サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

図説日本の植生

福嶋司 編著

詳細情報

タイトル 図説日本の植生
著者 福嶋司 編著
著者標目 福嶋, 司, 1947-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 2017.6
大きさ、容量等 186p ; 26cm
注記 文献あり 索引あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784254171631
価格 4800円
JP番号 22909178
トーハンMARC番号 33623213
第2版
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) 植物--日本
NDLC RA255
NDC(10版) 472.1 : 植物地理.植物誌
NDC(9版) 472.1 : 植物地理.植物誌
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 図説日本の植生
  • 目次
  • ■第1部 日本の植生■
  • ■第1部 1章 日本の植生の特徴
  • ■第1部 1章 1-1-1 日本の植生の概要 [福嶋司] 2
  • ■第1部 1章 1-1-2 日本の植生分布の特殊性-腹背的分布- [福嶋司] 6
  • ■第1部 1章 1-1-3 自然植生と代償植生 [福嶋司] 10
  • ■第1部 2章 日本の植生変遷史 [能城修一] 12
  • ■第2部 日本の植生分布■
  • ■第2部 1章 亜熱帯・暖温帯常緑広葉樹林帯域の植生
  • ■第2部 1章 2-1-1 日本の照葉樹林の概要 [服部保] 16
  • ■第2部 1章 2-1-2 亜熱帯の照葉樹林 [大野啓一] 20
  • ■第2部 1章 2-1-3 マングローブ林 [中西弘樹] 22
  • ■第2部 1章 2-1-4 暖温帯の照葉樹林 [大野啓一] 24
  • ■第2部 2章 亜熱帯・暖温帯常緑広葉樹林帯域の二次植生
  • ■第2部 2章 2-2-1 マツ林 [黒田有寿茂,豊原源太郎] 28
  • ■第2部 2章 2-2-2 落葉広葉樹林二次林(コナラ林) [星野義延] 32
  • ■第2部 2章 2-2-3 常緑広葉樹二次林 [磯谷達宏] 34
  • ■第2部 2章 2-2-4 竹林 [奥富清] 36
  • ■第2部 2章 2-2-5 針葉樹人工林 [福嶋司] 38
  • ■第2部 2章 2-2-6 草原植生 [星野義延] 40
  • ■第2部 2章 2-2-7 水田雑草群落 [西尾孝佳] 44
  • ■第2部 2章 2-2-8 ため池の植生 [下田路子] 46
  • ■第2部 2章 2-2-9 水生植物群落 [下田路子] 48
  • ■第2部 2章 2-2-10 畑雑草群落 [西尾孝佳] 50
  • ■第2部 2章 2-2-11 雑草と人里植物 [西尾孝佳] 52
  • ■第2部 2章 2-2-12 帰化植物とその生態 [西尾孝佳] 54
  • ■第2部 2章 2-2-13 帰化植物の現状 [西尾孝佳] 56
  • ■第2部 3章 中間温帯域の植生
  • ■第2部 3章 2-3-1 中間温帯域の植生とその成り立ち [野嵜玲児] 58
  • ■第2部 3章 2-3-2 モミ林・ツガ林 [野嵜玲児] 62
  • ■第2部 3章 2-3-3 イヌブナ林 [野嵜玲児] 64
  • ■第2部 3章 2-3-4 暖温帯落葉広葉樹林 [樫村利道] 66
  • ■第2部 4章 冷温帯・山地帯落葉広葉樹林帯域の植生
  • ■第2部 4章 2-4-1 極相群落の種類と分布 [福嶋司] 68
  • ■第2部 4章 2-4-2 ブナ林の分布と群落体系 [福嶋司] 70
  • ■第2部 4章 2-4-3 ブナ林の更新システム [福嶋司] 76
  • ■第2部 4章 2-4-4 日本のブナ林のアジアのブナ林の中での位置 [福嶋司] 78
  • ■第2部 4章 2-4-5 北海道の針広混交林と落葉樹林 [並川寛司] 80
  • ■第2部 4章 2-4-6 落葉広葉樹林(ミズナラ林) [星野義延] 84
  • ■第2部 4章 2-4-7 尾根の針葉樹林 [村上雄秀] 86
  • ■第2部 4章 2-4-8 渓畔林 [吉川正人] 90
  • ■第2部 5章 亜寒帯・亜高山帯常緑針葉樹林帯域の植生
  • ■第2部 5章 2-5-1 極相群落の種類と分布 [並川寛司] 92
  • ■第2部 5章 2-5-2 亜高山針葉樹林の性質と分布 [並川寛司] 96
  • ■第2部 5章 2-5-3 亜高山性落葉広葉樹林の性質と分布 [並川寛司] 100
  • ■第2部 6章 高山地域の植生
  • ■第2部 6章 2-6-1 日本の高山地域の植生 [小泉武栄] 104
  • ■第2部 6章 2-6-2 ハイマツ帯の構成とハイマツ群落の分布 [沖津進] 106
  • ■第2部 6章 2-6-3 風衝矮性低木群落 [沖津進] 110
  • ■第2部 6章 2-6-4 雪田植物群落 [沖津進] 112
  • ■第2部 7章 湿原植生
  • ■第2部 7章 2-7-1 湿原の性質と分布 [橘ヒサ子] 114
  • ■第2部 7章 2-7-2 釧路湿原 [橘ヒサ子] 118
  • ■第2部 7章 2-7-3 サロベツ湿原 [冨士田裕子] 120
  • ■第2部 7章 2-7-4 尾瀬ヶ原湿原 [橘ヒサ子] 122
  • ■第2部 7章 2-7-5 戦場ヶ原湿原 [橘ヒサ子] 124
  • ■第2部 7章 2-7-6 玉原湿原 [福嶋司] 126
  • ■第2部 8章 島嶼植生
  • ■第2部 8章 2-8-1 島の種多様性と固有性 [上條隆志] 128
  • ■第2部 8章 2-8-2 伊豆大島 [上條隆志] 132
  • ■第2部 8章 2-8-3 三宅島 [上條隆志] 134
  • ■第2部 8章 2-8-4 八丈島 [上條隆志] 136
  • ■第2部 8章 2-8-5 小笠原諸島 [上條隆志,深澤圭太] 138
  • ■第2部 9章 海岸植生
  • ■第2部 9章 2-9-1 海岸植生の概要 [中西弘樹] 140
  • ■第2部 9章 2-9-2 塩湿地植生 [中西弘樹] 142
  • ■第2部 9章 2-9-3 海浜植生 [中西弘樹] 144
  • ■第2部 9章 2-9-4 海岸断崖地植生 [中西弘樹] 146
  • ■第2部 9章 2-9-5 海岸低木林 [中西弘樹] 148
  • ■第2部 10章 河川敷の植生
  • ■第2部 10章 2-10-1 河川敷の植生 [吉川正人] 150
  • ■第2部 10章 2-10-2 河原の草本群落 [吉川正人] 152
  • ■第2部 10章 2-10-3 河川敷の木本群落(河辺林) [吉川正人] 154
  • ■第2部 11章 都市の植生
  • ■第2部 11章 2-11-1 森林の孤立化 [島田和則] 156
  • ■第2部 11章 2-11-2 特定の種の旺盛な繁茂 [島田和則] 158
  • ■第2部 11章 2-11-3 森林のサイズと生物多様性 [石田弘明] 160
  • ■第3部 地域固有の植生分布とその要因■
  • ■第3部 1章 縞枯れ現象 [並川寛司] 162
  • ■第3部 2章 季節風効果 [福嶋司] 164
  • ■第3部 3章 平尾根効果 [福嶋司] 168
  • 文献 171
  • 索引 183
  • 索引
  • ■あ行
  • アオキ 158
  • アオノツガザクラ-ジムカデクラス 112
  • アオモリトドマツ 96
  • アカエゾマツ 92
  • アカガシ林 26
  • アカマツ 28
  • アカマツ二次林 30
  • アカマツ林 32,84,154
  • 亜寒帯 4
  • 亜寒帯針葉樹林 92
  • 亜高山針葉樹林 96
  • 亜高山性落葉広葉樹林 100
  • 暖かさの指数 58
  • 亜熱帯 20
  • アラカシ優占林 18
  • アリューシャン列島 110
  • イイギリ 158
  • 伊豆大島 132,
  • イスノキ 20
  • イソギク-ハチジョウススキ群集 136
  • イチイガシ林 24
  • 一次帰化 54
  • 一次遷移 132
  • イッポンスゲ-ヒメミズゴケ群落 124
  • 意図的な移入 56
  • イヌコリヤナギ群落 124
  • イヌブナ林 64
  • イロハモミジ 158
  • イワウメ 111
  • イワノガリヤス-ヨシ群落 118
  • イワノガリヤス群落 118
  • 浮島 117
  • 打ち上げ群落 144
  • ウドノキ 129,130,138
  • ウドノキ-シマホルトノキ群集 138
  • ウバメガシ林 24
  • ウラシマツツジ-クロマメノキ群落 110
  • ウラジロガシ林 26
  • ウリュウコウホネ 117
  • 雲霧帯針葉樹林 26
  • 雲霧林 27,130,131
  • エゾウサギギク-チングルマ群落 112
  • エゾコザクラ-ミヤマキンバイ群落 112
  • エゾノツガザクラ 113
  • エゾベニヒツジグサ 117
  • エゾマツ-トウシラベ林 94
  • エゾマツ-トドマツ林 92
  • エゾマメヤナギ 110
  • エゾマメヤナギ-チョウノスケソウ群落 110,111
  • 越冬一年生植物 50
  • 越年生植物 50
  • 塩湿地植生 142
  • 塩生植物 142
  • オオアゼスゲ-ヌマガヤ群落 124
  • オオカサスゲ群落 124
  • オオシマカンスゲ-スダジイ群集 132,136
  • オオシマザクラ 132,135
  • オオシマザクラ・タブノキ林 134
  • オオシラビソ 96
  • オオバヤシャブシ 132,135
  • オオバヤシャブシ林 134
  • 小笠原 130
  • 小笠原群島 138
  • オキナワウラジロガシ 129
  • オキナワウラジロガシ群集 130
  • オキナワウラジロガシ林 20
  • 尾瀬ヶ原湿原 122
  • オゼコウホネ 122
  • オゼザサ群落 122
  • 落ち葉かき 32,32
  • オニスゲ群落 124
  • お花畑 112
  • オヒルムシロ 117
  • 温暖化 12
  • 温量指数 84
  • ■か行
  • 海岸植生 140
  • 海岸断崖地植生 146
  • 海岸低木林 140,148
  • 海浜植生 144
  • 海洋性気候 112
  • 海洋島 128,130
  • 外来種 138,156
  • 外来生物 138
  • 外来牧草 42
  • 拡大造林政策 38
  • 攪乱 44,50
  • 隔離 156
  • 火山 132
  • 火山植生 104
  • 火山灰土壌 170
  • カシ林 18,24
  • カシ類 26
  • 夏生一年生植物 50
  • 科組成 78
  • 河畔林 154
  • カブスゲ 118
  • 下部冷温帯林 60
  • 花粉分析 62
  • カムチャツカ半島 110
  • カラフトイソツツジ-チャミズゴケ群集 120
  • カラフトイソツツジ-チャミズゴケ群落 117,118
  • カラフトカサスゲ群落 117
  • 刈り取り 40
  • 河辺林 154
  • 干渉 14
  • 岩石海岸 140
  • 乾燥化 126
  • 間帯 58
  • γ多様性 16
  • 帰化植物 52
  • 偽高山帯 98
  • 気候的極相 10,66,68,84
  • 基準植生帯 68
  • 季節風効果 164
  • 木曽五木 86
  • キタゴヨウ 86
  • キタゴヨウオーダー 86
  • キタゴヨウ群団 86
  • キバナシャクナゲ-ガンコウラン群落 112
  • ギャップ更新 76
  • 旧帰化植物 54
  • 休耕田 44
  • 極相 10
  • 極地ツンドラ要素 110
  • 局地的な高山帯環境 110
  • ギンネム 130
  • グイマツ疎林 109
  • グイマツ・ハイマツ林 108
  • グイマツ優占林 94
  • クシノハミズゴケ群落 124
  • 釧路湿原 118
  • クロベ 86,88
  • クロマツ 28
  • 黒松内低地帯 70
  • 群落体系 78
  • 渓谷林 90
  • 畦畔植生 44
  • 渓畔林 90
  • 渓流沿い植物 150
  • ケルミ 117,122
  • ケルミ-シュレンケ複合体 123
  • 高山荒原植物群落 104
  • 高山帯 104
  • 高山ツンドラ植生 110
  • 紅樹林 22
  • 更新 76
  • 洪水 150,152
  • 高層湿原 114,116,116
  • 高層湿原植生 120,124
  • 後氷期 12
  • コウヤマキ 86,88
  • 硬葉樹林 148
  • コジイ林 24
  • 湖成(陸化)型湿原 114
  • 固定浮島 117
  • コナラ 66
  • コナラ二次林 30
  • コナラ林 32
  • コメツガ 96
  • コメバツガザクラ-ミネズオウ群落 110
  • 孤立化 156
  • 孤立林 160
  • 混交林 18
  • ■さ行
  • 最寒月の月平均気温 16
  • 最終氷期 12,70,78
  • 再生複合体 76
  • 在来植物 56
  • 砂丘 144
  • 作物擬態 44
  • ササ草原 40,42
  • 雑草 52
  • 寒さの指数 58
  • 砂(礫)質海岸 140
  • サロベツ湿原 120
  • 残雪期間 166
  • 残存芽 66
  • 山地渓流 150
  • 山地湿原 117,122
  • 山頂現象 105
  • 散布体の導入圧 54
  • シイ-タブノキ林 24
  • シイ・カシ萌芽林 34
  • シイ林 18
  • 史前帰化植物 44,56
  • 自然教育園 158
  • 自然再生事業 118,120
  • 自然植生 10
  • 自然度 156
  • 自然林 84
  • 湿原生態系 118
  • 湿性型ブナ林 168
  • シナノキ林 82
  • シバ草原 40
  • 島の固有種 128
  • シマイスノキ-コバノアカテツ群集 130
  • 縞枯れ現象 162
  • 縞枯山 162
  • シマタヌキラン 134
  • シマタヌキラン-ハチジョウイタドリ群集 132,133
  • シマノガリヤス 136
  • シマノガリヤス群落 136
  • 島の種多様性 128
  • シマホルトノキ 130,138
  • シャクナゲ類 88
  • ジュウモンジシダ亜群集 168
  • 14C年代測定値 122
  • 種組成 78
  • 種多様性 128
  • 樹木限界 104
  • シュレンケ 116,117
  • シュロ 158
  • 小凹地 116,117,117
  • 上限 26
  • 沼沢化型湿原 114
  • 沼沢湿原 114
  • 小凸地 116,117
  • 上部冷温帯林 60
  • 小面積化 160
  • 縄文海進期最盛期 120
  • 照葉樹二次林 34
  • 照葉樹萌芽林 34
  • 照葉樹林 16,20,160
  • 照葉樹林構成種 16
  • 照葉樹林の分布限界域 26
  • 照葉二次林 18
  • 常緑広葉樹二次林 34
  • 常緑広葉樹林 2,16
  • 常緑地這性低木 6
  • 常緑針葉樹二次林 34
  • 植生 10
  • 植生帯 2
  • 植生の復元 126
  • 植生復元事業 122
  • 植生分布 164
  • 植物群落 10
  • 植物社会学的植生図 126
  • 植物分布帯 2
  • 除草剤抵抗性 44
  • シラカシ 24
  • シラビソ 96
  • 新帰化植物 54
  • 針広混交林 60,80
  • 薪炭林 84
  • 針葉樹人工林 38
  • 森林限界 104
  • 森林・林業基本計画 38
  • 水生植物群落 117,118
  • スゲ類の隆起叢株 118
  • スコリア 132
  • ススキ草原 40
  • スダジイ 20,136
  • スダジイ林 20,130
  • ズミ群落 124
  • 生態的開放 138
  • 生物学的均一化 56
  • 生物多様性 160
  • 生理的ストレス 152
  • 石灰岩地の照葉樹林 21
  • 雪田植物群落 112,113
  • 絶滅危惧種 42,47
  • 遷移 132
  • 戦場ヶ原湿原 124
  • 扇状地河川 150,152,154
  • 雑木林 60
  • 草本植物 32
  • ゾーネーション 22,140,144
  • 属組成 78
  • ■た行
  • 第三紀 12
  • 代償植生 10
  • 胎生種子 22
  • 大雪山 112,113
  • 大豊作年 76
  • 第四紀 12
  • 大陸島 128,130
  • ダケカンバ 100
  • ダケカンバ帯 102
  • 立枯れ 37
  • 多年生植物 50
  • タブノキ 20,129,134,135,136
  • タブ林 18
  • ため池 46,49
  • 暖温帯 2
  • 暖温帯北部 34
  • 暖帯落葉樹林帯 58,66
  • 玉原湿原 126
  • 地下水位 126
  • 竹林 36
  • 地形的極相 66
  • 地形的群落 112
  • チシマクモマグサ 112,113
  • 千島列島 110
  • 稚樹バンク 162
  • 池塘 116,122
  • 地表撹乱 90
  • チャミズゴケブルト 118,119
  • 中栄養性 116
  • 中間温帯 58
  • 中間湿原 114,116,126
  • 中間湿原植生 122,124
  • 抽水植物 46,48
  • 沖積低地河川 150
  • 超塩基性岩地の植物群落 104
  • チングルマ-エゾノツガザクラ群落 112
  • チングルマ-キバナシャクナゲ群落 112
  • 沈水植物 46,48
  • ツルコケモモ-ホロムイスゲ群集 120
  • つる植物 32
  • ツルスゲ群落 118
  • 泥質海岸 140
  • 低層湿原 114,116,118
  • 低層湿原植生 118,122,124
  • 泥炭 114
  • 泥炭層 122
  • 泥炭地 114
  • 低木林 132
  • 適地適木 38
  • トウヒ 96
  • 特定希少野生動植物種 42
  • 特定種の増加 158
  • 都市化 156,158
  • 都市林 156,160
  • 土地的極相 10,28,62,68,84
  • トドマツ・ミズナラ林 82
  • ■な行
  • ナガバキタアザミ-ショウジョウスゲ群落 112
  • ナガバノモウセンゴケ 122
  • ニオイウツギ-オオバヤシャブシ群集 132,133
  • 二次帰化 54
  • 二次遷移 132
  • 二次草原 40,42
  • 二次林 84
  • 二年生植物 50
  • ヌマガヤ-イボミズゴケ群集 120
  • ヌマガヤ-イボミズゴケ群落 117,122
  • ヌマガヤ-キダチミズゴケ群落 122
  • ヌマガヤ群落 116
  • ネザサ草原 40,42
  • ノリウツギ-ウワミズザクラ低木群落 122
  • ■は行
  • ハイマツ 111
  • ハチジョウイタドリ 134
  • ハチジョウイタドリ群落 132
  • ハチジョウイヌツゲ 129,130,131,132,136
  • ハチジョウイヌツゲ群落 136
  • 八丈島 136
  • ハチジョウススキ 134,135
  • 発芽率 76
  • 伐採規制 14
  • ハルニレ群落 124
  • 半かん水 142
  • バンク 122
  • 半自然草原 40
  • ハンモック 116
  • 非意図的な移入 56
  • 火入れ 40
  • 東アジア季節風域 164
  • 東アジアのブナ林 78
  • ヒサカキ 129,130,131,134,135
  • 人里植物 52
  • ヒノキ 86
  • ヒノキ・クロベ林 86
  • ヒノキ群団 86
  • ヒメコマ 186
  • 平尾根効果 170
  • 貧栄養性 116
  • 浜堤 144
  • 風衝海岸低木林 148
  • 風衝側 164
  • 風衝作用 110
  • 風衝斜面 162
  • 風衝樹 108
  • 風衝草原 104
  • 風衝短き性低木群落 106,110,111
  • 風衝矮低木群落 104
  • 風背側 166
  • 富栄養化 48
  • 富栄養性 116
  • 腹背性 96
  • 腹背的分布構造 6
  • 物理的撹乱 152
  • ブナ 70
  • ブナ・イヌブナ林 87
  • ブナ-クロモジ群集 72
  • ブナ-シラキ群集 72
  • ブナ-スズタケ群集 72
  • ブナ-チシマザサ群集 74
  • ブナ-ヤマボウシ群集 72
  • ブナ林 84
  • 浮遊植物 48
  • 浮葉植物 46,48
  • ブルト 116,117
  • 平地林 32
  • 偏形樹 167
  • 萌芽 64
  • 萌芽林 32
  • 北限 26
  • ホザキシモッケ群落 118,124
  • ホソミズゴケ群落 124
  • ホロー 116
  • ホロムイスゲ-ヌマガヤ群落 122,124
  • ホロムイソウ-ミカヅキグサ群集 120
  • ホロムイソウ-ミカヅキグサ群落 122
  • ■ま行
  • マサキ-トベラ群集 136
  • マダケ林 36
  • マツ枯れ 30
  • マツ林 28,30
  • マングローブ 122
  • ミカヅキグサーイボミズゴケ群落 118
  • ミカヅキグサ-コタヌキモ群落 117
  • ミカヅキグサ群落 124
  • 実生バンク 162
  • ミズキ 158
  • ミズギク-ヌマガヤ群落 124
  • ミズナラ林 82,84
  • 三原山 133
  • 三宅島 134
  • ミヤマクロスゲ 112
  • ミヤマナ 198
  • ミヤマバイケイソウ 113
  • ミヤマハンノキ 100
  • ムジナスゲ群落 118
  • モウソウチク林 36,37
  • 木本植物 32
  • モミ 126
  • モミ・ツガ林 62
  • モンテンボク 130
  • ■や行
  • 野草 52
  • ヤチスゲ-サギスゲ群落 124
  • 谷地坊主 118,124
  • ヤナギ林 154
  • ヤブツバキ 134
  • ヤブニッケイ-タブノキ群落 136
  • ヤマグルマ 86,130
  • ヤマドリゼンマイ群落 122
  • ヤラメスゲ群落 118
  • 湧水 49
  • 融雪時期 112
  • ユズリハ-ヤマグルマ群集 136
  • ヨシ-オオアゼスゲ群落 124
  • ヨシ群落 122
  • ■ら行
  • 落葉高木 32
  • 落葉広葉樹二次林 34
  • 落葉低木 32
  • 隆起サンゴ礁 146
  • リュウキュウマツ 28
  • 両生植物 46
  • 冷温帯 2
  • ローン植生 120
  • ■わ行
  • 矮性低木ヒース群落 110
  • ワダンノキ 138
  • ワダンノキ群集 138
  • ワラミズゴケ群落 124

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで