サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

世界の文豪の家

阿部公彦, 阿部賢一, 楯岡求美, 平山令二 監修

詳細情報

タイトル 世界の文豪の家
著者 阿部公彦, 阿部賢一, 楯岡求美, 平山令二 監修
著者標目 阿部, 公彦, 1966-
著者標目 阿部, 賢一
著者標目 楯岡, 求美, 1967-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社エクスナレッジ
出版年月日等 2016.8
大きさ、容量等 127p ; 24cm
ISBN 9784767821771
価格 1600円
JP番号 22785279
トーハンMARC番号 33489284
出版年(W3CDTF) 2016
件名(キーワード) 文学者--ヨーロッパ--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 文学者--アメリカ合衆国--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 住宅--ヨーロッパ--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 住宅--アメリカ合衆国--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KE153
NDC(9版) 902.8 : 文学史.文学思想史
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 世界の文豪の家
  • 世界の文豪の家 CONTENTS
  • Part 1 北米の文豪
  • Part 1 エドガー・アラン・ポーの家
  • Part 1 結核の妻を看取った木造のコテージ 6
  • Part 1 マーク・トウェインの家
  • Part 1 大豪邸で完成した『トム・ソーヤーの冒険』 8
  • Part 1 O・ヘンリーの家
  • Part 1 短編の名手は人生も波瀾万丈 12
  • Part 1 ローラ・インガルス・ワイルダーの家
  • Part 1 農場の2つの家で紡いだ開拓時代の物語 14
  • Part 1 L・M・モンゴメリの家
  • Part 1 赤毛のアンとモンゴメリ。ふたりの思い出が交錯する島 18
  • Part 1 アーネスト・ヘミングウェイの家
  • Part 1 大作をもたらしたカリブでの生活 22
  • Part 1 パール・S・バックの家
  • Part 1 アメリカ人女性として初めてのノーベル賞作家の故郷・中国 26
  • Part 1 マーガレット・ミッチェルの家
  • Part 1 けがの功名で生まれた『風とともに去りぬ』 28
  • Part 1 ジョン・スタインベックの家
  • Part 1 作家を夢見た故郷が名作の舞台に 30
  • Part 1 Column 《文豪が愛した宿》チェルシー・ホテル 32
  • Part 2 イギリスの文豪
  • Part 2 ウィリアム・シェイクスピアの家
  • Part 2 今も多くの人を魅了する天才劇作家の原点 34
  • Part 2 ジョン・ミルトンの家
  • Part 2 盲目の大詩人が口述による大作を実らせたコテージ 36
  • Part 2 ウィリアム・ワーズワースの家
  • Part 2 詩作にインスピレーションを与えた湖水地方の風景 38
  • Part 2 ジェーン・オースティンの家
  • Part 2 正体を隠しながら女性の日常を描き続ける 42
  • Part 2 チャールズ・ディケンズの家
  • Part 2 作家として花開き手に入れた幼少期の思い出の家 46
  • Part 2 ブロンテ姉妹の家(シャーロット、エミリー、アン)
  • Part 2 3姉妹が残した作品の舞台、ハワース 50
  • Part 2 ルイス・キャロルの家
  • Part 2 ひとりの少女との出会いが生んだ物語 54
  • Part 2 トーマス・ハーディの家
  • Part 2 自らが設計した家で故郷「ウェセックス」の物語を執筆 56
  • Part 2 アーテー・コナン・ドイルの家
  • Part 2 閑古鳥が鳴く開業医から人気小説家に転身 58
  • Part 2 W・B・イェイツの家
  • Part 2 晩婚の詩人が家族と暮らした15世紀の城塞 60
  • Part 2 ビアトリクス・ポターの家
  • Part 2 湖水地方の農場に絵本の世界が広がる 64
  • Part 2 ヴァージニア・ウルフの家
  • Part 2 文化人、そして芸術家が集った家 68
  • Part 2 ジェイムス・ジョイスの家
  • Part 2 各地を転々としながらも故郷を舞台にした名作を綴り続ける 70
  • Part 2 アガサ・クリスティの家
  • Part 2 河畔に立つ広大な別荘は幼少時代の憧れの邸宅 72
  • Part 2 ディラン・トマスの家
  • Part 2 入江を見渡す崖の上の書斎 76
  • Part 2 Columu 《文豪が眠る寺院》ウェストミンスター寺院 78
  • Part 3 フランスの文豪
  • Part 3 ヴィクトル・ユゴーの家
  • Part 3 亡命先で完成した大作『レ・ミゼラブル』 80
  • Part 3 マルセル・プルーストの家
  • Part 3 光と音を遮って創作活動に没頭 84
  • Part 3 ジャン・コクトーの家
  • Part 3 多彩な詩人の終の住処 86
  • Part 3 マルグリット・ユルスナールの家
  • Part 3 パートナーと過ごした異国の島の小さな家 88
  • Part 3 マルグリット・デュラスの家
  • Part 3 パリの住居とともに活動拠点となったセカンドハウス 90
  • Part 3 Columu 《文豪が愛したカフェ》パリのカフェ 92
  • Part 4 ドイツの文豪
  • Part 4 ゲーテの家
  • Part 4 創作と政務に没頭した地、ヴァイマル 94
  • Part 4 トーマス・マンの家
  • Part 4 故郷を舞台に市民生活と芸術の相克を描く 98
  • Part 4 ヘルマン・ヘッセの家
  • Part 4 風光明媚な湖を望む地で生涯の後半を過ごす 100
  • Part 4 Columu 《文豪が愛した街》ヴァイマル 102
  • Part 5 ロシアの文豪
  • Part 5 イワン・トゥルゲーネフの家
  • Part 5 『猟人日記』をもたらした幼き自の体験 104
  • Part 5 ドストエフスキーの家
  • Part 5 転居をくり返したサンクト・ペテルブルグでの日々 106
  • Part 5 レフ・トルストイの家
  • Part 5 相続した故郷の領地で地主や教育者としても活躍 108
  • Part 5 アントン・チェーホフの家
  • Part 5 病魔に侵されながらも名作を綴り続ける 110
  • Part 5 マクシム・ゴーリキーの家
  • Part 5 母国の文化向上を願いつつ迎えた最期 112
  • Part 5 Column 《文豪が描いた街》サンクト・ペテルブルグ 114
  • Part 6 北欧&イタリアの文豪
  • Part 6 ヘンリック・イプセンの家
  • Part 6 不遇の時代を経て大作家として母国に帰還 116
  • Part 6 セルマ・ラーゲルレーヴの家
  • Part 6 作家として成功し取り戻した思い出の地 118
  • Part 6 カレン・ブリクセンの家
  • Part 6 故郷のデンマークで振り返ったケニアでの18年 120
  • Part 6 ガブリエーレ・ダンヌンツィオの家
  • Part 6 自宅が円形劇場や軍艦もある巨大複合施設に 124

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで