サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

ヨーグルトの事典

齋藤忠夫, 伊藤裕之, 岩附慧二, 吉岡俊満 編

詳細情報

タイトル ヨーグルトの事典
著者 齋藤忠夫, 伊藤裕之, 岩附慧二, 吉岡俊満 編
著者標目 齋藤, 忠夫, 1952-
著者標目 伊藤, 裕之, 1956-
著者標目 岩附, 慧二, 1947-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 2016.4
大きさ、容量等 416,7p ; 27cm
注記 索引あり
ISBN 9784254431186
価格 15000円
JP番号 22722966
トーハンMARC番号 33434258
出版年(W3CDTF) 2016
件名(キーワード) ヨーグルト--便覧
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC PC2
NDLC PC71
NDC(9版) 648.18 : 畜産製造.畜産物
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • ヨーグルトの事典
  • 目次
  • 1. ヨーグルトの歴史と種類
  • 1. 1.1 世界の発酵乳 [中尾治彦,小松恵徳,内田修平] 1
  • 1. 1.1 1.1.1 発酵乳の歴史 1
  • 1. 1.1 1.1.1 a. 乳の利用の起源 1
  • 1. 1.1 1.1.1 b. 発酵乳の起源と乳加工技術の拡がり 1
  • 1. 1.1 1.1.1 c. 食糧としての発酵乳の意義 2
  • 1. 1.1 1.1.2 伝統的発酵乳の種類と加工 3
  • 1. 1.1 1.1.2 a. 乳の種類とスターターによる違い 3
  • 1. 1.1 1.1.2 b. 発酵およびその前後の加工 5
  • 1. 1.1 1.1.3 世界各地の伝統的発酵乳 7
  • 1. 1.1 1.1.3 a. アジアの伝統的発酵乳 7
  • 1. 1.1 1.1.3 b. ヨーロッパの伝統的発酵乳 13
  • 1. 1.1 1.1.3 c. アフリカの伝統的発酵乳 16
  • 1. 1.1 1.1.4 ヨーグルトの普及と発展 18
  • 1. 1.1 1.1.4 a. 生産流通技術の進展 18
  • 1. 1.1 1.1.4 b. ヨーグルトの普及と製品の拡大 19
  • 1. 1.1 1.1.4 c. 世界のヨーグルトの現況 21
  • 1. 1.1 1.1.4 d. ヨーグルトの普及の理由 22
  • 1. 1.1 1.1.5 発酵乳乳酸菌飲料の歴史と種類 23
  • 1. 1.1 1.1.5 a. 伝統的なアルコール発酵乳飲料 23
  • 1. 1.1 1.1.5 b. 近代的な発酵乳飲料 24
  • 1. 1.1 1.1.6 世界における発酵乳の定義 25
  • 1. 1.1 1.1.6 a. コーデックス 25
  • 1. 1.1 1.1.6 b. 世界各国における発酵乳製品の定義 27
  • 1. 1.2 日本のヨーグルト [松本有紀子] 32
  • 1. 1.2 1.2.1 日本のヨーグルトの変遷 32
  • 1. 1.2 1.2.1 a. 日本で最初のヨーグルト 32
  • 1. 1.2 1.2.1 b. 近代のヨーグルトとその変遷 32
  • 1. 1.2 1.2.1 c. 本場のヨーグルトの誕生 33
  • 1. 1.2 1.2.1 d. ヨーグルトの製造工程 33
  • 1. 1.2 1.2.1 e. 容器の変遷 34
  • 1. 1.2 1.2.2 日本のヨーグルトの定義 35
  • 1. 1.2 1.2.2 a. 日本の発酵乳規格 35
  • 1. 1.2 1.2.2 b. ヨーグルトや乳酸菌飲料にかかわる法律と規約 36
  • 1. 1.2 1.2.2 c. コーデックス規格と国内法の関係 40
  • 1. 1.2 1.2.3 ヨーグルトの種類と市場動向 40
  • 1. 1.2 1.2.3 a. ヨーグルトの種類とそれぞれの特徴 40
  • 1. 1.2 1.2.3 b. 市場規模および市場動向 43
  • 1. 1.2 1.2.4 日本のヨーグルトの特徴 47
  • 1. 1.2 1.2.4 a. 世界と日本の市場比較 47
  • 1. 1.2 1.2.4 b. 特定保健用食品と機能性表示食品 48
  • 1. 1.2 1.2.4 c. これからの市場動向 49
  • 2. ヨーグルトの基礎科学
  • 2. 2.1 乳成分の種類と特性 52
  • 2. 2.1 2.1.1 タンパク質 [今井宏] 54
  • 2. 2.1 2.1.1 a. カゼイン 54
  • 2. 2.1 2.1.1 b. ホエイタンパク質 59
  • 2. 2.1 2.1.2 糖質 [勝野眞也] 62
  • 2. 2.1 2.1.2 a. 糖質の分類 62
  • 2. 2.1 2.1.2 b. 乳糖の化学構造,性質,およびその利用 62
  • 2. 2.1 2.1.3 脂質 [勝野眞也] 63
  • 2. 2.1 2.1.3 a. 脂質の分類 63
  • 2. 2.1 2.1.3 b. 乳脂質の組成 63
  • 2. 2.1 2.1.3 c. トリアシルグリセロール 64
  • 2. 2.1 2.1.3 d. 脂肪酸 64
  • 2. 2.1 2.1.3 e. 脂肪酸組成 65
  • 2. 2.1 2.1.3 f. 脂肪酸の位置特異性 65
  • 2. 2.1 2.1.3 g. 牛乳に含まれる脂質の存在形態 65
  • 2. 2.1 2.1.3 h. 脂肪球膜 65
  • 2. 2.1 2.1.4 ミネラルおよびビタミン [勝野眞也] 66
  • 2. 2.1 2.1.4 a. カルシウムおよびリンの存在形態 66
  • 2. 2.1 2.1.4 b. その他のミネラルの存在形態 66
  • 2. 2.1 2.1.4 c. 脂溶性ビタミンの存在形態 66
  • 2. 2.1 2.1.4 d. 水溶性ビタミンの存在形態 66
  • 2. 2.2 牛乳・乳製品の栄養生理機能 [加藤健・森田如一] 67
  • 2. 2.2 2.2.1 牛乳の栄養生理機能 67
  • 2. 2.2 2.2.1 a. タンパク質 67
  • 2. 2.2 2.2.1 b. 脂肪 68
  • 2. 2.2 2.2.1 c. 炭水化物 68
  • 2. 2.2 2.2.1 d. ミネラル 69
  • 2. 2.2 2.2.1 e. ビタミン 69
  • 2. 2.2 2.2.2 バターの栄養生理機能 69
  • 2. 2.2 2.2.3 チーズの栄養生理機能 69
  • 2. 2.2 2.2.3 a. タンパク質 70
  • 2. 2.2 2.2.3 b. 脂肪 70
  • 2. 2.2 2.2.3 c. 炭水化物 70
  • 2. 2.2 2.2.3 d. ミネラル 70
  • 2. 2.2 2.2.3 e. ビタミン 70
  • 2. 2.2 2.2.4 ヨーグルトの栄養生理機能 70
  • 2. 2.2 2.2.5 牛乳・乳製品の効果効能 71
  • 2. 2.2 2.2.5 a. 骨粗鬆症 71
  • 2. 2.2 2.2.5 b. メタボリックシンドローム 72
  • 2. 2.3 ヨーグルトの栄養学的特性 [上西寛司・新井利信] 72
  • 2. 2.3 2.3.1 ヨーグルトの栄養組成 73
  • 2. 2.3 2.3.2 タンパク質 73
  • 2. 2.3 2.3.3 脂質 73
  • 2. 2.3 2.3.4 炭水化物(乳糖) 77
  • 2. 2.3 2.3.5 乳酸 77
  • 2. 2.3 2.3.6 ビタミン 77
  • 2. 2.3 2.3.7 ミネラル 77
  • 2. 2.3 2.3.8 乳酸菌とその菌体成分 78
  • 2. 2.3 2.3.9 乳酸菌の代謝産物 78
  • 2. 2.4 ヨーグルトの組織(テクスチャーと物性等) [武藤高明・砂守このみ] 79
  • 2. 2.4 2.4.1 ヨーグルトの組織・テクスチャーの評価方法 80
  • 2. 2.4 2.4.1 a. 物理的特性 80
  • 2. 2.4 2.4.1 b. 微細構造 81
  • 2. 2.4 2.4.2 ヨーグルトの組織・テクスチャーに影響を及ぼす因子 83
  • 2. 2.4 2.4.2 a. 原材料の影響 83
  • 2. 2.4 2.4.2 b. 製造工程の影響 84
  • 2. 2.5 ヨーグルトのおいしさ [畑本二美・山田理沙] 87
  • 2. 2.5 2.5.1 おいしさに関与する香気成分 88
  • 2. 2.5 2.5.2 乳の種類とおいしさ 89
  • 2. 2.5 2.5.3 タンパク質とおいしさ 89
  • 2. 2.5 2.5.4 脂肪とおいしさ 91
  • 2. 2.5 2.5.5 安定剤とおいしさ 91
  • 2. 2.5 2.5.6 フレーバーとおいしさ 91
  • 2. 2.5 2.5.7 保存とおいしさ 92
  • 2. 2.5 2.5.8 容器包装とおいしさ 93
  • 2. 2.5 2.5.9 情報とおいしさ 93
  • 2. 2.5 2.5.10 おいしさの予測 94
  • 3. ヨーグルトの製造
  • 3. 3.1 ヨーグルトの製造工程 96
  • 3. 3.1 3.1.1 ヨーグルトの種類と基本的な製造工程 96
  • 3. 3.1 3.1.1 a. ヨーグルトの種類 [宮地一裕] 96
  • 3. 3.1 3.1.1 b. 基本的な製造工程 [井上肇] 99
  • 3. 3.1 3.1.2 静置型ヨーグルト [藤田裕] 107
  • 3. 3.1 3.1.2 a. 充填 107
  • 3. 3.1 3.1.2 b. 発酵 108
  • 3. 3.1 3.1.2 c. 発酵温度 108
  • 3. 3.1 3.1.2 d. 発酵時間 108
  • 3. 3.1 3.1.2 e. 冷却 109
  • 3. 3.1 3.1.3 擾絆型ヨーグルト [藤田裕] 109
  • 3. 3.1 3.1.3 a. 発酵 109
  • 3. 3.1 3.1.3 b. 冷却 110
  • 3. 3.1 3.1.3 c. 冷却機 110
  • 3. 3.1 3.1.3 d. ポンプ 111
  • 3. 3.1 3.1.3 e. スムージング 112
  • 3. 3.1 3.1.3 f. フルーツ混合 112
  • 3. 3.1 3.1.3 g. 充填 113
  • 3. 3.1 3.1.4 液状ヨーグルト [中野正理] 113
  • 3. 3.1 3.1.4 a. 特徴 113
  • 3. 3.1 3.1.4 b. 製造技術 114
  • 3. 3.1 3.1.5 乳製品乳酸菌飲料 [中野正理] 118
  • 3. 3.1 3.1.5 a. 特徴 118
  • 3. 3.1 3.1.5 b. 製造技術 119
  • 3. 3.1 3.1.6 フローズンヨーグルト [宮地一裕] 121
  • 3. 3.2 ヨーグルトに使用される原料 [丸山広志] 123
  • 3. 3.2 3.2.1 原料乳 124
  • 3. 3.2 3.2.1 a. 原料乳の品質 125
  • 3. 3.2 3.2.2 原料乳から派生する多くの乳原料 126
  • 3. 3.2 3.2.2 a. 粉乳・濃縮乳 126
  • 3. 3.2 3.2.2 b. 脂肪調整原料 127
  • 3. 3.2 3.2.2 c. 乳タンパク濃縮原料 128
  • 3. 3.2 3.2.3 甘味料 129
  • 3. 3.2 3.2.3 a. 糖質系甘味料 129
  • 3. 3.2 3.2.3 b. 非糖質系甘味料 131
  • 3. 3.2 3.2.4 増粘剤・安定剤 131
  • 3. 3.2 3.2.4 a. 寒天 132
  • 3. 3.2 3.2.4 b. ゼラチン 132
  • 3. 3.2 3.2.4 c. 酸乳安定剤 133
  • 3. 3.2 3.2.4 d. その他の多糖類 134
  • 3. 3.2 3.2.4 e. でんぷん・加工でんぷん 134
  • 3. 3.2 3.2.5 香料 135
  • 3. 3.2 3.2.6 着色料 135
  • 3. 3.2 3.2.7 酸味料 135
  • 3. 3.2 3.2.8 保存料 135
  • 3. 3.2 3.2.9 フルーツプレザーブ 136
  • 3. 3.2 3.2.9 a. 果実・果汁 136
  • 3. 3.2 3.2.9 b. 増粘・安定剤 136
  • 3. 3.2 3.2.9 c. その他の添加物 136
  • 3. 3.3 スターターカルチャー [佐竹 彩] 138
  • 3. 3.3 3.3.1 スターターカルチャーとは 138
  • 3. 3.3 3.3.2 スターターカルチャーの歴史 138
  • 3. 3.3 3.3.3 ダイレクトカルチャー 139
  • 3. 3.3 3.3.4 コマーシャルカルチャーの変遷 139
  • 3. 3.3 3.3.5 コマーシャルカルチャーの選定 140
  • 3. 3.3 3.3.6 プロバイオティックカルチャー 141
  • 3. 3.3 3.3.7 EPS 142
  • 3. 3.3 3.3.8 スターターカルチャー開発 144
  • 3. 3.3 3.3.8 a. 新株分離 144
  • 3. 3.3 3.3.8 b. 菌株スクリーニング 144
  • 3. 3.3 3.3.8 c. 発酵性試験,物性・官能特性評価 145
  • 3. 3.3 3.3.9 コマーシャルカルチャー製造法 146
  • 3. 3.4 ヨーグルトの容器包装 [森 哲志] 147
  • 3. 3.4 3.4.1 容器包装に関連する法規 148
  • 3. 3.4 3.4.1 a. 安全を守るための法規 148
  • 3. 3.4 3.4.1 b. 容器包装リサイクル法 148
  • 3. 3.4 3.4.1 c. 乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令) 150
  • 3. 3.4 3.4.2 容器包装に使用される原材料 152
  • 3. 3.4 3.4.2 a. ガラス 152
  • 3. 3.4 3.4.2 b. 紙 152
  • 3. 3.4 3.4.2 c. 金属 152
  • 3. 3.4 3.4.2 d. プラスチック 153
  • 3. 3.4 3.4.3 ヨーグルトに使用されている代表的な容器 158
  • 3. 3.4 3.4.3 a. 紙パック 158
  • 3. 3.4 3.4.3 b. 紙カップ容器 158
  • 3. 3.4 3.4.3 c. プラカップ容器 159
  • 3. 3.4 3.4.3 d. プラスチックボトル容器 160
  • 3. 3.4 3.4.3 e. アルミスティック,パウチ容器 160
  • 3. 3.5 ヨーグルトの品質管理と安全性 [服部秀積] 161
  • 3. 3.5 3.5.1 HACCP 161
  • 3. 3.5 3.5.1 a. HACCPとは 161
  • 3. 3.5 3.5.1 b. ヨーグルト製造におけるHACCPについて 162
  • 3. 3.5 3.5.1 c. ヨーグルトの製造における危害分析例と重要管理点 164
  • 3. 3.5 3.5.1 d. 代表的な重要管理点 168
  • 3. 3.5 3.5.2 ヨーグルトの賞味期限表示 170
  • 3. 3.5 3.5.2 a. 賞味期限適正度試験の試験検査項目と終期とみなすべき指標 170
  • 3. 3.5 3.5.2 b. 保存による変化を官能検査により評価する項目 170
  • 3. 3.5 3.5.2 c. 賞味期限の設定 170
  • 3. 3.5 3.5.2 d. 賞味期限の決定 171
  • 3. 3.6 乳酸菌,ビフィズス菌の菌数測定法 [武藤正達] 172
  • 3. 3.6 3.6.1 乳酸菌の菌数測定法 172
  • 3. 3.6 3.6.1 a. 乳等省令で規定された乳酸菌の菌数測定法 172
  • 3. 3.6 3.6.1 b. ISO/IDF法にて規定された乳酸菌の菌数測定法 173
  • 3. 3.6 3.6.1 c. 実験室における乳酸菌の菌数測定法 175
  • 3. 3.6 3.6.2 ビフィズス菌の菌数測定法 176
  • 3. 3.6 3.6.2 a. ISO/IDFにて規定されたビフィズス菌の菌数測定法 176
  • 3. 3.6 3.6.2 b. 日本におけるビフィズス菌の菌数測定法の取り組み 178
  • 3. 3.6 3.6.2 c. 実験室におけるビフィズス菌の菌数測定法 179
  • 4. 発酵に使用される乳酸菌とビフィズス菌の微生物学
  • 4. 4.1 ヨーグルトに使用される乳酸菌 [宮地一裕] 183
  • 4. 4.1 4.1.1 乳酸菌とは 183
  • 4. 4.1 4.1.2 ビフィズス菌とは 183
  • 4. 4.1 4.1.3 乳酸菌・ビフィズス菌の分類 184
  • 4. 4.1 4.1.4 乳酸菌の糖代謝 185
  • 4. 4.1 4.1.4 a. 解糖系 185
  • 4. 4.1 4.1.4 b. 乳酸発酵形式 185
  • 4. 4.1 4.1.4 c. 乳酸の光学異性体 187
  • 4. 4.1 4.1.4 d. 乳糖の取り込み 187
  • 4. 4.1 4.1.5 乳酸菌のタンパク質分解 187
  • 4. 4.1 4.1.6 ヨーグルトに使用される乳酸菌 188
  • 4. 4.1 4.1.6 a. 法律上の規定 188
  • 4. 4.1 4.1.6 b. ヨーグルトに使用される乳酸菌の性質 188
  • 4. 4.1 4.1.6 c. 乳酸生成能 188
  • 4. 4.1 4.1.6 d. 共生作用 189
  • 4. 4.1 4.1.6 e. ヨーグルト風味の付与 190
  • 4. 4.1 4.1.6 f. EPS生成 191
  • 4. 4.1 4.1.6 g. プロバイオティクス 191
  • 4. 4.2 乳酸菌およびビフィズス菌の系統分類 [渡辺幸一] 192
  • 4. 4.2 4.2.1 種の定義 192
  • 4. 4.2 4.2.2 分類体系と系統分類 192
  • 4. 4.2 4.2.3 乳酸菌の系統分類 193
  • 4. 4.2 4.2.4 ビフィズス菌の系統分類 197
  • 4. 4.2 4.2.5 プロバイオティクスとしてのビフィズス菌の系統分類 200
  • 4. 4.2 4.2.6 系統分類の課題と今後 200
  • 4. 4.3 乳酸菌およびビフィズス菌の構造と菌体成分 [戸羽隆宏,向井孝夫,山本裕司] 202
  • 4. 4.3 4.3.1 形態と構造 202
  • 4. 4.3 4.3.1 a. 細胞形態 202
  • 4. 4.3 4.3.1 b. 線毛 203
  • 4. 4.3 4.3.1 c. 鞭毛 203
  • 4. 4.3 4.3.1 d. 菌体内の構造体 203
  • 4. 4.3 4.3.2 細胞膜の構造と成分 204
  • 4. 4.3 4.3.2 a. 脂質 204
  • 4. 4.3 4.3.2 b. 菌体表層タンパク質と提示機構 206
  • 4. 4.3 4.3.3 細胞壁の多糖成分 210
  • 4. 4.3 4.3.3 a. ペプチドグリカン 210
  • 4. 4.3 4.3.3 b. テイコ酸,リポテイコ酸,テイクロン酸 212
  • 4. 4.3 4.3.3 c. 細胞外多糖 212
  • 4. 4.4 乳酸菌およびビフィズス菌の糖代謝系 215
  • 4. 4.4 4.4.1 ホモ乳酸発酵 [松崎千秋,山本憲二] 215
  • 4. 4.4 4.4.2 ヘテロ乳酸発酵 [松崎千秋,山本憲二] 217
  • 4. 4.4 4.4.3 乳糖発酵 [松崎千秋,山本憲二] 219
  • 4. 4.4 4.4.4 ビフィドシャント [松崎千秋,山本憲二] 220
  • 4. 4.4 4.4.5 糖の輸送系 [浦島匡,福田建二] 222
  • 4. 4.4 4.4.5 a. ポーター(TC2.A) 222
  • 4. 4.4 4.4.5 b. P-P結合水解駆動型輸送体(TC3.A) 224
  • 4. 4.4 4.4.5 c. リン酸転移駆動型群転移輸送体(TC4.A) 224
  • 4. 4.4 4.4.6 炭素カタボライト制御 [浦島匡,福田建二] 224
  • 4. 4.4 4.4.6 a. グローバル制御 225
  • 4. 4.4 4.4.6 b. インデューサー・エクスクルージョン 226
  • 4. 4.4 4.4.6 c. インデューサー・エクスパルジョン 226
  • 4. 4.4 4.4.6 d. インダクション・プリベンション 226
  • 4. 4.4 4.4.6 e. リバースCCR 227
  • 4. 4.4 4.4.7 ビフィズス菌によるヒトミルクオリゴ糖の代謝 [浦島匡,福田建二] 227
  • 4. 4.4 4.4.7 a. ヒトミルクオリゴ糖 227
  • 4. 4.4 4.4.7 b. ビフィズス菌によるヒトミルクオリゴ糖の代謝 228
  • 4. 4.4 4.4.7 c. ビフィズス菌株によるヒトミルクオリゴ糖の代謝経路 230
  • 4. 4.5 タンパク質代謝と脂質代謝 [瀬戸泰幸] 234
  • 4. 4.5 4.5.1 乳酸菌のタンパク質代謝の概要 234
  • 4. 4.5 4.5.2 乳酸菌のCEPによるタンパク質分解 235
  • 4. 4.5 4.5.2 a. 乳酸菌のCEPの構造 235
  • 4. 4.5 4.5.2 b. Lb. bulgaricusのCEP(PrtB) 236
  • 4. 4.5 4.5.2 c. S. thermophilusのCEP(PrtS) 236
  • 4. 4.5 4.5.2 d. CEPのヨーグルト発酵における役割 236
  • 4. 4.5 4.5.3 乳酸菌のペプチド輸送系 236
  • 4. 4.5 4.5.3 a. 乳酸菌のペプチド輸送系の概要 237
  • 4. 4.5 4.5.3 b. Lb. bulgaricusのペプチド輸送系 237
  • 4. 4.5 4.5.3 c. S. thermophilusのペプチド輸送系 237
  • 4. 4.5 4.5.4 菌体内ペプチダーゼによるペプチドの分解 238
  • 4. 4.5 4.5.4 a. エンドペプチダーゼ 239
  • 4. 4.5 4.5.4 b. アミノペプチダーゼ 239
  • 4. 4.5 4.5.4 c. ジペプチダーゼならびにトリペプチダーゼ 239
  • 4. 4.5 4.5.4 d. プロリン特異的ペプチダーゼ 241
  • 4. 4.5 4.5.4 e. 乳酸菌の生育における各ペプチダーゼの重要性 241
  • 4. 4.5 4.5.4 f. ゲノムから推定されるLb. bulgaricusのベプチダーゼ遺伝子の分布 242
  • 4. 4.5 4.5.4 g. ゲノムから推定されるのS. thermophilusペブチダーゼ遺伝子の分布 242
  • 4. 4.5 4.5.5 タンパク質代謝系の制御 242
  • 4. 4.5 4.5.6 乳酸菌の脂肪代謝 242
  • 4. 4.6 抗菌(性)物質 [川井 泰] 243
  • 4. 4.6 4.6.1 有機酸(乳酸と酢酸) 243
  • 4. 4.6 4.6.1 a. 乳酸 243
  • 4. 4.6 4.6.1 b. 酢酸 244
  • 4. 4.6 4.6.2 エタノール 244
  • 4. 4.6 4.6.3 二酸化炭素 244
  • 4. 4.6 4.6.4 過酸化水素 245
  • 4. 4.6 4.6.5 ジアセチル,アセトアルデヒド 245
  • 4. 4.6 4.6.6 ロイテリン 245
  • 4. 4.6 4.6.7 ロイテリサイクリン 246
  • 4. 4.6 4.6.8 アミノ酸環状ジペプチド,その他 246
  • 4. 4.6 4.6.8 a. アミノ酸 246
  • 4. 4.6 4.6.8 b. 環状ジペプチド 246
  • 4. 4.6 4.6.8 c. その他 246
  • 4. 4.6 4.6.9 バクテリオシン 246
  • 4. 4.6 4.6.9 a. バクテリオシンの作用機構 247
  • 4. 4.6 4.6.9 b. バクテリオシンの生合成と自己耐性機構および生産調節 247
  • 4. 4.6 4.6.9 c. ナイシンA 247
  • 4. 4.6 4.6.9 d. ヨーグルトスターター乳酸菌のバクテリオシン 249
  • 4. 4.6 4.6.9 e. ビフィズス菌のバクテリオシン 249
  • 4. 4.6 4.6.9 f. その他の乳酸菌由来バクテリオシン 249
  • 4. 4.7 胃酸および胆汁酸耐性 [横田 篤,天知誠吾] 250
  • 4. 4.7 4.7.1 酸ストレス 250
  • 4. 4.7 4.7.1 a. 酸ストレスについて 250
  • 4. 4.7 4.7.1 b. 乳酸菌,ビフィズス菌における酸ストレス応答 250
  • 4. 4.7 4.7.1 c. 酸耐性に影響を与える環境因子 252
  • 4. 4.7 4.7.2 胆汁酸ストレス 252
  • 4. 4.7 4.7.2 a. 胆汁酸について 252
  • 4. 4.7 4.7.2 b. 乳酸菌,ビフィズス菌における胆汁酸ストレス応答 253
  • 4. 4.7 4.7.3 胃酸,胆汁酸耐性の発現 254
  • 4. 4.7 4.7.3 a. 乳酸菌,ビフィズス菌における酸耐性の発現 254
  • 4. 4.7 4.7.3 b. 乳酸菌,ビフィズス菌における胆汁酸耐性の発現 255
  • 4. 4.7 4.7.3 胃酸耐性・胆汁酸耐性株の育種 255
  • 4. 4.7 4.7.3 a. 酸耐性変異株 255
  • 4. 4.7 4.7.3 b. 胆汁酸耐性変異株 255
  • 4. 4.8 ヒト腸管付着性 [木下英樹] 256
  • 4. 4.8 4.8.1 乳酸菌が付着する腸管部位 257
  • 4. 4.8 4.8.2 乳酸菌の付着因子(アドヘシン) 258
  • 4. 4.8 4.8.2 a. S-layerタンパク質 258
  • 4. 4.8 4.8.2 b. ソルターゼ依存性タンパク質 258
  • 4. 4.8 4.8.2 c. ABCトランスポータータンパク質 259
  • 4. 4.8 4.8.2 d. ムーンライティングタンパク質 259
  • 4. 4.8 4.8.2 e. その他のアドヘシンタンパク質 261
  • 4. 4.8 4.8.2 f. タンパク質以外のアドヘシン 261
  • 4. 4.8 4.8.3 血液型抗原を認識する乳酸菌(血液型乳酸菌) 261
  • 5. ヨーグルトの生理機能と健康
  • 5. 5.1 機能性食品としてのヨーグルト [浅見幸夫] 265
  • 5. 5.1 5.1.1 特定保健用食品(トクホ) 265
  • 5. 5.1 5.1.2 整腸作用 265
  • 5. 5.1 5.1.3 腸内細菌叢(腸内フローラ) 266
  • 5. 5.1 5.1.4 機能性乳酸菌・機能性ビフィズス菌 268
  • 5. 5.1 5.1.4 a. 免疫調節作用 268
  • 5. 5.1 5.1.4 b. 肌ケア 270
  • 5. 5.1 5.1.4 c. 抗肥満,抗糖尿病脂質代謝改善作用 270
  • 5. 5.1 5.1.4 d. 血圧降下作用 270
  • 5. 5.1 5.1.4 e. 口腔ケア 271
  • 5. 5.1 5.1.5 ヨーグルトの栄養生理作用 271
  • 5. 5.2 プロ・プレ・シンバイオティクス,イムノバイオティクス,パラプロバイオティクス,バイオジェニクス,イムノジェニクス [北澤春樹] 273
  • 5. 5.2 5.2.1 歴史的背景 273
  • 5. 5.2 5.2.2 プロバイオティクス 275
  • 5. 5.2 5.2.3 プレバイオティクス 275
  • 5. 5.2 5.2.4 シンバイオティクス 277
  • 5. 5.2 5.2.5 イムノバイオティクス 277
  • 5. 5.2 5.2.6 パラプロバイオティクス 277
  • 5. 5.2 5.2.7 バイオジェニクス 277
  • 5. 5.2 5.2.8 イムノジェニクス 278
  • 5. 5.3 機能性乳酸菌添加型のヨーグルト 278
  • 5. 5.3 5.3.1 整腸効果 [西田 聡] 278
  • 5. 5.3 5.3.1 a. 整腸効果とは 278
  • 5. 5.3 5.3.1 b. 大腸 278
  • 5. 5.3 5.3.1 c. 腸内細菌叢・プロバイオティクス 279
  • 5. 5.3 5.3.1 d. ダノンビフィズス菌DN173010配合ヨーグルトの整腸効果 280
  • 5. 5.3 5.3.1 e. 今後の展望 283
  • 5. 5.3 5.3.2 ピロリ菌の胃内増殖抑制作用 [大津俊広,木村勝紀] 284
  • 5. 5.3 5.3.2 a. ピロリ菌と疾病の関係 284
  • 5. 5.3 5.3.2 b. ピロリ菌対策の現状 285
  • 5. 5.3 5.3.2 c. ピロリ菌対策における食品素材の臨床応用研究 285
  • 5. 5.3 5.3.2 d. ヨーグルトに利用される食品素材の研究例 286
  • 5. 5.3 5.3.3 脂質代謝改善作用 [小川哲弘,門岡幸男] 288
  • 5. 5.3 5.3.3 a. プロバイオティクスの肥満抑制作用 289
  • 5. 5.3 5.3.3 b. ガセリ菌SP株の内臓脂肪蓄積抑制作用 289
  • 5. 5.3 5.3.4 血中コレステロール改善作用 [南 淳一] 293
  • 5. 5.3 5.3.4 a. 発酵乳のコレステロール改善作用 293
  • 5. 5.3 5.3.4 b. 作用メカニズム 295
  • 5. 5.3 5.3.5 アレルギーの予防・軽減作用 [岩淵紀介] 297
  • 5. 5.3 5.3.5 a. 衛生仮説と腸内菌叢 297
  • 5. 5.3 5.3.5 b. 臨床効果 298
  • 5. 5.3 5.3.5 c. プロバイオティクスによる免疫調節作用の作用機序 300
  • 5. 5.3 5.3.6 インフルエンザや感冒への感染防御作用 [牧野聖也] 301
  • 5. 5.3 5.3.6 a. 高齢者に対する効果 302
  • 5. 5.3 5.3.6 b. 乳幼児に対する効果 303
  • 5. 5.3 5.3.6 c. 乳幼児,高齢者以外の世代に対する感染防御効果 303
  • 5. 5.3 5.3.7 皮膚への保湿性改善作用 [春田裕子] 305
  • 5. 5.3 5.3.7 a. 皮膚の機能 305
  • 5. 5.3 5.3.7 b. 機能性乳酸菌添加型発酵乳と皮膚への効果 306
  • 5. 5.3 5.3.7 c. スフィンゴ脂質添加型発酵乳と皮膚への効果 307
  • 5. 5.3 5.3.7 d. 発酵乳と皮膚の健康 309
  • 5. 5.3 5.3.8 抗炎症作用 [石井優輝,松本敏] 309
  • 5. 5.3 5.3.8 a. 消化管と炎症 309
  • 5. 5.3 5.3.8 b. 腸内細菌と炎症性腸疾患 310
  • 5. 5.3 5.3.8 c. ヨーグルトおよび乳酸菌,ビフィズス菌のIBDの病態改善効果 310
  • 5. 5.3 5.3.8 d. 乳酸菌,ビフィズス菌によるIBD病態改善効果のメカニズム 311
  • 5. 5.3 5.3.8 e. 皮膚恒常性と環境要因 312
  • 5. 5.3 5.3.9 腸内ポリアミン増強による健康寿命伸長効果 [松本光晴] 314
  • 5. 5.3 5.3.9 a. ポリアミン 314
  • 5. 5.3 5.3.9 b. ビフィズス菌LKM512株 314
  • 5. 5.3 5.3.9 c. LKM512投与によるマウスの寿命伸長効果 315
  • 5. 5.3 5.3.9 d. 加齢時の学習記憶力の向上 316
  • 5. 5.3 5.3.9 e. メカニズム 317
  • 5. 5.3 5.3.10 歯周病原細菌抑制作用 [松岡隆史,古賀泰裕] 319
  • 5. 5.3 5.3.10 a. 歯周病 319
  • 5. 5.3 5.3.10 b. 乳酸菌やヨーグルトの口腔内での使用について 320
  • 5. 5.3 5.3.10 c. 乳酸菌による歯周病原細菌抑制効果 320
  • 5. 5.3 5.3.11 植物性食品由来の乳酸菌添加型ヨーグルト [矢嶋信浩・荒川千夏・脇 尚子・福井雄一郎・鈴木重徳] 323
  • 5. 5.3 5.3.11 a. 植物性食品由来の乳酸菌による糖の資化性とカード形成 324
  • 5. 5.3 5.3.11 b. Lb.brevis KB290のプロバイオティクスとしての特徴 326
  • 5. 5.4 機能性素材添加型のヨーグルト 328
  • 5. 5.4 5.4.1 ラクトフェリン添加ヨーグルト [織田浩嗣] 328
  • 5. 5.4 5.4.1 a. ラクトフェリンとは 328
  • 5. 5.4 5.4.1 b. ラクトフェリンの生理機能 330
  • 5. 5.4 5.4.1 c. ラクトフェリンとノロウイルス 330
  • 5. 5.4 5.4.1 d. ラクトフェリン添加ヨーグルト 331
  • 5. 5.4 5.4.1 e. ラクトフェリン添加ヨーグルトの摂取とノロウイルス胃腸炎 331
  • 5. 5.4 5.4.1 f. ラクトフェリン添加ヨーグルトの摂取とロタウイルス胃腸炎 331
  • 5. 5.4 5.4.2 骨粗握症予防型ヨーグルト [藤井 哲] 332
  • 5. 5.4 5.4.2 a. 高齢化に伴い増加する骨粗糧症 332
  • 5. 5.4 5.4.2 b. 骨の構造,機能と代謝調節 334
  • 5. 5.4 5.4.2 c. 骨粗繧症予防:どのように骨の脆弱化遅延を達成するか 335
  • 5. 5.4 5.4.2 d. 骨の健康に関連する栄養素 335
  • 5. 5.4 5.4.2 e. 骨の健康に貢献する特定保健用食品 339
  • 5. 5.4 5.4.2 f. 骨の健康に貢献する栄養機能食品 340
  • 5. 5.4 5.4.2 g. 骨粗繧症予防型ヨーグルト 340
  • 5. 5.4 5.4.3 N-アセチルグルコサミン添加型ヨーグルト [高野義彦,勝野眞也] 341
  • 5. 5.5 その他のヨーグルト 343
  • 5. 5.5 5.5.1 血圧降下作用 343
  • 5. 5.5 5.5.1 a. 乳酸菌発酵乳の血圧降下作用 [山本直之] 343
  • 5. 5.5 5.5.1 b. Lb.helveticus発酵乳におけるVPPとIPPの生産 [山本直之] 344
  • 5. 5.5 5.5.1 c. ヒトへの効果と特定保健用食品の開発 [山本直之] 345
  • 5. 5.5 5.5.1 d. ペプチドの吸収 [山本直之] 346
  • 5. 5.5 5.5.1 e. 乳酸菌発酵乳内のその他血圧降下ペプチド [山本直之] 346
  • 5. 5.5 5.5.1 f. γ-アミノ酪酸の高血圧改善作用 [木村雅行] 347
  • 5. 5.5 5.5.2 ビフィズス菌増殖促進作用(プロピオン酸菌による乳清発酵物) [依田伸生] 348
  • 5. 5.5 5.5.2 a. プロピオン酸菌による乳清発酵物とは 348
  • 5. 5.5 5.5.2 b. プロピオン酸菌に注目した背景 349
  • 5. 5.5 5.5.2 c. ビフィズス菌増殖促進活性の測定とP.freudenreichii ET-3株の選定 349
  • 5. 5.5 5.5.2 d. ET-3株培養液のヒト糞便連続培養系におけるビフィズス菌増殖促進作用の確認 349
  • 5. 5.5 5.5.2 e. プロピオン酸菌による乳清発酵物の調製とヒトでのビフィズス菌増殖促進作用 350
  • 5. 5.5 5.5.2 f. プロピオン酸菌の培養液に含まれるビフィズス菌増殖促進因子と作用メカニズム 351
  • 6. ヨーグルトをめぐる新しい動き
  • 6. 6.1 新規なヨーグルト製造技術 353
  • 6. 6.1 6.1.1 膜分画技術 [高野真,吉岡孝一郎] 353
  • 6. 6.1 6.1.1 a. 膜分画技術とは 353
  • 6. 6.1 6.1.1 b. 乳業における膜分画技術の発展 354
  • 6. 6.1 6.1.1 c. RO膜やNF膜濃縮技術を用いた無脂肪ヨーグルト 354
  • 6. 6.1 6.1.1 d. UF膜濃縮技術を用いた高タンパクヨーグルト 355
  • 6. 6.1 6.1.1 e. UF膜濃縮技術を用いた低乳糖ヨーグルト 357
  • 6. 6.1 6.1.1 f. MF膜除菌技術を用いたヨーグルト 357
  • 6. 6.1 6.1.2 脱酸素技術と発酵時間の短縮 [堀内啓史] 358
  • 6. 6.1 6.1.2 a. ヨーグルトの発酵時間 358
  • 6. 6.1 6.1.2 b. ヨーグルトの発酵と酸素 359
  • 6. 6.1 6.1.2 c. 脱酸素低温発酵法の無脂肪ヨーグルトへの応用展開 361
  • 6. 6.1 6.1.2 d. 脱酸素発酵法による発酵時間短縮のメカニズム 361
  • 6. 6.1 6.1.3 高生残性ビフィズス菌含有ヨーグルトの製造技術 [米澤寿美子・清水(肖)金忠] 363
  • 6. 6.1 6.1.3 a. ビフィズス菌含有ヨーグルトの課題 363
  • 6. 6.1 6.1.3 b. 高菌数化に向けた取り組み 364
  • 6. 6.1 6.1.4 濃縮ヨーグルト [藤田篤茂] 369
  • 6. 6.1 6.1.4 a. 濃縮ヨーグルトの発祥 369
  • 6. 6.1 6.1.4 b. 濃縮ヨーグルトの現在 369
  • 6. 6.1 6.1.4 c. 濃縮ヨーグルトの市場 369
  • 6. 6.1 6.1.4 d. 濃縮ヨーグルトの規格 369
  • 6. 6.1 6.1.4 e. 濃縮ヨーグルトの製造方法 370
  • 6. 6.1 6.1.4 f. 濃縮ヨーグルトに用いられる乳酸菌 373
  • 6. 6.1 6.1.4 g. 濃縮ヨーグルトの風味と物性 373
  • 6. 6.1 6.1.5 カプセル添加ヨーグルト [河野麻実子] 374
  • 6. 6.1 6.1.5 a. カプセルとは 374
  • 6. 6.1 6.1.5 b. シームレスカプセルの製造法 375
  • 6. 6.1 6.1.5 c. 機能性カプセル 375
  • 6. 6.1 6.1.5 d. 耐酸性シームレスカプセル化ビフィズス菌の整腸作用について 376
  • 6. 6.1 6.1.5 e. 生菌配合シームレスカプセル添加ヨーグルトについて 377
  • 6. 6.1 6.1.6 乳幼児向けヨーグルト [土肥愛香] 379
  • 6. 6.1 6.1.6 a. 乳児向けヨーグルト 380
  • 6. 6.1 6.1.6 b. 幼児向けヨーグルト 381
  • 6. 6.2 新規なスターター乳酸菌とビフィズス菌の科学 382
  • 6. 6.2 6.2.1 遺伝子解析から見えてくるスターター乳酸菌とビフィズス菌 [小田巻俊孝] 382
  • 6. 6.2 6.2.1 a. DNAシークエンシング技術の発展 383
  • 6. 6.2 6.2.1 b. Streptococus thermophilusとLactobacillus delbruecki subsp.bulgaricusのゲノム解析 384
  • 6. 6.2 6.2.1 c. Bifidobacterium属細菌の比較ゲノム解析 387
  • 6. 6.2 6.2.1 d. ゲノム解析から推測される菌株の特徴について 389
  • 6. 6.2 6.2.2 スターター乳酸菌の遺伝子解析と育種改良 [安田恵美] 390
  • 6. 6.2 6.2.2 a. スターターとしての乳酸菌の歴史 390
  • 6. 6.2 6.2.2 b. 乳酸菌の育種研究の現状 391
  • 6. 6.2 6.2.2 c. 乳酸菌のゲノム情報 391
  • 6. 6.2 6.2.2 d. 遺伝学的手法による菌株改良の試み 392
  • 6. 6.2 6.2.3 安全性評価 [五十君静信] 394
  • 6. 6.2 6.2.3 a. ヨーグルトなど食品における安全性評価のアプローチ 395
  • 6. 6.2 6.2.3 b. スターターとしての微生物の安全性の考え方 395
  • 6. 6.2 6.2.3 c. プロバイオティクスの病巣からの分離 396
  • 6. 6.2 6.2.3 d. 乳酸菌の病巣形成の考え方 396
  • 6. 6.2 6.2.3 e. 生体内におけるスターターの生存能力と定着 397
  • 6. 6.2 6.2.3 f. スターターとして用いられる微生物の有毒物質の生成にかかわる酵素活性 398
  • 6. 6.2 6.2.3 g. その他の病原性にかかわる活性 398
  • 6. 6.2 6.2.3 h. 食経験のはっきりしないスターターを利用する場合の注意 398
  • 6. 6.2 6.2.3 i. まとめ 399
  • 6. 6.3 近未来の機能性ヨーグルトの開発 [齋藤忠夫] 400
  • 6. 6.3 6.3.1 新しい概念でのシンバイオティック型ヨーグルト 401
  • 6. 6.3 6.3.2 新しいビフィズス因子を生産する乳酸菌や代謝物を使用したヨーグルト 401
  • 6. 6.3 6.3.3 新しい抗菌性物質を腸内で生産するヨーグルト 402
  • 6. 6.3 6.3.4 ファージ対策を施した乳酸菌によるヨーグルト 402
  • 6. 6.3 6.3.5 ヒトABO式血液型を認識する乳酸菌を用いたヨーグルト 403
  • 6. 6.3 6.3.6 セシウム137を体内から除去するヨーグルト 403
  • 6. 6.3 6.3.7 長寿遺伝子をオンにする乳酸菌を用いた機能性ヨーグルト 403
  • 6. 6.3 6.3.8 より研究の進んだペット用ヨーグルト 403
  • 6. 6.3 6.3.9 個人の腸内細菌叢に合った腸内細菌銀行とオーダーメイドヨーグルト 404
  • 索引 405
  • 生物学索引 414
  • 資料編 417
  • [コラム目次]
  • Column1 ブルガリアではヨーグルト作りにアリを加える? [齋藤忠夫] 31
  • Column2 牛乳には等電点が2つある [吉岡俊満] 62
  • Column3 パンケーキをしっとり,モチモチさせる決め手はヨーグルト! [吉岡俊満] 95
  • Column4 ヨーグルトと相性のよいフルーツ [岩附慧二] 137
  • Column5 ヨーグルトが付着しにくいふた [岩附慧二] 161
  • Column6 ガセリ菌は乳糖分解にとても熱心? [齋藤忠夫] 222
  • Column7 ヒトからヒトに乳酸菌は伝播する? [伊藤裕之] 264
  • Column8 おいしいチョコレートの決め手は乳酸菌? [伊藤裕之] 264
  • 索引
  • ※生物学名はp.414以下にまとめて示した
  • アイスランド 16
  • アイラグ 23
  • アイラン[キルギス] 11
  • アイラン[トルコ] 10
  • アイルギントス 13
  • アウールズ 17
  • 亜鉛 66
  • アガロース 132
  • 悪玉菌 267
  • アシドフィルス菌 20,222
  • アシドフィルスミルク 20,24
  • アスバルテーム 117
  • アセチルグルコサミン 210,227,341,385
  • -添加型ヨーグルト 341
  • アセチルノイラミン酸 227
  • アセチルムラミン酸(N- -) 210
  • アセトアルデヒド 88,190,219,245
  • アセトイン 88,190
  • アゼルバイジャン 9
  • アーティチョーク 6
  • 後発酵型 40,97
  • アトピー性皮膚炎 267,274,298
  • アドヘシン 258,261,403
  • アナトリア 1
  • アナフイラキシー 298
  • アフガニスタン 9
  • アミノ酸スコア 73
  • アミノペブチダーゼ 239,345
  • アメリカのヨーグルト生産量 21
  • アメリカの発酵乳規格 29
  • アラビノース 133
  • アリ 31
  • アリーシュ 16
  • アルカリ処理ゼラチン 133
  • アルコール発酵 217
  • アルジェリア 17
  • アールツ 12
  • アルバニア 14
  • アルミスティック 160
  • アルミぶた 161
  • アルメニア 9,24
  • アレラ 18
  • アレルギー 267,297
  • アレルギー症状軽減効果 298
  • アレルギー性鼻炎 298
  • アレルギー物質 133
  • アレルギー予防効果 298
  • アロール 12
  • 阿波番茶 391
  • アンジオテンシン変換酵素 270,343
  • 安全性評価 394
  • 安息香酸 246
  • アンチエイジング 317
  • アンチターミネーター 226
  • 安定剤 91,116,120,131,136,372
  • 胃液 250
  • 硫黄 66
  • 胃がん 285
  • 胃酸耐性 254
  • 異常乳 125
  • イスラエル 9
  • 異性化液糖 130
  • イソフラボン 339
  • イチゴ 137
  • イチジク 6
  • 一軸偏心ねじポンプ 111
  • 一次胆汁酸 252
  • イチツ 18
  • 遺伝子型 193
  • イヌリン 276
  • イムノジェニクス 278
  • イムノバイオティクス 277
  • イメール 16,369
  • 医薬品医療機器法 38
  • イラク 9
  • イラン 9
  • インジェクション成形 156
  • インダクション・プリベンション 226
  • インデューサー・エクスクルージョン 226
  • インデューサー・エクスパルジョン 226
  • インド 11,21
  • インドキシル硫酸 266
  • インフルエンザ 301,327
  • インフルエンザワクチン 303
  • インモールドインジェクション 156
  • ヴィリ 5,13,15
  • ウインターサワーミルク 14
  • ウクライナ 15
  • ウシ 1,3
  • う蝕 319
  • ウズベキスタン 11
  • 内モンゴル 13
  • ウマ 4
  • ウルゴトニック 14
  • ウレアーゼ 251,287
  • 衛生仮説 297
  • 液状ヨーグルト 113
  • 液中滴下法 375
  • エクオール 339
  • エジプト 16,24
  • エーズキー 13
  • エステル化度 116
  • エタノール 217,220,244
  • エチオピア 17
  • エチレンビニルアルコール共重合体 154
  • エヅギ 13
  • エドスン・スー 12
  • エドモグ 13
  • エドンム 13
  • エノラーゼ 207,208,299,260
  • エバボレーター 100
  • エメンタールチーズ 349,402
  • エラスターゼ 313
  • エリトリオール 218
  • エルゴ 17
  • エルゴカルシフェロール 336
  • 炎症性サイトカイン 401
  • 炎症性腸疾患 269,310
  • 炎症反応 309
  • エンテロソーム 204
  • エンドペプチダーゼ 235,239,345
  • オキシガラ 15
  • オステオカルシン 337
  • オーダーメイドヨーグルト 404
  • オフフレーバー 118
  • オムダガ 13
  • オリゴ糖 62,77,118,130,227,277,401
  • オリゴペプチド 187,237
  • オルニチン 387
  • オレイン酸 65,69
  • 加圧凍結法 83
  • 解糖系 185
  • 潰瘍性大腸炎 269,310,403
  • 化学固定 82
  • かきとり式熱交換機 104
  • 角質層 305
  • 撹鉾型ヨーグルト 97,109
  • 加工でんぷん 134
  • カザフスタン 11
  • 過酸化水素 245
  • 果実 136
  • 果汁 136
  • カシューク 9
  • カゼイノグリコペブチド 57
  • カゼイン 54,62,70,73,83,347
  • カゼインホスホペブチド 71,78,339
  • カゼインミセル 54,56,57,116,120,354
  • ガセリ菌 222,402
  • ガセリ菌SP株 288
  • ガセリシン 249,402
  • カタラーゼ 245
  • 家畜 3
  • カーチク 11
  • カチーク[アゼルバイジャン] 9
  • カチーク[イラン] 9
  • カチーク[カザフスタン 11
  • 家畜化 1
  • カード 97
  • カナダ 22
  • 加熱殺菌 102
  • 加熱臭 60
  • カプセル添加ヨーグルト 374
  • 花粉症 298
  • 紙カップ 152,158
  • 紙パック 152,158
  • ガラクツロン酸 120,133
  • ガラクトシダーゼ 68,77,232
  • ガラクトシルトランスフェラーゼ 60
  • ガラクトース 63,68,77,133,219,220,227
  • ガラス 93
  • ガラス容器 152
  • カラベッシ 9
  • カリウム 66
  • カリシュ 16
  • カルシウム 66.69,71.77,271,332,335,381
  • カルシウム/リン比 69
  • カルート 12
  • カルトゥルメルク 15
  • カルパチア山脈 14
  • カルボキシメチルセルロース 133
  • 皮容器 17
  • 柑橘類 137
  • 桿菌 202
  • 環状ジペプチド 246
  • 感染防御作用 301
  • 乾燥発酵乳 6
  • 乾燥ヨーグルト 20
  • 寒天 132
  • 官能評価 79,87
  • 甘味料 117,121,129
  • -の分類 129
  • 偽遺伝子 385,386
  • キウイフルーツ 137
  • 記憶力 316
  • ギオドウ 16
  • 危害分析例 164
  • ギ酸 31,88,189,361
  • キシク 9
  • 幽キシュク[エジプト] 17
  • キシュク[レバノン] 9
  • キス・ヨールト 10
  • キセロ・ムリャコ 13,14
  • キセロ・ムレコ 14
  • キテック 13
  • 機能性カプセル 375
  • 機能性食品 265
  • 機能性乳酸菌 268
  • 機能性ビフィズス菌 268
  • 機能性表示食品 49
  • キムチ 323
  • キモシン 57
  • 逆浸透 100
  • 逆浸透膜 353
  • 球菌 202
  • 牛乳 89,124
  • -の栄養生理機能 67
  • -の構成成分 52
  • -の分画 53
  • 爽雑シール性 153
  • 共焦点レーザー顕微鏡 81
  • 共生関係 88
  • 共生作用 189,358,361
  • 共生発酵 115,120
  • 凝乳酵素 57
  • 葵膜多糖 213
  • 共役イオン 224
  • 共役リノール酸 75,79
  • 共輸送 224
  • ギリシャ 14
  • ギリシャヨーグルト 21,47,369
  • 菌株スクリーニング 144
  • 均質圧 85
  • 均質処理 75,84,100,118
  • 菌数測定法 172
  • 金属容器 152
  • 菌体外多糖 78,84,91,106,140,142,191,213,261,270,302,373
  • 菌体脂質 204
  • 菌体内ペプチダーゼ 238
  • 菌体表層タンパク質 206
  • グァガム 134.136
  • クェン酸 135
  • クエン酸三ナトリウム 84
  • クエン酸資化能 174
  • クーミス 3,5,23,89
  • グラッシー 126
  • グラム陰性細菌 210
  • グラム陽性細菌 210
  • クラリスロマイシン 285
  • クラリスロマイシン耐性ピロリ菌 287
  • グリコマクロベプチド 57
  • グリゴロフ 19,273
  • グリシテイン 339
  • グリセルアルデヒド3リン酸デヒドロゲナーゼ 207,208,209,260,403
  • グリセロ糖脂質 63
  • グリセロリン脂質 63
  • グリセロール 218
  • クリーミング 5
  • クリーム 127
  • クリームセパレータ 18
  • グルコサミン 342
  • グルコシルセラミド 307
  • グルコシルセラミド濃縮物 308
  • グルコース 63,68,77
  • グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ 217,219
  • グルゾビナ 14
  • グルタミン酸 251,347
  • グルタルアルデヒド 83
  • クルツ 15
  • クルト[カザフスタン] 11
  • クルト[キルギス] 11
  • クルト[トルコ] 10
  • クルート[アフガニスタン] 10
  • クルート[タジキスタン] 11
  • クルトマッチ 14
  • クレモリス菌 91
  • グローバル瑚御 225
  • クローン病 269,310
  • 燃煙 6,13
  • 景品表示法 38
  • 計量法 38
  • ケシュク 11
  • 血圧降下作用 270,343
  • 血圧降下ペプチド 343,346
  • 血液型抗原 259,260,261,403
  • 血液型乳酸菌 261,403
  • 血管内皮細胞 346
  • 血清アルブミン 60
  • 血中コレステロール改善作用 293
  • ケニア 18
  • ゲニステイン 339
  • ケノデオキシコール酸 252
  • ゲノム 382,391
  • ケフィア 15,23
  • ケフィア粒 23
  • ケフィール 5
  • ゲーブルトップ 158
  • ゲル化剤 84
  • ケルダーミルク 24
  • 隈外濾過 100,353,371
  • 嫌気培養 180
  • 健康寿命伸長効果 314
  • 健康増進法 37
  • 原料乳 124
  • 高圧ホモゲナイザー 101
  • 抗炎症作用 309
  • 高温性乳酸菌 4,22,183
  • 高温短時間殺菌法 102
  • 光学異性体 187,244
  • 光学顕微鏡 81
  • 硬カプセル 374
  • 高甘味度甘味料 117,131
  • 香気成分 88,190
  • 抗菌(性)物質 243
  • 口腔ケア 271
  • 高血圧改善作用 347
  • ロ臭予防効果 322
  • 公正競争規約 40
  • 高生残性ビフィズス菌含有ヨーグルト 363
  • 高タンパク質ヨーグルト 355
  • 後濃縮ヨーグルト 356
  • 酵母 119,217,274
  • 香料 135
  • コーカサス 9,23
  • コク 91
  • 国際原核生物分類命名委員会 192
  • 国際細菌命名規約 192
  • 国際標準化機構 173
  • 国際酪農連盟 173
  • コス 14
  • 枯草菌 401
  • 古代エジプト 1
  • ゴーダチーズ 346
  • 骨芽細胞 334
  • 骨吸収 334
  • コッケリピーマ 15
  • 骨質 335
  • 骨粗繧症 71,271,332
  • 骨粗霧症予防型ヨーグルト 340
  • コッホ 18,391
  • 骨密度 334
  • 骨量 334
  • コーデックス食品規格 25,40,96,124
  • コマーシャルカルチャー 138
  • -の製造法 146
  • コラーゲン 132,258,338,339,342
  • コール酸 252
  • ゴルディン 273
  • ゴルバッハ 273
  • コレカルシフェロール 336
  • コレステロール 68,293
  • コレラ菌 262
  • コロイド 54
  • コロイド状リン酸カルシウム 57
  • コンプロマイズドホスト 395
  • 再石灰化 320
  • 細胞外マトリックス 257
  • 細胞骨格 203
  • 細胞壁 210
  • 細胞壁結合型プロテイナーゼ 187,235
  • 細胞壁多糖 213
  • 細胞膜 204
  • 細胞膜結合タンパク質 206
  • サイレージ 324
  • ザウアークラウト 324
  • 酢酸 187,217,220,244,296,349
  • サコーラス 14
  • サジャンカ 18
  • サーチュイン 403
  • 殺菌 102
  • 殺菌タイブ 119
  • 殺菌ヨーグルト 20
  • 砂糖 117,129
  • ザバディ 16
  • サブミセル 54
  • サブミセルモデル 58
  • サーミゼーション 372
  • サーモフィリン 249
  • サーモフィルス菌 4,22,88
  • サルディニア島 16
  • サワードウ 323
  • 酸化チタン 118
  • 酸処理ゼラチン 133
  • 酸ストレス 250
  • 酸性ミックス法 122
  • 酸耐性 252,254
  • 酸耐性変異株 255
  • 酸適応 254
  • 酸乳安定剤 133
  • 酸味料 135
  • ジアセチル 88,190,219,245
  • 紫外線 312
  • シグナル配列 207,235
  • 嗜好型パネル 87
  • 脂質 63,73
  • -の分類 64
  • 脂質吸収抑制 292
  • 脂質代謝改善作用 270,288
  • 歯周病 319
  • 歯周病原細菌抑制効果 320
  • 歯周ポケット 319
  • シスチン 66
  • システイン 60,66
  • ジスルフィド結合 60
  • シッキム地方 11
  • シート成形 156
  • しば潰け 324
  • ジペプチダーゼ 239
  • 脂肪 54,65,68,83
  • 脂肪球 100
  • 脂肪球膜 65
  • 脂肪酸 64
  • -の位置特異性 65
  • 脂肪酸組成 65
  • 脂肪代謝 242
  • 脂肪調整原料 127
  • ジムネ 14
  • シームレスカブセル 374
  • ジャージー 53,125,126
  • 射出成形 156
  • シャトルベクター 392
  • シャペロン 207
  • ジャミード 9
  • ジャレビ 11
  • シャンクリーシュ 9
  • シャンクリシュ 17
  • 重要管理点 161,134
  • 宿主腸管免疫系 310
  • シュズメ 10
  • シュッツマ 9
  • 寿命伸長効果 314
  • シュメール文明 1
  • シュリカンド 11,369
  • シュリカンド・バディ 11
  • 上気道感染症 302
  • 脂溶性ビタミン 66,69
  • 蒸着加工 155
  • 商標法 39
  • 賞味期限 170
  • 食虫植物 6
  • 食品衛生法 36
  • 食品添加物 135
  • 食品の三次機能 48
  • 食品表示法 37
  • 植物性脂肪 128
  • 植物性食品由来の乳酸菌 323
  • 植物性食品由来の乳酸菌添加型ヨーグルト 324
  • 植物性発酵食品 323
  • ジョージア 9
  • ショ糖 117,129,380
  • 初乳 227
  • シリア 9
  • シリブリ 10
  • 代田稔 273
  • 新株分離 144
  • 親水性領域 55
  • ジンチツッア 15
  • 心内膜炎 398
  • 人乳 227
  • シンバイオティクス 277,296,401
  • スイギュウ 4,89
  • 水牛乳 89,124
  • 水平遺伝子移行 189
  • 水溶性ビタミン 66
  • スウェーデン 15
  • スギ花粉症 299
  • スキミング 5
  • スキール 16,369
  • すぐき 324,326
  • スクラロース 117
  • スサ 18
  • スス・クダ 13
  • スズメ 11
  • スターター 5,138,188,390
  • スターターインジェクションパット 106
  • スターターカルチャー 138
  • -の開発 144
  • スターター微生物の安全性 394
  • スタティックミキサー 112
  • スーダン 17
  • ステアリン酸 65,69
  • ストックカルチャー 115,138
  • ストラギスト 14,369
  • ストラチャン 297
  • スパイラルホールディングチューブ 104
  • スパウト 160
  • スフィンゴ脂質 307
  • スフィンゴ糖脂質 63
  • スフィンゴミエリン 307
  • スフィンゴリン脂質 63
  • スペルミジン 314,387
  • スペルミン 314
  • スムージング 112
  • スモークヨーグルト 20
  • 素焼きの壼 6,360
  • スラノ・キセロ・ムレコ 14
  • 生活習慣病 288
  • 制御性T細胞 300
  • 生菌タイプ 119
  • 生菌配合シームレスカブセル 377
  • 清酒乳酸菌 244
  • 製造物責任 39
  • 静置型ヨーグルト 97,107
  • 整腸作用 265,278
  • 生物価 70
  • 生物型 198
  • 精密濾過 100,353,371
  • セイヨウサンシュユ 6,358
  • 世界三大発酵乳 7
  • セシウム 403
  • セパレーター 370
  • セブ牛 3
  • ゼラチン 132
  • セラミド 305,307
  • セリンプロテイナーゼ 235
  • セルビア 14
  • 全固形分 84
  • 染色体 391
  • 喘息 298
  • 善玉菌 267
  • 前濃縮ヨーグルト 356
  • 線毛 203,259
  • 蘇 32
  • 総合衛生管理製造過程 162
  • 走査型電子顕微鏡 82
  • 挿入配列 385,392
  • 増粘剤 84,131,136
  • 増幅断片長多型解析 195
  • ソエデ 12
  • 疎水性領域 55
  • ソックスレー 19
  • ソフトヨーグルト 33,42,46
  • ソラト 13
  • ソルターゼ 206,209,235
  • ソルターゼ依存性タンパク質 206,258
  • ソルビン酸 135
  • タアリン・ホモルグ 13
  • 第2世代シーケンシング技術 383
  • 第3世代シーケンシング技術 383
  • ダイオーキシー 224
  • 醍醐 32
  • 対向輸送 224
  • 耐酸牲シームレスカブセル 376
  • 代謝物質フィンガーブリント法 144
  • 大豆イソフラボン 339
  • 大豆多糖類 120,133
  • ダイゼイン 339
  • 大腸 278
  • 大腸菌 222
  • タイトジャンクション 305,311
  • ダイナミックミキサー 112
  • タイの発酵乳規格 29
  • タイル 13
  • ダイレクトカルチャー 139
  • ダイレクトブロー成形 157,160
  • タガトース-6-リン酸経路 187,219
  • 高菜漬 325
  • タカマート 17
  • 多機能性タンパク質 260
  • 多形性 202
  • 多剤耐性 253
  • タジキスタン 11
  • ダツイ 12
  • 脱塩ホエイ 354
  • 脱灰 320
  • 脱酸素技術 358
  • 脱酸素低温発酵法 360
  • 脱酸素発酵法 359
  • 脱脂乳 53,354
  • 脱脂発酵乳 6
  • 脱脂粉乳 126,354
  • ダディヒ 13
  • 多糖 62
  • ダヒ 7,11,12,75
  • ターホー 15
  • ダラ 12
  • タラグ 12,13
  • タラハナ 10
  • タン 9
  • 短鎖脂肪酸 68,69,283,296,349
  • タンザニア 18
  • 炭酸ヨーグルト 20
  • 胆汁酸 295
  • 胆汁酸ストレス 252
  • 胆汁酸耐性 255
  • 胆汁酸耐性変異株 255
  • 胆汁酸脱抱合酵素 296
  • 胆汁酸適応 255
  • 炭水化物 68,77
  • 炭素カタボライト制御 224
  • 単糖 62
  • タンパク質 54,67,73,338
  • タンパク質代謝 234
  • タンパーリング 160
  • チェコスロバキア 15
  • チオール基 60
  • チクメルク 16
  • チーズ 69
  • チベット 12
  • チャカ 10
  • 着色料 135
  • チャース 11
  • チャッカ[インド] 11
  • チャッカ[タジキスタン] 11
  • チャド 18
  • チャーニング 5,18
  • チャル 11
  • 中温性乳酸菌 4,183
  • 中国のヨーグルト生産量 21
  • 中国の発酵乳規格 27
  • 中鎖脂肪酸 68,69
  • チューブ式熱交換機 104
  • チューブ式冷却機 111
  • チュラ[インド] 12
  • チュラ層[チペット] 12
  • チュラ・ガンブ 12
  • チュルビー 11,12
  • 腸管樹状細胞 300
  • 腸肝循環 252,295
  • 腸管通過時間 281,283
  • 腸管粘模透過性 311
  • 腸管付着性 256,403
  • 超高温加熱処理法 102
  • 長寿遺伝子 403
  • 腸内共生バランス失調 310
  • 腸内細菌銀行 404
  • 腸内細菌叢(腸内フローラ) 264,266,279,297,310
  • 超臨界二酸化炭素 244
  • チョケレク 10
  • チョコレート 264
  • チョムレク 10
  • チリ 22
  • チーロー 15
  • ツイーン80 175
  • 通性ヘテロ型 219
  • ツウルマア 13
  • ツェンチツァ 15
  • 漬け物 324
  • ツボロク 15
  • ツルム・ヨールト 10
  • 低温保持殺菌法 102
  • テイクロン酸 212
  • テイコ酸 206,212
  • ティシェ 183,273,391
  • ディスバイオーシス 269
  • ディック・ミルヒ 16
  • 低乳糖ヨーグルト 357
  • ディフィシル関連性下痢症 268
  • ディフィシル菌 268
  • 低密度ポリエチレン 93
  • デオキシコール酸 252
  • テクスチャー 79
  • テクスチュロメーター 80
  • 鉄 66,69,328
  • テッテメルク 15
  • テッパ 12
  • デュパキー 9
  • 転移因子 392
  • 転移オリゴ糖 176
  • 電子顕徽鏡 82
  • 転写調節因子群 226
  • デンタルプラーク 319
  • デンドログラム解析 325
  • 天然保湿因子 306
  • でんぷん 91,134
  • デンマーク 16
  • ドイツ 16
  • 銅 66,340
  • 糖アルコール 117,130
  • トゥオログ 15
  • 透過型電子顕微鏡 82
  • 糖鎖 403
  • 糖質 62
  • 透析濾過 355
  • 糖代謝 185
  • 糖代謝系 215
  • 等電点 62,115,116
  • 豆乳 124
  • 糖の輸送系 222
  • 動脈硬化指数 293
  • 糖輸送体 222
  • 糖類 117
  • トゥルカナ牧畜民 2
  • ドーグ[アフガニスタン] 9
  • ドーグ[イラン] 9
  • 毒性ファージ 392
  • 毒素原性大腸菌 262
  • 特定保健用食品(トクホ) 48,113,118,265,266,274,346
  • トナカイ 4
  • トバロー 15
  • ドメイン 193
  • トラキア人 13,358
  • トラハナ 14
  • トランスポゾン 392
  • トリアシルグリセロール 64,73
  • トリペプチダーゼ 239
  • ドリヤン 6
  • ドリンクヨーグルト 20,33,42,46
  • トルクメニスタン 11
  • トルコ 10
  • トルバ 10,369
  • トレーサビリティシステム 162
  • ナイアシン 66
  • ナイジェリア 18
  • ナイシン 247,402
  • 内臓脂肪 289
  • 妨酒(ナイチュウ) 24
  • ナイロン 154
  • ナチュラルキラー細胞 270,302
  • ナトリウム 66
  • ナノ濾過 100,353
  • 軟カプセル 374
  • 二酸化炭素 244
  • 二軸延伸ブロー成形 157,160
  • 二次性能動輸送体 224
  • 二次胆汁酸 252,398
  • ニスレ 273
  • 二段階発酵 85
  • 二糖 63,77
  • 日本乳業協会 148
  • 乳原料 126
  • 乳戸 32
  • 乳酸 77,88,215,220,243,250,320,380
  • 乳酸アシドーシス 381,400
  • 乳酸桿菌 183
  • 乳酸球菌 183
  • 乳酸菌 4,78,105,183,184
  • -の系統分類 193
  • -の脂肪代謝経路 242
  • -のタンパク質代謝 234
  • -のペプチド輸送系 236
  • 乳酸菌飲料 36,43,47,118
  • 一の規格化 27
  • 乳酸菌ゲノム解読 274
  • 乳酸菌数 120
  • -の測定法 172
  • 乳酸発酵 185
  • 乳児 264
  • 乳脂肪 73,83
  • 乳児向けヨーグルト 380
  • 乳清 54
  • 乳製品乳酸菌飲料 26,36,43,46,118
  • 乳成分 52
  • 乳タンパク濃縮原料 128
  • 乳糖 62,68,71,77,187,215,219,220,381,385
  • 乳等省令 36,37,150
  • 乳糖不耐症 2,70,77,271,357,381
  • ニューラルネットワーク 94
  • 熱可塑性樹脂 155
  • 熱交換システム 104
  • ネパール 12
  • 粘液層 257
  • 濃縮乳 126,354,373
  • 濃縮発酵乳 6
  • 濃縮発酵乳(コーデックス規格) 26
  • 濃縮ヨーグルト 369
  • ノッチ 160
  • ノノ 18
  • ノルウェー 15,24
  • ノロウイルス 330,403
  • 背圧 112,142
  • バイエル板 257,300,401
  • バイオジェニクス 277,343
  • バイオフイルム 319
  • バイオミメティクス 161
  • ハイドロキシアパタイト 334,337,339
  • ハイヒート脱脂粉乳 126
  • 排便回数 266,376
  • 排便頻度 281,283
  • 排便量 281,376
  • ハイメトキシルペクチン 117,133
  • ハウザー 19,32
  • ハウスキーピング遺伝子 193,195,200
  • パウチ容器 160
  • パキスタン 12
  • バクテリオシン 78,246,402
  • バクテリオファージ 168
  • 破骨細胞 334
  • バーサ 14,369
  • パストゥリゼーション 19
  • パストゥール 18,183,273,391
  • バター 54,69,127
  • バターオイル 54
  • 肌ケア 270
  • ハタスン・エヅギ 13
  • バターセラム 54
  • バターミルク 54
  • はちみつ 131
  • 発酵温度 108
  • 発酵工程 105
  • 発酵時間 108
  • 発酵性試験 145
  • 発酵タンク 105
  • 発酵乳
  • -の生産量 21
  • -の歴史 1
  • 発酵乳(コーデックス規格) 26
  • 発酵乳規格(乳等省令) 35
  • 発酵乳を基にした飲料(コーデックス規格) 26
  • 発酵バターミルク 6,20,24
  • バッチ式製造方法 34
  • バッチタンク 103
  • バッファロー 89
  • ハードヨーグルト 33,41,46
  • 馬乳 89,124
  • パニール 11,12
  • パパイヤ 6
  • パーミアーゼ 187,219,224
  • パーミエイト 372
  • バラ-κ-カゼイン 57
  • パラプロバイオティクス 277
  • バルカン半島 13
  • バルクスターター 115,138
  • パルミチン酸 65,69
  • バレネッツ 15
  • ハンガリー 15
  • パンケーキ 95
  • パントテン酸 66,69
  • 反応相 298
  • ビアスラグ 13
  • ヒァルロン酸 341
  • 非エステル型脂肪酸 291
  • 火落ち菌 244
  • ビオチン 66
  • 東シベリァ 13
  • ヒスタミン 298
  • ヒスチジン 386
  • ピストン 259
  • ビタミン 66,69,77
  • ビタミンA 66,69
  • ビタミンB1 66
  • ビタミンB2 69,267
  • ビタミンB6 66,338
  • ビタミンB12 66,69,338
  • ビタミンC 339
  • ビタミンD 66,78,335,336,381
  • ビタミンE 66,69
  • ビタミンK 66,337
  • ヒツジ 1,3,89
  • 必須アミノ酸 67,73
  • 非糖質系甘味料 131
  • ビトカーマ 15
  • ヒト腸管常在菌種 364
  • ヒトミルクオリゴ糖 227
  • -の代謝経路 230
  • ヒドロキシラジカル 245,366
  • 非ヒト腸管常在菌種 364
  • ビフィズス因子 401
  • ビフィズス菌 113,115,483,185,267
  • -の系統分類 197
  • -の代認経路 186
  • -のバクテリオシン 249
  • ビフィズス菌含有ヨーグルト 363
  • ビフィズス菌数測定法 176
  • ビフィズス菌増殖促進作用 348
  • ビフィダスミルク 21
  • ビフイディン 249
  • ビフィドシャント 220
  • ビフイドシン 249
  • 皮膚恒常性 312
  • 皮膚の構造 305
  • 皮膚の保湿機能 305
  • ビーマ 15
  • 肥満 270
  • 肥満度指数 288
  • 肥満抑制作用 288
  • ビャスラグ 12
  • 表現型 193
  • 病原性大腸菌 270
  • 標準化 99
  • ヒョウタン 6,16,18
  • 肥沃な三日月地帯 1
  • 日和見菌 267
  • ビリア 15
  • ピルビン酸 185,386
  • ピログルタミン酸 246
  • ピロリ菌 260,262,270,284,403
  • ピロリ菌除菌 285
  • 品質保持期限 170
  • プアージ 168,392,402
  • ファージHTSプロフアイリング 145
  • ファージ耐性 389
  • プーアール茶 391
  • ブィーリ 15
  • フィルブンケ 16
  • フィールミョルク 16
  • フィルメルク 16
  • フィロキノン 337
  • フィンランド 15,21
  • フェカリス菌 404
  • フェノール 306,312
  • フェントン反応 366
  • フオーム・フィル・シール 159
  • 複合脂質 63
  • 副甲状腺ホルモン 336
  • 副腎皮質ホルモン 337
  • 複素弾性率 356
  • フコース 227,229
  • プーサ 11
  • 不斉炭素 63
  • ブータン 12
  • 付着因子 258
  • 物理固定 82
  • フードディフェンス 162
  • プトレシン 314,387
  • フラー 43,73,78,191,275
  • ブラカップ 159
  • ブラークコントロール 319
  • プラークテスト 169
  • ブラジキニン 271
  • プラスチックボトル 160
  • プラスチック容器 153
  • プラスミド 391
  • プラスミノーゲン 260
  • ブラノ・ムリャコ 13
  • フランス 21
  • フリーズドライタイブ(ヨーグルトカルチャー) 138
  • ブリック容器 158
  • ブルガリア 22,358
  • ブルガリア薗 4,19,22,88
  • ブルガリアンミルク 24
  • ブルガリカスミルク 21
  • フルクトース 117
  • ブルグル 10
  • フルーツ混合 112
  • フルーツプレザーブ 136
  • フルーツヨーグルト 20,42,137
  • ブルーベリー 137
  • プレート式熱交換機 104
  • プレート式冷却機 111
  • フレーバー 91
  • プレバイオティクス 275,401
  • プレ配列 235
  • フレーバード発酵乳(コーデックス規格) 26
  • プレブロ酵素 235
  • フレーレ 392
  • ブレーンヨーグルト 33,41,45
  • フロシン 127
  • プロストクワーシャ 15
  • フローズンギリシャヨーグルト 122
  • フローズンタイプ(ヨーグルトカルチャー) 138
  • フローズンヨーグルト 20,33,42,121
  • プロバイオティクス 43,73,78,191,200,273,275,279,286,288,363,374,401
  • プロバイオティックカルチャー 141
  • プロバイオティック菌株 191
  • プロピオン酸 296,349
  • プロビォン酸菌 348,401
  • ブロフアージ 392
  • プロフェック 351
  • プロムクレゾールパープル 173
  • プロリン特異的ベプチダーゼ 241
  • 分子シャペロン 253,255
  • 粉乳 126
  • 分裂複合体 204
  • ペイニル 10
  • ベクター 392
  • ペクチン 91,116,133
  • ペスクタン 10
  • ペット用ヨーグルト 403
  • ヘテロ多糖 191,213
  • ヘテロ乳酸発酵 185,186,217
  • ベドウィン 2
  • ペプチダーゼ 238
  • ペプチダーゼ遺伝子 242
  • ペプチドグリカン 78,206,210
  • ペプチド輸送系 236
  • 変異株 391
  • 変形性膝関節症 341
  • 変性 102
  • 偏性ヘテロ型 219
  • 偏性ホモ型 217
  • 鞭毛 203
  • ホエイ 54,59
  • ホエイ臭 129
  • ホエイタンパク質 54,59,73,85,102,355
  • ホエイプロテインアイソレート 128
  • ホエイプロテインコンセントレート 128
  • 干ししいたけ 336
  • 保水力 81
  • ホスファチジルグリセロール 204
  • ホスホケトラーゼ 186,217,220
  • ボスホトランスフェラーゼ 187,224
  • 保存料 135
  • ポーター 222
  • ホモシステイン 338
  • ホモ多糖 191,213
  • ホモ乳酸発酵 185,215
  • ホモバルブ 101
  • ホーランスカ 14
  • ポーランド 15
  • ポリアミン 314
  • ポリエチレン 153,158
  • ポリエチレンテレフタレート 93,155
  • ポリカーポネート 93
  • ポリスチレン 154
  • ポリブロピレン 93,153
  • ホルスタイン 3,53,125,126
  • ホールディングチューブ 104
  • ホロート 12
  • ポンプ 111
  • 前発酵型 40,97
  • 膜タンパク質 206
  • マグネシウム 66,175,339
  • 膜濃縮 371
  • 膜分画技術 353
  • 膜モジュール 353
  • 膜輸送体 222
  • マケドニア 14
  • マコー二 9
  • マザースターター 138
  • マジワ・ララ 18
  • マズン 24
  • マツツオーニ 9
  • マツーン 9
  • マルチトール 117
  • マンガン 66,175
  • みかけ粘度 81
  • ミーキリ 12
  • ミシュ 16
  • 水切りヨーグルト 369
  • ミセラカゼインコンセントレート 128
  • ミセル性リン酸カルシウム 57
  • 光岡緩衝液 180
  • ミックス混合法 122
  • ミネラル 66,69,77
  • ミルクオリゴ糖 227
  • ミルクシャンペン 20
  • ミルクプロテインコンセントレート 128
  • ムシトリスミレ 6,16
  • 無脂乳固形分 125
  • 無脂肪ヨーグルト 354,361
  • ムチン 257,403
  • ムッタ 11
  • ムルシック 18
  • ムビロシン 179
  • ムーンライティングタンパク質 259
  • メカニカルストレス 142
  • メソソーム 204
  • メタボリックシンドローム 72,296
  • メタボロソーム 204
  • メチオニン
  • メチニコフ 18,19.73,183.265,273,279,314.358,391
  • メチニコフ・プロストクワーシャ 15
  • メチルケトン類 88
  • メチルヒダントイン 246
  • メチルメルカプタン 322
  • メナキノン 337
  • メバロノラクトン 246
  • メープルシロップ 131
  • 免疫グロプリン 60
  • 免疫調節作用 268,300
  • 蒙古酒 24
  • モウセンゴケ 6
  • モーノポンプ 112
  • モモ 137
  • モロッコ 17
  • モンゴル 1,12,24
  • ヤギ 1,3,89
  • 山羊乳 89,124
  • ヤク 3
  • 薬事法 38
  • ヤシ油 128
  • 屋根型容器 158
  • 和薬使主(やまとのくすりのおみ) 32
  • 誘導相 298
  • 遊牧民 2
  • ユーゴスラビア 14
  • ユニポート 224
  • 容器の変遷 34
  • 容器包装規格基準(乳等省令) 150,151
  • 容器包装リサイクル法 39,148
  • 溶原性ファージ 392
  • 葉酸 66,77,338,387
  • 幼児向けヨーグルト 381
  • 溶存酸素濃度 359,364,366
  • 羊乳 124
  • ヨーグルト 13
  • -のアミノ酸成分(表) 75
  • -の栄養学的特性 72
  • -の栄養成分(表) 74
  • -のおいしさ 87
  • -の原料 123
  • -の香気成分(表) 89
  • -の市場規模 43
  • -の脂肪酸成分(表) 76
  • -の種類 40
  • -の賞味期限表示 170
  • -の製造工程 33,41,96
  • -の製品分類(表) 96
  • -の組織 79
  • -の容器包装 34,147
  • ヨーグルトスターター 188
  • ヨーグルト不老長寿説 19,73,183,265,314,391
  • ヨルダン 9
  • ヨールト 10
  • 酪 32
  • 酪酸 349
  • ラクダ 4,89
  • ラクターゼ 68,77
  • ラクトーハトビオシダーゼ 233
  • ラクトアルブミン 59,60,102
  • ラクトグロプリン 85,102
  • ラクトース 62
  • ラクトトリベプチド 79,118
  • ラクトパーオキシダーゼ 61
  • ラクトフィル 16
  • ラクトフェリン 61,66,328
  • -の生理機能 330
  • ラクトフェリン添加ヨーグルト 331
  • 酪農 1
  • ラシ 12
  • ラ七ミ乳酸 244
  • ラッシー 11
  • ラットフィル 16
  • ラバデイ 11
  • ラバネ 9,369
  • ラバネ・アンバリス 9
  • ラバン 7
  • ラバン・カード 17
  • ラバン・ザバデイ 16
  • ラバン・ゼール 17,369
  • ラバン・マトラド 16
  • ラパン・ライブ 16
  • ラムノース 133
  • リァッェンカ 15
  • リサイクル識別マーク 40
  • リジン 68
  • 離水 81,83,355
  • リスター 18,273,391
  • リトコール酸 252
  • 離乳期 380
  • リバースCCR 227
  • リパーゼ 70
  • リポタンパク質 206,209
  • リポテイコ酸 78,212,261
  • リボフラビン 267
  • リポボックス 206
  • 硫化水素 322
  • 粒度 81
  • 両親媒性 55,56,252
  • 量目公差 38
  • リン 66,77,339
  • リンゴ 137
  • リン酸カルシウムナノクラスターモデル 59
  • リン酸転移駆動型群転移輸送体 224
  • 乳扇(ルーシャン) 13
  • 乳餅(ルービン) 13
  • ルベン 17
  • ルロワール経路 187,219,220
  • 冷却機 110
  • レーウェンフック 391
  • レオメーター 80
  • レオロジー特性 80
  • レクチン 403
  • レチノール 66,126
  • レバノン 7
  • レブニー 9
  • レベニー 9
  • レベネン・ベゼット 9
  • レーベン 9,24
  • レンガ型容器 158
  • 連続式製造方法 34
  • レンネット 6,57
  • ロアバ 18
  • ロイテリ菌 402
  • ロイテリサイクリン 246
  • ロイテリン 78,204,245,402
  • ロウブ 17
  • ローカストビーンガム 91,134,136
  • ロコモティプシンドローム 332
  • ロシア 15
  • ロタウイルス 331
  • ロータリーポンプ 111
  • ロバ 4
  • ローピー 15
  • ローヒート脱脂粉乳 126
  • ロングフィル 16
  • 欧文
  • 16S rRNA遺伝子 193,200
  • ABCトランスポーター 224,237,259,403
  • ACE 271,343
  • ACE阻害ペプチド 343
  • AFLP法 195
  • Ami輸送系 237
  • ATR 254
  • bacterial translocation 397
  • BCP 173
  • B・C・P(N)・寒天培地 178
  • B・C・P・加ブレートカウント寒天培地 172
  • BL寒天培地 175,179
  • BMI 288
  • BSH 296
  • CbsA 258
  • CCP 57
  • CD 269,310
  • CDAD 268
  • CEP 235
  • CGP 57
  • CLA 75,79
  • CMC 133
  • CodY 242
  • CPP 71,78,339
  • CPS 213
  • CRISPR/Casシステム 389
  • DE 117
  • DNA-DNA相同値 193
  • DNAシークエンシング技術 383
  • Dpp翰送系 237
  • Dtp輸送系 237
  • DVI 139
  • DVS 139
  • dysbiosis 310
  • ECM 257,207,208,209,260
  • EMP経路 185,215,219
  • EPS 78,84,91,106,140,142,191,212,213,261,270,302,373
  • EVOH 154
  • GABA 79,118,251,347
  • GAM agar 179
  • GAPDH 207,208,209,260,403
  • 9eneral stress response 254
  • GlcCer濃縮物 308
  • GlcNAc 210,227,335
  • GMP 57
  • Good Manufacturing Practice 26
  • GRAS 275
  • GSR 254,255
  • GWモジュール 207,209
  • H+-ATPase 250
  • HACCP 161
  • HMO 227
  • HMペクチン 117,133
  • HTST法 102
  • IBD 269,310
  • ICNB 192
  • ICSP 192
  • IDF 173
  • IJSEM 192
  • IPP 344,346
  • ISO 173
  • JAS法 38
  • LPXTGモチーフ 206,209
  • LPシステム 61
  • LTLT法 102
  • LysMドメイン 207
  • M細胞 300,401
  • M-17寒天培地 174,175
  • MCC 128
  • MCP 57
  • MF 100,353,371
  • MF膜除菌 357
  • MFGM 65
  • MGLP寒天培地 178
  • MPC 128
  • MRS寒天培地 174,175
  • Multiplex-PCR法 367
  • MurAc 210
  • n-3系列 65
  • n-6系列 65
  • n-9系列 65
  • NeuAc 227
  • MF 100,353
  • NK細胞 270,302
  • NPNL寒天培地 179
  • 0pp輸送系 237
  • PL法 39
  • post-acidification 140,189
  • P-P結合水解駆動型輸送体 224
  • Profec 351
  • PrtB 236
  • PrtP 235
  • PrtS 236
  • PTS 215,219
  • QPS 193
  • QSP 200
  • RCM agar 179
  • rMLST法 202
  • RO 100,353
  • SDP 258
  • Sec経路 207
  • SEM 82
  • S-layer 207,209,258
  • SlpA 258
  • SNF 125
  • Tat経路 208
  • TC番号 222
  • TEM 82
  • Th1/Th2バランス 297
  • TOSプロピオン酸寒天培地 176,178
  • TYG寒天培地 175
  • UC 269,310,403
  • UF 1OO,353,371
  • UHT法 1O2
  • VPP 344,346
  • WPC 128
  • WPI 128
  • WPS 213
  • αs1-カゼイン 54
  • αs2-カゼイン 55
  • α-トコフェロール 66
  • α-ヘリックス 55,61
  • α-ラクトアルブミン 60,102
  • β-カゼイン 56
  • β-ガラクトシダーゼ 68,77,232,357
  • β-カロテン 66,126,127
  • β-シート 55
  • β-ラクトグロブリン 59,85,102
  • γ-アミノ酪酸 79,118,251,347
  • κ-カゼイン 56
  • 生物学名索引
  • Actinobacteria(門) 185,197
  • Aeriscardovia aeriphila 197
  • Aerococcaceae(科) 184
  • Aggregatibacter actinomycetem-v 319
  • Alloscardovia
  • A. criceti 198
  • A. macacae 198
  • A. omnicolens 198
  • Aspergillus fumigatus 244,246
  • Bacillus subtilis[枯草菌] 225
  • — C-3102 401
  • Bacteroides 279
  • B. fragilis 301
  • B. intestinalis 301
  • Bifidobacteriaceae(科) 197
  • Bifidobacteriales(目) 185,197
  • Bifidobacterium[ビフィズス菌] 183,185,197,198,264,273,279
  • B. adolescentis 29,176,200,220,388,396
  • — 6003 349
  • — ATCC15703 228,364
  • — NCC251 255
  • — YIT4011 214
  • B. angulatum 200
  • B. animalis 364,388
  • — RH 215
  • B. animalis subsp. animalis 176
  • B. animalis subsp. lactis(= B. lactis) 44,176,200,253,254,364,402,404
  • — Bb-12 191,269,270,276,294,303,304
  • — DN-173 010 44,191,280
  • — DSM10140 251
  • — FK120 266
  • — GCL2505 44
  • — HNO19(DR10) 276
  • — IPLA4549 205,254,256
  • — IPLA-RI 215
  • — LKM512 266,279,314
  • B. asteroids DSM20089 392
  • B. bifidum 29,176,200,205,212,249,364
  • — 6002 349
  • — ATCC29521 228
  • — BIMB-465 214
  • — JCM1254 229,230,231,232,233
  • — NCCI89 205
  • — YIT4002 364
  • B. breve 29,115,200,212,266,310,311,312,364,388
  • - 6011 349
  • - ATCC15700 228
  • - ATCC27539 228
  • - B-3 289
  • - JCM11192 229
  • - M-16V 298,300
  • - UCC2003 203,253
  • - YIT12272 306
  • - YIT4010 214
  • B. breves train shirota 276
  • B. brevis 286
  • B. catenulatum 198,200,404
  • B. coryneforme 198
  • B. crudilactis 200
  • B. dentium 200,396
  • B. eriksonii 396
  • B. gailicum 200
  • B. gallinarum 198
  • B. indicum 198
  • B. infantis(→B. longum subsp. infantis)
  • B. kashiwanohense 200
  • B. lactis(→B. animalis subsp. lactis)
  • B. longum 29,176,198,212,223,227,253,286,312,364,375,377,378,388,396,404
  • - 6001 349
  • - AHI206 300
  • - BB536 44,191,266,269,276,279,293,298,299,300,302,304,363,365,366,398,401
  • - BL1 296
  • - JBLO1 376
  • - NCC2705 220,253,384
  • - NCC481 255
  • - NCIMB8809 254
  • - SBT 279
  • - SBT2062 191
  • - SBT2928 44,276
  • - YIT4028 214
  • B. longnm subsp. infantis(=B. infantis) 29,176,198,200,212,230,286
  • - 35624 300
  • - ATCC15697 214,228,232,233,364
  • - JCM1222 229,231
  • B. longum subsp. Longum 200
  • - ATCC15707 228,364
  • - DJO10A 228
  • - JCM1217 229,233
  • B. longum subsp. suis(=B. suis) 198,200,212
  • B. mongoliense 200
  • B. pseudocatenulatum 198,200,388,404
  • B. pseudolongum 205
  • - CIDCA531 205
  • B. pseudolongum subsp. globosum 200
  • B. pullorum 198
  • B. saeculare 198
  • B. scardovi 200
  • B. suis(→B. longum subsp. suis)
  • Campylobacter jejuni 227,260
  • Candida albicans 246
  • Carnobacteriaceae(科) 184
  • Carnobacterium 193
  • Clostridium 279
  • C. difficile 79,268
  • Cornus mas[セイヨウサンシュユ] 6,358
  • Enterococcaceae(科) 184
  • Enterecoccus 212
  • E. faecalis[フェカリス菌] 209,211,404
  • E. faecalis subsp. Faecalis ATCC 19433 255
  • E. faecium 377
  • - JEFO1 376
  • Escherichia coli[大腸菌] 222,262,273
  • Firmicutes(門) 184,193
  • Fructobacillus 193
  • Fusarium
  • F. avenaceum 246
  • F. sporotrichioides 246
  • Fusobacterium nucleatum 319
  • Ganoderma boninense 246
  • Gardnerella vaginalis 197
  • Helicobacter pyloni[ピロリ菌] 260,262,270,284
  • Kluyveromyces marxianus 26,29
  • Lactobacillaceae(科) 184
  • Lactobacillales(目) 184,193
  • Lactobacillus 184,193,246
  • Lb. acidophilus[アシドフィルス菌] 20,23,24,26,29,174,185,187,188,194.196,205,209,211,217,220,222,223,249,256,273,286,295,296,363,396
  • - 1826 349
  • - 357 240
  • - 5e2 215
  • - ATCC4356 205
  • - CIDCA134 205
  • - CK92 266
  • - CRL640 205
  • - DDS-1 276
  • - FNOO1 257
  • - JCM1132 344
  • - L1 294
  • - L-92 44,269,276,299,400
  • - LA1-1 255
  • - La5 270
  • - La51 294
  • - LB 276
  • - NCFM 253,258,259,261,263,276
  • - NCK56 251
  • - ROO11 276
  • - YITO168 364
  • Lb. alimentarius 196,324
  • Lb. amylolyticus 196
  • Lb. amylovorus 196,209
  • Lb. brevis 79,194,196,209,219,223.226.323,324,396
  • - ATCC14869 205
  • - ATCC8287 263
  • - KB290 276,326
  • - 0LL2772 263
  • Lb. brevis coagulans 44
  • Lb. buchneri 196,219,226
  • Lb. cacaonum 264
  • Lb. casei 119,174,186,188,196,203,205,211,212,219,223,226,254,266,311,312,347,363,381,394,396
  • - AST18 246
  • - ATCC334 252
  • - CP680 344
  • - DN-114 276
  • - DN-114 001 191,276,302,304
  • - JCM1134 344
  • - JCM1136 344
  • - NY1301 44
  • - TMC0409 293
  • - Zhang 255
  • Lb. casei strain Shirota (YIT9029) 29,44,118,191.266,269,273,276,279,300.302,303,304
  • Lb. casei subsp. casei 29,194,241
  • - ATCC393 205
  • - IFPL731 240
  • - LLG 240
  • Lb. catenoforme 396
  • Lb. cellobiosus 212
  • Lb. cofusus 396
  • Lb. collinoides 196
  • Lb. coryniformis subsp. cory-niformis 196
  • Lb. crispatus 174,196,209
  • CTV-05 276
  • -JCM5810 258,263
  • -M247 261
  • -ST1 260,263
  • Lb. curvatus 196,219
  • Lb. delbrueckii 195,197,198,256,286
  • Lb. delbrueckii subsp. bulgaricus[ブルガリア菌] 4,23,26.28,29,88,105,108,138,173,186,187,188,189,194,195,196,205,217,235,236,237,242,244,249,273,289,358,363,381,384,389,396
  • - 1067 349
  • - 1073R-1 270
  • - 2038 266,359,361,385,386
  • - 37-12-4 205
  • - ATCC BAA-365 385
  • - ATCC11842 G2059 254,385,386
  • - B14 240
  • - CAUH1 254
  • - CIDCA331 205
  • - CNCM I-1519 385
  • - CNCM I-1632 385
  • - CNRZ397 240
  • - CP973 344
  • - JCM1002 344
  • - LBB.B26 215
  • - NDO2 385
  • - OLL1073R-1 44,302,304
  • - PB2003/044-T3-4 385
  • - SBTO164 251
  • Lb. delbrueckii subsp. delbrueckii 174,195,196,205,217
  • - ATCC9649 205
  • Lb. delbrueckii subsp. indicus 195
  • Lb. delbrueckii subsp. lactis 195,196,205,239,396
  • - ATCC12315 205
  • - CIDCA132 205
  • - DSM7290 240
  • - JCM11O5 344
  • Lb. delbruechii subsp. sunkii 195
  • Lb. dextrinicus 196
  • Lb. farciminis 196
  • Lb. farmentum 194,196,211,212,396
  • - BIO-DRL36 261
  • - BR11 259,263
  • - CECT5716 303,304
  • - KLD 257
  • - RC-14 276
  • Lb. gallinarum 209
  • Lb. gasseri[ガセリ菌] 174,194,196,217,222,223,244,249,258,261,295.363,377,396
  • - 4B2 204
  • - ADH 261
  • - BNR17 289
  • - JLG01 376
  • - LA39 402
  • - 0LL2716 44,270,276,286
  • - OLL2809 269
  • - SBT2055 44,276,279,288,289
  • - SP 293
  • - TMCO356 269,270,276
  • - ADH 263
  • Lb. helveticus 79,119,185,187,188,194,196,205,217,239,240,241,271,343
  • - ATCC15807 205
  • - CasV 205
  • - CK60 266
  • - CM4 306,344
  • - CNRZ32 240
  • - CP611 344
  • - CP615 344
  • - CP790 251,344
  • - DPC4571 214
  • - JCM1OO4 344
  • - JCM1OO6 344
  • - JCMll20 344
  • - LME-511 240
  • - SBT2171 240
  • Lb. hilgardii 196
  • Lb. jensenii 396
  • Lb. johnsonii 174,194,196,258.261,311,312
  • - FI9785 215
  • - NCC533(La1) 191,260,263,276
  • Lb. kefiranofaciens K1 213
  • Lb. kefiranofaciens subsp. kefirano-faciens 196
  • Lb. kefiranofaciens subsp. kefir-granum 196
  • Lb. kefiri 26,29,196,209,258
  • Lb. kimchii 323
  • Lb. kitasatonis JCM1O38 263
  • Lb. minutus 396
  • Lb. mucosae 196
  • - ME-340 259,263
  • Lb. nodensis 323
  • Lb. panis 196
  • Lb. paracasei 187,286,396
  • - CRL431 276
  • - Fl9 276.289,298
  • - KW 400
  • - KW3110 44,269,276,299,300
  • - ST11 289
  • Lb. paracasei subsp. paracasei 174,194,196
  • Lb. parakefiri 209,258
  • Lb. paraplantarum 196
  • Lb. pentosaceus 396
  • Lb. pentosus 196,223
  • - FERM P-21248 326
  • - JCM1558T 326
  • Lb. plantarum 175,211,212,219,246,249,286,323.324,390,396
  • - 299V 276
  • - ATCC14917 205
  • - BCC9564 251
  • - LA318 260,262,263
  • - No.14 289
  • - PL62 289
  • - WCFS1 259,263,384
  • Lb. plantanrum subsp. plantarum 194,196
  • Lb. pontis 196
  • Lb. reuteri[ロイテリ菌] 29,79,174,194,196,245,253,254,311,313,402
  • - 1063 259
  • - ATCC4659 289
  • - ATCC55730 253,256
  • - DSM20016T 204
  • - JCM1081 260
  • - NCIB11951 259
  • - NCIMB30242 296
  • - SD2112(MM2) 276
  • Lb.rhamnosus 174,186,187,194,196,203,209,212,254,311,396
  • - 1/6 240
  • - 271 276
  • - GG 44,191.252.253,259,263,266,268,273,276,279,298,303,304,396,401,403
  • - GR-1 276
  • - KL37B 215
  • - LB21 276
  • - PL60 289
  • - ROO52 276
  • Lb. ruminis 203,219,223,323,324
  • Lb. sakeiNR28 289
  • Lb. sakei subsp. carnous 196
  • Lb. sakei subsp. sakei 196
  • Lb. salivarius 203,249,396
  • - TI2711 271,320
  • - UCC118 259,263,276,392
  • Lb. salivarius subsp. salivarius 196
  • Lb. sanfranciscensis 196,323
  • Lactococcus 184,187,193,212
  • Lc. chungangensis 367,368
  • Lc. formosensis 367
  • Lc. fujiensis 367,368
  • Lc. garuieae 367,368.399
  • Lc. lactis 18,23,24,79,108,118,187,209,220,223,226,234,236,241,246,247,254,258.273,347,363,365,367,386,390,396,402
  • - CNRZ267 240
  • - IL-1403 384
  • - JCM5805 270,304
  • - L1A 276
  • - MG1363 214,242
  • Lc. lactis subsp. cremoris[レモリス菌] 24,91,114,188,212,217,239,255,367,368,387
  • - AM2 240
  • - CP312 344
  • - FT4 346
  • - H61 240
  • - HP 240
  • - MG1363 255
  • - NCDO607 205
  • - NZ9000 255
  • - P8-2-47 240
  • - SBTO495 213
  • - Wg2 240
  • Lc. lactis subsp. hordniae 367,368
  • - DSM20450 205
  • Lc. lactis subsp. lactis 115,188,205,217,239,255,367.368,387
  • - C2 250
  • - CP684 344
  • - MCC857 365,366
  • - MCC866 365,366
  • - NCDO604 205
  • - NCDO763 240
  • Lc. Lactis subsp. Trutae 367
  • Lc. piscium 367,368
  • Lc. plantarum 367,368
  • Lc. raffinolactis 367,368
  • Lc. taiwanensis 367
  • Leuconostoc 174,184,186,193,212,246
  • Leu. citreum 396
  • Leu. citrovorum 24
  • Leu. dextranicum 24
  • Leu. lactis 79
  • Leu. mesenteroides 324,396
  • Leu. mesenteroides subsp. cremoris 188
  • Leu. paramesenteroides 396
  • Leu. pseudomesenteroides 396
  • Leuconostocaceae(科) 184
  • Mycoderma 23
  • 0enococcus 193
  • 0. oeni 223,224
  • - Lo8413 255
  • Pantoea agglomerans 246
  • Parascardovia denticoiens 198
  • Pediococcus 184,193,212
  • P. acidilactici 396
  • P・pentosaceus 223
  • Porhyromonas gingivalis 271,319,320,322
  • Prevotella intermedia 319,320,322
  • Prepionibacterium
  • P. acidipropionici 349
  • P. freudenreichii7025 349
  • P. freudenreichii ET-3 348,402
  • P. jensenii 349
  • Saccharomyces 23
  • S. boulardii 276
  • S. cerevisiae 26,29,119
  • S. cerevisiae var. boulardii 274
  • S. exiguus 26,29
  • S. lactis 23
  • S. unisporus 26,29
  • Scardovia
  • S. inopinata 198
  • S. wiggsiae 198
  • Staphylococcus
  • S. aureus 7009 349
  • S. capitis 262
  • S. epidermidis 262
  • Streptococcaceae(科) 184
  • Streptococcus 184,187,193,212
  • S. agalactiae 386
  • S. gordonii 237
  • S. mutans 223,319
  • S. pneumoniae 209,224,386
  • S. pyogunes 223
  • S. sanguis 209
  • S. thermophilus[サーモフィルス菌] 4,26,28.29,88,105,108,114,138,173,187,188,189,217,223,226,227,235,236,237,239.240,242,244,249,251,286,289,311,356,358,363,381,384,389,400
  • - 1131 266,359,361
  • - CNCM I-1630 385
  • - CNRZ1066 385
  • - CNRZ1199 240
  • - CNRZ302 240
  • - CP1007 344
  • - JIM8232 385
  • - KLDS3.0503 242
  • - LMD-9 385
  • - LMG18311 385
  • - MN-ZLW-002 276,385
  • - MTCC5460 385
  • - MTCC5461 385
  • - ND03 385
  • - STH450 365
  • - TMC1543 293
  • Tannerella
  • T. forsythensis 271
  • T. forsythia 319
  • Tetragenococcus 193
  • Torula 23
  • Treponema denticola 319
  • Vibrio cholerae[コレラ菌] 262
  • Weissella 246

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで