サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

近代日中語彙交流史 : 新漢語の生成と受容

沈国威 著

詳細情報

タイトル 近代日中語彙交流史 : 新漢語の生成と受容
著者 沈国威 著
著者標目 沈, 国威, 1954-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社笠間書院
出版年月日等 2017.6
大きさ、容量等 473p ; 21cm
注記 文献あり 索引あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784305708502
価格 3800円
JP番号 22917792
トーハンMARC番号 33627016
改訂新版 新装版
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) 中国語--外来語--歴史--近代
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KK32
NDC(10版) 824.7 : 語彙
NDC(9版) 824 : 語彙
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 近代日中語彙交流史 :新漢語の生成と受容
  • 目次
  • 謝辞 ii
  • 改訂新版にあたって iii
  • ■研究編
  • 序論
  • 1 本書の基本姿勢と範囲 001
  • 2 いわゆる「近代」という時期について 003
  • 第一章 日本語借用語研究概説
  • 第一章 1 日本語借用語とはなにか 007
  • 第一章 2 日本語借用語の弁別について 028
  • 第二章 日本語借用語の研究史
  • 第二章 1 初期の研究について 051
  • 第二章 2 50年代以降の研究について 062
  • 第三章 日本語との出会い近代前期における中国の知識人と日本語
  • 第三章 1 はじめに 077
  • 第三章 2 羅森の『日本日記』とその語彙 083
  • 第三章 3 何如璋らの日本探訪記録とその語彙 089
  • 第三章 4 葉慶頤の「事物異名」とその語彙 096
  • 第三章 5 傅雲龍の『遊歴各国図経餘記』とその語彙 114
  • 第三章 6 黄遵憲の日本考察とその語彙 127
  • 第三章 7 おわりに 129
  • 第四章 西学東漸と日本語借用語英華辞書類を中心に
  • 第四章 1 19世紀の英華辞書類 134
  • 第四章 2 『英華字典』について 137
  • 第四章 3 『英華字典』の訳語と日本語借用語 150
  • 第四章 4 キリスト教用語と日本語借用語 163
  • 第四章 5 「鉛筆」という語について 172
  • 第四章 6 英華辞書の限界 189
  • 第四章 7 英和辞書の役割について 199
  • 第四章 8 おわりに 219
  • 第五章 中国語における日本語の受容について
  • 第五章 1 「関係」という語について 224
  • 第五章 2 「影響」という語について 250
  • 第五章 3 おわりに 270
  • ■語誌編
  • ○語誌編 275
  • 唖鈴 282
  • 演技 283
  • 音符 283
  • 戒厳令 284
  • 開発 285
  • 掛図 286
  • 加速度 286
  • 官能 288
  • 画報 289
  • 揮発 290
  • 休止符 290
  • 吸盤 291
  • 曲線美 291
  • 緊縮 292
  • 空想 293
  • 傾向 294
  • 化粧 295
  • 血圧計 295
  • 結晶 296
  • 幻覚 297
  • 幻想 297
  • 現行犯 298
  • 公安 299
  • 公園 299
  • 構思 300
  • 構図 300
  • 構想 300
  • 後天 302
  • 先天 302
  • 合金 303
  • 国粋 304
  • 国防 305
  • 個人 306
  • 個性 307
  • 古生代 308
  • 再現 310
  • 撮(攝)影 311
  • 惨劇 311
  • 散漫 312
  • 司会 313
  • 時間表 314
  • 色盲 314
  • 市民 315
  • 情緒 315
  • 焦点 316
  • 衝動 317
  • 商標 318
  • 叙事詩 319
  • 抒情詩 319
  • 人身攻撃 320
  • 人道主義 321
  • 水彩画 322
  • 推進器 322
  • 水族館 323
  • 性格 324
  • 赤化 324
  • 設備 325
  • 旋律 326
  • 存在 326
  • 第一印象 327
  • 体温計 328
  • 体系 328
  • 体験 329
  • 体制 330
  • 体質 330
  • 対立 331
  • 惰性 332
  • 弾性 333
  • 中和 333
  • 聴診器 334
  • 超人 335
  • 調整 335
  • 張力 336
  • 通信員 337
  • 通信社 337
  • 通信網 338
  • 積木 339
  • 塗料 339
  • 内耳 340
  • 軟骨 340
  • 肉感 341
  • 年鑑 342
  • 二律背反 342
  • 排水量 343
  • 派出所 343
  • 発電機 344
  • 発動機 344
  • 反映 345
  • 版権 346
  • 馬糞紙 347
  • 備忘録 347
  • 百科全書 348
  • 貧民窟 349
  • 沸点 349
  • 分泌 350
  • 偏執狂 351
  • 変態 352
  • 保健 352
  • 本能 353
  • 巻揚機 354
  • 免疫 355
  • 裸体画 355
  • ■資料編
  • 1 『漢語外来詞詞典』の日本語借用語一覧 359
  • 2 『現代漢語外来詞研究』の日本語借用語一覧 397
  • 3 王立達(1958)の日本語借用語一覧 402
  • 4 譚汝謙(1977)の日本語借用語一覧 408
  • 5 余又蓀(1935)の日本語製訳一覧 409
  • 補注 417
  • 参考文献・資料一覧 427
  • 初版あとがき 443
  • 改訂新版あとがき 446
  • 事項索引 447
  • 語彙索引 459

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで