サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

戦後法制改革と占領管理体制

出口雄一 著

詳細情報

タイトル 戦後法制改革と占領管理体制
著者 出口雄一 著
著者標目 出口, 雄一, 1972-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社慶應義塾大学出版会
出版年月日等 2017.5
大きさ、容量等 504p ; 22cm
注記 布装
注記 索引あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784766424331
価格 6800円
JP番号 22912334
トーハンMARC番号 33608290
部分タイトル 序論 戦後法制改革研究の現況 GHQの司法制度改革構想から見た占領期法継受 裁判所法の制定と国民の司法参加 検察庁法の制定と検察審査会制度 検察補佐官から検察事務官へ 刑事訴訟法の制定と運用 「亡命ドイツ法律家」アルフレッド・C・オプラー トーマス・L・ブレークモアと日本法 占領管理体制の法的特質 新憲法下の国会と「政令の濫用」 占領管理体制とポツダム命令 占領下における刑事裁判権の制限 「占領目的に有害な行為」と検察官の起訴猶予裁量権 「占領目的に有害な行為」に関する検察官の起訴猶予裁量の運用 戦後法制改革と占領管理体制の交錯
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) 法制史--日本--1945-1952
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 日本管理政策
NDLC AZ-146
NDC(10版) 322.16 : 法制史
NDC(9版) 322.16 : 法制史
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで