サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

水産動植物登録保留基準設定に関する文献等調査業務報告書 平成28年度 第2分冊

国立環境研究所

詳細情報

タイトル 水産動植物登録保留基準設定に関する文献等調査業務報告書
著者標目 国立環境研究所
出版地(国名コード) JP
出版地[つくば]
出版社国立環境研究所
出版年月日等 2017.3
大きさ、容量等 1冊 ; 30cm
注記 環境省請負業務
注記 文献あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
JP番号 22906327
巻次 平成28年度 第2分冊
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) 農薬--リスクアセスメント
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 水生生物
NDLC NA217
NDC(10版) 519.79 : 環境工学.公害
NDC(9版) 519.79 : 公害.環境工学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 水産動植物登録保留基準設定に関する文献等調査業務報告書.平成28年度 第2分冊.
  • 第二分冊
  • IV. 水産検討会の評価書の作成/申請者への確認事項の整理 433
  • IV. IV.1 評価対象農薬 433
  • IV. IV.2 評価資料等 435
  • IV. IV.2 IV.2.1 2,4-PA 435
  • IV. IV.2 IV.2.2. DBEDC 444
  • IV. IV.2 IV.2.3 アセタミプリド 449
  • IV. IV.2 IV.2.4 イソキサベン 451
  • IV. IV.2 IV.2.5 イソプロカルブ(MIPC) 458
  • IV. IV.2 IV.2.6 エンドタールニカリウム塩及びエンドタールニナトリウム塩 463
  • IV. IV.2 IV.2.7 オキスポコナゾールフマル酸塩 471
  • IV. IV.2 IV.2.8 カプリン酸グリセリル 478
  • IV. IV.2 IV.2.9 キャプタン 482
  • IV. IV.2 IV.2.10 クロフェンテジン 489
  • IV. IV.2 IV.2.11 クロルプロファム(IPC) 496
  • IV. IV.2 IV.2.12 グリセリンクエン酸脂肪酸エステル 502
  • IV. IV.2 IV.2.13 ケブカコン 508
  • IV. IV.2 IV.2.14 コリン 511
  • IV. IV.2 IV.2.15 スピノサド 516
  • IV. IV.2 IV.2.16 スルホキサフロル 527
  • IV. IV.2 IV.2.17 チアニジル 528
  • IV. IV.2 IV.2.18 テトラジホン 535
  • IV. IV.2 IV.2.19 テフルベンズロン 540
  • IV. IV.2 IV.2.20 テプラロキシジム 547
  • IV. IV.2 IV.2.21 トリチコナゾール 554
  • IV. IV.2 IV.2.22 トリフルメゾピリム 559
  • IV. IV.2 IV.2.23 ニコスルフロン 564
  • IV. IV.2 IV.2.24 ノニルフェノールスルホン酸銅 571
  • IV. IV.2 IV.2.25 ヒドロキシプロピル化リン酸架橋デンプン 576
  • IV. IV.2 IV.2.26 ピラジフルミド 579
  • IV. IV.2 IV.2.27 ピレトリン 584
  • IV. IV.2 IV.2.28 フルキサメタミド 591
  • IV. IV.2 IV.2.29 フルチアセットメチル 597
  • IV. IV.2 IV.2.30 フルミオキサジン 604
  • IV. IV.2 IV.2.31 ベノミル 610
  • IV. IV.2 IV.2.32 ベンフレセート 615
  • IV. IV.2 IV.2.33 マラソン 620
  • IV. IV.2 IV.2.34 マンゼブ 626
  • IV. IV.2 IV.2.35 メチルイソシアネート(MITC) 634
  • IV. IV.2 IV.2.36 メパニピリム 639
  • IV. IV.2 IV.2.37 リニュリン 646
  • IV. IV.2 IV.2.38 塩基性塩化銅 651
  • IV. IV.2 IV.2.39 塩基性硫酸銅 661
  • IV. IV.2 IV.2.40 水酸化第二銅 670
  • IV. IV.2 IV.2.41 無水硫酸銅・硫酸銅5水和物 677
  • IV. IV.2 IV.2.42 醸造酢 686
  • V. 水産動植物登録保留基準運用・高度化に関する検討等 689
  • V. V.1 慢性毒性(慢性影響)評価の導入に向けた検討 691
  • V. V.1 V.1.1 現行の水産基準設定方法における課題 691
  • V. V.1 V.1.2 慢性影響評価の導入に向けた検討のポイント 691
  • V. V.1 V.1.3 モニタリング調査結果からみた水質及び底質中に残留する農薬の特徴について 692
  • V. V.1 V.1.4 慢性影響に係る毒性試験を課す農薬の選定スキーム(暫定案) 694
  • V. V.1 V.1.5 慢性影響試験法について 696
  • V. V.1 V.1.6 暴露評価手法の検討 716
  • V. V.2 底生生物への毒性評価の導入に向けた検討 719
  • V. V.2 V.2.1 現行の水産基準設定方法における課題 719
  • V. V.2 V.2.2 底生生物による底質評価の導入に向けた棲討のポイント 719
  • V. V.2 V.2.3 底生生物毒性試験(底質添加によるユスリカ毒性試験)について 719
  • V. V.3 感受性種問差の調査結果に係る検討 721
  • 別添資料

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで