サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

ウィーンとヴェルサイユ : ヨーロッパにおけるライバル宮廷1550~1780

J.ダインダム 著,大津留厚, 小山啓子, 石井大輔 訳

詳細情報

タイトル ウィーンとヴェルサイユ : ヨーロッパにおけるライバル宮廷1550~1780
著者 J.ダインダム 著
著者 大津留厚, 小山啓子, 石井大輔 訳
著者標目 Duindam, Jeroen Frans Jozef, 1962-
著者標目 大津留, 厚, 1952-
著者標目 小山, 啓子
著者標目 石井, 大輔, 1974-
シリーズ名 人間科学叢書 ; 46
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社刀水書房
出版年月日等 2017.3
大きさ、容量等 417p ; 22cm
注記 原タイトル: Vienna and Versailles
注記 文献あり 索引あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784887084247
価格 4500円
JP番号 22887707
トーハンMARC番号 33588674
別タイトル Vienna and Versailles
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) Habsburg (家)
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) Bourbon (家)
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 王室--ヨーロッパ--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GG131
NDC(10版) 288.493 : 系譜.家史.皇室
NDC(9版) 288.493 : 系譜.家史.皇室
原文の言語(ISO639-2形式) eng : English
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • ウィーンとヴェルサイユ :ヨーロッパにおけるライバル宮廷1550~1780
  • ウィーンとヴェルサイユ-ヨーロッパにおけるライバル宮廷 一五五〇~一七八〇 目次
  • 日本語版への序文 v
  • 第1部 序 3
  • 第1部 第1章 宮廷史研究の諸問題 4
  • 第1部 第1章 王室と行政府 4
  • 第1部 第1章 研究史上のバランスの是正 9
  • 第1部 第1章 競合する二つの王家 15
  • 第1部 第1章 本書について 22
  • 第1部 第2章 近世前夜の王室 25
  • 第1部 第2章 宮廷において繰り返される伝統と模倣 25
  • 第1部 第2章 宮廷の拡大と法令 31
  • 第1部 第2章 フランス 32
  • 第1部 第2章 一五〇〇年以前に「ハプスブルク宮廷」は存在したのか? 36
  • 第1部 第2章 二つの宮廷の構造と類似点 41
  • 第2部 廷臣たち 49
  • 第2部 第3章 宮廷の人数と費用 50
  • 第2部 第3章 『名簿』 50
  • 第2部 第3章 王室の周辺 52
  • 第2部 第3章 フランス宮廷の人数 57
  • 第2部 第3章 フランス宮廷の費用 70
  • 第2部 第3章 ウィーン宮廷の人数 76
  • 第2部 第3章 ウィーン宮廷の費用 90
  • 第2部 第3章 両宮廷費の比較 92
  • 第2部 第4章 地位と収入 97
  • 第2部 第4章 官廷で働く人々 97
  • 第2部 第4章 フランス宮廷のヒエラルキー 97
  • 第2部 第4章 ウィーン宮廷のヒエラルキー 112
  • 第2部 第4章 廷臣の収入 119
  • 第2部 第4章 膨張と縮小 133
  • 第3部 宮廷生活 143
  • 第3部 第5章 宮廷生活のカレンダー 144
  • 第3部 第5章 宮廷生活のサイクル 144
  • 第3部 第5章 フランス宮廷の典礼歴 148
  • 第3部 第5章 ウィーン典礼暦 154
  • 第3部 第5章 宮廷の所在地 157
  • 第3部 第5章 宮廷の巡歴 162
  • 第3部 第5章 フランス宮廷の日課 167
  • 第3部 第5章 ウィーン宮廷の日課 174
  • 第3部 第5章 親しみやすさから権力の誇示へ 178
  • 第3部 第5章 宮廷生活の公開性 199
  • 第3部 第6章 宮廷における儀式と地位 201
  • 第3部 第6章 儀式とは 201
  • 第3部 第6章 地位の誇示 204
  • 第3部 第6章 儀式のための組織 210
  • 第3部 第6章 宮廷における儀礼 219
  • 第3部 第6章 終わりなき追求 237
  • 第3部 第6章 理想と現実 244
  • 第4部 権力 247
  • 第4部 第7章 宮廷における権力のあり方 248
  • 第4部 第7章 宮廷における意思決定 248
  • 第4部 第7章 沈黙する君主 252
  • 第4部 第7章 君主との親密さと寵愛 262
  • 第4部 第7章 寵臣と宰相 272
  • 第4部 第7章 宮廷内の党派 279
  • 第4部 第7章 地位か、家門か-横の連帯と縦の忠誠 281
  • 第4部 第7章 大臣と廷臣 284
  • 第4部 第7章 国際的な側面 287
  • 第4部 第7章 権力エリートとしての廷臣 291
  • 第4部 第8章 国家の中心としての宮廷 295
  • 第4部 第8章 宮廷外との関係 295
  • 第4部 第8章 中央と地方 297
  • 第4部 第8章 フランス 297
  • 第4部 第8章 神聖ローマ帝国ならびにハプスブルク諸邦 309
  • 第4部 第8章 誘惑と操作 320
  • 第4部 第8章 文化の中心としての宮廷 330
  • 第4部 第8章 イメージの伝播 339
  • 第5部 結 347
  • 第5部 第9章 結論と展望 348
  • 第5部 第9章 序 348
  • 第5部 第9章 廷臣たち 349
  • 第5部 第9章 宮廷生活 358
  • 第5部 第9章 権力 363
  • 第5部 第9章 ウィーンとヴェルサイユ 368
  • 第5部 第9章 宮廷は一つの「モデル」となり得るのか? 372
  • 訳者あとがき 376
  • 図版出典一覧 37(382)
  • 参考文献 22(397)
  • 刊行史料 17(402)
  • 索引(I 人名索引/II 官職・組織名索引/III 地名・事項索引) 2(417)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで