サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日本企業の東南アジア進出のルーツと戦略 = Roots and Strategy of Japanese Companies in Southeast Asia : 戦前期南洋での国際経営と日本人移民の歴史

丹野勲 著

詳細情報

タイトル 日本企業の東南アジア進出のルーツと戦略 = Roots and Strategy of Japanese Companies in Southeast Asia : 戦前期南洋での国際経営と日本人移民の歴史
著者 丹野勲 著
著者標目 丹野, 勲, 1954-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社同文舘出版
出版年月日等 2017.4
大きさ、容量等 302p ; 22cm
注記 索引あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784495648619
価格 3500円
JP番号 22892081
トーハンMARC番号 33588151
別タイトル Roots and Strategy of Japanese Companies in Southeast Asia
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) 国際投資 (日本)--東南アジア--歴史--1868-1945
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC DE151
NDC(10版) 338.9223 : 金融.銀行.信託
NDC(9版) 338.9223 : 金融.銀行.信託
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 日本企業の東南アジア進出のルーツと戦略 = Roots and Strategy of Japanese Companies in Southeast Asia : 戦前期南洋での国際経営と日本人移民の歴史
  • 目次
  • はしがき (1)
  • 序章 日本の南洋進出の歴史的先駆-琉球の南洋貿易,朱印船貿易,南洋日本人町,「からゆきさん」と薬売行商- 1
  • 1. 琉球の南洋貿易 1
  • 2. 南洋との朱印船貿易 2
  • 3. 南洋の日本人町 3
  • 4. 明治維新直後の南洋での「からゆきさん」と薬売行商 3
  • 第1章 明治日本における海外移民,移住・殖民政策と南進論-南洋,南方アジアを中心として- 9
  • 第1章 はじめに 9
  • 第1章 第1節 明治の移民・殖民政策と海外移民 10
  • 第1章 第1節 1. 鎖国令の解除:渡航差許しの触達からの海外移民 10
  • 第1章 第1節 2. 明治元年の日本人のハワイ移民 10
  • 第1章 第1節 3. グアム島移民 11
  • 第1章 第1節 4. 仏領ニューカレドニア移民 11
  • 第1章 第1節 5. 英領フィージー島移民 12
  • 第1章 第1節 6. オーストラリアの真珠貝移民と砂糖キビ栽培移民 12
  • 第1章 第1節 7. 明治期の日本人の移民の推移 13
  • 第1章 第2節 移民会社の設立・発展と移民保護規制 14
  • 第1章 第2節 1. 移民保護規制と移民会社の設立 14
  • 第1章 第2節 2. 移民会社の成長と発展 15
  • 第1章 第2節 3. 海外興業株式会社 16
  • 第1章 第3節 明治期の移民・殖民思想と南進論 17
  • 第1章 第3節 1. 明治期の移民・殖民思想 17
  • 第1章 第3節 2. 榎本武揚と大隈重信 18
  • 第1章 第3節 3. 志賀重昂 19
  • 第1章 第3節 4. 田口卯吉 22
  • 第1章 第3節 5. 菅沼貞風 25
  • 第1章 第3節 6. 服部徹 28
  • 第1章 第3節 7. 樽井藤吉 30
  • 第1章 第3節 8. 竹越與三郎 32
  • 第1章 おわりに:明治の海外移民と南進論 36
  • 第2章 戦前期日本の南洋群島進出の歴史と戦略-南洋興発.南洋拓殖,南洋貿易を中心として- 47
  • 第2章 はじめに 47
  • 第2章 第1節 南洋群島の委任統治と南洋進出 47
  • 第2章 第1節 1. 日本の南洋統治と南洋庁の設立 47
  • 第2章 第1節 2. 日本の国際連盟による委託統治 49
  • 第2章 第1節 3. 南洋群島への日本の進出 50
  • 第2章 第2節 南洋興発株式会社 54
  • 第2章 第2節 1. 南洋開拓の前身諸会社 54
  • 第2章 第2節 2. 南洋興発株式会社の設立 56
  • 第2章 第2節 3. 南洋興発の関連会社の事業 67
  • 第2章 第2節 4. 国策開拓会社としての南洋興発 71
  • 第2章 第3節 南洋拓殖株式会社 72
  • 第2章 第4節 南洋貿易株式会社 74
  • 第2章 おわりに:日本の南洋群島への進出と経営 76
  • 第3章 明治から戦前昭和期までの日本のアジア,南洋への企業進出と直接投資-東南アジア,中国,満州,台湾を中心として- 87
  • 第3章 はじめに 87
  • 第3章 第1節 戦前日本の対外投資・直接投資 88
  • 第3章 第2節 日本の対中国(中華民国)投資 91
  • 第3章 第2節 1. 戦前日本の対中国(中華民国)投資に関する主要な先行研究 91
  • 第3章 第2節 2. 日本の対中国投資 92
  • 第3章 第3節 日本の対満州投資 94
  • 第3章 第3節 1. 戦前日本の対満州投資に関する主要な先行研究 94
  • 第3章 第3節 2. 日本の対満州投資 95
  • 第3章 第4節 日本の対台湾投資 98
  • 第3章 第4節 1. 戦前日本の対台湾投資に関する主要な先行研究 98
  • 第3章 第4節 2. 台湾の対外関係の概要と日本の投資 99
  • 第3章 第5節 戦前日本の南洋・南方への企業進出と直接投資 101
  • 第3章 第5節 1. 戦前日本の対南洋・南方投資に関する主要な先行研究 101
  • 第3章 第5節 2. 戦前の日本の南洋・南方への企業進出の概要と投資額 102
  • 第3章 第6節 農林業,水産業の南洋投資 105
  • 第3章 第6節 1. ゴム 105
  • 第3章 第6節 2. マニラ麻 108
  • 第3章 第6節 3. その他の栽培 110
  • 第3章 第7節 林業の南洋投資 113
  • 第3章 第8節 鉱業の南洋投資 114
  • 第3章 第8節 1. 鉄鉱石 114
  • 第3章 第8節 2. マンガン鉱業 116
  • 第3章 第8節 3. ニッケル鉱業 117
  • 第3章 第8節 4. 錫鉱業 117
  • 第3章 第9節 商業の南洋進出 117
  • 第3章 第10節 工業の南洋進出 118
  • 第3章 第11節 銀行の南洋投資 119
  • 第3章 第12節 海運の南洋投資 120
  • 第3章 おわりに:戦前日本企業の南方・南洋アジア進出の国際経営 120
  • 第4章 戦前期日本の南洋・南方への商業的進出と貿易 129
  • 第4章 はじめに:日本の南洋ブームと南洋移民 129
  • 第4章 第1節 南洋への商業的事業の進出 131
  • 第4章 第1節 1. 日露戦争後の南洋への進出 132
  • 第4章 第1節 2. 行商人の南洋への進出 132
  • 第4章 第1節 3. 南方の行商人:小川利八郎 134
  • 第4章 第1節 4. 第一次大戦後の南方への進出 135
  • 第4章 第1節 5. 昭和期の南方への商業進出 136
  • 第4章 第1節 6. 南洋協会の商業実習生制度 137
  • 第4章 第1節 7. 蘭領印度への商業進出 137
  • 第4章 第1節 8. 英領マレーへの商業進出 138
  • 第4章 第1節 9. フィリピンへの商業進出 139
  • 第4章 第1節 10. タイへの商業進出 140
  • 第4章 第1節 11. 仏領印度支那への商業進出 140
  • 第4章 第2節 戦前期の南方への貿易 141
  • 第4章 第2節 1. 日本と蘭領印度との貿易 142
  • 第4章 第2節 2. 日本と英領マレーとの貿易 143
  • 第4章 第2節 3. 日本とフィリピンとの貿易 144
  • 第4章 第2節 4. 日本と仏領印度支那との貿易 146
  • 第4章 第2節 5. 日本とタイとの貿易 147
  • 第4章 おわりに:戦前日本の南洋への商業的進出と貿易 148
  • 第5章 戦前期日本の南洋・南方へのゴム栽培,農業栽培林業,水産業進出の歴史と戦略 153
  • 第5章 はじめに 153
  • 第5章 第1節 日本企業の南方へのゴム栽培事業への進出 154
  • 第5章 第1節 1. 南方へのゴム栽培事業投資の概要 154
  • 第5章 第1節 2. 南亜公司株式会社の事例 159
  • 第5章 第1節 3. スマトラ興業株式会社の事例 160
  • 第5章 第1節 4. 野村東印度殖産株式会社の事例 163
  • 第5章 第1節 5. 昭和護謨株式会社の事例 165
  • 第5章 第1節 6. 日本産業護誤株式会社の事例 165
  • 第5章 第1節 7. マレー半島でのゴム栽培会社 166
  • 第5章 第1節 8. ボルネオ・スマトラ等でのゴム栽培会社 174
  • 第5章 第1節 9. 台湾でのゴム栽培会社 175
  • 第5章 第2節 日本企業の南方へのその他の栽培事業,林業への進出 176
  • 第5章 第2節 1. 栽培事業への進出 176
  • 第5章 第2節 2. 林業への進出 178
  • 第5章 第3節 南方への水産業への進出 182
  • 第5章 第3節 1. 南方への水産業への進出の概要 182
  • 第5章 第3節 2. 真珠貝漁業 183
  • 第5章 第3節 3. 南興水産株式会社の事例 183
  • 第5章 第3節 4. ボルネオ水産株式会社の事例 184
  • 第5章 第3節 5. 大昌公司の事例 185
  • 第5章 第3節 6. 日本真珠株式会社の事例 185
  • 第5章 おわりに:戦前日本の東南アジアへのゴム栽培、農業栽培、水産業進出の歴史と戦略 186
  • 第6章 戦前期日本企業のフィリピン進出とダバオへのマニラ麻事業進出の歴史と戦略 197
  • 第6章 はじめに 197
  • 第6章 第1節 フィリピン・ダバオのマニラ麻への進出 198
  • 第6章 第1節 1. ベンゲット移民 198
  • 第6章 第1節 2. ダバオの開柘 199
  • 第6章 第1節 3. 日本人移民の増加 200
  • 第6章 第1節 4. ダバオにおけるマニラ麻(アパカ)栽培 202
  • 第6章 第2節 太田興業株式会社 204
  • 第6章 第2節 1. 太田商会の設立と太田慕三郎 204
  • 第6章 第2節 2. 太田興業株式会社の設立とダバオでのマニラ麻栽培事業 205
  • 第6章 第2節 3. 太田興業の事業沿革と昭和初期の概況 205
  • 第6章 第3節 古川拓殖株式会社とその他の日系会社 207
  • 第6章 第3節 1. 古川拓殖株式会社 207
  • 第6章 第3節 2. ピソ農牧株式会社 208
  • 第6章 第3節 3. サウザンクロス拓殖株式会社 209
  • 第6章 第3節 4. バヤバス拓殖株式会社 209
  • 第6章 第3節 5. バト拓殖株式会社 209
  • 第6章 第3節 6. サウス・ミンダナオ興業株式会社 210
  • 第6章 第3節 7. マナンブラン興業株式会社 210
  • 第6章 第3節 8. 松岡興業株式会社 210
  • 第6章 第3節 9. サウザン・ダバオ興業株式会社 211
  • 第6章 第3節 10. ピンダサン拓殖株式会社 211
  • 第6章 第3節 11. ダバオ農商株式会社 211
  • 第6章 第3節 12. クゴン商事株式会社 212
  • 第6章 第3節 13. テイプンコ木材株式会社 212
  • 第6章 第3節 14. その他のダバオ日系企業 212
  • 第6章 第4節 フィリピンとの貿易と小売業・製造業の進出 215
  • 第6章 第4節 1. 日本とフィリピンの貿易と小売業の進出 215
  • 第6章 第4節 2. 日本のフィリピンへの工業部門への進出 216
  • 第6章 第4節 3. 戦間期の日本企業進出 219
  • 第6章 おわりに:戦前日本のフィリピン進出の歴史と戦略 220
  • 第7章 戦前期日本企業の南洋・南方への鉱物資源投資-石原産業を事例として- 231
  • 第7章 はじめに 231
  • 第7章 第1節 戦前日本企業の南洋での鉱物資源設資 231
  • 第7章 第1節 1. 日本鉱業株式会社 232
  • 第7章 第1節 2. 飯塚鉄鉱株式会社 233
  • 第7章 第1節 3. 南洋鉄鋼株式会社 233
  • 第7章 第1節 4. 三菱鉱業株式会社 233
  • 第7章 第1節 5. 日比鉱業株式会社 233
  • 第7章 第1節 6. 太洋鉱業株式会社 234
  • 第7章 第1節 7. ボルネオ石油株式会社 234
  • 第7章 第2節 石原産業と石原廣一郎 234
  • 第7章 第2節 1. 戦前の南方財閥石原産業 234
  • 第7章 第2節 2. 石原廣一郎の人となり 235
  • 第7章 第2節 3. 石原の南方鉱山開発の出発点:スリメダン鉄鋼鉱山の採掘事業 238
  • 第7章 第3節 石原産業グループの発展 240
  • 第7章 第3節 1. 南洋鉱業公司の誕生 240
  • 第7章 第3節 2. ケママン鉱山の開設 240
  • 第7章 第3節 3. 海運への進出 241
  • 第7章 第3節 4. 南洋倉庫への経営参加 241
  • 第7章 第3節 5. マレーのボーキサイト開発 242
  • 第7章 第4節 石原産業の南方事業の拡大 243
  • 第7章 第4節 1. フィリピンのパラカレ鉱山の開発 243
  • 第7章 第4節 2. 中国の海南島での鉱山開発 244
  • 第7章 第5節 石原産業の戦間期までの南方事業 245
  • 第7章 第5節 1. マレー半島 245
  • 第7章 第5節 2. フィリピン 247
  • 第7章 第5節 3. スマトラ 248
  • 第7章 第5節 4. ジャワ' 248
  • 第7章 第5節 5. ボルネオ 248
  • 第7章 第5節 6. 中国海南島 249
  • 第7章 おわりに:戦前の石原産業の南洋・南方進出 249
  • 終章 日本企業の南洋進出の歴史と国際経営 255
  • 終章 はじめに 255
  • 終章 第1節 明治から戦前昭和期までの日本企業の南洋進出の歴史と日本移民 256
  • 終章 第1節 1. 日本企業の南洋進出の歴史 256
  • 終章 第1節 2. 日本の移民・殖民と南洋=沖縄移民の重要性 258
  • 終章 第2節 南洋の国際経営環境-西欧植民地と委任統治地- 259
  • 終章 第2節 1. 西欧植民地としての東南アジア 259
  • 終章 第2節 2. 委任統治地としての南洋群島 261
  • 終章 第3節 思想の基盤としての南進論 261
  • 終章 第4節 南進の拠点としての台湾の重要性 265
  • 終章 第4節 1. 南進の拠点としての台湾 265
  • 終章 第4節 2. 台湾銀行の南洋での活動 266
  • 終章 第4節 3. 台湾拓殖株式会社の南洋での活動 268
  • 終章 第5節 日本の南洋関連団体と調査研究機関-南進の推進機関,情報機関- 269
  • 終章 第5節 1. 南洋協会 269
  • 終章 第5節 2. その他の南洋関連団体 270
  • 終章 第5節 3. 南洋の調査研究機関:南進の情報機関 271
  • 終章 第6節 南洋進出の国際経営戦略と現地経営 272
  • 終章 第6節 1. 南洋日系企業の出資形態:完全所有子会社と合弁会社 273
  • 終章 第6節 2. 南洋日系企業の性格・目的 273
  • 終章 第6節 3. 南洋日系企業と現地経営 275
  • 終章 第7節 南洋への日本の投資事業と戦略 277
  • 終章 第7節 1. ゴム,麻,砂糖キビ等の栽培事業への南洋進出 277
  • 終章 第7節 2. 天然資源開発への南洋進出 278
  • 終章 第7節 3. 拓殖会社の南洋進出 279
  • 終章 第7節 4. 商業・小売・サービス・貿易の南洋進出 280
  • 終章 第7節 5. 製造業の南洋進出 281
  • 終章 第7節 6. 水産,林業の南洋進出 282
  • 終章 第7節 7. 商社,金融,海運,倉庫の南洋進出 283
  • 終章 おわりに:戦前日本の南洋進出の評価と戦後の国際経営への継承・遺産 284
  • あとがき 293
  • 索引 297

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで