サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

ハイバリアフィルムと高機能化技術

伊藤義文 著

詳細情報

タイトル ハイバリアフィルムと高機能化技術
著者 伊藤義文 著
著者標目 伊藤, 義文, 1947-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社情報機構
出版年月日等 2016.3
大きさ、容量等 228p ; 26cm
ISBN 9784865021073
価格 35000円
JP番号 22733672
出版年(W3CDTF) 2016
件名(キーワード) プラスチックフィルム
NDLC PA441
NDC(9版) 578.47 : 高分子化学工業
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • ハイバリアフィルムと高機能化技術
  • 目次
  • はじめに
  • 略語一覧表
  • 第1章 バリアフィルムの基礎
  • 第1章 1. 高分子フィルムのガスバリア性 7
  • 第1章 1. 1.1 ガス透過のメカニズム 7
  • 第1章 1. 1.1 1.1.1 高分子フィルムのガス透過 7
  • 第1章 1. 1.1 1.1.2 無機層のガス透過 8
  • 第1章 1. 1.1 1.1.3 無機物フィラー分散層のガス透過 9
  • 第1章 1. 1.2 ガス透過埋論 9
  • 第1章 1. 1.2 1.2.1 高分子フィルム 9
  • 第1章 1. 1.2 1.2.2 多層構造からなる積層系 12
  • 第1章 1. 1.2 1.2.3 有機/無機層からなる多層構造 12
  • 第1章 1. 1.2 1.2.4 無機分散構造 13
  • 第1章 1. 1.3 高分子構造とガスバリア性 13
  • 第1章 1. 1.3 1.3.1 高分子構造 13
  • 第1章 1. 1.3 1.3.2 パーマコール 17
  • 第1章 1. 1.4 各種フィルムのガスバリア性 20
  • 第1章 1. 1.4 1.4.1 高分子フィルム 20
  • 第1章 1. 1.4 1.4.2 蒸着フィルム 22
  • 第1章 2. バリアフィルムの慨要 22
  • 第1章 2. 2.1 バリアフィルムの分類 22
  • 第1章 2. 2.2 バリアフィルムの概要 23
  • 第1章 2. 2.2 2.2.1 PVDCフィルム 23
  • 第1章 2. 2.2 2.2.2 EVOHフィルム 25
  • 第1章 2. 2.2 2.2.3 PVAフィルム 28
  • 第1章 2. 2.3 表面改質によるバリア性付与 31
  • 第1章 2. 2.3 2.3.1 樹脂コーティングフィルム 31
  • 第1章 2. 2.3 2.3.2 蒸着フイルム、ボトル 33
  • 第1章 2. 2.3 2.3.3 多層化(共押出・ラミネート)フィルム 40
  • 第1章 2. 2.3 2.3.4 アクティブ酸素バリア 43
  • 第1章 3. バリア性評価方法 44
  • 第1章 3. 3.1 プラスチックの主な規格、試験法 45
  • 第1章 3. 3.2 ガス透過度測定 46
  • 第1章 3. 3.2 3.2.1 透湿度試験法 48
  • 第1章 3. 3.2 3.2.2 酸素ガス透過度測定 58
  • 第1章 3. 3.2 3.2.3 MOCON法ガスバリア試験装置 60
  • 第1章 3. 3.3 耐屈曲性測定 64
  • 第1章 3. 3.4 保香性測定 65
  • 第2章 バリア性を付与する薄膜作製法
  • 第2章 1. ドライコーティング 70
  • 第2章 1. 1.2 ドライコーティングの成膜モデル 70
  • 第2章 1. 1.2 真空蒸着 75
  • 第2章 1. 1.2 1.2.1 蒸着と真空 76
  • 第2章 1. 1.2 1.2.2 膜形成過程 77
  • 第2章 1. 1.2 1.2.3 蒸発源 83
  • 第2章 1. 1.2 1.2.4 排気システム 86
  • 第2章 1. 1.3 イオンプレーティング 87
  • 第2章 1. 1.3 1.3.1 イオン化粒子の役割 88
  • 第2章 1. 1.3 1.3.2 反応性イオンプレーティング 88
  • 第2章 1. 1.3 1.3.3 特徴 88
  • 第2章 1. 1.4 スパッタリング 89
  • 第2章 1. 1.4 1.4.1 スパッタリング法による成膜過程 89
  • 第2章 1. 1.4 1.4.2 反応性スパッタリング法 90
  • 第2章 1. 1.4 1.4.3 各種スパッタリング法 91
  • 第2章 1. 1.5 プラズマCVD 92
  • 第2章 1. 1.5 1.5.1 プラズマCVD装置と応用 93
  • 第2章 1. 1.5 1.5.2 プラズマCVD装置の構成 94
  • 第2章 1. 1.5 1.5.3 原子層制御CVD(ALD) 95
  • 第2章 2. 工業的ドライコーティング装置 97
  • 第2章 2. 2.1 巻取式真空蒸着装置 97
  • 第2章 2. 2.2 イオンプレーティング装置 103
  • 第2章 2. 2.3 巻取式スパッタリング装置 104
  • 第2章 2. 2.4 プラズマCVD装置 106
  • 第2章 2. 2.4 2.4.1 対向電極ロール式プラズマCVD装置 107
  • 第2章 2. 2.4 2.4.2 導波管式マイクロ波プラズマCVD装置 109
  • 第2章 3. ハイブリッドコーティング装置 112
  • 第2章 3. 3.1 エアー・ツー・エアー式積層コーティング装置 113
  • 第2章 3. 3.2 ロール・ツー・ロール式積層コーティング装置 116
  • 第2章 3. 3.2 3.2.1 東レエンジニアリングバリアフィルム製造装置 116
  • 第2章 3. 3.2 3.2.2 神戸製鋼の量産プラズマCVDロールコータ 118
  • 第3章 アルミ蒸着フィルム
  • 第3章 1. アルミ蒸着フィルムの種類 121
  • 第3章 1. 1.1 蒸着基材フィルムの必要条件 121
  • 第3章 1. 1.2 アルミ蒸着フィルムの種類 122
  • 第3章 2. アルミ蒸着フィルムの一般特性 125
  • 第3章 2. 2.1 膜厚 125
  • 第3章 2. 2.2 光沢性 126
  • 第3章 2. 2.3 光線遮断性 127
  • 第3章 2. 2.4 電磁波シールド性 128
  • 第3章 2. 2.5 基材フィルムとバリア性 128
  • 第3章 2. 2.6 蒸着膜厚とバリア性 130
  • 第3章 2. 2.7 真空度とバリア性 131
  • 第3章 2. 2.8 基板の温度とバリア性 132
  • 第3章 2. 2.9 ラミネートとバリア性 133
  • 第3章 2. 2.10 包装後のバリア性 134
  • 第3章 2. 2.11 蒸着フィルムのラミネート加工性 135
  • 第3章 3. アルミ蒸着フィルムの用途と構成 137
  • 第3章 3. 3.1 用途別構成 137
  • 第3章 3. 3.2 蒸着フィルム基材別構成例 138
  • 第3章 3. 3.3 アルミ蒸着フィルムメーカーの動向 143
  • 第3章 4. アルミ蒸着フィルムのハイブリッド積層化技術 143
  • 第3章 4. 4.1 ロール・ツー・ロール方式 144
  • 第3章 4. 4.2 エアー・ツー・エアー方式 146
  • 第4章 透明蒸着フィルム
  • 第4章 1. 透明蒸着フィルムの特徴 152
  • 第4章 1. 1.1 PVD加熱蒸着法-シリカ蒸着フィルム 153
  • 第4章 1. 1.2 PVD加熱蒸着法-アルミナ蒸着フィルム 154
  • 第4章 1. 1.3 PVD加熱蒸着法-シリカ/アルミナ二元蒸着法 155
  • 第4章 1. 1.4 CVD法-シリカ蒸着フィルム 159
  • 第4章 2. 透明蒸着フィルムの加工適性 162
  • 第4章 2. 2.1 取り扱い方法 162
  • 第4章 2. 2.2 印刷加工 162
  • 第4章 2. 2.3 ラミネート加工 163
  • 第4章 3. 透明蒸着フィルムの用途例 163
  • 第4章 3. 3.1 チューブ類 163
  • 第4章 3. 3.2 紙カートンボックス 164
  • 第4章 3. 3.3 乾燥食品 164
  • 第4章 3. 3.4 電子レンジ対応レトルト食品 165
  • 第4章 3. 3.5 電子材料包材 165
  • 第4章 3. 3.6 医療用途 166
  • 第4章 3. 3.7 半・生菓子 167
  • 第4章 4. 蒸着フィルムメーカーの動向 167
  • 第4章 4. 4.1. 凸版印刷 168
  • 第4章 4. 4.1. 4.1.1 PET系透明蒸着フィルム 168
  • 第4章 4. 4.1. 4.1.2 0NY系透明蒸着フィルム 169
  • 第4章 4. 4.2 東レフィルム加工 170
  • 第4章 4. 4.3 三菱樹脂 172
  • 第4章 4. 4.4 尾池パックマテリアル 174
  • 第4章 4. 4.5 東洋紡績 176
  • 第4章 4. 4.5 4.5.1 エコシアールVN[ナイロン基材] 176
  • 第4章 4. 4.5 4.5.2 エコシアールVE[PET基材] 177
  • 第4章 4. 4.6 大日本印刷 178
  • 第4章 4. 4.6 4.6.1 グレード 178
  • 第4章 4. 4.6 4.6.2 特徴 179
  • 第5章 エレクトロニクス向けハイバリアフィルム
  • 第5章 1. ハイブリッド積層化技術 182
  • 第5章 1. 1.1 電気電子分野での用途 182
  • 第5章 1. 1.2 ハイバリアフィルム 184
  • 第5章 1. 1.3 ハイブリッド積層化技術(1)/UHB 184
  • 第5章 1. 1.3 1.3.1 実験184
  • 第5章 1. 1.3 1.3.2 結果と考察 187
  • 第5章 1. 1.3 1.3.3 まとめ 191
  • 第5章 1. 1.4 ハイブリッド積層化技術(2)/BARIX 192
  • 第5章 1. 1.4 1.4.1 実験 192
  • 第5章 1. 1.4 1.4.2 結果と考察 193
  • 第5章 1. 1.4 1.4.3 まとめ 196
  • 第5章 2. 太陽電池 197
  • 第5章 2. 2.1 太陽電池の種類 197
  • 第5章 2. 2.2 太陽電池部材のバリア性レベル 198
  • 第5章 2. 2.3 太陽電池のバックシート用フィルム 199
  • 第5章 2. 2.3 2.3.1 結晶シリコン系太陽電池 200
  • 第5章 2. 2.3 2.3.2 有機太陽電池 201
  • 第5章 2. 2.4 各企業の取り組み状況 201
  • 第5章 2. 2.4 2.4.1 凸版印刷 201
  • 第5章 2. 2.4 2.4.2 大日本印刷 202
  • 第5章 2. 2.4 2.4.3 リンテック 202
  • 第5章 2. 2.4 2.4.4 三菱樹脂 203
  • 第5章 2. 2.4 2.4.5 東レ 203
  • 第5章 2. 2.4 2.4.6 帝人デュポン 203
  • 第5章 3. 液晶ディスプレイ 204
  • 第5章 3. 3.1 バリアフィルムを用いた液晶ディスプレイの構造 204
  • 第5章 3. 3.2 フレキシブル液晶ディスプレイに必要なガスバリア性 205
  • 第5章 3. 3.3 量子ドットディスプレイ 205
  • 第5章 3. 3.3 3.3.1 量子ドットの働き 205
  • 第5章 3. 3.3 3.3.2 電子ドット組込バックライトの実装方式 206
  • 第5章 3. 3.3 3.3.3 量子ドツトに使われるハイバリアフィルム 207
  • 第5章 4. 有機EL 207
  • 第5章 4. 4.1 有機ELの特徴 208
  • 第5章 4. 4.2 有機ELのフレキシブルデバイス 209
  • 第5章 4. 4.3 ディスプレイ用封止膜 210
  • 第5章 4. 4.3 4.3.1 Vitex Systemsの「Barix」技術 210
  • 第5章 4. 4.3 4.3.2 パイオニア 211
  • 第5章 4. 4.3 4.3.3 韓国LG 211
  • 第5章 4. 4.4 有機EL照明用ハイバリアフィルム 213
  • 第5章 4. 4.4 4.4.1 米国GE社UHB技術 213
  • 第5章 4. 4.4 4.4.2 コニカミノルタ 213
  • 第5章 4. 4.4 4.4.3 シンガポール・テラバリアフィルム 214
  • 第5章 4. 4.4 4.4.4 富士フィルム 216
  • 第5章 4. 4.4 4.4.5 独国POLO社 216
  • 第5章 5. おわりに 217
  • 第5章 5. 5.1 太陽電池や有機EL対応のハイバリアフィルム 217
  • 第5章 5. 5.2 ロール・ツー・ロールの問題点 217
  • 索引 221
  • 索引
  • [A]
  • ACTIS 37,38,66
  • ALD 95,96,97
  • ASTM 45,46,47,67
  • [B]
  • BACK-BARRIEA 203
  • Barix 192,193,194,195,196,210
  • BSシリーズ 201,202
  • [C]
  • Ca腐食法 57,185
  • CPP蒸着フィルム 122,123
  • CVD 36,37,38,69,71,73,74,75,89,92,93,94,95,97,106,107,108,109,110,116,118,119,152,153,158,159,160,178,184,185,187,188,191,211,213,215,217
  • [D]
  • DLCコーティング 37,38,39,66
  • dyad 192,194,195,213
  • [E]
  • EVOH 17,20,23,25,26,27,28,40,41,65,66,122,123,129,138,143
  • EVOH系共押出フィルム 40
  • EVOH蒸着フィルム 123
  • [F]
  • FM様式 77
  • [G]
  • GFLEX 211,212
  • GLフィルム 168,169,201
  • [H]
  • HEPTAX 40
  • [I]
  • ISO 45,46,47,49,54,56
  • I-V-L曲線 193,196
  • [J]
  • JIS 45,46,47,63,67
  • [K]
  • Kコートフィルム 31,34,35,151,163,168
  • [L]
  • LIPREAシリーズ 202
  • [M]
  • Mocon法 47,60
  • MOSフィルム 174,175
  • [O]
  • ONY系共押出フィルム 40
  • ONY蒸着フィルム 123
  • OPP蒸着フィルム 123,144
  • Ormocers 216
  • OTR 11,22,160,205
  • [P]
  • Permachor 17,18,19,20
  • PET蒸着フィルム 122,128
  • PE蒸着フィルム 122,123
  • PTP包装 166
  • PVA 16,17,20,28,29,30,31,32,35,41,65,154,162,172,173,174
  • PVAコーティング 31
  • PV-BSシリーズ 202
  • PVD 20,23,24,25,29,30,31,36,40,41,65,69,75,152,153,154,155,159,160,162,178,184,215
  • PVDC 20,23,24,25,29,30,31,40,41,65
  • PVDC系共押出フィルム 40
  • PVDCコーティング 31
  • [R]
  • RF高周波プラズマ 92
  • RF波 160
  • [S]
  • SiBARD 36
  • SiO2 73,74,100,104,106,107,153,156,157,158,159,160,200
  • SK様式 77
  • SP包装 166
  • [u]
  • UHB技術 213
  • [V]
  • VM-CPP 137,139,140,146,147
  • VM-LDPE 138,139
  • VM-ONY 142,143
  • VM-OPP 140,141
  • VM-PET 137,138,141,142,146
  • VM様式 77,79,131
  • [W]
  • WVTR 11,22,52,54,55,56,57,58,62,160,184,185,186,187,191,205,213,215
  • [X]
  • X線光子スペクトロ分析187,213
  • [あ]
  • 青色LED 205,206,207
  • アクティブ酸素バリア 43
  • アクリル酸系樹脂 32
  • アクリルモノマー 192,210
  • 圧力センサー法 48
  • 圧力法 46,47
  • アルミ蒸着フィルム 8,22,33,34,71,79,81,82,113,121,122,124,125,127,128,129,135,137,143,146,151,158,162,165
  • アルミナ 23,34,35,85,95,96,100,103,151,154,155,156,157,158,160,162,168,169,170,172,175,176,177,178,184,192,210,217
  • アルミナ蒸着 34,35,103,151,154,155,160,162,168,169,175,178
  • アルミ箔 8,33,34,41,42,123,124,126,133,134,138,147,151,163,164,165,166,172,173,174,178,179,200,201,202,203
  • アルミ膜厚 115,125,126,128,130
  • [い]
  • イオンプレーティング 69,71,73,74,75,87,88,103,104,121,152,184
  • インターフェイス 159,160
  • [う]
  • ウェットコーティング 69,184,217
  • 薄膜 38,69,70,71,72,73,74,75,77,78,79,80,81,83,86,87,88,89,90,91,92,95,97,104,106,107,112,116,120,122,124,125,127,131,132,135,150,152,154,156,157,159,160,170,172,182,184,187,192,193,195,196,197,198,201,203,204,208,209,210,213
  • 薄膜カプセリング 210
  • 薄膜シリコン 198
  • 薄膜密度 157
  • [え]
  • エアー・ツー・エアー 97,112,113,115,116,143,146,217,218
  • 液晶ディスプレイ 204,205,218
  • 液体食品 27,30,138
  • 液体洗剤 138
  • エコシアール 176,177,178
  • エチレン・ビニールアルコール共重合体 17
  • エバール 25,26
  • 延伸 14,23,25,27,28,29,32,40,102,178
  • エンプラーOV 29,30
  • [お]
  • 応力緩和 116,117,214
  • オキシガード 43
  • オキシブロック 44
  • 押出ラミネーション 41,42,122
  • オメガトロン 49
  • オンエッジ方式 206,207
  • [か]
  • 化学気相成長法 69,92
  • 化学蒸着(CVD)法 152
  • 拡散係数 10,11,12
  • 化合物系の太陽電池 197
  • ガスクロマトグラフ 47,59
  • ガスクロマトグラフ質量分析器 47
  • ガス透過 7,8,9,11,12,13,14,15,16,17,18,20,21,32,44,46,47,48,49,50,51,58,59,60,61,63,65,67,81,82,129,144,215
  • ガス透過性 14,15,48,81
  • ガスの移動速度 9,10
  • カソードセパレータ 193,195,196,210,211
  • 加速寿命試験 193
  • 活性拡散 7,8
  • カップ法 47,55,56,67
  • 加熱蒸着 152,153,154,155,156,184
  • 加熱ボート式蒸発源 99
  • 紙カートンボックス 164
  • ガラス転移点 15
  • カルシウム腐食法 48,56
  • 還元鉄 43
  • 乾式法 69
  • 感湿センサー 47,52,54
  • 感湿センサー法 52,54
  • 乾燥食品 27,31,41,164,176
  • [き]
  • 気化源 70
  • 基材フィルム 13,41,42,64,116,121,122,126,128,129,131,132,144,154,160,162,170,172,176,177,215
  • 基板 8,69,70,71,72,73,75,76,77,78,79,80,83,86,87,88,90,91,92,94,95,97,103,104,106,107,109,110,112,131,132,133,152,156,159,181,182,183,184,188,191,195,197,204,205,209,211,212,213,214,217
  • 基板の温度 71,92,132
  • キャピラリーフロー 8
  • 共押出フィルム 25,31,40
  • 凝集エネルギー密度 13,15,16,17
  • 金属探知器適性 161
  • [く]
  • 空隙 7,8,13,82,90
  • クーロメトリック 47,59,60
  • クーロメトリックセンサー 59,60
  • 屈曲性 32,45,64,137,160,161,162,172,175,179,216
  • クライオポンプ 87,192
  • クラスタを形成 78
  • グラファイト 85,99,100,115
  • グラファイトるつぼ 99,100,115
  • クレイ 13,32
  • クレハロンML 40
  • [け]
  • 傾斜組成膜 213
  • ケイフレックス 24
  • 結晶化度 13,14
  • 結晶シリコン 182,197,198,200,203
  • 結晶シリコン系太陽電池 200,203
  • ゲルボー試験 64,65
  • ゲルポフレックス試験 134,135,160
  • 原子間ネットワーク 153,155
  • 原子層堆積 95
  • [こ]
  • 光学発光スペクトラ 189
  • 高周波スパッタリング 91
  • 高周波誘導加熱 85,115,154
  • 高周波誘導コイル 99
  • 光線遮断性 33,127,130,137
  • 光沢性 126
  • 光透過率法 56
  • 高分子型有機EL 208
  • コーティング 8,23,31,32,33,34,35,36,37,38,39,60,66,69,70,74,75,97,112,113,116,123,124,135,144,146,152,183,184,185,187,188,189,190,191,192,193,195,196,202,203,210,213,215,217
  • 黒点 193,194
  • 五酸化二リンセンサー 47,60
  • [さ]
  • 差圧法 46,48,51
  • サラン 24
  • 酸化シリコン 187,188,211,213
  • 酸素ガスの透過度 11
  • 酸素吸収材 43
  • 残留平均応力 80,81
  • [し]
  • 色素増感 197,198
  • シグマーラボラトリー社 144
  • 嗜好食品 138
  • 湿式法 69
  • 蒸着紙 124
  • 蒸着フィルム 8,12,13,22,33,34,35,36,71,79,81,82,103,113,121,122,123,124,125,126,127,128,129,130,133,134,135,136,137,138,143,144,145,146,151,152,153,154,155,157,158,159,160,161,162,163,164,165,166,167,168,169,174,175,176,177,178,179,201,203
  • 蒸着膜厚 33,101,125,126,127,128,130,131
  • 蒸発 41,69,70,73,75,76,78,79,83,84,85,86,87,88,97,98,99,100,101,103,104,107,115,116,121,131,132,144,152,153,154,156,184,192,210
  • 蒸発源 75,76,78,83,84,85,86,87,97,99,100,132,152,153,154,156
  • シラン 108,109,110,111,159,187,213
  • シリカコーティングPETボトル 36
  • シリカ蒸着 27,35,151,153,159,160,164,168,172,174,175,178,203
  • シリコン系 109,197,198,200,201,203
  • シロキサン 73,106,119,159
  • 真空薄膜製造装置 70
  • 真空蒸着 33,34,69,70,71,72,74,75,76,87,88,97,98,99,100,101,102,103,112,113,114,120,121,132,143,144,146,201,207
  • 真空蒸着法 69,71
  • 真空度 50,86,98,102,110,113,121,124,128,131,132,192
  • 真空ポンプ 48,70,86,98,113
  • [す]
  • 水蒸気の透湿度 11
  • 水冷式銅るつぼ 100
  • スーパーニール 40
  • スーパーバリアフィルム 216,219
  • スナック食品 137,146,148
  • スパッタリング 69,72,75,87,89,90,91,92,97,104,105,106,109,112,116,152,153,184,192,210
  • [せ]
  • セービックス 2
  • 赤外センサー 47,53,60
  • 赤外センサー法 47,53
  • 積層回数 192,194,195
  • セネシーXOP 32
  • セロファン 17,23,31
  • 遷移領域 188
  • [た]
  • ターゲット 89,90,91,104,105,106,184
  • ターボ分子ポンプ 50,87,192
  • 大気圧イオン化質量分析器 47
  • 大気イオン質量分析計 54
  • 耐屈曲性測定 64
  • 対向電極ロール 107
  • 耐熱PETフィルム 200
  • 太陽電池 44,64,109,173,181,182,197,198,199,200,201,202,203,217,218
  • 多孔質フィルム 7
  • 多層構造 12,43
  • ダム構造 212
  • 単結晶シリコン 182,197
  • [ち]
  • 逐次二軸延伸 29
  • 窒化酸化シリコン 211
  • 窒化シリコン 187,211,213
  • 窒化シリコン膜 211
  • 超ハイバリア材料 181
  • 超ハイバリア(UHB)膜 184,213
  • [つ]
  • 使捨カイロ 166
  • [て]
  • 抵抗加熱 83,99,100,156
  • 低分子型有機EL 208
  • テックバリア 172,173,174,203
  • テドラーPVFフィルム 201
  • デルタパーム 50,51
  • 電解センサー法 58,59
  • 電気抵抗 56,80,126
  • 電子材料包材 165
  • 電磁波シールド性 128
  • 電子ビーム加熱 85,86
  • 電子ビーム蒸発源 100
  • 電子レンジ 24,34,128,152,161,162,163,165,172,174
  • [と]
  • 等圧法 46,47,52,58,59,60
  • 透過係数 11,12,13
  • 透過電子顕微鏡 190
  • 到達真空度 86
  • 導波管式マイクロ波プラズマCVD 109
  • 透明薄膜バリアカプセル 192
  • 透明蒸着PETフィルム 168,200
  • 透明蒸着フィルム 22,34,35,36,103,151,152,155,161,162,163,164,165,166,167,168,169,174,175,176,177,178,179,201
  • ドライコーティング 69,70,74,75,97,112,184,217
  • ドライラミネーション 41,42,122,123
  • トリメチルアルミニウム 95
  • [な]
  • ナイロン 17,25,34,40,44,102,123,136,152,168,169,176,178
  • ナノコンポジット系樹脂コーティング 32
  • [に]
  • 二元蒸着 35,155,156,157,158,176
  • 二元蒸着法 155
  • 二軸延伸 23,25,29,178
  • 入浴剤 166
  • [ね]
  • 熱振動 7,11,16
  • [は]
  • ハーデンフィルムMX 40
  • パーマコール 17
  • 配向度 14,15
  • ハイバリアVM-CPP 146,147
  • ハイバリアVM-LLDPE 148,149
  • ハイバリアフィルム 116,162,181,183,184,207,213,214,217,218
  • ハイブリッド構造 184,191,213
  • ハイブリッドコーティング装置 112
  • バックシート 173,182,199,200,201,202,203
  • 発光素子 192,193,194,196,210
  • 発光面積 193,195
  • 歯磨き粉用チューブ 163
  • バリアロックス 170
  • バリアロン-S 40
  • 半・生菓子 167
  • 反応スパッタリング 90,192,210
  • [ひ]
  • ピアス式電子銃 100,102
  • 飛行 70,75,76,89
  • 非多孔質フィルム 7
  • 表面拡散 78,87
  • 表面実装方式 207
  • ピンホール8,12,13,22,32,33,65,81,82,99,121,123,129,130,135,143,145,146,148,176,209,215,217
  • [ふ]
  • 封止樹脂 200
  • フッ素系フィルム 200
  • 物理気相成長法 69
  • 物理蒸着(PVD)法 152
  • プラズマCVD 38,69,74,75,92,93,94,106,107,108,109,110,116,118,119,153,159,178,184,185,188,211,213,217
  • プラズマCVD(PE-CVD) 159
  • プラズマCVD法 74,92,106,107,178,184,211,213
  • プラズマCVDロールコータ 118
  • フリーボリューム 13,14,15,17,18
  • プレーナマグネトロン方式 106
  • [へ]
  • ペアフレックス 40
  • ヘキサメチルジシロキサン 73,106,119
  • ベセーラ 32
  • 偏向するシステム 101
  • [ほ]
  • 包装後のバリア性 134
  • 包装・装飾用真空蒸着機 102
  • 保香性測定 65
  • ボトムエミッションタイプ 214
  • ボニールSPY 40
  • ボブロン 29,30
  • ポリアクリロニトリル 16
  • ポリイミド基板 211
  • ポリエチレン 16,102,124,137,175
  • ポリビニールアルコール 17,31
  • [ま]
  • マイクロ波 36,37,92,106,109,110,111,128,160
  • 巻取式真空蒸着機 33,99,100,101,121,143,144
  • 巻取式スパッタリング装置 104,105,106
  • 巻取真空蒸着装置 97
  • 膜形成 75,77,78,88,89,97,107,108,119
  • マグネトロンスパッタリング 91,92
  • [み]
  • ミクロブラウン運動 11,15
  • 密度 13,15,16,17,56,58,74,79,91,104,125,131,132,138,155,157,186,209
  • [む]
  • 無機物フィラー 9
  • 無機・有機ハイブリッド構造 184
  • 無機・有機ハイブリッドコーティング 183
  • 無溶剤ラミネーション 42
  • [め]
  • 迷路効果 9,32
  • メタプラスト社 144
  • 面積法 57
  • [も]
  • モンモリロナイト 9,32
  • [ゆ]
  • 有機EL 44,64,95,96,116,120,181,182,183,205,207,208,209,210,211,212,213,214,217
  • 有機EL照明用バリアフィルム 213
  • 有機薄膜 198,203,208
  • 有機エレクトロルミネッセンス 207
  • 有機系酸素吸収剤 44
  • 有機系太陽電池 198
  • 有機シリコン 109,187,213,217
  • 有機太陽電池 201
  • 油拡散ポンプ 87,98
  • [よ]
  • 溶解過程 7
  • 溶解度係数 10,11,12
  • 容積法 46,47,51
  • 四フッ化エチレン-エチレン共重合体 202
  • [ら]
  • ラミネート8,12,23,24,27,32,40,41,42,116,121,122,123,133,134,135,136,137,144,148,150,155,157,158,162,163,169,171,172,173,174,175,176,177,178,201,212
  • ラミネート加工性 135
  • ラミネートフィルム 41,171
  • [り]
  • 量子ドット 116,205,206,207
  • [る]
  • るつぼ 73,85,99,100,103,104,115,132
  • [れ]
  • 冷菓 138
  • 冷却剤 166
  • 冷凍食品 127,137,138,139,148
  • レトルト耐性 161
  • レトルト食品 32,41,165,176
  • 連続式真空蒸着装置 97,113
  • 連続真空シール装置 113
  • 連続真空蒸着 34,114
  • 連続ワイヤ供給 99
  • [ろ]
  • ロール・ツー・ロール 97,104,106,107,112,113,115,116,117,143,144,198,204,213,216,217

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで