サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

IoT、AIを活用した'超スマート社会'実現への道 = Way to the 'Beyond Smart-Society' Realization which utilized IoT and AI : 世界各国の政策と社会基盤技術の最新動向

電子情報技術産業協会ソフトウェア事業委員会スマート社会ソフトウェア専門委員会 著

詳細情報

タイトル IoT、AIを活用した'超スマート社会'実現への道 = Way to the 'Beyond Smart-Society' Realization which utilized IoT and AI : 世界各国の政策と社会基盤技術の最新動向
著者 電子情報技術産業協会ソフトウェア事業委員会スマート社会ソフトウェア専門委員会 著
著者標目 電子情報技術産業協会
シリーズ名 インプレス〈新産業技術レポートシリーズ〉
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社インプレス
出版年月日等 2017.6
大きさ、容量等 195p ; 30cm + CD-ROM(1枚 12cm)
注記 索引あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784295001430
価格 95000円
JP番号 23017008
トーハンMARC番号 33623518
別タイトル Way to the 'Beyond Smart-Society' Realization which utilized IoT and AI
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) 情報化社会
件名(キーワード) IoT
件名(キーワード) 人工知能
NDLC YU7
NDLC DK411
NDC(10版) 007.3 : 情報学.情報科学
NDC(9版) 007.3 : 情報科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • IoT、AIを活用した'超スマート社会'実現への道 = Way to the 'Beyond Smart-Society' Realization which utilized IoT and AI : 世界各国の政策と社会基盤技術の最新動向
  • 目次IoT、AIを活用した'超スマート社会'実現への道
  • 第1章 超スマート社会とは 1
  • 第1章 1.1 超スマート社会の定義 2
  • 第1章 1.1 1.1.1 'スマートさ'とは? 2
  • 第1章 1.1 1.1.2 スマート社会とスマート社会ソフトウェア 3
  • 第1章 1.2 超スマート社会の市場規模・経済価値 5
  • 第1章 1.3 産業別の超スマート社会のユースケース 6
  • 第1章 1.3 1.3.1 検討の方向性 7
  • 第1章 1.3 1.3.2 課題の明確化 7
  • 第1章 1.3 1.3.2 〔1〕 交通渋滞の低減 7
  • 第1章 1.3 1.3.2 〔2〕 交通事故の低減 8
  • 第1章 1.3 1.3.2 〔3〕 物流の効率化 8
  • 第1章 1.3 1.3.2 〔4〕 環境負荷の軽減 8
  • 第1章 1.3 1.3.2 〔5〕 災害時の被害軽減 8
  • 第1章 1.3 1.3.3 提供すべき価値 9
  • 第1章 1.3 1.3.4 ビジネスモデル 11
  • 第1章 1.3 1.3.5 IT・ソフトウェアの役割 12
  • 第1章 1.3 1.3.6 サービスイメージ(スマートルートサービス) 12
  • 第2章 超スマート社会に関するグローバル動向 15
  • 第2章 2.1 米国の動向 19
  • 第2章 2.1 2.1.1 情報通信政策分野における超スマート社会実現に向けた取り組み 19
  • 第2章 2.1 2.1.1 〔1〕 主要情報政策 19
  • 第2章 2.1 2.1.1 〔2〕 米国の超スマート社会実現に向けた取り組み 21
  • 第2章 2.1 2.1.1 〔3〕 米国の情報セキュリティ関連施策 23
  • 第2章 2.1 2.1.2 米国のイノベーション・科学技術戦略 26
  • 第2章 2.1 2.1.2 〔1〕 米国の科学技術行政体制 26
  • 第2章 2.1 2.1.2 〔2〕 情報通分野の研究開発 26
  • 第2章 2.1 2.1.3 民間企業の動向(1):アイ・ビー・エム(IBM) 33
  • 第2章 2.1 2.1.3 〔1〕 グローバルな地域別売上と事業別売上状況 33
  • 第2章 2.1 2.1.3 〔2〕 IBMの事業戦略と経営戦略方針 34
  • 第2章 2.1 2.1.3 〔3〕 SMACS事業への強化方針 35
  • 第2章 2.1 2.1.4 民間企業の動向(2):ゼネラル・エレクトリック(GE) 38
  • 第2章 2.1 2.1.4 〔1〕 グローバルな地域別売上と事業別売上状況 38
  • 第2章 2.1 2.1.4 〔2〕 インダストリアル・インターネット(Industrial Internet)構想 38
  • 第2章 2.1 2.1.4 〔3〕 インダストリアル・インターネット構想の実現に向けた取り組み 39
  • 第2章 2.1 2.1.5 その他の民間企業の動向(3):シスコシステムズ、マイクロソフト、グーグル、フェイスブック 41
  • 第2章 2.1 2.1.5 〔1〕 シスコシステムズ(Cisco Systems) 41
  • 第2章 2.1 2.1.5 〔2〕 マイクロソフト(Microsoft) 42
  • 第2章 2.1 2.1.5 〔3〕 グーグル(Google) 43
  • 第2章 2.1 2.1.5 〔4〕 フェイスブック(Facebook) 44
  • 第2章 2.2 EUの動向 44
  • 第2章 2.2 2.2.1 情報通信政策分野における超スマート社会実現に向けた取り組み 44
  • 第2章 2.2 2.2.1 〔1〕 EUの主要情報政策 44
  • 第2章 2.2 2.2.1 〔2〕 EUのIT利活用に関する政策 51
  • 第2章 2.2 2.2.1 〔3〕 EUのIT人材にかかわる課題への対応 53
  • 第2章 2.2 2.2.1 〔4〕 EUの情報セキュリティ関連施策 54
  • 第2章 2.2 2.2.2 EUのイノベーション・科学技術戦略 56
  • 第2章 2.2 2.2.2 〔1〕 成長戦略「Europe 2020」 57
  • 第2章 2.2 2.2.2 〔2〕 Innovation Union 58
  • 第2章 2.2 2.2.2 〔3〕 Innovation Partnership 59
  • 第2章 2.2 2.2.2 〔4〕 EU域内における研究開発プロジェクト 59
  • 第2章 2.2 2.2.2 〔5〕 HORIZON 2020 64
  • 第2章 2.3 ドイツの動向 66
  • 第2章 2.3 2.3.1 情報通信政策分野における超スマート社会実現に向けた取り組み 66
  • 第2章 2.3 2.3.1 〔1〕 ドイツの主要情報政策 66
  • 第2章 2.3 2.3.1 〔2〕 ドイツのIT利活用に関する政策 68
  • 第2章 2.3 2.3.1 〔3〕 ドイツの情報セキュリティ関連施策 71
  • 第2章 2.3 2.3.2 ドイツのイノベーション・科学技術戦略 74
  • 第2章 2.3 2.3.2 〔1〕 ドイツにおけるハイテク国家の発展を目指した基本戦略 74
  • 第2章 2.3 2.3.2 〔2〕 新ハイテク戦略のデジタル化への対応と4つの重点項目 75
  • 第2章 2.3 2.3.2 民間企業の動向:シーメンス(Siemens) 76
  • 第2章 2.3 2.3.2 〔1〕 シーメンスの事業分野 76
  • 第2章 2.3 2.3.2 〔2〕 次世代事業ビジョン「Vision 2020」 77
  • 第2章 2.4 英国の動向 78
  • 第2章 2.4 2.4.1 情報通信政策分野における超スマート社会実現に向けた取り組み 78
  • 第2章 2.4 2.4.1 〔1〕 英国政府の情報経済戦略 78
  • 第2章 2.4 2.4.1 〔2〕 英国の民間におけるIT利活用促進施策 81
  • 第2章 2.4 2.4.1 〔3〕 英国の情報セキュリティ関連施策 82
  • 第2章 2.4 2.4.2 英国のイノベーション・科学技術戦略 82
  • 第2章 2.4 2.4.2 〔1〕 Our plan for growth:science and innovation 83
  • 第2章 2.4 2.4.2 〔2〕 Innovate UK 84
  • 第2章 2.4 2.4.2 〔3〕 英国における今後の科学技術・イノベーション投資の方向性 84
  • 第2章 2.5 アジアの動向:韓国 85
  • 第2章 2.5 2.5.1 韓国の未来創造科学部によるIT政策動向 85
  • 第2章 2.5 2.5.2 第5次国家情報化基本計画(2013~2017) 86
  • 第2章 2.5 2.5.2 〔1〕 情報化を通じた創造経済の牽引 87
  • 第2章 2.5 2.5.2 〔2〕 国家社会の創意的ICTの活用 87
  • 第2章 2.5 2.5.2 〔3〕 国民の創造力強化 87
  • 第2章 2.5 2.5.2 〔4〕 デジタル創造韓国のインフラ高度化 87
  • 第2章 2.5 2.5.3 韓国のICT産業政策(ICT新産業の育成) 88
  • 第2章 2.5 2.5.3 〔1〕 ICT R&D中長期戦略(ICT WAVE戦略) 88
  • 第2章 2.5 2.5.3 〔2〕 K-ICT戦略 88
  • 第2章 2.5 2.5.4 韓国におけるICT特別法の制定 89
  • 第2章 2.5 2.5.4 〔1〕 ICT政策推進機能の強化と基本原則 89
  • 第2章 2.5 2.5.4 〔2〕 未来創造科学部長官の権限 90
  • 第2章 2.5 2.5.5 韓国のIoT基本計画 90
  • 第2章 2.5 2.5.5 〔1〕 オープンデータとビッグデータの活用 90
  • 第2章 2.5 2.5.5 〔2〕 韓国の民間企業に対するIT利活用促進への施策 91
  • 第2章 2.5 2.5.5 〔3〕 韓国の創造経済ビタミンプロジェクト 92
  • 第2章 2.5 2.5.6 韓国の情報セキュリティ関連施策 93
  • 第2章 2.5 2.5.6 〔1〕 National Cybersecurity Masterplan 93
  • 第2章 2.5 2.5.6 〔2〕 情報保護事前点検制度 93
  • 第2章 2.6 アジアの動向:シンガポール 93
  • 第2章 2.6 2.6.1 シンガポールの情報化計画の動向 93
  • 第2章 2.6 2.6.2 Intelligent Nation 2015(iN2015) 94
  • 第2章 2.6 2.6.2 〔1〕 Next Gen NBN(Next Generation Nationwide Broadband Network) 95
  • 第2章 2.6 2.6.2 〔2〕 Wireless@SG 95
  • 第2章 2.6 2.6.2 〔3〕 クラウド・コンピューティング 95
  • 第2章 2.6 2.6.2 〔4〕 iSPRINT(Increase SME Productivity with Infocomm Adoption & Transformation) 96
  • 第2章 2.6 2.6.2 〔5〕 TradeXchange 96
  • 第2章 2.6 2.6.2 〔6〕 CEPAS(Contactless e-Purse Application) 96
  • 第2章 2.6 2.6.2 〔7〕 i-Singapore(Image of Singapore) 96
  • 第2章 2.6 2.6.2 〔8〕 Silver Infocomm Initiative 97
  • 第2章 2.6 2.6.2 〔9〕 NEU PC Plus 97
  • 第2章 2.6 2.6.2 〔10〕 Infocomm Accessibility Centre 97
  • 第2章 2.6 2.6.2 〔11〕 SOEasy(Standard ICT Operating Environment) 97
  • 第2章 2.6 2.6.2 〔12〕 Digital Concierge 97
  • 第2章 2.6 2.6.2 〔13〕 Infocomm@AirHub 98
  • 第2章 2.6 2.6.3 Infocomm Media 2025 98
  • 第2章 2.6 2.6.3 〔1〕 データ、次世代通信、コンピュータ技術への投資 99
  • 第2章 2.6 2.6.3 〔2〕 継続的かつリスクのある挑戦が可能なエコシステムの構築 99
  • 第2章 2.6 2.6.3 〔3〕 人々の情報通信メディアの利用促進 99
  • 第2章 2.6 2.6.4 シンガポールの民間におけるIT利活用促進政策 99
  • 第2章 2.6 2.6.4 〔1〕 Smart Nation Initiative 99
  • 第2章 2.6 2.6.4 〔2〕 クラウド・コンピューティング 100
  • 第2章 2.6 2.6.4 〔3〕 iSPRINT(Increase SME Productivity with Infocomm Adoption & Transformation) 100
  • 第2章 2.6 2.6.4 〔4〕 MOOC Pilot for Data Sciences & Analytics Training 100
  • 第2章 2.6 2.6.4 〔5〕 Business Analytics Shared Services for Retail & Wholesale Sectors 100
  • 第2章 2.6 2.6.5 シンガポールの情報セキュリティ関連施策 101
  • 第2章 2.6 2.6.5 〔1〕 重要情報通信インフラのセキュリティとレジリエンスを強化 101
  • 第2章 2.6 2.6.5 〔2〕 適切な情報通信セキュリティの評価手段の導入を促進する 102
  • 第2章 2.6 2.6.5 〔3〕 ICTセキュリティの専門人材のプールを増やす 102
  • 第2章 2.7 日本の動向 102
  • 第2章 2.7 2.7.1 情報通信政策分野における超スマート社会実現に向けた取り組み 102
  • 第2章 2.7 2.7.1 〔1〕 経済社会活動の変革に繋がるデータを中心としたIT利活用による革新 102
  • 第2章 2.7 2.7.1 〔2〕 IT利活用の裾野拡大のための基盤強化 103
  • 第2章 2.7 2.7.2 IoT推進コンソーシアム/IoT推進ラボ(経済産業省・総務省) 104
  • 第2章 2.7 2.7.2 〔1〕 IoT推進コンソーシアムの概要 104
  • 第2章 2.7 2.7.2 〔2〕 ビジネスマッチング(IoT Lab Connection) 106
  • 第2章 2.7 2.7.2 〔3〕 IoTプロジェクト選考会議(IoT Lab Selection) 106
  • 第2章 2.7 2.7.3 日本におけるその他のIoT社会への取り組み 108
  • 第2章 2.7 2.7.3 〔1〕 新産業構造部会によるIoT・ビッグデータ・人工知能等による変革を踏まえた将来の経済社会のあるべき姿の検討(経済産業省) 108
  • 第2章 2.7 2.7.3 〔2〕 IoT/ビッグデータ時代に向けた新たな情報通信政策の在り方(総務省) 110
  • 第2章 2.7 2.7.4 日本のイノベーション・科学技術戦略 111
  • 第2章 2.7 2.7.4 〔1〕 科学技術イノベーション総合戦略およびそれに関連する動向(内閣府) 111
  • 第2章 2.7 2.7.4 〔2〕 人工知能/ビッグデータ/IoT/サイバーセキュリティ統合プロジェクト(文部科学省) 114
  • 第2章 2.7 2.7.4 〔3〕 AIPセンター(理化学研究所) 114
  • 第2章 2.7 2.7.4 〔4〕 新領域開拓者支援(科学技術振興機構) 115
  • 第2章 2.7 2.7.4 〔5〕 次世代の人工知能技術の研究開発における3省連携体制 115
  • 第2章 2.7 2.7.5 日本の情報セキュリティ関連施策(IPA産業サイバーセキュリティセンター) 116
  • 第2章 2.7 2.7.5 〔1〕 サイバーセキュリティ経営ガイドライン 116
  • 第2章 2.7 2.7.5 〔2〕 IoT推進コンソーシアム:IoTセキュリティWG 117
  • 第2章 2.7 2.7.5 〔3〕 IoT機器等の設計・製造・構成・管理に求められるセキュリティ 117
  • 第3章 超スマート社会を支える基盤の最新動向と展望 119
  • 第3章 3.1 情報処理基盤 121
  • 第3章 3.1 3.1.1 IoT/ビッグデータ活用基盤 121
  • 第3章 3.1 3.1.1 〔1〕 爆発するデジタルデータへの対応 121
  • 第3章 3.1 3.1.1 〔2〕 IoTを実現する情報処理基盤:I-model(キャピタルアイモデル) 122
  • 第3章 3.1 3.1.1 〔3〕 付加価値を生み出すデータ分析機能 124
  • 第3章 3.1 3.1.2 都市OS・プラットフォーム 124
  • 第3章 3.1 3.1.2 〔1〕 九州大学の共進化システム創成拠点(COI:Center for Co-Evolutional Social Systems) 125
  • 第3章 3.1 3.1.2 〔2〕 バルセロナ(スペイン) 127
  • 第3章 3.1 3.1.2 〔3〕 Living PlanIT 128
  • 第3章 3.1 3.1.3 人工知能(AI)技術 128
  • 第3章 3.1 3.1.3 〔1〕 第3次の人工知能ブーム 128
  • 第3章 3.1 3.1.3 〔2〕 人工知能の研究領域 130
  • 第3章 3.1 3.1.3 〔3〕 新たなニューラルネットワーク技術:ディープラーニング 131
  • 第3章 3.1 3.1.3 〔4〕 人工知能の発展 132
  • 第3章 3.1 3.1.3 〔5〕 ベンチャー企業への期待の高まり 135
  • 第3章 3.1 3.1.3 〔6〕 経済成長のための人工知能の活用 135
  • 第3章 3.1 3.1.3 〔7〕 人工知能の活用事例 137
  • 第3章 3.2 データ基盤 141
  • 第3章 3.2 3.2.1 データの流通・利活用の類型 142
  • 第3章 3.2 3.2.2 データのオープン化 143
  • 第3章 3.2 3.2.2 〔1〕 日本のオープンデータの基本原則 143
  • 第3章 3.2 3.2.2 〔2〕 オープンデータポータルサイト 144
  • 第3章 3.2 3.2.2 〔3〕 オープンデータの現状と課題 145
  • 第3章 3.2 3.2.3 対価によるデータの流通 145
  • 第3章 3.2 3.2.3 〔1〕 データマーケットプレイス 145
  • 第3章 3.2 3.2.3 〔2〕 データの交換(エクスチェンジ) 148
  • 第3章 3.2 3.2.4 データ流通促進に向けた政府の取り組み 149
  • 第3章 3.2 3.2.4 〔1〕 IoT推進コンソーシアム「データ流通促進WG」 149
  • 第3章 3.2 3.2.4 〔2〕 経済産業省「データに関する取引の推進を目的とした契約ガイドライン」 150
  • 第3章 3.3 スマート社会ソフトウェア分野の国際標準化動向 151
  • 第3章 3.3 3.3.1 ビジネスにおける国際標準化の意義・重要性 151
  • 第3章 3.3 3.3.1 〔1〕 デジュール標準について 153
  • 第3章 3.3 3.3.1 〔2〕 デファクト標準について 154
  • 第3章 3.3 3.3.2 ISOにおける国際標準化 155
  • 第3章 3.3 3.3.3 IECにおける国際標準化 157
  • 第3章 3.3 3.3.3 〔1〕 市場戦略評議会(MSB)による白書発行 157
  • 第3章 3.3 3.3.3 〔2〕 システム評価グループ(SMB/SEG)によるシステムアプローチ 158
  • 第3章 3.3 3.3.3 〔3〕 SEG 1:Systems Evaluation Group-Smart Cities 159
  • 第3章 3.3 3.3.3 〔4〕 システム委員会(SyC) 159
  • 第3章 3.3 3.3.3 〔5〕 スマートエコシステムにおけるセキュリティと安全性 161
  • 第3章 3.3 3.3.4 ISO/IEC JTC 1における国際標準化 163
  • 第3章 3.3 3.3.4 〔1〕 ISO/IEC JTC 1/WG 9(Big Data)およびISO/IEC JTC 1/WG 10(IoT)の設置 163
  • 第3章 3.3 3.3.4 〔2〕 スマートシティ研究グループ(ISO/IEC JTC 1/WG 11 on Smart Cities)の設立 163
  • 第3章 3.3 3.3.5 IEEEにおける国際標準化 165
  • 第3章 3.3 3.3.6 ITUにおける国際標準化 165
  • 第3章 3.3 3.3.7 業界アライアンス等による活動 166
  • 第3章 3.3 3.3.7 〔1〕 Industrial Internet Consortium 166
  • 第3章 3.3 3.3.7 〔2〕 ALLSEEN ALLIANCE 166
  • 第3章 3.3 3.3.7 〔3〕 IETF:LPWA対応のWGの設立 167
  • 第3章 3.3 3.3.7 〔4〕 3GPP:LPWAに関する3つのプロトコルの策定 167
  • 第3章 3.3 3.3.7 〔5〕 ETSI 167
  • 第3章 3.3 3.3.7 〔6〕 oneM2M 168
  • 第3章 3.3 3.3.8 経済・社会・環境が持続可能なスマートシティのための評価手法 168
  • 第3章 3.3 3.3.8 〔1〕 持続可能なスマートシティ開発のための評価指標~統合指標と個別指標との関係 168
  • 第3章 3.3 3.3.8 〔2〕 都市サービス評価指標の適用事例研究 170
  • 第3章 3.3 3.3.8 〔3〕 スマートグリッドのセキュリティ・安全性の確保 174
  • 第3章 3.4 セキュリティ・個人情報保護 176
  • 第3章 3.4 3.4.1 IoTシステムに関するセキュリティの現状 177
  • 第3章 3.4 3.4.2 セキュリティ向上に向けたソフトウェア産業の取り組み例 179
  • 第3章 3.4 3.4.2 〔1〕 個別の技術開発 179
  • 第3章 3.4 3.4.2 〔2〕 共同研究等の動向 180
  • 第4章 超スマート社会の普及・進展に向けた課題 181
  • 第4章 4.1 超スマート社会実現に向けた取り組みの方向性 182
  • 第4章 4.1 4.1.1 クラウド(Cloud+Crowd)による社会変革の加速 182
  • 第4章 4.1 4.1.2 分野や組織を越えたデータ駆動型のビジネス 182
  • 第4章 4.1 4.1.3 モノからサービスへの価値の移行 183
  • 第4章 4.2 超スマート社会実現に向けた課題 184
  • 第4章 4.2 4.2.1 国際貢献、国際競争力向上につながるグローバル標準の推進 184
  • 第4章 4.2 4.2.2 超スマート社会の実現に向けた基盤整備 184
  • 第4章 4.2 4.2.2 〔1〕 人工知能などの技術革新の取り込み 184
  • 第4章 4.2 4.2.2 〔2〕 サイバーセキュリティへの対応 184
  • 第4章 4.2 4.2.2 〔3〕 人材の育成 185
  • 第4章 4.2 4.2.2 〔4〕 情報格差の是正 185
  • 第4章 4.2 4.2.3 超スマート社会コンセプトの実装 185
  • 第4章 4.2 4.2.3 〔1〕 超スマート社会の仮説設計(コトづくり) 186
  • 第4章 4.2 4.2.3 〔2〕 超スマート社会のシステムデザイン(ものづくり) 186
  • 第4章 4.2 4.2.3 〔3〕 リーンな仮説検証と国際標準化 186

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで