139
  • IX 【大和ハウス工業】 139
  • IX 【竹中グループ】 140
  • IX 【千代田アクタス(磯子CC)系】 140
  • IX 【日成工事】 140
  • IX 【日本国土開発】 140
  • IX 【ビック(旧・大明建設)】 141
  • IX 【(株)福島総合開発(旧・真田興産)】 141
  • IX 【本間組】 141
  • IX 【前田建設工業】 141
  • IX 【本山】 141
  • X 報道・出版・宗教・公社・公団 142
  • X 【秋田魁新報社系列】 142
  • X 【朝日放送(ABC)系列】 142
  • X 【(株)あつまるホールディングス】 142
  • X 【河北新報社系列】 142
  • X 【北日本新聞社】 142
  • X 【廣済堂グループ】 142
  • X 【ゴルフダイジェスト社】 143
  • X 【主婦と生活社】 143
  • X 【瀬戸内海放送(KSB)】 143
  • X 【大日本印刷】 143
  • X 【チュウケイ本社】 143
  • X 【中国新聞】 143
  • X 【中日新聞】 143
  • X 【中部日本放送(CBC)系列】 143
  • X 【名古屋放送】 143
  • X 【西日本新聞社】 144
  • X 【福島民報社】 144
  • X 【フジサンケイグループ】 144
  • X 【毎日新聞社系列】 144
  • X 【UMK(テレビ宮崎)】 144
  • X 【読売グループ】 144
  • X 【桑名CCグループ】 145
  • X 【群馬県営】 145
  • X 【神戸市営】 145
  • X 【埼玉県営】 145
  • X 【一般社団法人札幌GC】 146
  • X 【長野県公社公団】 146
  • X 【野田市営】 146
  • X 【PL教団】 146
  • X 【広島CCグループ】 146
  • X 【三好ゴルフ倶楽部】 146
  • X 【山口福祉文化大学(旧・萩国際大学)】 146
  • 主な運営受託企業 147
  • 【(株)ゴルフ・アライアンス】 147
  • 【(株)チュウブ】 147
  • 【(株)ティアンドケイ】 147
  • 【東急リゾートサービス】 148
  • 【トミーグループ】 148
  • 【パシフィック・ゴルフ・マネージメント(PGM)】 148
  • 【リソルグループ】 148
  • 巻末資料 149
  • 都道府県別名称変更コース一覧 150
  • 都道府県別経営交代ゴルフ場一覧 155
  • 都道府県別法的整理ゴルフ場一覧 162
  • ゴルフ場売買事例 166
  • ゴルフ場用地でのメガソーラー計画一覧 174
  • 再開場不明な閉鎖ゴルフ場 180
  • 企業・グループ名索引 184
  • ゴルフ場名索引 188

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで