サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

ストーカー : 被害に悩むあなたにできること : リスクと法的対処

長谷川京子, 山脇絵里子 著

詳細情報

タイトル ストーカー : 被害に悩むあなたにできること : リスクと法的対処
著者 長谷川京子, 山脇絵里子 著
著者標目 長谷川, 京子
著者標目 山脇, 絵里子
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社日本加除出版
出版年月日等 2017.6
大きさ、容量等 190,29p ; 21cm
注記 索引あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784817844019
価格 1800円
JP番号 22909844
トーハンMARC番号 33623639
改訂
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) ストーカー
NDLC AZ-751
NDC(10版) 368.64 : 社会病理
NDC(9版) 368.64 : 社会病理
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • ストーカー :被害に悩むあなたにできること : リスクと法的対処
  • CONTENTS 目次
  • 第1章 ストーキングの定義と規制法の生い立ち
  • 第1章 第1 ストーキングの定義 2
  • 第1章 第1 ●つきまとい等の類型 4
  • 第1章 第1 ●ストーカーの行動の例/ストーキング被害者の心境の例 7
  • 第1章 第2 「被害者の会」発足 8
  • 第1章 第2 ●ストーキング関連年表 9
  • 第1章 第3 ストーキング被害の実像 11
  • 第1章 第3 ●ストーキング被害者の会による被害実態調査結果 13
  • 第1章 第4 相次ぐ事件とストーカー行為規制法成立 14
  • 第1章 第5 見直しを求める動き 17
  • 第1章 第5 ●ストーカー行為規制法施行後に起きた主なストーカー殺人・殺人未遂事件 18
  • 第1章 第6 立ち上がった遺族 22
  • 第1章 第7 法改正 28
  • 第1章 第7 1 初の法改正 28
  • 第1章 第7 2 二度目の法改正 31
  • 第1章 第7 2 ●小金井事件の被害者による手記 34
  • 第2章 ストーキングとDVについて
  • 第2章 1 個人的な近しい関係 38
  • 第2章 2 DVとの密接な関係 39
  • 第2章 3 DV型ストーキングの構造と特徴 40
  • 第2章 4 DV型ストーキングについて-DV防止法とストーカー行為規制法と、ダブル改正が必要であったこと 43
  • 第2章 4 ●被害経験の有無(女性)/被害により命の危険を感じた経験(女性) 44
  • 第3章 ストーキング、わけてもDV型ストーキングから被害者を保護する制度
  • 第3章 第1 ストーカー行為規制法 48
  • 第3章 第1 1 法の目的(一条) 48
  • 第3章 第1 2 規制されるストーキング(二・三条) 48
  • 第3章 第1 2 ●ストーキング事案の対応の流れ 51
  • 第3章 第1 3 警告(四条) 52
  • 第3章 第1 4 禁止命令等(五条) 53
  • 第3章 第1 5 ストーカー行為等に係る情報提供の禁止(六条) 56
  • 第3章 第1 6 被害者への援助(七~九条) 57
  • 第3章 第1 7 ストーキング防止等に資するための措置(一〇~一二条) 57
  • 第3章 第1 8 罰則(一八~二〇条) 58
  • 第3章 第2 DV防止法 59
  • 第3章 第2 1 保護する人的範囲-「生活の本拠を共にする交際相手」等への規定準用 59
  • 第3章 第2 2 相談・一時保護・自立等の支援(三条) 60
  • 第3章 第2 3 通報・情報提供(六条) 61
  • 第3章 第2 4 警察本部長等による防犯上の支援措置(八条の二) 62
  • 第3章 第2 5 保護命令(一〇条等) 63
  • 第3章 第2 6 被害者の人権尊重と安全確保・秘密保持の配慮義務と安全情報秘匿措置 67
  • 第3章 第3 刑事犯罪の事件化 69
  • 第3章 第4 刑事手続における「犯罪被害者」としての権利行使と安全情報の秘匿の制度 71
  • 第3章 第4 1 法的根拠 71
  • 第3章 第4 2 具体的制度 72
  • 第3章 第5 緊急通報登録制度 76
  • 第3章 第6 住民登録上の住所情報の秘匿 77
  • 第3章 第7 民事損害賠償請求の手続 79
  • 第3章 第8 リベンジポルノ法 81
  • 第3章 第8 1 リベンジポルノとリベンジポルノ法 81
  • 第3章 第8 2 規制対象 81
  • 第3章 第8 3 罰則(三条) 82
  • 第3章 第8 4 プロバイダ責任制限法の特例 83
  • 第3章 第8 5 支援体制等 83
  • 第3章 第9 銃刀法 84
  • 第4章 悩んでいるあなたにできること
  • 第4章 第1 あなたは悪くない 88
  • 第4章 第1 1 相手の接近に不安を感じたら、それはストーキング 88
  • 第4章 第1 2 DV・デートDVに気づこう 89
  • 第4章 第1 2 ●こんな関係ってどうなのよ?(デートDVチェックリスト) 90
  • 第4章 第2 被害者がストーキングに対処するときのポイント 92
  • 第4章 第2 ●ストーキングに対処するときの注意ポイント 92
  • 第4章 第2 ●孤立を避けよう 93
  • 第4章 第3 あなたがすること・できること 95
  • 第4章 第3 1 いつも安全を最優先しよう 95
  • 第4章 第3 2 はっきり断ろう 96
  • 第4章 第3 3 ストーカーに情報を与えない 97
  • 第4章 第3 4 ストーキングに「報酬」を与えない 97
  • 第4章 第3 5 拒絶とストーキングの記録を保存する-証拠は捨てないで! 98
  • 第4章 第3 5 ●ストーキングに対処するため集める証拠の例 99
  • 第4章 第3 6 相談・支援を得るために事案の流れと証拠を整理する 100
  • 第4章 第4 周囲に味方をつくり、あなたの私生活の安全壁を強めよう 103
  • 第4章 第4 1 相談しよう 103
  • 第4章 第4 2 家族 104
  • 第4章 第4 2 ●特定の異性からの執拗なつきまとい等の相談経験の有無 104
  • 第4章 第4 3 友人・知人 104
  • 第4章 第4 4 職場の同僚・上司 105
  • 第4章 第4 5 学校の教師・学校 106
  • 第4章 第5 法的社会的支援を活用する 107
  • 第4章 第5 1 ストーキング被害の類型 107
  • 第4章 第5 1 ●被害のタイプ 108
  • 第4章 第5 2 被害者が使える法的手続 115
  • 第4章 第5 2 ●被害者が使える法的手段 116
  • 第4章 第5 2 ●配偶者暴力等に関する保護命令手続の流れ 121
  • 第5章 家族・友人・学校・職場等にできること
  • 第5章 1 被害者を囲む関係 132
  • 第5章 2 親・家族 133
  • 第5章 3 友人 135
  • 第5章 4 パートナー 136
  • 第5章 5 教師・学校 137
  • 第5章 6 上司・職場 139
  • 第6章 警察と行政の取組
  • 第6章 1 警察の取組 142
  • 第6章 1 ●ストーカーかも? 危険性を判断するポイント 143
  • 第6章 1 ●被害に遭わないための対策 144
  • 第6章 1 ●もしかして自分はストーカーかも?と思ったら… 148
  • 第6章 2 行政の取組 150
  • 第7章 今後の課題
  • 第7章 第1 現状 156
  • 第7章 第2 警察の課題 157
  • 第7章 第2 1 法的対処、特に犯罪行為への刑事的対処 157
  • 第7章 第2 2 被害者から事情を「聴く力」と危険性評価 158
  • 第7章 第2 3 被害者の安全を確保する 160
  • 第7章 第2 4 関係機関との連携 162
  • 第7章 第2 5 痛ましい結果を生んだ事例の検証 163
  • 第7章 第3 法的課題 165
  • 第7章 第3 1 禁止命令の発令機関 165
  • 第7章 第3 2 目的による制限 167
  • 第7章 第3 3 DV防止法保護命令の強化 169
  • 第7章 第3 4 被害者の安全確保 170
  • 第7章 第4 社会の課題 172
  • 第7章 第4 1 相談窓口の拡大~若者が気軽に相談できる「駆け込み寺」を 172
  • 第7章 第4 2 婦人保護事業による被害者支援体制の脆弱さ 173
  • 第7章 第4 3 加害者対策の検証を 174
  • 第7章 第5 より根源的な課題 176
  • 第7章 第5 1 人間関係の持ち方を学ぶことのむずかしさ 176
  • 第7章 第5 2 乳幼児期の育ちを助け、縁を結び直す 177
  • 第7章 第5 3 共存する社会をめざして 178
  • 補章 ストーカーを生み出さない社会づくり 世界乳幼児精神保健学会理事・児童精神科医 渡辺久子 180
  • 索引 事項索引 横組1
  • 巻末資料
  • 1 女性への暴力被害事案の特性に応じた対応
  • 1 【資料1】 通達「女性被害者等への対応強化について(平25・5・30丁生企発二五六号等)」より抜粋 横組6
  • 2 DVストーカー事案等での被害者保護と検挙措置等による加害行為防止の方針
  • 2 【資料2】 通達「人身安全関連事案に対処するための体制の確立について(平25・12・6丙生企発一三二号等)」より抜粋 横組7
  • 2 【資料3】 通達「恋愛感情等のもつれに起因する暴力的事案への迅速かつ的確な対応の徹底について(平25・12・6丙生企発一三三号等)」より抜粋 横組9
  • 3 行方不明者発見活動への対応
  • 3 【資料4】 通達「恋愛感情等のもつれに起因する暴力的事案への対応上の留意事項について(平25・12・6丁生企発六二〇号)」より抜粋 横組11
  • 4 ストーカー行為の規制の在り方に関する有識者検討会の提言
  • 4 【資料5】 「ストーカー行為等の規制等の在り方に関する報告書」より抜粋 横組13
  • 5 警察総合相談電話番号 横組18
  • 6 配偶者暴力相談支援センターの機能を果たす施設一覧 横組20

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで