サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

石川九楊著作集 9

石川九楊 著

詳細情報

タイトル 石川九楊著作集
著者 石川九楊 著
著者標目 石川, 九楊, 1945-
出版地(国名コード) JP
出版地京都
出版社ミネルヴァ書房
出版年月日等 2017.3
大きさ、容量等 1019p ; 22cm
注記 布装
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784623077557
価格 9000円
JP番号 22927699
トーハンMARC番号 33625254
巻次 9
別タイトル 書の宇宙 : 書史論
部分タイトル 書の宇宙 : 書史論
部分タイトル 書に通ず
部分タイトル 書の宇宙
部分タイトル 「言葉」と「文字」のあいだ
部分タイトル 「文字」は、なぜ石に刻されたか
部分タイトル 「書」とは、どういうことなのか
部分タイトル 石に溶けこんでゆく文字
部分タイトル 石に貼りつけられた文字
部分タイトル 「書聖」とは、何を意味するのか
部分タイトル 書かれた形と、刻された形と
部分タイトル 書の典型とは何か
部分タイトル 「誤字」が、書の歴史を動かす
部分タイトル 書の、何を受けとめたのか
部分タイトル 書の、何が縮小されたのか
部分タイトル 和歌のたたずまい
部分タイトル 書の文体の誕生
部分タイトル 書史の合流・結節点としての北宋三大家
部分タイトル 中華の書は、周辺を呑みこんでゆく
部分タイトル 書くことの露岩としての墨蹟
部分タイトル 書であることの、最後の楽園
部分タイトル 紙は、石碑と化してゆく
部分タイトル 万世一系の書道
部分タイトル いくつかの、近世を揺さぶる書
部分タイトル 書法の解体、書の自立
部分タイトル 篆・隷という書の発明
部分タイトル 篆刻という名の書
部分タイトル 新たな段階への扉
部分タイトル 書の終焉
部分タイトル
部分タイトル 明治初年の書体
部分タイトル 世界の構図
部分タイトル 写生された文字
部分タイトル 異文化の匂いと字画の分節
部分タイトル 「龍眠帖」、明治四十一年
部分タイトル 再構成された無機なる自然
部分タイトル 最後の文人の肖像
部分タイトル ことばと造形のからみあい
部分タイトル 短歌の自註としての書
部分タイトル 位相転換、その結節点
部分タイトル 主題への問い
部分タイトル 諧調の美学
部分タイトル 〈動跡〉と〈墨跡〉への解体
部分タイトル 文字の肖像写真
部分タイトル 日本的様式美の変容
部分タイトル 現代篆刻の表出
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) 書--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KC631
NDC(10版) 728.08 : 書.書道
NDC(9版) 728.08 : 書.書道
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで