サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

平成28年度交通の動向 ; 平成29年度交通施策

国土交通省

詳細情報

タイトル 平成28年度交通の動向 ; 平成29年度交通施策
著者標目 国土交通省
出版地(国名コード) JP
出版地[東京]
出版社[国土交通省]
出版年月日等 [2017]
大きさ、容量等 205, 48p ; 30cm
注記 第193回国会 (常会) 提出
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
JP番号 22909048
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) 交通行政--日本
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 日本--交通
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC AZ-471
NDC(10版) 681.2 : 交通政策・行政・経営
NDC(9版) 681.2 : 交通政策・行政・経営
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 平成28年度交通の動向 ;平成29年度交通施策.
  • 目次
  • 第I部 平成28(2016)年度交通の動向
  • 第I部 第1章 交通サービスの状況 3
  • 第I部 第1章 第1節 総論 3
  • 第I部 第1章 第1節 (1) 我が国の経済社会の動向 3
  • 第I部 第1章 第1節 (2) 交通事業の概況 7
  • 第I部 第1章 第1節 (3) 旅客交通の概況 14
  • 第I部 第1章 第1節 (4) 物流の概況 17
  • 第I部 第1章 第2節 鉄道サービスの状況 22
  • 第I部 第1章 第2節 (1) 総論 22
  • 第I部 第1章 第2節 (2) 幹線・都市鉄道 24
  • 第I部 第1章 第2節 (3) 地域鉄道 26
  • 第I部 第1章 第2節 (4) 貨物鉄道 28
  • 第I部 第1章 第3節 自動車交通サービスの状況 29
  • 第I部 第1章 第3節 (1) 総論 29
  • 第I部 第1章 第3節 (2) バス 31
  • 第I部 第1章 第3節 (3) タクシー 36
  • 第I部 第1章 第3節 (4) コミュニティバス・デマンド交通 38
  • 第I部 第1章 第3節 (5) マイカー 38
  • 第I部 第1章 第3節 (6) トラック 42
  • 第I部 第1章 第3節 (7) 自動車整備 44
  • 第I部 第1章 第4節 海上交通サービスの状況 46
  • 第I部 第1章 第4節 (1) 総論 46
  • 第I部 第1章 第4節 (2) 外航海運 46
  • 第I部 第1章 第4節 (3) 内航海運 50
  • 第I部 第1章 第5節 航空サービスの状況 53
  • 第I部 第1章 第5節 (1) 総論 53
  • 第I部 第1章 第5節 (2) 国際航空 54
  • 第I部 第1章 第5節 (3) 国内航空 56
  • 第I部 第1章 第5節 (4) LCC 57
  • 第I部 第1章 第5節 (5) 航空機操縦士等 59
  • 第I部 第2章 交通ネットワークの状況 62
  • 第I部 第2章 第1節 総論 62
  • 第I部 第2章 第2節 鉄道ネットワーク 63
  • 第I部 第2章 第3節 道路ネットワーク 69
  • 第I部 第2章 第4節 海上交通ネットワーク 73
  • 第I部 第2章 第5節 航空ネットワーク 80
  • 第II部 交通分野のユニバーサルデザイン化
  • 第II部 第1章 背景と経緯 86
  • 第II部 第1章 第1節 高齢者、障害者等の現況 87
  • 第II部 第1章 第1節 (1) 高齢者等の状況 87
  • 第II部 第1章 第1節 (2) 障害者の状況 90
  • 第II部 第1章 第1節 (3) 訪日外国人旅行者の状況 92
  • 第II部 第1章 第1節 (4) 小括 93
  • 第II部 第1章 第2節 関連法令等の整備の進展 94
  • 第II部 第1章 第2節 (1) 高齢社会対策基本法及び少子化社会対策基本法 94
  • 第II部 第1章 第2節 (2) 障害者関連法 94
  • 第II部 第1章 第2節 (3) 交通分野におけるバリアフリー・ユニバーサルデザイン化施策の展開 95
  • 第II部 第2章 進捗状況 97
  • 第II部 第2章 第1節 車両等のバリアフリー化の進捗状況 97
  • 第II部 第2章 第1節 (1) 鉄軌道車両 97
  • 第II部 第2章 第1節 (2) 乗合バス 99
  • 第II部 第2章 第1節 (3) 旅客船 101
  • 第II部 第2章 第1節 (4) 航空機 102
  • 第II部 第2章 第1節 (5) タクシー 103
  • 第II部 第2章 第2節 旅客施設等(交通結節点等)のバリアフリー化の進捗状況 104
  • 第II部 第2章 第2節 (1) 鉄軌道駅 105
  • 第II部 第2章 第2節 (2) バスターミナル 111
  • 第II部 第2章 第2節 (3) 旅客船ターミナル 112
  • 第II部 第2章 第2節 (4) 空港 113
  • 第II部 第2章 第2節 (5) 道路 115
  • 第II部 第2章 第2節 (6) 歩道等歩行空間 115
  • 第II部 第2章 第2節 (7) 路外駐車場 116
  • 第II部 第2章 第2節 (8) 信号機等 117
  • 第II部 第2章 第2節 (9) エスコートゾーン 117
  • 第II部 第2章 第2節 (10) バリアフリー化の重点的・一体的な推進に関する基本構想 117
  • 第II部 第2章 第3節 心のバリアフリーの進捗状況 119
  • 第II部 第2章 第4節 進捗状況等から見えてきた課題 122
  • 第II部 第3章 交通分野のユニバーサルデザイン化を進めるために 123
  • 第II部 第3章 (1) より利用しやすいハード面のバリアフリー化の推進 123
  • 第II部 第3章 (2) 地域の面的なユニバーサルデザイン化の推進 125
  • 第II部 第3章 (3) 心のバリアフリーの推進 126
  • 第II部 第3章 (4) 言葉のバリアフリーの推進 129
  • 第II部 第3章 (5) ICTを活用した情報提供の充実 130
  • 第II部 第4章 今後に向けて 134
  • 第III部 平成28年(2016)年度交通に関して講じた政策
  • 第III部 第1章 豊かな国民生活に資する使いやすい交通の実現 136
  • 第III部 第1章 第1節 自治体中心に、コンパクトシティ化等まちづくり施策と連携し、地域交通ネットワークを再構築する 136
  • 第III部 第1章 第1節 (1) 地域公共交通ネットワークの再構築 136
  • 第III部 第1章 第1節 (2) まちづくりと連携した鉄道駅の整備 138
  • 第III部 第1章 第1節 (3) 条件不利地域における生活交通ネットワークの確保・維持 139
  • 第III部 第1章 第1節 (4) 地域公共交通事業の基盤強化 139
  • 第III部 第1章 第1節 (5) 過疎地物流の確保 140
  • 第III部 第1章 第1節 (6) 支援の多様化 140
  • 第III部 第1章 第2節 地域の実情を踏まえた多様な交通サービスの展開を後押しする 141
  • 第III部 第1章 第2節 (1) バス交通の利便性向上とLRT、BRT等の導入 141
  • 第III部 第1章 第2節 (2) コミュニティバスやデマンド交通の効果的な導入等 142
  • 第III部 第1章 第2節 (3) 自転車の利用環境の創出 142
  • 第III部 第1章 第2節 (4) 超小型モビリティの普及 143
  • 第III部 第1章 第2節 (5) レンタカーの活用 143
  • 第III部 第1章 第2節 (6) バスフロート船の開発など海と陸のシームレスな輸送サービスの実現 144
  • 第III部 第1章 第3節 バリアフリーをより一層身近なものにする 145
  • 第III部 第1章 第3節 (1) 現行の整備目標等の着実な実現 145
  • 第III部 第1章 第3節 (2) ホームドアの設置とベビーカーの利用環境改善 147
  • 第III部 第1章 第3節 (3) 外出しやすく歩きやすい歩行空間の整備 148
  • 第III部 第1章 第3節 (4) 「心のバリアフリー」の推進 148
  • 第III部 第1章 第3節 (5) 「言葉のバリアフリー」の推進 148
  • 第III部 第1章 第3節 (6) 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたさらなるバリアフリー化 149
  • 第III部 第1章 第3節 (7) コストダウンの促進 150
  • 第III部 第1章 第4節 旅客交通・物流のサービスレベルをさらなる高みへ引き上げる 151
  • 第III部 第1章 第4節 (1) 都市鉄道ネットワークの拡大・利便性向上 151
  • 第III部 第1章 第4節 (2) 円滑な道路交通の実現 151
  • 第III部 第1章 第4節 (3) 先進安全自動車(ASV)の開発・実用化・普及 152
  • 第III部 第1章 第4節 (4) サービスレベルの見える化 152
  • 第III部 第1章 第4節 (5) ビッグデータの活用による交通計画の策定支援 152
  • 第III部 第1章 第4節 (6) 交通系ICカードの普及・利便性向上 153
  • 第III部 第1章 第4節 (7) スマートフォン等を利用した交通に関する情報の提供 153
  • 第III部 第1章 第4節 (8) 既存の道路ネットワークの最適利用 154
  • 第III部 第1章 第4節 (9) 自動走行システムの実現 155
  • 第III部 第1章 第4節 (10) 公共交通機関における運賃の活用 156
  • 第III部 第1章 第4節 (11) 都市鉄道における遅延対策 156
  • 第III部 第1章 第4節 (12) 空港の利用環境の改善 156
  • 第III部 第1章 第4節 (13) 空間の質や景観の向上 157
  • 第III部 第1章 第4節 (14) 自動車関連情報の利活用の推進 157
  • 第III部 第2章 成長と繁栄の基盤となる国際・地域間の旅客交通・物流ネットワークの構築 159
  • 第III部 第2章 第1節 我が国の国際交通ネットワークの競争力を強化する 159
  • 第III部 第2章 第1節 (1) 我が国の国際航空ネットワークの一層の拡充 159
  • 第III部 第2章 第1節 (2) LCCやビジネスジェットの利用環境の整備 160
  • 第III部 第2章 第1節 (3) 管制処理能力の向上 161
  • 第III部 第2章 第1節 (4) 首都圏空港のさらなる機能強化 161
  • 第III部 第2章 第1節 (5) 国際拠点空港のアクセス強化 161
  • 第III部 第2章 第1節 (6) 航空物流の機能強化 162
  • 第III部 第2章 第1節 (7) 我が国の公租公課等の見直し 162
  • 第III部 第2章 第1節 (8) 国際コンテナ戦略港湾政策の深化 162
  • 第III部 第2章 第1節 (9) 大型のばら積み貨物船に対応した港湾機能の拠点的確保 163
  • 第III部 第2章 第1節 (10) 地域経済を支える港湾の積極的活用 164
  • 第III部 第2章 第1節 (11) エネルギー調達の多様化等に対応した安定的な輸送の実現 164
  • 第III部 第2章 第1節 (12) 新たな航路を通じたエネルギー輸送に係る課題の解決 164
  • 第III部 第2章 第1節 (13) コンテナラウンドユースの促進等による国際海上物流システムの改善 165
  • 第III部 第2章 第1節 (14) アジアにおける国内外一体となったシームレスな物流 165
  • 第III部 第2章 第1節 (15) 日本商船隊の競争基盤の強化 166
  • 第III部 第2章 第1節 (16) 農林水産物等の輸出や中小企業の海外展開の物流面からの支援 166
  • 第III部 第2章 第2節 地域間のヒト・モノの流動を拡大する 166
  • 第III部 第2章 第2節 (1) LCCの参入促進など我が国国内航空ネットワークの拡充 166
  • 第III部 第2章 第2節 (2) 新幹線ネットワークの着実な整備と地域鉄道等との連携 167
  • 第III部 第2章 第2節 (3) フリーゲージトレインの実用化 167
  • 第III部 第2章 第2節 (4) 高速道路ネットワークの整備と既存の道路ネットワークの有効活用 167
  • 第III部 第2章 第2節 (5) 安全で利用しやすい高速バスネットワークの拡充 168
  • 第III部 第2章 第2節 (6) 空港経営改革の着実な推進 169
  • 第III部 第2章 第2節 (7) 複合一貫輸送に対応した国内物流拠点等の整備 170
  • 第III部 第2章 第2節 (8) ヒト・モノの移動が地域の隅々まで行き渡るような国内交通ネットワークの形成 170
  • 第III部 第2章 第2節 (9) 零細内航海運事業者の基盤強化 170
  • 第III部 第2章 第2節 (10) 鉄道による貨物輸送の拡大 171
  • 第III部 第2章 第3節 訪日外客4000万人に向け、観光施策と連携した取組を強める 171
  • 第III部 第2章 第3節 (1) 交通関連分野での訪日外国人旅行者の受入環境整備 171
  • 第III部 第2章 第3節 (2) わかりやすい道案内の取組推進 173
  • 第III部 第2章 第3節 (3) クルーズ振興を通じた地域の活性化 173
  • 第III部 第2章 第3節 (4) 訪日外国人旅行者の国内各地への訪問促進 173
  • 第III部 第2章 第3節 (5) 「手ぶら観光」の促進 174
  • 第III部 第2章 第3節 (6) 「道の駅」のゲートウェイ機能強化・充実と観光地周辺の自転車利用環境の改善 174
  • 第III部 第2章 第3節 (7) 交通系ICカードの利用エリア拡大、企画乗車券の導入等 175
  • 第III部 第2章 第3節 (8) 広域的な連携による国内外の観光客の呼び込み 175
  • 第III部 第2章 第3節 (9) 航空会社の新規路線開設・就航の促進 175
  • 第III部 第2章 第3節 (10) 広域周遊ルートの形成 176
  • 第III部 第2章 第3節 (11) 交通そのものを観光資源とする取組の促進 176
  • 第III部 第2章 第3節 (12) 「観光立国実現に向けたアクション・プログラム2015」の改定への対応 177
  • 第III部 第2章 第3節 (13) 「日ASEANクルーズ振興プロジェクト」 177
  • 第III部 第2章 第4節 我が国の技術とノウハウを活かした交通インフラ・サービスをグローバルに展開する 177
  • 第III部 第2章 第4節 (1) 交通関連技術・ノウハウの輸出の推進 177
  • 第III部 第2章 第4節 (2) 交通事業・都市開発事業の海外市場への我が国事業者の参入促進 178
  • 第III部 第2章 第4節 (3) 交通分野における我が国の規格、基準、システム等の国際標準化 178
  • 第III部 第2章 第4節 (4) 洋上ロジスティックハブ等の開発支援 179
  • 第III部 第2章 第4節 (5) 海上輸送の安全確保への積極的な参画 179
  • 第III部 第2章 第4節 (6) 我が国の交通関連企業の進出先での人材の確保・育成 180
  • 第III部 第3章 持続可能で安心・安全な交通に向けた基盤づくり 181
  • 第III部 第3章 第1節 大規模災害や老朽化への備えを万全なものとする 181
  • 第III部 第3章 第1節 (1) 交通インフラの耐震対策、津波対策、浸水対策、土砂災害対策 181
  • 第III部 第3章 第1節 (2) 信号機電源付加装置の整備、環状交差点の活用 183
  • 第III部 第3章 第1節 (3) 無電柱化の推進 183
  • 第III部 第3章 第1節 (4) 交通インフラの戦略的な維持管理・更新や老朽化対策 184
  • 第III部 第3章 第1節 (5) 地震発生時の安全な列車の停止 185
  • 第III部 第3章 第1節 (6) 新幹線の大規模改修への対応 185
  • 第III部 第3章 第1節 (7) 避難・緊急輸送のための代替ルートの確保・輸送モード間の連携 185
  • 第III部 第3章 第1節 (8) 災害発生時における輸送手段の確保や円滑な支援物資輸送 186
  • 第III部 第3章 第1節 (9) 避難誘導のための適切な情報発信、船舶やバス車両等の活用 187
  • 第III部 第3章 第1節 (10) 帰宅困難者・避難者等の安全確保 188
  • 第III部 第3章 第1節 (11) 港湾等における船舶の避難誘導等 188
  • 第III部 第3章 第1節 (12) 防災気象情報の改善や適時・的確な提供 189
  • 第III部 第3章 第1節 (13) 「津波救命艇」の普及 189
  • 第III部 第3章 第1節 (14) 災害時の機能維持のための代替ルートの確保・輸送モード間の連携 189
  • 第III部 第3章 第1節 (15) 災害に強い交通関係情報システムの構築 189
  • 第III部 第3章 第1節 (16) 災害に強い物流システムの実現 190
  • 第III部 第3章 第1節 (17) 老朽化車両・船舶の更新 190
  • 第III部 第3章 第1節 (18) 交通インフラの維持管理と交通以外のインフラの維持管理との連携強化 190
  • 第III部 第3章 第1節 (19) 平成28年熊本地震への対応 190
  • 第III部 第3章 第2節 交通関連事業の基盤を強化し、安定的な運行と安全確保に万全を期する 191
  • 第III部 第3章 第2節 (1) 監査の充実強化 191
  • 第III部 第3章 第2節 (2) 運輸安全マネジメント制度 192
  • 第III部 第3章 第2節 (3) 新技術の活用や設備投資への支援 193
  • 第III部 第3章 第2節 (4) 交通事業者に対する事故発生時の対処方策の徹底 194
  • 第III部 第3章 第2節 (5) 交通分野でのテロ対策の推進 194
  • 第III部 第3章 第2節 (6) 交通関連事業の基盤強化と適正な競争環境の整備 195
  • 第III部 第3章 第2節 (7) 我が国の交通を支える自動車産業に関する取組 196
  • 第III部 第3章 第2節 (8) 航空機整備事業(MRO)の国内実施の促進 196
  • 第III部 第3章 第2節 (9) 自動車事故被害者に対する支援の充実 197
  • 第III部 第3章 第3節 交通を担う人材を確保し、育てる 197
  • 第III部 第3章 第3節 (1) 輸送を支える人材の確保や労働条件・職場環境の改善 197
  • 第III部 第3章 第3節 (2) 交通事業における若年層、女性、高齢者の活用と海洋開発人材(海洋開発関連技術者)の育成 199
  • 第III部 第3章 第3節 (3) モーダルシフト等による物流の省労働力化 200
  • 第III部 第3章 第3節 (4) 地域の交通計画づくりを担う人材の育成 201
  • 第III部 第3章 第4節 さらなる低炭素化、省エネ化等の環境対策を進める 201
  • 第III部 第3章 第4節 (1) 次世代自動車の一層の普及 201
  • 第III部 第3章 第4節 (2) 自動車を排出源とするCO2の削減 202
  • 第III部 第3章 第4節 (3) 環境に優しいエネルギーの安定的な輸送の実現 203
  • 第III部 第3章 第4節 (4) 自動車等の排出ガス規制と交通騒音対策 203
  • 第III部 第3章 第4節 (5) バラスト水管理の円滑な実施 204
  • 第III部 第3章 第4節 (6) 道路交通における交通流・環境対策 204
  • 第III部 第3章 第4節 (7) 蓄電池車両やハイブリッド車両の導入等 204
  • 第III部 第3章 第4節 (8) 燃料電池自動車の本格的な普及 204
  • 第III部 第3章 第4節 (9) 天然ガス燃料船や水素燃料電池船の導入・普及等 205
  • 第III部 第3章 第4節 (10) 環境に優しいグリーン物流の実現 205
  • 第IV部 平成29(2017)年度交通に関して講じようとする施策
  • 第IV部 第1章 豊かな国民生活に資する使いやすい交通の実現 1
  • 第IV部 第1章 第1節 自治体中心に、コンパクトシティ化等まちづくり施策と連携し、地域交通ネットワークを再構築する 1
  • 第IV部 第1章 第1節 (1) 地域公共交通ネットワークの再構築 1
  • 第IV部 第1章 第1節 (2) まちづくりと連携した鉄道駅の整備 2
  • 第IV部 第1章 第1節 (3) 条件不利地域における生活交通ネットワークの確保・維持 3
  • 第IV部 第1章 第1節 (4) 地域公共交通事業の基盤強化 3
  • 第IV部 第1章 第1節 (5) 過疎地物流の確保 3
  • 第IV部 第1章 第1節 (6) 支援の多様化 4
  • 第IV部 第1章 第2節 地域の実情を踏まえた多様な交通サービスの展開を後押しする 4
  • 第IV部 第1章 第2節 (1) バス交通の利便性向上とLRT、BRT等の導入 4
  • 第IV部 第1章 第2節 (2) コミュニティバスやデマンド交通の効果的な導入等 4
  • 第IV部 第1章 第2節 (3) 自転車の利用環境の創出 5
  • 第IV部 第1章 第2節 (4) 超小型モビリティの普及 5
  • 第IV部 第1章 第2節 (5) レンタカーの活用 5
  • 第IV部 第1章 第2節 (6) バスフロート船の開発など海と陸のシームレスな輸送サービスの実現 6
  • 第IV部 第1章 第3節 バリアフリーをより一層身近なものにする 7
  • 第IV部 第1章 第3節 (1) 現行の整備目標等の着実な実現 7
  • 第IV部 第1章 第3節 (2) ホームドアの設置とベビーカーの利用環境改善 8
  • 第IV部 第1章 第3節 (3) 外出しやすく歩きやすい歩行空間の整備 8
  • 第IV部 第1章 第3節 (4) 「心のバリアフリー」の推進 9
  • 第IV部 第1章 第3節 (5) 「言葉のバリアフリー」の推進 9
  • 第IV部 第1章 第3節 (6) 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたさらなるバリアフリー化 10
  • 第IV部 第1章 第3節 (7) コストダウンの促進 10
  • 第IV部 第1章 第4節 旅客交通・物流のサービスレベルをさらなる高みへ引き上げる 10
  • 第IV部 第1章 第4節 (1) 都市鉄道ネットワークの拡大・利便性向上 10
  • 第IV部 第1章 第4節 (2) 円滑な道路交通の実現 11
  • 第IV部 第1章 第4節 (3) 先進安全自動車(ASV)の開発・実用化・普及 11
  • 第IV部 第1章 第4節 (4) サービスレベルの見える化 11
  • 第IV部 第1章 第4節 (5) ビッグデータの活用による交通計画の策定支援 11
  • 第IV部 第1章 第4節 (6) 交通系ICカードの普及・利便性向上 12
  • 第IV部 第1章 第4節 (7) スマートフォン等を利用した交通に関する情報の提供 12
  • 第IV部 第1章 第4節 (8) 既存の道路ネットワークの最適利用 12
  • 第IV部 第1章 第4節 (9) 自動走行システムの実現 13
  • 第IV部 第1章 第4節 (10) 公共交通機関における運賃の活用 13
  • 第IV部 第1章 第4節 (11) 都市鉄道における遅延対策 14
  • 第IV部 第1章 第4節 (12) 空港の利用環境の改善 14
  • 第IV部 第1章 第4節 (13) 空間の質や景観の向上 14
  • 第IV部 第1章 第4節 (14) 自動車関連情報の利活用の推進 14
  • 第IV部 第2章 成長と繁栄の基盤となる国際・地域間の旅客交通・物流ネットワークの構築 16
  • 第IV部 第2章 第1節 我が国の国際交通ネットワークの競争力を強化する 16
  • 第IV部 第2章 第1節 (1) 我が国の国際航空ネットワークの一層の拡充 16
  • 第IV部 第2章 第1節 (2) LCCやビジネスジェットの利用環境の整備 17
  • 第IV部 第2章 第1節 (3) 管制処理能力の向上 17
  • 第IV部 第2章 第1節 (4) 首都圏空港のさらなる機能強化 17
  • 第IV部 第2章 第1節 (5) 国際拠点空港のアクセス強化 18
  • 第IV部 第2章 第1節 (6) 航空物流の機能強化 18
  • 第IV部 第2章 第1節 (7) 我が国の公租公課等の見直し 18
  • 第IV部 第2章 第1節 (8) 国際コンテナ戦略港湾政策の深化 19
  • 第IV部 第2章 第1節 (9) 大型のばら積み貨物船に対応した港湾機能の拠点的確保 19
  • 第IV部 第2章 第1節 (10) 地域経済を支える港湾の積極的活用 19
  • 第IV部 第2章 第1節 (11) エネルギー調達の多様化等に対応した安定的な輸送の実現 20
  • 第IV部 第2章 第1節 (12) 新たな航路を通じたエネルギー輸送に係る課題の解決 20
  • 第IV部 第2章 第1節 (13) コンテナラウンドユースの促進等による国際海上物流システムの改善 20
  • 第IV部 第2章 第1節 (14) アジアにおける国内外一体となったシームレスな物流 20
  • 第IV部 第2章 第1節 (15) 日本商船隊の競争基盤の強化 21
  • 第IV部 第2章 第1節 (16) 農林水産物等の輸出や中小企業の海外展開の物流面からの支援 21
  • 第IV部 第2章 第2節 地域間のヒト・モノの流動を拡大する 21
  • 第IV部 第2章 第2節 (1) LCCの参入促進など我が国国内航空ネットワークの拡充 21
  • 第IV部 第2章 第2節 (2) 新幹線ネットワークの着実な整備と地域鉄道等との連携 22
  • 第IV部 第2章 第2節 (3) フリーゲージトレインの実用化 22
  • 第IV部 第2章 第2節 (4) 高速道路ネットワークの整備と既存の道路ネットワークの有効活用 22
  • 第IV部 第2章 第2節 (5) 安全で利用しやすい高速バスネットワークの拡充 23
  • 第IV部 第2章 第2節 (6) 空港経営改革の着実な推進 23
  • 第IV部 第2章 第2節 (7) 複合一貫輸送に対応した国内物流拠点等の整備 23
  • 第IV部 第2章 第2節 (8) ヒト・モノの移動が地域の隅々まで行き渡るような国内交通ネットワークの形成 24
  • 第IV部 第2章 第2節 (9) 零細内航海運事業者の基盤強化 24
  • 第IV部 第2章 第2節 (10) 鉄道による貨物輸送の拡大 24
  • 第IV部 第2章 第3節 訪日外客4000万人に向け、観光施策と連携した取組を強める 25
  • 第IV部 第2章 第3節 (1) 交通関連分野での訪日外国人旅行者の受入環境整備 25
  • 第IV部 第2章 第3節 (2) わかりやすい道案内の取組推進 26
  • 第IV部 第2章 第3節 (3) クルーズ振興を通じた地域の活性化 26
  • 第IV部 第2章 第3節 (4) 訪日外国人旅行者の国内各地への訪問促進 26
  • 第IV部 第2章 第3節 (5) 「手ぶら観光」の促進 27
  • 第IV部 第2章 第3節 (6) 「道の駅」のゲートウェイ機能強化・充実と観光地周辺の自転車利用環境の改善 27
  • 第IV部 第2章 第3節 (7) 交通系ICカードの利用エリア拡大、企画乗車券の導入等 27
  • 第IV部 第2章 第3節 (8) 広域的な連携による国内外の観光客の呼び込み 28
  • 第IV部 第2章 第3節 (9) 航空会社の新規路線開設・就航の促進 28
  • 第IV部 第2章 第3節 (10) 広域観光周遊ルートの形成 28
  • 第IV部 第2章 第3節 (11) 交通そのものを観光資源とする取組の促進 29
  • 第IV部 第2章 第3節 (12) 「観光立国実現に向けたアクション・プログラム2015」の改定への対応 29
  • 第IV部 第2章 第3節 (13) 「日ASEANクルーズ振興プロジェクト」 29
  • 第IV部 第2章 第4節 我が国の技術とノウハウを活かした交通インフラ・サービスをグローバルに展開する 30
  • 第IV部 第2章 第4節 (1) 交通関連技術・ノウハウの輸出の推進 30
  • 第IV部 第2章 第4節 (2) 交通事業・都市開発事業の海外市場への我が国事業者の参入促進 30
  • 第IV部 第2章 第4節 (3) 交通分野における我が国の規格、基準、システム等の国際標準化 30
  • 第IV部 第2章 第4節 (4) 洋上ロジスティックハブ等の開発支援 31
  • 第IV部 第2章 第4節 (5) 海上輸送の安全確保への積極的な参画 31
  • 第IV部 第2章 第4節 (6) 我が国の交通関連企業の進出先での人材の確保・育成 31
  • 第IV部 第3章 持続可能で安心・安全な交通に向けた基盤づくり 33
  • 第IV部 第3章 第1節 大規模災害や老朽化への備えを万全なものとする 33
  • 第IV部 第3章 第1節 (1) 交通インフラの耐震対策、津波対策、浸水対策、土砂災害対策 33
  • 第IV部 第3章 第1節 (2) 信号機電源付加装置の整備、環状交差点の活用 33
  • 第IV部 第3章 第1節 (3) 無電柱化の推進 34
  • 第IV部 第3章 第1節 (4) 交通インフラの戦略的な維持管理・更新や老朽化対策 34
  • 第IV部 第3章 第1節 (5) 地震発生時の安全な列車の停止 35
  • 第IV部 第3章 第1節 (6) 新幹線の大規模改修への対応 35
  • 第IV部 第3章 第1節 (7) 避難・緊急輸送のための代替ルートの確保・輸送モード間の連携 35
  • 第IV部 第3章 第1節 (8) 災害発生時における輸送手段の確保や円滑な支援物資輸送 36
  • 第IV部 第3章 第1節 (9) 避難誘導のための適切な情報発信、船舶やバス車両等の活用 36
  • 第IV部 第3章 第1節 (10) 帰宅困難者・避難者等の安全確保 37
  • 第IV部 第3章 第1節 (11) 港湾等における船舶の避難誘導等 37
  • 第IV部 第3章 第1節 (12) 防災気象情報の改善や適時・的確な提供 37
  • 第IV部 第3章 第1節 (13) 「津波救命艇」の普及 37
  • 第IV部 第3章 第1節 (14) 災害時の機能維持のための代替ルートの確保・輸送モード間の連携 37
  • 第IV部 第3章 第1節 (15) 災害に強い交通関係情報システムの構築 38
  • 第IV部 第3章 第1節 (16) 災害に強い物流システムの実現 38
  • 第IV部 第3章 第1節 (17) 老朽化車両・船舶の更新 38
  • 第IV部 第3章 第1節 (18) 交通インフラの維持管理と交通以外のインフラの維持管理との連携強化 38
  • 第IV部 第3章 第1節 (19) 平成28年熊本地震への対応 38
  • 第IV部 第3章 第2節 交通関連事業の基盤を強化し、安定的な運行と安全確保に万全を期する 39
  • 第IV部 第3章 第2節 (1) 監査の充実強化等 39
  • 第IV部 第3章 第2節 (2) 運輸安全マネジメント制度 39
  • 第IV部 第3章 第2節 (3) 新技術の活用や設備投資への支援 40
  • 第IV部 第3章 第2節 (4) 交通事業者に対する事故発生時の対処方策の徹底 40
  • 第IV部 第3章 第2節 (5) 交通分野でのテロ対策の推進 40
  • 第IV部 第3章 第2節 (6) 交通関連事業の基盤強化と適正な競争環境の整備 41
  • 第IV部 第3章 第2節 (7) 我が国の交通を支える自動車産業に関する取組 41
  • 第IV部 第3章 第2節 (8) 航空機整備事業(MRO)の国内実施の促進 42
  • 第IV部 第3章 第2節 (9) 自動車事故被害者に対する支援の充実 42
  • 第IV部 第3章 第3節 交通を担う人材を確保し、育てる 42
  • 第IV部 第3章 第3節 (1) 輸送を支える人材の確保や労働条件・職場環境の改善 42
  • 第IV部 第3章 第3節 (2) 交通事業における若年層、女性、高齢者の活用と海洋開発人材(海洋開発関連技術者)の育成 43
  • 第IV部 第3章 第3節 (3) モーダルシフト等による物流の省労働力化 44
  • 第IV部 第3章 第3節 (4) 地域の交通計画づくりを担う人材の育成 44
  • 第IV部 第3章 第4節 さらなる低炭素化、省エネ化等の環境対策を進める 45
  • 第IV部 第3章 第4節 (1) 次世代自動車の一層の普及 45
  • 第IV部 第3章 第4節 (2) 自動車を排出源とするCO2の削減 45
  • 第IV部 第3章 第4節 (3) 環境に優しいエネルギーの安定的な輸送の実現 46
  • 第IV部 第3章 第4節 (4) 自動車等の排出ガス規制と交通騒音対策 46
  • 第IV部 第3章 第4節 (5) バラスト水管理の円滑な実施 46
  • 第IV部 第3章 第4節 (6) 道路交通における交通流・環境対策 47
  • 第IV部 第3章 第4節 (7) 蓄電池車両やハイブリッド車両の導入等 47
  • 第IV部 第3章 第4節 (8) 燃料電池自動車の本格的な普及 47
  • 第IV部 第3章 第4節 (9) 天然ガス燃料船や水素燃料電池船の導入・普及等 47
  • 第IV部 第3章 第4節 (10) 環境に優しいグリーン物流の実現 48

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで