サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

東京都における児童相談所一時保護所の歴史

藤田恭介 著

詳細情報

タイトル 東京都における児童相談所一時保護所の歴史
著者 藤田恭介 著
著者標目 藤田, 恭介, 1950-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社社会評論社
出版年月日等 2017.6
大きさ、容量等 221p ; 22cm
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784784517374
価格 2200円
JP番号 22925732
トーハンMARC番号 33622747
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) 児童相談所--歴史
件名(キーワード) 児童福祉--東京都--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC EG57
NDC(10版) 369.43 : 社会福祉
NDC(9版) 369.43 : 社会福祉
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 東京都における児童相談所一時保護所の歴史
  • 東京都における児童相談所一時保護所の歴史 目次
  • 序章 頑張れ! 一時保護所 9
  • 第1章 創成期の一時保護所(明治5年~昭和20年まで) 15
  • 第1章 第1節 はじめに 15
  • 第1章 第2節 一時保護所の萌芽と進展 16
  • 第1章 第2節 (1) 職業紹介所の管理運営とその付帯事業 16
  • 第1章 第2節 (2) 一時保護所の概要 17
  • 第1章 第2節 (3) 東京市幼少年保護所の規程 20
  • 第1章 第2節 (4) 取扱実績 21
  • 第1章 第2節 (5) 大正期の一時保護の特徴 23
  • 第1章 第3節 相談業務の開始(一時相談、医学・心理診断のはじまり) 24
  • 第1章 第3節 (1) 幼少年保護所附設性行相談部の設置 24
  • 第1章 第3節 (2) 東京府特別児童鑑別委員会の設置 25
  • 第1章 第3節 (3) 関東大震災 25
  • 第1章 第4節 昭和初期の一時保護施設の実態 27
  • 第1章 第5節 昭和初期の幼少年保護所の活動状況 29
  • 第1章 第6節 戦前の児童保護事業の終焉 32
  • 第1章 第6節 (1) 救護法制定後の児童保護法制の進展 32
  • 第1章 第6節 (2) 幼少年保護所の終焉 33
  • 第1章 第7節 結果と考察 33
  • 第2章 新しい児童相談所の設立(昭和20年~昭和28年まで) 37
  • 第2章 第1節 概説 37
  • 第2章 第2節 焼け跡からの復興 38
  • 第2章 第2節 (1) この時代の状況 38
  • 第2章 第2節 (2) 狩り込みによる在院者の激増 38
  • 第2章 第3節 戦災被害児童への国の対応 42
  • 第2章 第3節 (1) 「戦災孤児等保護対策要綱」(昭和20(1945)年9月20日、次官会議決定) 43
  • 第2章 第3節 (2) 「戦災孤児等集団合宿教育に関する件」(昭和20(1945)年9月15日、文部省国民教育局長通牒) 43
  • 第2章 第3節 (3) 「浮浪児その他の児童保護等の応急措置実施に関する件」(昭和21(1946)年4月15日、厚生省社会局長通牒) 44
  • 第2章 第3節 (4) 「少年に対する防犯機構の整備について」(昭和21(1946)年9月30日、内務省発警保局長通牒) 45
  • 第2章 第3節 (5) 「主要地方浮浪児等保護要綱」(昭和21(1946)年9月19日、東京、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡各地方長官宛厚生次官通牒) 46
  • 第2章 第3節 (6) 「全国孤児一斉調査に関する件」(昭和22(1947)年12月6日、各都道府県知事宛、厚生省児童局長厚生大臣官房会計課長連名通牒) 47
  • 第2章 第3節 (7) 「浮浪児根絶緊急対策要綱」(昭和23(1948)年9月7日、閣議決定) 47
  • 第2章 第3節 (8) 「浮浪児根絶緊急対策要綱の実施について」(昭和23(1948)年11月5日、厚生次官、国家地方警察本部次官、文部次官、運輸次官、労働次官、通牒) 49
  • 第2章 第4節 東京都下における浮浪児対策の展開 51
  • 第2章 第4節 (1) 大塚時代(昭和21(1946)年~昭和27(1952)年3月) 51
  • 第2章 第4節 (2) 養育院分室(西巣鴨)に「幼少年保護寮」を設置 51
  • 第2章 第5節 児童福祉法施行と児童相談所 53
  • 第2章 第5節 (1) 児童相談所の運営整備 54
  • 第2章 第5節 (2) 昭和25~26年版民政局年報に見る保護状況 55
  • 第2章 第5節 (3) 昭和26~29年版民政局年報に見る保護状況 59
  • 第2章 第6節 結果と考察 60
  • 第3章 復興する児童相談体制と一時保護所(昭和28年~昭和49年まで) 63
  • 第3章 第1節 概説 63
  • 第3章 第2節 昭和30年代の動き 64
  • 第3章 第2節 (1) 時代背景 64
  • 第3章 第2節 (2) 昭和30年代の児童問題 64
  • 第3章 第2節 (3) 非行問題との取組み 65
  • 第3章 第2節 (4) 東京都の児童相談所の動き 66
  • 第3章 第3節 河田町の由来と児童相談所設置の経過 69
  • 第3章 第4節 河田町時代の児童相談所の組織運営体制 70
  • 第3章 第4節 (1) 中央児童相談所の組織運営体制 70
  • 第3章 第4節 (2) 児童相談所の再編整備 71
  • 第3章 第5節 河田町移転後の中央児童相談所の体制 72
  • 第3章 第5節 (1) 昭和31(1956)年版の事業概要 72
  • 第3章 第5節 (2) 当時の一時保護所の活動状況 73
  • 第3章 第5節 (3) 一時保護所において、強制措置を必要とする場合(特別観察室の使用ルール) 74
  • 第3章 第5節 (4) 一時保護の目的 74
  • 第3章 第5節 (5) 一時保護所入所基準 75
  • 第3章 第5節 (6) 一時保護所の業務統計 76
  • 第3章 第5節 (7) 一時保護の統計表から読み取れること 79
  • 第3章 第6節 昭和30~40年代の動き 81
  • 第3章 第6節 (1) 昭和38(1963)年度の一時保護所の指導体制と生活 81
  • 第3章 第6節 (2) 職員体制及び勤務体制 81
  • 第3章 第6節 (3) 日課 82
  • 第3章 第6節 (4) 一週間の日課・行事予定 83
  • 第3章 第6節 (5) 献立の一例 83
  • 第3章 第6節 (6) 一時保護所退所後の施設利用状況 84
  • 第3章 第6節 (7) 昭和38年度の一時保護児童の入退所状況 85
  • 第3章 第6節 (8) 昭和39(1964)年度の一時保護状況 86
  • 第3章 第7節 昭和41(1966)年度の一時保護状況 87
  • 第3章 第7節 (1) 概説 87
  • 第3章 第7節 (2) 一時保護児童通告別内訳 88
  • 第3章 第7節 (3) 一時保護原因別内訳 89
  • 第3章 第7節 (4) 一時保護児童年齢別・年齢分布について 89
  • 第3章 第7節 (5) 児童の保護日数について 90
  • 第3章 第7節 (6) 保護児童の処理状況について 90
  • 第3章 第7節 (7) 生活日課 91
  • 第3章 第7節 (8) 児童週間計画表 92
  • 第3章 第7節 (9) 献立 92
  • 第3章 第8節 昭和42(1967)年度の一時保護状況 93
  • 第3章 第8節 (1) 概説 93
  • 第3章 第8節 (2) 児童の保護原因について 94
  • 第3章 第8節 (3) 保護原因内訳 95
  • 第3章 第8節 (4) 保護児童の通告状況について 95
  • 第3章 第8節 (5) 児童の退所について 96
  • 第3章 第8節 (6) 児童の保護日数について 97
  • 第3章 第8節 (7) 一時保護児童の児童相談所別内訳 97
  • 第3章 第8節 (8) 生活日程時間割表 97
  • 第3章 第8節 (9) 献立 98
  • 第3章 第9節 昭和40年代後半の一時保護の状況 99
  • 第3章 第9節 (1) 墨田児童相談所一時保護所の解説 99
  • 第3章 第9節 (2) 入所児童の年齢構成(昭和49年度まで) 100
  • 第3章 第9節 (3) 昭和44(1969)年度以降の一時保護入退所状況 101
  • 第3章 第9節 (4) 退所児童の保護日数 103
  • 第3章 第9節 (5) 平均保護日数と保護人員 103
  • 第3章 第10節 考察とまとめ 104
  • 第4章 充実する児童相談体制(昭和50年~平成6年) 107
  • 第4章 第1節 概説 107
  • 第4章 第2節 児童相談センターの開設 110
  • 第4章 第2節 (1) 児童相談センターの組織 110
  • 第4章 第2節 (2) 全児童相談所職員の配置状況 110
  • 第4章 第3節 一時保護の体制 111
  • 第4章 第3節 (1) 一時保護体制の実際 111
  • 第4章 第3節 (2) 昭和46(1971)年~昭和50(1975)年までの一時保護状況 112
  • 第4章 第4節 児童相談所の増設の経過 114
  • 第4章 第4節 (1) 児童福祉審議会意見具申「地域社会に開かれた児童相談所のあり方について」(昭和51(1976)年7月26日) 114
  • 第4章 第4節 (2) 児童相談所のあり方を考える委員会報告書(昭和55(1980)年3月) 115
  • 第4章 第4節 (3) 非行対策プロジェクトチーム報告書(昭和56(1981)年12月) 115
  • 第4章 第5節 一次保護体制の整備 116
  • 第4章 第5節 (1) 一時保護所併設の児童相談所の増設 116
  • 第4章 第5節 (2) 昭和59(1984)年当時の一時保護所児童体制と児童定員 117
  • 第4章 第5節 (3) 保護課のあゆみ(昭和50(1975)年~昭和59(1984)年) 118
  • 第4章 第5節 (4) 日課(児童処遇の現状と経過) 123
  • 第4章 第5節 (5) 行事 125
  • 第4章 第6節 一時保護所の課題 125
  • 第4章 第7節 昭和60(1985)年から10年間のあゆみ 131
  • 第4章 第7節 (1) 子どもを取り巻く状況 131
  • 第4章 第7節 (2) 一時保護所の昭和60(1985)年から10年間のあゆみ 138
  • 第4章 第7節 (3) 一時保護所の本来的機能と今後の課題 143
  • 第4章 第8節 「一時保護所運営の手引き」の発行 145
  • 第4章 第8節 (1) 「一時保護所運営の手引き」の発行の経過 145
  • 第4章 第8節 (2) 児童福祉司及び心理技術との密接な連携 146
  • 第4章 第8節 (3) 「一時保護所児童関係者協議会」の取り組み 147
  • 第4章 第9節 一時保護所における児童の処遇改善の取り組み 148
  • 第4章 第9節 (1) 処遇改善の必要性 148
  • 第4章 第9節 (2) 食事の改善 149
  • 第4章 第9節 (3) 建物設備の改善 149
  • 第4章 第9節 (4) 行事の改善 150
  • 第4章 第9節 (5) 保険室のクリニック機能の充実 150
  • 第4章 第10節 あらためて一時保護所の役割を問う 151
  • 第4章 第11節 考察とまとめ 153
  • 第4章 第11節 (1) 児童問題の多様化 153
  • 第4章 第11節 (2) 児童相談所と一時保護所の整備 154
  • 第4章 第11節 (3) 一時保護所の整備と運営 155
  • 第4章 第11節 (4) 一時保護所の課題 156
  • 第5章 変革期の児童相談所一時保護所(平成6年~平成24年) 161
  • 第5章 第1節 概説 161
  • 第5章 第1節 (1) 臨調行革路線の福祉見直し論 161
  • 第5章 第1節 (2) 社会福祉の新たな理念の模索と基礎構造改革の胎動 162
  • 第5章 第1節 (3) 児童福祉法の改正 162
  • 第5章 第1節 (4) 児童虐待の急増 163
  • 第5章 第2節 児童相談所及び一時保護所の設置に関する動き 163
  • 第5章 第3節 東京都児童相談所改革の取り組み 163
  • 第5章 第3節 (1) 平成6(1994)年度の児童相談所の取組みの状況 163
  • 第5章 第3節 (2) 平成7(1995)年度の児童相談所の取組みの状況 165
  • 第5章 第3節 (3) 平成9(1997)~平成10(1998)年度の児童相談所の取組みの状況 167
  • 第5章 第3節 (4) 平成10(1998)~平成12(2000)年度の児童相談所の取組みの状況 173
  • 第5章 第4節 児童虐待対策強化の対応 178
  • 第5章 第4節 (1) 虐待対策特別班の設置 178
  • 第5章 第4節 (2) 虐待対策課の役割 178
  • 第5章 第4節 (3) 虐待対策課設置の効果 179
  • 第5章 第4節 (4) 一時保護の急増について 179
  • 第5章 第5節 平成13(2001)年度の児童相談所の取組みの状況 180
  • 第5章 第5節 (1) 概況 180
  • 第5章 第5節 (2) 一時保護所のひっ迫状況の対応について 181
  • 第5章 第6節 平成14(2002)年度の児童相談所の取組みの状況 183
  • 第5章 第6節 (1) 児童相談所児童虐待緊急対応の取組み 183
  • 第5章 第6節 (2) 平成14(2002)年度の児童相談所の人員配置について 185
  • 第5章 第6節 (3) 一時保護児童処遇促進事業(要綱) 185
  • 第5章 第6節 (4) 「一時保護所の状況と対応について」 188
  • 第5章 第7節 平成15(2003)~平成17(2005)年度の児童相談所の取組みの状況 189
  • 第5章 第7節 (1) 平成15(2003)年度における児童相談所をめぐる情勢 189
  • 第5章 第7節 (2) 「石神井台一時保護所基本構想」 190
  • 第5章 第8節 平成17(2005)~平成18(2006)年度の児童相談所の取組みの状況 191
  • 第5章 第8節 (1) 東京都をめぐる状況 191
  • 第5章 第8節 (2) 児童相談所の必要な職員の確保について 193
  • 第5章 第8節 (3) 西部一時保護所(仮称)の一部開設について 194
  • 第5章 第8節 (4) 平成18(2006)年全面開設に向けて 195
  • 第5章 第9節 平成19(2007)年度の児童相談所の取組みの状況 195
  • 第5章 第9節 (1) 組織整備・運営整備について 195
  • 第5章 第9節 (2) 子ども家庭総合センター(仮称)の建設について 197
  • 第5章 第10節 平成22(2010)年度の児童相談所の取組みの状況 197
  • 第5章 第10節 (1) 児童相談所の運営整備について 197
  • 第5章 第10節 (2) 子ども家庭総合センター(仮称)の概要 197
  • 第5章 第11節 児童相談所の区移管について 199
  • 第5章 第12節 平成23(2011)年度の児童相談所の取組みの状況 199
  • 第5章 第12節 (1) 虐待防止への取組み 199
  • 第5章 第12節 (2) 「虐待防止"調整役"配置へ」 200
  • 第5章 第12節 (3) 身柄通告と身柄送致 201
  • 第5章 第13節 平成23(2011)年度の一時保護の概況 204
  • 第5章 第14節 平成24(2012)年度の一時保護の概況 205
  • 第5章 第14節 (1) 概況 205
  • 第5章 第14節 (2) 一時保護委託 206
  • 第5章 第15節 一時保護児童のエピソード 207
  • 第5章 第15節 (1) 目の前での強奪 207
  • 第5章 第15節 (2) 奪還作戦 208
  • 第5章 第15節 (3) 年齢詐称 209
  • 第5章 第16節 一時保護所の実績 210
  • 第5章 第17節 考察とまとめ 214
  • おわりに 各時代の一時保護所をめぐる総括 217

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで