サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

近世潜伏宗教論 : キリシタンと隠し念仏

大橋幸泰 著

詳細情報

タイトル 近世潜伏宗教論 : キリシタンと隠し念仏
著者 大橋幸泰 著
著者標目 大橋, 幸泰, 1964-
シリーズ名 歴史科学叢書
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社校倉書房
出版年月日等 2017.2
大きさ、容量等 352p ; 22cm
注記 索引あり
ISBN 9784751747308
価格 9000円
JP番号 22860107
トーハンMARC番号 33566544
部分タイトル 近世日本の異端的宗教活動と近世人の属性 近世日本の秩序維持とキリシタン禁制 文政期京坂「切支丹」考 民間信仰から「切支丹」への転回 近世の秩序と「異宗」と「切支丹」 〈書評〉村井早苗著『キリシタン禁制の地域的展開』 村社会の宗教情勢と異端的宗教活動 潜伏キリシタンの信仰共同体と生活共同体 潜伏という宗教運動 〈書評〉川村信三著『キリシタン信徒組織の誕生と変容-「コンフラリヤ」から「こんふらりや」へ-』 異端的宗教活動と近世秩序 近世宗教の「邪正」 幕末期における異端的宗教活動の摘発 「邪」と「正」の間
出版年(W3CDTF) 2017
件名(キーワード) かくれ切支丹
件名(キーワード) 宗教政策--日本--歴史--江戸時代
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC HP123
NDC(9版) 198.221 : 各教派.教会史
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで