サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

厚木市史 民俗編 2

厚木市教育委員会社会教育部文化財保護課文化財保護係 編

詳細情報

タイトル 厚木市史
著者 厚木市教育委員会社会教育部文化財保護課文化財保護係 編
著者標目 厚木市教育委員会
出版地(国名コード) JP
出版地厚木
出版社厚木市
出版年月日等 2017.3
大きさ、容量等 642p ; 22cm
注記 文献あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
JP番号 22904464
巻次 民俗編 2
別タイトル 村の暮らし
部分タイトル 村の暮らし
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) 厚木市--風俗・習慣--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC78
NDC(10版) 213.7 : 関東地方
NDC(9版) 213.7 : 関東地方
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 地方公共団体刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 厚木市史.民俗編 2
  • 目次
  • 口絵
  • 民俗編(2)村の暮らしの刊行によせて
  • 凡例
  • 第一章 厚木市の自然と歴史
  • 第一章 第一節 市域の自然環境 3
  • 第一章 第二節 市域の歴史 10
  • 第二章 厚木市の民俗
  • 第二章 第一節 民俗文化の背景 17
  • 第二章 第一節 一 近世後期の厚木の村々 17
  • 第二章 第一節 二 町村の変遷と厚木市の誕生 22
  • 第二章 第二節 これまでの民俗調査 25
  • 第二章 第三節 市域の民俗の特性 27
  • 第二章 第三節 一 民俗と歴史資料 27
  • 第二章 第三節 一 民俗とは
  • 第二章 第三節 一 記録の中の民俗
  • 第二章 第三節 一 日記に見る民俗
  • 第二章 第三節 一 宗碩日記
  • 第二章 第三節 一 星野日記
  • 第二章 第三節 一 小宮保次郎日誌
  • 第二章 第三節 二 厚木の民俗 40
  • 第三章 生業
  • 第三章 第一節 農業 49
  • 第三章 第一節 一 稲作 49
  • 第三章 第一節 一 水系
  • 第三章 第一節 一 堀浚い・堰普請
  • 第三章 第一節 一 本田の株切り
  • 第三章 第一節 一 畔付け・田うない(田起こし)・種蒔き・植田
  • 第三章 第一節 一 稲の品種と籾種の播種量
  • 第三章 第一節 一 水田管理(田の草取り・水番など)
  • 第三章 第一節 一 稲刈り・稲扱き・唐臼作業など
  • 第三章 第一節 二 畑作 65
  • 第三章 第一節 二 畑作の概観
  • 第三章 第一節 二 麦(小麦・大麦)
  • 第三章 第一節 二 陸稲耕作
  • 第三章 第一節 二 粟
  • 第三章 第一節 二 稗
  • 第三章 第一節 二 蕎麦
  • 第三章 第一節 二 大豆
  • 第三章 第一節 二 小豆
  • 第三章 第一節 二 甘薯(薩摩芋)
  • 第三章 第一節 三 肥料 83
  • 第三章 第一節 三 水田肥料
  • 第三章 第一節 三 畑の肥料
  • 第三章 第一節 三 下糞等の汲み取り
  • 第三章 第一節 三 購入肥料の使用
  • 第三章 第二節 養蚕 90
  • 第三章 第二節 一 厚木市域の養蚕の歴史 90
  • 第三章 第二節 二 桑と桑園 93
  • 第三章 第二節 二 品種と栽培
  • 第三章 第二節 二 桑の作付けと面積
  • 第三章 第二節 二 桑の植え替え
  • 第三章 第二節 二 桑の売買
  • 第三章 第二節 三 飼育法 98
  • 第三章 第二節 三 蚕の成長
  • 第三章 第二節 三 飼育法の変遷
  • 第三章 第二節 三 飼育法
  • 第三章 第二節 三 飼育作業
  • 第三章 第二節 四 現金収入 112
  • 第三章 第二節 五 製糸 115
  • 第三章 第二節 六 繭の乾燥と取引 116
  • 第三章 第二節 七 養蚕組合、養蚕学校 120
  • 第三章 第二節 七 愛甲農蚕学校
  • 第三章 第二節 八 明治から昭和の各村の動向 126
  • 第三章 第二節 九 年中行事、信仰・慣習 130
  • 第三章 第二節 九 敬神信仰
  • 第三章 第二節 九 仏教
  • 第三章 第二節 九 シラガミ・金色姫の民間信仰
  • 第三章 第二節 十 講 147
  • 第三章 第三節 川漁 148
  • 第三章 第三節 一 対象魚と漁法 149
  • 第三章 第三節 一 ウナワ
  • 第三章 第三節 二 網漁 152
  • 第三章 第三節 二 投網
  • 第三章 第三節 二 網すき
  • 第三章 第三節 二 ヤ(重り)
  • 第三章 第三節 二 アミウチ
  • 第三章 第三節 二 ヨアミ(ヨブチ)
  • 第三章 第三節 二 オカウチとフナウチ
  • 第三章 第三節 二 網の部分名称
  • 第三章 第三節 二 ハリキリ
  • 第三章 第三節 二 ゴロビキ
  • 第三章 第三節 二 ヨドスクイ
  • 第三章 第三節 三 釣漁 156
  • 第三章 第三節 三 コロガシ(カケド)
  • 第三章 第三節 三 カバリ
  • 第三章 第三節 三 トモヅリ
  • 第三章 第三節 三 トビツキ
  • 第三章 第三節 三 オキバリ
  • 第三章 第三節 三 アナヅリ(ジゴクバリ)
  • 第三章 第三節 三 ズズゴツリ
  • 第三章 第三節 四 筌漁 160
  • 第三章 第三節 四 ウナギモジリ
  • 第三章 第三節 四 ドジョウモジリ
  • 第三章 第三節 四 フナモジリ
  • 第三章 第三節 四 カニモジリ
  • 第三章 第三節 四 筌の呼称
  • 第三章 第三節 五 突刺漁 164
  • 第三章 第三節 五 ヒッカキ
  • 第三章 第三節 五 ヒブリ
  • 第三章 第三節 六 その他の漁法 165
  • 第三章 第三節 六 セボシ
  • 第三章 第三節 六 オセオ
  • 第三章 第三節 七 『星野日記』に見る漁 165
  • 第三章 第三節 八 相模川の鮎 170
  • 第三章 第三節 八 相模川の鮎
  • 第三章 第三節 八 川稼ぎと献上鮎
  • 第三章 第三節 八 鮎運上
  • 第三章 第三節 八 殺生書上げに見る漁法
  • 第三章 第三節 八 津久井の御菜鮎
  • 第三章 第三節 八 鮎かつぎ
  • 第三章 第三節 九 鮎問屋 180
  • 第三章 第三節 九 千歳屋
  • 第三章 第三節 九 浜屋
  • 第三章 第三節 十 遊船会 181
  • 第三章 第三節 十 板垣退助の遊船会
  • 第三章 第三節 十 明治末期の遊船会、横浜貿易新報鮎漁会
  • 第三章 第三節 十 鮎活況を支えた交通網
  • 第三章 第三節 十 芸妓
  • 第三章 第三節 十 戦後の花柳界
  • 第四章 住居
  • 第四章 第一節 屋敷 197
  • 第四章 第一節 一 屋敷構え 197
  • 第四章 第一節 一 形状
  • 第四章 第一節 一 主屋の向き
  • 第四章 第二節 主屋 204
  • 第四章 第二節 一 間取りの形態と変遷 204
  • 第四章 第二節 一 一間取
  • 第四章 第二節 一 二間取
  • 第四章 第二節 一 広間型三間取
  • 第四章 第二節 一 喰違四間取
  • 第四章 第二節 一 整形四間取
  • 第四章 第二節 一 五間取・六間
  • 第四章 第二節 一 ツノヤ
  • 第四章 第二節 一 町屋
  • 第四章 第二節 二 構造の変遷 209
  • 第四章 第二節 二 素屋造と下屋造
  • 第四章 第二節 二 四方下屋造
  • 第四章 第二節 二 折置組と京呂組
  • 第四章 第二節 二 土間寄り付の室(ざしき)前面の柱割りと柱間装置
  • 第四章 第二節 三 各室の呼称と使用状況 211
  • 第四章 第二節 三 土間
  • 第四章 第二節 三 イロリ
  • 第四章 第二節 三 カマド
  • 第四章 第二節 三 土間寄り付の室
  • 第四章 第二節 三 床上妻側前面の室
  • 第四章 第二節 三 床上妻側背面の室
  • 第四章 第二節 三 六間取の床上前側三室中央の室
  • 第四章 第二節 三 六間取の床上後側三室中央の室
  • 第四章 第二節 三 呼称の分布
  • 第四章 第三節 付属建物 219
  • 第四章 第三節 土蔵
  • 第四章 第三節 物置
  • 第四章 第三節 セイロウ
  • 第四章 第三節 ハイヤ
  • 第四章 第三節 ミソベヤ
  • 第四章 第三節 タキギゴヤ
  • 第四章 第三節 サンシツ
  • 第四章 第三節 クワムロ
  • 第四章 第三節 ムシグラ
  • 第四章 第三節 イトトリバ
  • 第四章 第三節 風呂・便所
  • 第四章 第四節 家相図・絵図面 223
  • 第四章 第五節 普請帳 226
  • 第四章 第五節 一 主屋建築費用 226
  • 第四章 第五節 一 建築儀礼
  • 第四章 第五節 一 家の購入
  • 第四章 第六節 養蚕と民家 239
  • 第四章 第六節 一 屋根型の変化 239
  • 第四章 第六節 二 養蚕民家 241
  • 第四章 第六節 二 下川入 鈴木氏宅
  • 第四章 第六節 二 上荻野 三平氏宅
  • 第四章 第六節 二 飯山 飯塚氏宅
  • 第四章 第六節 二 飯山 小島氏宅
  • 第四章 第六節 二 下荻野 難波氏宅
  • 第四章 第六節 二 構造の変化
  • 第五章 人の一生(通過儀礼)
  • 第五章 第一節 成育と祝い 257
  • 第五章 第一節 一 妊娠・出産 257
  • 第五章 第一節 一 妊娠と帯祝
  • 第五章 第一節 一 安産祈願
  • 第五章 第一節 二 誕生と祝い 259
  • 第五章 第一節 二 出産
  • 第五章 第一節 二 エナ
  • 第五章 第一節 二 臍の緒
  • 第五章 第一節 二 産湯
  • 第五章 第一節 二 出産見舞い品
  • 第五章 第一節 二 誕生(お七夜)祝い膳
  • 第五章 第一節 二 名付け
  • 第五章 第一節 二 川参り
  • 第五章 第一節 二 お宮参り
  • 第五章 第一節 二 食い初め
  • 第五章 第一節 三 歳祝い 269
  • 第五章 第一節 三 初正月と初節句
  • 第五章 第一節 三 雛祭り
  • 第五章 第一節 三 端午の祝いと節句凧造り
  • 第五章 第一節 三 節句道具などの制限令
  • 第五章 第一節 三 三歳祝い
  • 第五章 第一節 三 手習い
  • 第五章 第一節 三 七歳祝い
  • 第五章 第一節 三 元服祝い
  • 第五章 第一節 四 病気と呪い 281
  • 第五章 第一節 四 病気平癒と見舞い
  • 第五章 第一節 四 育児の呪い
  • 第五章 第一節 五 婚姻 283
  • 第五章 第一節 五 見合いと結納
  • 第五章 第一節 五 通婚圏
  • 第五章 第一節 五 婚礼時期
  • 第五章 第一節 五 結納
  • 第五章 第一節 五 結納後の付き合い
  • 第五章 第一節 六 祝言と儀式 291
  • 第五章 第一節 六 嫁入り道具と荷物送り
  • 第五章 第一節 六 迎え新客(ムカエジンキャク)
  • 第五章 第一節 六 送り新客(オクリジンキャクン)
  • 第五章 第一節 六 入家儀礼
  • 第五章 第一節 六 式と披露宴
  • 第五章 第一節 六 ツギメ
  • 第五章 第一節 六 茶振る舞い
  • 第五章 第一節 六 ミツメ
  • 第五章 第一節 六 仲人礼
  • 第五章 第一節 六 近所・親戚の祝儀
  • 第五章 第二節 葬制 308
  • 第五章 第二節 一 臨終と葬式準備 308
  • 第五章 第二節 一 死の予感
  • 第五章 第二節 一 葬送品の準備
  • 第五章 第二節 一 組合の手伝い
  • 第五章 第二節 二 葬儀 312
  • 第五章 第二節 二 葬儀の料理
  • 第五章 第二節 二 町場の葬儀料理
  • 第五章 第二節 二 葬式と供人(野辺送り)
  • 第五章 第二節 二 子供の葬儀
  • 第五章 第二節 二 穴掘りと棺担ぎ
  • 第五章 第二節 二 寺への布施
  • 第五章 第二節 二 寅除け祈禱
  • 第五章 第二節 二 香料・供物・見舞い品など
  • 第五章 第二節 二 形見分け
  • 第五章 第二節 二 寺への上物
  • 第五章 第二節 二 墓石の整備
  • 第五章 第二節 三 供養 328
  • 第五章 第二節 三 年忌などの諸相
  • 第五章 第二節 三 初七日
  • 第五章 第二節 三 三十五日忌
  • 第五章 第二節 三 四十九日忌
  • 第五章 第二節 三 百か日
  • 第五章 第二節 三 茶湯寺参り
  • 第五章 第二節 三 新盆
  • 第五章 第二節 三 一周忌
  • 第五章 第二節 三 一周忌以降の年忌
  • 第五章 第二節 四 病気見舞い 337
  • 第五章 第二節 四 病気見舞いの品々
  • 第五章 第二節 五 民間療法・厄除けなど 339
  • 第五章 第二節 五 呪いと病気回復
  • 第六章 講集団にみる信仰・伝承
  • 第六章 第一節 宗教的な講 343
  • 第六章 第一節 十夜講
  • 第六章 第一節 題目講
  • 第六章 第一節 報恩講
  • 第六章 第二節 経済的な講 349
  • 第六章 第二節 カヤ講
  • 第六章 第二節 共和講
  • 第六章 第二節 厚情講
  • 第六章 第二節 正実講
  • 第六章 第二節 積善講
  • 第六章 第二節 積金講
  • 第六章 第二節 仏旦講
  • 第六章 第二節 無尽・頼母子
  • 第六章 第三節 現世利益信仰に伴う講 358
  • 第六章 第三節 秋葉講
  • 第六章 第三節 観音講
  • 第六章 第三節 念仏講
  • 第六章 第三節 地蔵講
  • 第六章 第三節 彼岸念仏
  • 第六章 第三節 百万遍型念仏
  • 第六章 第三節 寒念仏
  • 第六章 第三節 仏事念仏
  • 第六章 第三節 地蔵念仏
  • 第六章 第三節 徳本念仏講
  • 第六章 第三節 他阿関係念仏講
  • 第六章 第三節 蓮花講中
  • 第六章 第三節 月並念仏
  • 第六章 第三節 観音の念仏
  • 第六章 第三節 浅間山阿弥陀堂のお念仏
  • 第六章 第三節 オコモリ
  • 第六章 第四節 日待ち・月待ちの講 373
  • 第六章 第四節 甲子講
  • 第六章 第四節 庚申講
  • 第六章 第四節 二十三夜講
  • 第六章 第四節 二十六夜講
  • 第六章 第四節 巳待講
  • 第六章 第五節 同業者の講 385
  • 第六章 第五節 藍染講
  • 第六章 第五節 馬持仲間
  • 第六章 第五節 地神講
  • 第六章 第五節 太子講
  • 第六章 第五節 山の神講
  • 第六章 第六節 相互扶助の講 404
  • 第六章 第六節 講中
  • 第六章 第六節 膳椀講
  • 第六章 第七節 山岳信仰の講 406
  • 第六章 第七節 朝日講
  • 第六章 第七節 大山講
  • 第六章 第七節 榛名講と雹祭
  • 第六章 第七節 富士講
  • 第六章 第七節 御嶽講(武州)
  • 第六章 第八節 社寺信仰の講 418
  • 第六章 第八節 伊勢講
  • 第六章 第八節 山王さん
  • 第六章 第九節 神仏信仰の講 425
  • 第六章 第九節 稲荷講
  • 第六章 第九節 恵比須講
  • 第六章 第九節 水神講
  • 第七章 農事日誌に見る年中行事
  • 第七章 第一節 正月の行事 435
  • 第七章 第一節 煤払い
  • 第七章 第一節 年の市
  • 第七章 第一節 餅搗き
  • 第七章 第一節 障子張り
  • 第七章 第一節 お飾り(オカザリ)
  • 第七章 第一節 歳神
  • 第七章 第一節 元旦・年始
  • 第七章 第一節 仕事始め
  • 第七章 第一節 僧侶の年始日
  • 第七章 第一節 農業始め(ウナイゾメ)
  • 第七章 第一節 七草
  • 第七章 第一節 蔵開き
  • 第七章 第一節 セイトバレー(団子焼き)
  • 第七章 第一節 削り掛け
  • 第七章 第一節 小豆粥
  • 第七章 第一節 恵比須講
  • 第七章 第一節 太神楽
  • 第七章 第二節 春から夏の行事 454
  • 第七章 第二節 一 二月の行事 454
  • 第七章 第二節 一 オタナサゲ
  • 第七章 第二節 一 節分
  • 第七章 第二節 一 初午
  • 第七章 第二節 一 八日ゾウ
  • 第七章 第二節 二 三月の行事 457
  • 第七章 第二節 二 雛祭り
  • 第七章 第二節 二 春彼岸
  • 第七章 第二節 二 社日
  • 第七章 第二節 二 奉公人(雇い人)の出替り
  • 第七章 第二節 三 四月の行事 460
  • 第七章 第二節 三 灌仏会(釈迦誕生日)
  • 第七章 第二節 三 堀浚い
  • 第七章 第二節 四 五月の行事 461
  • 第七章 第二節 四 端午の節句
  • 第七章 第二節 四 苗代休暇
  • 第七章 第二節 四 茶摘み
  • 第七章 第二節 四 堰普請
  • 第七章 第二節 五 六月の行事 463
  • 第七章 第二節 五 大小麦の刈り取り
  • 第七章 第二節 五 植田
  • 第七章 第二節 六 七月の行事 463
  • 第七章 第二節 六 野上がり(植田休暇)
  • 第七章 第二節 七 八月の行事 464
  • 第七章 第二節 七 虫送り
  • 第七章 第二節 七 七夕
  • 第七章 第二節 七 盆行事
  • 第七章 第三節 秋から冬の行事 468
  • 第七章 第三節 一 九月の行事 468
  • 第七章 第三節 一 風祭り・二百十日
  • 第七章 第三節 一 十五夜
  • 第七章 第三節 一 秋彼岸
  • 第七章 第三節 一 社日
  • 第七章 第三節 二 十月の行事 470
  • 第七章 第三節 二 十三夜
  • 第七章 第三節 二 会式
  • 第七章 第三節 二 十夜
  • 第七章 第三節 三 十一月の行事 471
  • 第七章 第三節 三 亥の子
  • 第七章 第三節 三 恵比須講
  • 第七章 第三節 三 刈り上げ祝いなど
  • 第七章 第三節 四 十二月の行事 471
  • 第七章 第三節 四 川浸り餅
  • 第七章 第三節 四 八日ゾウ
  • 第七章 第三節 四 十日団子
  • 第七章 第三節 四 冬至
  • 第七章 第三節 四 毎月の行事
  • 第八章 娯楽としての芸能
  • 第八章 第一節 人形芝居 475
  • 第八章 第一節 一 人形浄瑠璃の歴史 475
  • 第八章 第一節 一 江戸の人形浄瑠璃
  • 第八章 第一節 一 江戸時代の記録に見る市域の人形
  • 第八章 第一節 一 人形を伝えた人たち
  • 第八章 第一節 一 吉田朝右衛門と西川伊三郎
  • 第八章 第一節 一 吉田東九郎
  • 第八章 第一節 一 西川伊三郎の厚木興行
  • 第八章 第一節 一 西川伊三子(西川伊左衛門)
  • 第八章 第一節 一 桐竹智恵子
  • 第八章 第一節 一 由良亀
  • 第八章 第一節 一 文化財指定と座頭
  • 第八章 第一節 一 『星野日記』の記録
  • 第八章 第一節 一 寺社での人形
  • 第八章 第一節 一 個人宅での人形
  • 第八章 第一節 一 資料に見る人形興行
  • 第八章 第一節 二 人形を操る 499
  • 第八章 第一節 二 かしら(頭)
  • 第八章 第一節 二 かしら(頭)の種類
  • 第八章 第一節 三 林座、長谷座のかしら 507
  • 第八章 第一節 四 かしら以外の資料 525
  • 第八章 第一節 四 肩板
  • 第八章 第一節 四 衣裳
  • 第八章 第一節 四 幕
  • 第八章 第二節 義太夫 534
  • 第八章 第二節 一 『星野日記』に見る浄瑠璃 534
  • 第八章 第二節 二 稽古の様子 535
  • 第八章 第二節 三 浄瑠璃を語る人 537
  • 第八章 第二節 四 浄瑠璃興行 541
  • 第八章 第三節 神楽 544
  • 第八章 第三節 神楽の歴史
  • 第八章 第三節 神事舞太夫と陰陽師
  • 第八章 第三節 神事舞太夫萩原家
  • 第八章 第三節 愛甲神楽
  • 第八章 第三節 萩原神楽
  • 第八章 第三節 変容する神楽(面芝居)
  • 第八章 第三節 神楽面と芝居面
  • 第八章 第三節 神楽の興行
  • 第八章 第四節 太神楽 589
  • 第八章 第四節 伊勢太神楽
  • 第八章 第四節 藤沢太神楽
  • 第八章 第四節 藤沢と当麻の太神楽
  • 第八章 第四節 厚木太神楽
  • 第八章 第四節 コクバ(石場)
  • 第八章 第四節 『星野日記』の太神楽
  • 第八章 第四節 道具
  • 第八章 第四節 獅子舞
  • 第八章 第五節 ささら踊り 602
  • 第八章 第五節 七夕踊り
  • 第八章 第五節 禁令に見る市域の踊り
  • 第八章 第五節 掛合い
  • 第八章 第五節 盆唄の歌詞
  • 第八章 第五節 相模のささら踊り
  • 第八章 第六節 芝居 614
  • 第八章 第六節 江戸時代の村芝居
  • 第八章 第六節 愛甲郡外の村芝居と厚木
  • 第八章 第六節 歌舞伎の中の厚木
  • 第八章 第六節 明治二年金田村の芝居
  • 第八章 第六節 芝居の開催
  • 第八章 第六節 『星野日記』と七沢の芝居
  • 第八章 第六節 演劇取締り
  • 第八章 第六節 明治の厚木の劇場
  • 第八章 第六節 芝居の衣裳貸し
  • 第八章 第六節 青年芝居
  • 第八章 第六節 新たな演劇
  • 第八章 第六節 生き続ける歌舞伎芝居
  • 第八章 第六節 初代市川柿之助
  • 第八章 第六節 二代目市川柿之助
  • 第八章 第六節 三升源五郎
  • 第八章 第六節 初代市川和三郎
  • 参考文献 629
  • 資料提供者・機関等及び協力者
  • 市史編さん関係者
  • あとがき

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで