サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

ステンレス鋼大全

野原清彦 著

詳細情報

タイトル ステンレス鋼大全
著者 野原清彦 著
著者標目 野原, 清彦
シリーズ名 技術大全シリーズ
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社日刊工業新聞社
出版年月日等 2016.4
大きさ、容量等 355p ; 21cm
注記 索引あり
ISBN 9784526075414
価格 3400円
JP番号 22725373
トーハンMARC番号 33432619
出版年(W3CDTF) 2016
件名(キーワード) ステンレス鋼
NDLC PD131
NDC(9版) 564.8 : 鉄鋼
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • ステンレス鋼大全
  • 目次
  • はじめに 1
  • 第1章 ステンレス鋼の基礎
  • 第1章 1.1 ステンレス鋼の由来 10
  • 第1章 1.1 1.1.1 物質の成り立ち 10
  • 第1章 1.1 1.1.2 鉄の特徴と問題点 10
  • 第1章 1.1 1.1.3 ステンレス鋼の出現 14
  • 第1章 1.2 ステンレス鋼の鋼種分類と発展のあゆみ 16
  • 第1章 1.2 1.2.1 ステンレス鋼の金属組織による分類 16
  • 第1章 1.2 1.2.2 ステンレス鋼の発展のあゆみ 18
  • 第1章 1.2 1.2.3 ステンレス鋼の規格 21
  • 第1章 1.3 ステンレス鋼の製造方法 25
  • 第1章 1.3 1.3.1 全体のプロセス 25
  • 第1章 1.3 1.3.2 原料の手当て 25
  • 第1章 1.3 1.3.3 製鋼工程 26
  • 第1章 1.3 1.3.4 熱間工程 28
  • 第1章 1.3 1.3.5 冷間工程・精製出荷工程 28
  • 第2章 ステンレス鋼の用途
  • 第2章 2.1 各種ステンレス鋼の用途 32
  • 第2章 2.1 2.1.1 フェライト系ステンレス鋼 32
  • 第2章 2.1 2.1.2 マルテンサイト系ステンレス鋼 32
  • 第2章 2.1 2.1.3 オーステナイト系ステンレス鋼 34
  • 第2章 2.1 2.1.4 二相系ステンレス鋼 34
  • 第2章 2.1 2.1.5 析出硬化系ステンレス鋼 35
  • 第2章 2.2 ステンレス鋼の用途分野 36
  • 第2章 2.2 2.2.1 ステンレス鋼の用途分野の分類 36
  • 第2章 2.2 2.2.2 身な用例 36
  • 第3章 金属組織の基本
  • 第3章 3.1 組織の観察 42
  • 第3章 3.2 平衡状態図と金属相 46
  • 第3章 3.2 3.2.1 鉄-炭素二元系平衡状態図 46
  • 第3章 3.2 3.2.2 鉄-クロムおよび鉄-ニッケル二元系平衡状態図 48
  • 第3章 3.2 3.2.3 鉄-クロム-ニッケル三元系平衡状態図 49
  • 第3章 3.2 3.2.4 連続冷却変態線図および恒温変態線図 51
  • 第3章 3.2 3.2.5 ステンレス鋼における多元金属組織図 53
  • 第3章 3.3 結晶・単位格子 56
  • 第3章 3.4 結晶系と対称性 58
  • 第3章 3.5 ミラー指数 62
  • 第3章 3.6 格子面間隔 65
  • 第3章 3.7 結晶集合組織 66
  • 第3章 3.8 格子欠陥 71
  • 第3章 3.9 すべり変形および双晶変形 76
  • 第3章 3.10 脆性破壊 78
  • 第3章 3.11 金属の固体内変化 80
  • 第4章 ステンレス鋼の材料特性
  • 第4章 4.1 物理的性質 86
  • 第4章 4.1 4.1.1 金属の物性理論 86
  • 第4章 4.1 4.1.2 ステンレス鋼の物理的性質の種類 87
  • 第4章 4.2 化学的性質 90
  • 第4章 4.2 4.2.1 ステンレス鋼の腐食 90
  • 第4章 4.2 4.2.2 局部電池 92
  • 第4章 4.2 4.2.3 不動態化現象 93
  • 第4章 4.2 4.2.4 鋭敏化現象 98
  • 第4章 4.2 4.2.5 湿食 99
  • 第4章 4.2 4.2.6 乾食 104
  • 第4章 4.3 機械的・力学的性質 109
  • 第4章 4.3 4.3.1 常温における機械的性質 109
  • 第4章 4.3 4.3.2 高温における機械的性質 117
  • 第4章 4.3 4.3.3 低温における機械的性質 121
  • 第5章 ステンレス鋼の加工
  • 第5章 5.1 板材プレス加工 128
  • 第5章 5.1 5.1.1 板材プレス加工の基本要素 128
  • 第5章 5.1 5.1.2 変形状態図 129
  • 第5章 5.1 5.1.3 分離加工 131
  • 第5章 5.1 5.1.4 非分離加工 134
  • 第5章 5.2 熱処理 140
  • 第5章 5.2 5.2.1 ステンレス鋼各系統種の熱処理 141
  • 第5章 5.2 5.2.2 回復・再結晶 144
  • 第5章 5.3 表面処理 146
  • 第5章 5.3 5.3.1 機械加工による研磨 146
  • 第5章 5.3 5.3.2 洗浄処理 147
  • 第5章 5.3 5.3.3 塗装・ラミネート・保護フィルム 148
  • 第5章 5.3 5.3.4 めっき 148
  • 第5章 5.3 5.3.5 高温表面処理 149
  • 第5章 5.3 5.3.6 ウェットプロセスによる表面処理 150
  • 第5章 5.3 5.3.7 ドライプロセスによる表面処理 152
  • 第5章 5.4 溶接 154
  • 第5章 5.5 切削 155
  • 第5章 5.6 潤滑 156
  • 第6章 ステンレス鋼に特有な現象
  • 第6章 6.1 破壊現象 162
  • 第6章 6.2 脆化現象 163
  • 第6章 6.3 鋭敏化 166
  • 第6章 6.4 フェライト系における現象 166
  • 第6章 6.4 6.4.1 リジング 166
  • 第6章 6.4 6.4.2 タテ割れ 167
  • 第6章 6.5 オーステナイト系における現象 168
  • 第6章 6.5 6.5.1 置割れ 168
  • 第6章 6.5 6.5.2 加工誘起マルテンサイト変態 170
  • 第6章 6.6 延性-脆性遷移 173
  • 第6章 6.7 塑性異方性 175
  • 第6章 6.8 σフェライト相の特徴 177
  • 第6章 6.8 6.8.1 メリット 177
  • 第6章 6.8 6.8.2 デメリット 178
  • 第7章 ステンレス鋼の試験評価方法
  • 第7章 7.1 JIS規定による試験評価方法 182
  • 第7章 7.1 7.1.1 素材の成分組成分析 182
  • 第7章 7.1 7.1.2 検査文書 182
  • 第7章 7.1 7.1.3 金属組織 183
  • 第7章 7.1 7.1.4 物理的性質および化学的性質(耐食性) 183
  • 第7章 7.1 7.1.5 機械的・力学的試験方法 184
  • 第7章 7.1 7.1.6 プレス塑性加工性に関する試験方法 186
  • 第7章 7.1 7.1.7 高温試験方法 186
  • 第7章 7.1 7.1.8 その他の試験方法 186
  • 第7章 7.2 結晶方位の測定 187
  • 第7章 7.2 7.2.1 結晶方位関連測定情報の重要性 187
  • 第7章 7.2 7.2.2 EBSD法による結晶方位測定 188
  • 第8章 フェライト系ステンレス鋼の技術開発
  • 第8章 8.1 フェライト系ステンレス鋼のリジングとタテ割れの改善 192
  • 第8章 8.1 8.1.1 リジング 192
  • 第8章 8.1 8.1.2 タテ割れ(二次加工脆化) 194
  • 第8章 8.2 SUS304代替フェライト系ステンレス鋼 197
  • 第8章 8.2 8.2.1 ステンレス鋼の原料事情 197
  • 第8章 8.2 8.2.2 開発例 198
  • 第8章 8.3 高純度フェライト系ステンレス鋼 204
  • 第8章 8.3 8.3.1 不純物元素 204
  • 第8章 8.3 8.3.2 非金属介在物 205
  • 第8章 8.3 8.3.3 金属間化合物 206
  • 第8章 8.3 8.3.4 高純化 207
  • 第8章 8.3 8.3.5 IF鋼 208
  • 第8章 8.3 8.3.6 開発例 209
  • 第8章 8.4 自動車排気系部品用フェライト系ステンレス鋼 212
  • 第8章 8.4 8.4.1 エキゾーストマニフォールド 212
  • 第8章 8.4 8.4.2 その他の排気系部品 215
  • 第8章 8.5 排気系以外の自動車用フェライト系ステンレス鋼 218
  • 第8章 8.5 8.5.1 ガスケット 218
  • 第8章 8.5 8.5.2 外装用装飾モール 220
  • 第8章 8.6 オートバイブレーキディスク用ステンレス鋼 221
  • 第8章 8.6 8.6.1 オートバイディスクブレーキの摩耗問題 221
  • 第8章 8.6 8.6.2 材料開発 221
  • 第8章 8.7 高耐食性フェライト系ステンレス鋼 225
  • 第8章 8.7 8.7.1 高Cr系高耐食材料 225
  • 第8章 8.7 8.7.2 Sn添加低Cr高純度フェライト系ステンレス鋼 228
  • 第9章 オーステナイト系ステンレス鋼の技術開発
  • 第9章 9.1 加工誘起マルテンサイト変態とその応用可能性 234
  • 第9章 9.1 9.1.1 変態現象 234
  • 第9章 9.1 9.1.2 メカニズムとデータ資料 235
  • 第9章 9.1 9.1.3 組成依存性とセレーションの発生 240
  • 第9章 9.2 Md30を考慮した良加工性材料の開発 244
  • 第9章 9.2 9.2.1 成分設計 245
  • 第9章 9.2 9.2.2 結果および効果 247
  • 第9章 9.3 加工誘起変態を利用した「温間加工方法」の開発 250
  • 第9章 9.3 9.3.1 材料と加工の相互関係 250
  • 第9章 9.3 9.3.2 材料および加工特性と開発の考え方 251
  • 第9章 9.3 9.3.3 結果と検討 255
  • 第9章 9.4 加工誘起変態と耐疲労性の向上-「2段階加工法」 265
  • 第9章 9.4 9.4.1 疲労現象 265
  • 第9章 9.4 9.4.2 自動車シートベルト用リトラクターゼンマイの疲労 267
  • 第9章 9.4 9.4.3 駆動ベルトの製造法の開発 275
  • 第9章 9.5 オーステナイト系耐熱ステンレス鋼「AYC鋼」の開発 288
  • 第9章 9.5 9.5.1 開発の内容 288
  • 第9章 9.5 9.5.2 開発の手段 289
  • 第9章 9.5 9.5.3 諸耐熱特性の結果 290
  • 第9章 9.6 表面改質事例 296
  • 第9章 9.6 9.6.1 耐熱性改善の現況 296
  • 第9章 9.6 9.6.2 新たなナノ表面改質の考え方 297
  • 第9章 9.6 9.6.3 開発の結果 300
  • 第9章 9.7 先進科学分野における開発・使用事例 302
  • 第9章 9.7 9.7.1 核融合炉発電用構造材料の開発 302
  • 第9章 9.7 9.7.2 円形素粒子加速用非磁性鋼の開発 309
  • 第9章 9.7 9.7.3 線形素粒子加速器と先進プレス加工法の開発 315
  • 第9章 9.7 9.7.4 その他の事例 324
  • 第10章 ステンレス鋼の製造・利用に際してのトラブルと対策
  • 第10章 10.1 トラブル発生の場としての製造現場 334
  • 第10章 10.1 10.1.1 製造現場のあり方 334
  • 第10章 10.1 10.1.2 企業の体制と変化 336
  • 第10章 10.1 10.1.3 トラブル対策の留意事項 337
  • 第10章 10.2 トラブル対策策定のための主要な観点 338
  • 第10章 10.2 10.2.1 製造現場の技術連関 338
  • 第10章 10.2 10.2.2 トラブル対策の流れ 339
  • 第10章 10.2 10.2.3 ステンレス鋼の流通形態 340
  • 第10章 10.3 トラブルの発生例 341
  • 第10章 10.3 10.3.1 ステンレス鋼製造メーカーでのトラブル 341
  • 第10章 10.3 10.3.2 需要家製造現場および最終利用者における腐食問題 341
  • 第10章 10.3 10.3.3 ステンレス鋼のプレス加工関連トラブルと対策例 342
  • 第10章 10.4 品質保証・知的財産(特許) 347
  • 索引 350
  • 索引
  • ●あ行●
  • 亜結晶粒 144
  • 穴あけ 133
  • 穴広がり率 140
  • アノード 93
  • アノード分極曲線 93
  • アルミナイジング 149
  • 安定化処理 143
  • 安定鋼 17
  • イオン照射 153
  • イオン窒化 149
  • イオンプレーティング 152
  • 異相界面 188
  • 一次晶 82
  • 一面心単位格子 59
  • 異方性 116
  • 医療用品 39
  • 陰極 93
  • インゴット 28
  • インコ法 150
  • インヒビター 103
  • インプラント 39
  • ウェットプロセス 150
  • ウォーターピッチャー 260
  • 鋭敏化 92,98,101,166
  • 鋭敏化曲線 98
  • エキゾーストマニフォールド 212
  • 液体金属腐食 108
  • 液体浸炭 149
  • エッチング 151
  • エリクセン試験 186
  • エロージョン 104
  • 塩水噴霧試験 184,229
  • 延性 122,162
  • 延性-脆性遷移温度 124,174
  • 延性破壊 79
  • 延性領域 173
  • エンボス加工 147
  • 塩浴窒化 149
  • 応力拡大係数 122,185
  • 応力緩和 187
  • 応力集中 119
  • 応力除去焼鈍 143
  • 応力腐食割れ 91,102
  • 応力誘起変態 235
  • オーステナイト 12
  • オーステナイト安定度 168
  • オーステナイト系ステンレス鋼 17,19,34,168
  • オーステナイト生成元素 53
  • オースフォーム法 265
  • 置割れ 168,247
  • 温間加工 38,199,250,262
  • 温間深絞りプレス加工方法 277
  • ●か行●
  • 外形抜き 133
  • 外国規格 23
  • 壊食 104
  • 外装用装飾モール 220
  • 回転曲げ疲労強度 276
  • 回復 144
  • 化学研磨 150
  • 化学着色 149,151
  • 拡散 83
  • 拡散くびれ 129
  • 拡散浸透処理 149
  • 拡散変態 47
  • 核融合炉発電 302
  • 加工硬化 21,114
  • 加工硬化指数 114
  • 加工誘起マルテンサイト変態 168,170,234
  • かじり 345
  • ガスケット 218
  • 化成処理 151
  • カソード 93
  • 活性態域 94
  • 過不動態域 94
  • 乾食 91
  • ガンマプライム 206
  • 慣用打抜き 133
  • 擬鋭敏化処理 298
  • 機械研磨 146
  • 幾何学的転位境界 281
  • 気体浸炭 149
  • 擬超塑性的現象 267
  • 機能段階 334
  • 擬劈開破壊 167
  • 基本移動 57
  • 逆極点図 67
  • 逆体積拡散熱処理 298
  • 逆偏析 82
  • 境界潤滑領域 157
  • 共晶 82
  • 共析変態 47,51
  • 凝着 157,345
  • 鏡面研磨 146
  • 極限変形能 318
  • 局部くびれ 129,139
  • 局部電池 92
  • 局部伸び 34,139
  • 局部歪 113
  • 局部腐食 91,100
  • 均一析出 81
  • 均一伸び 34,170
  • 均一歪 110,113
  • 金属製駆動ベルト 275
  • 金属接触 157
  • 金属相 42,43
  • 空間格子 57,187
  • 偶点 58
  • くされ湯 165
  • クラーク数 12
  • クリアランス 134
  • クリープ 119,163
  • 黒染法 14,152
  • クロマイジング 149
  • 形状凍結性 259
  • 欠陥 56
  • 結晶 56
  • 結晶群 187
  • 結晶系 58,187
  • 結晶格子型 187
  • 結晶構造 42
  • 結晶集合組織 67
  • 結晶塑性論 86
  • 結晶面 56
  • 結晶粒界 44
  • 結晶粒界面 74
  • 結晶粒成長 145
  • 限界絞り比 34
  • 検鏡 43
  • 原子配列 331
  • コイルセンター 340
  • 高C濃度真空浸炭 149
  • 高Mn非磁性鋼 309
  • 高温酸化 92,104
  • 高温酸化着色 149
  • 高純度フェライト系ステンレス鋼 209
  • 高温ビッカース硬さ試験 186
  • 高温引張試験 186
  • 高温表面処理 149
  • 高温疲労 120
  • 高温腐食 92,108
  • 恒温変態状態図 46
  • 高温焼戻し 33,141
  • 高温割れ 143
  • 光輝焼鈍 29,220
  • 格子間原子 72
  • 格子欠陥 71
  • 格子定数 48,188
  • 格子点 59
  • 格子物性論 86
  • 格子面間隔 65
  • 鋼種記号 23
  • 孔食 91,100,104
  • 孔食指数 201
  • 孔食電位 96,201,228
  • 剛性率 74,89
  • 構造敏感性 207
  • 構造敏感な性質 56
  • 構造不敏感な性質 56
  • 降伏強度 146
  • 降伏点 110
  • 降伏比 111
  • 降伏歪 110
  • 高炉法 26
  • コクラリ 108
  • 固体浸炭 149
  • コニカルカップ試験 186
  • 固溶化処理 143
  • コロージョン 104
  • コロニー 167
  • ●さ行●
  • 再結晶 144
  • 再結晶温度 145
  • 最小曲げ半径 138,344
  • 最大電流密度 94
  • 擦過腐食 104
  • 錆 91
  • サブゼロ処理 33,141
  • 酸化被膜 16
  • 三元系平衡状態図 49
  • 三元合金 46
  • 酸洗 29,147
  • 残留歪 343
  • シェフラーの状態図 53,142
  • シェラダイジング 149
  • 磁気変態 47
  • 時期割れ 168
  • 時効 111
  • 時効硬化処理 143
  • 時効割れ 168
  • 磁性 16,89
  • 湿食 91,99
  • 絞り成形 128
  • シャルピー衝撃試験 185
  • 自由エネルギー 61,170
  • シュミット因子 132,286
  • 準安定鋼 17
  • 純金属 46
  • 小傾角粒界 144,286
  • 衝撃吸収エネルギー 123
  • 焼準 141
  • 常態偏析 82
  • 焼鈍 141
  • 晶壁面 172
  • 触媒コンバーター担体ハニカム 215
  • しわ 134,343
  • 真空蒸着 152
  • 靭性 33,122,162
  • 靭性-脆性遷移温度 124
  • 浸炭 92,149
  • 侵入型元素 142,204
  • 深冷処理 141
  • 親和性 345
  • 水蒸気酸化 107
  • 水蒸気酸素 92
  • 水素侵食 92,108
  • 水素脆化 165
  • 垂直応力 90
  • スーパーフェライト 32,209
  • すきま腐食 91,100
  • スクライブドサークル試験法 129
  • ステレオ投影法 67
  • ストリップ方式 28
  • ストレッチャーストレイン 29
  • スパイラルスピニング 277
  • スパッタリング 153
  • スピニング加工 277
  • スピネル構造型 104
  • スピノーダル分解 164
  • スプリングバック 343
  • すべり系 77
  • スラブ 27
  • スリップバンド 78
  • 脆化 14,163
  • 脆化温度 165
  • 正極点図 67
  • 成形限界曲線図 248
  • 清浄度 140,206
  • 脆性 123
  • 生成自由エネルギー 104
  • 脆性遷移温度 195
  • 脆性破壊 78,122
  • 脆性領域 173
  • 生体親和性 39
  • 青熱脆性 163
  • 正方晶格子 48
  • 精密打抜き 133
  • 精錬 26
  • 析出 46,80
  • 析出硬化系ステンレス鋼 17,35
  • 積層欠陥 74
  • 赤熱脆性 55,163
  • 切削 155
  • 切削性 21
  • 切断 128,131
  • セメンタイト 12,45,119
  • セレーション 124,242
  • 線形加速器 315
  • 線欠陥 71
  • 洗浄処理 147
  • せん断打抜き 128
  • せん断応力 78,90,286
  • 線熱膨張係数 89
  • 全伸び 139
  • 全面腐食 91,99
  • 造塊法 28
  • 走査型電子顕微鏡 79
  • 双晶 74
  • 組織 42
  • 塑性安定領域 34,110
  • 塑性異方性 115,175
  • 塑性加工 109
  • 塑性歪比 114,167
  • 塑性不安定領域 110
  • 塑性不安定理論 129
  • 塑性領域 109
  • そり 138,343
  • 素粒子加速器 309
  • ●た行●
  • 大気腐食 92,99
  • 耐クリープ性 19
  • 大傾角粒界 286
  • 耐錆性 16
  • 対称性 56,59
  • 対称操作 61
  • 対称要素 61
  • 耐食性 16
  • 体心正方結晶 16
  • 体心立方結晶 16
  • 体心立方格子 61
  • 体心立方単位結晶格子 48
  • 体積膨張係数 89
  • 第二相粒子 74
  • 多結晶集合組織 42
  • 多元合金 46
  • 脱脂 147
  • 脱炭 92
  • 縦弾性係数 89
  • タテ割れ 167,194
  • 単位結晶格子 42
  • 単位格子 58,188
  • 単軸引張試験 109
  • 単純変形経路 130
  • 弾性領域 109
  • 置換型元素 205
  • 逐次加工法 162
  • 窒化 149
  • チャージ 183
  • 着色 149
  • 中性子照射脆化 165
  • 稠密六方格子 48
  • 超塑性 163
  • 貯水槽 38
  • 通気差電池 100
  • 低温浸炭 298
  • 低温脆化 165
  • 低温焼戻し 33,141
  • 鉄-クロム二元系平衡状態図 48
  • 鉄-炭素二元系平衡状態図 46
  • 鉄-ニッケル二元系平衡状態図 48
  • 転位 72,98
  • 電解研磨 150
  • 電気化学説 93
  • 電気めっき 148
  • 電気炉法 26
  • 点欠陥 71
  • 電磁撹拌 28
  • 電子線後方散乱回折法 69,282
  • 電子物性論 86
  • 展性 162
  • 透過電子顕微鏡 45
  • 透磁率 89
  • 等二軸引張 137
  • 土壌腐食 92,99
  • 塗装 148
  • ドライプロセス 152
  • トライボロジー 156
  • トラブル 334
  • トルースタイト 33
  • ●な行●
  • ニクラリ 108
  • 二元合金 46
  • 二相系ステンレス鋼 17,34,178
  • 2段階加工 267
  • ニュートリノ検出装置 326
  • 熱処理 140
  • 熱伝導率 87
  • 熱疲労 121
  • 熱力学的平衡論 86
  • ノイマンバンド 78
  • 伸び-縮み変形 128
  • 伸び-伸び変形 129
  • 伸びフランジ成形 128
  • ●は行●
  • バーガースベクトル 73
  • パーライト 12,42,45
  • バーリング成形 128
  • ハイブリッドスピニング 277
  • 破壊 162
  • 破壊靭性値 122,185,303
  • 白熱脆性 163
  • 破断 162,281
  • バナジウムアタック 108
  • バリ 343
  • 張出し成形 128
  • バレル研磨 147
  • ハロゲン化物腐食 108
  • 被削性指数 34,155
  • 比重偏析 82
  • 非晶質 42
  • 歪変態誘起塑性 163
  • ビッカース硬さ 111,290
  • ヒートサイクル 33
  • 比熱 89
  • 非分離加工 128,134
  • 表面粗さ 187
  • 表面応力 269
  • 表面改質 152,296
  • 表面腐食 99
  • ビレット 27
  • 疲労 163
  • ファインブランキング法 133
  • 不安定鋼 17
  • フェライト 12,45
  • フェライト系ステンレス鋼 16,18,32,141,166,192
  • フェライト生成元素 53
  • フェロクロム 25
  • フェロニッケル 25
  • 不均一析出 81
  • 複合変形経路 130
  • 腐食しろ 99
  • フックの法則 110
  • フッ酸処理窒化 149
  • 不動態化現象 94
  • 不動態化処理 151
  • 不動態電流密度 94
  • 不動態被膜 16,96
  • ブラスト処理 147
  • プラズマ浸炭 149
  • ブラベー単位格子 58
  • ブランク 135
  • フランジ絞り抵抗 135
  • ブリネル硬さ 111
  • ブレーキディスク 221
  • プレス加工 128
  • フレッティング 104
  • 分塊圧延 28
  • 分離加工 128,131
  • 平衡状態図 46
  • ベイナイト 53
  • 平面応力状態 138
  • 平面歪状態 138
  • 平面曲げ疲れ試験方法 185
  • 平面曲げ疲労 268
  • 劈開破壊 78,167,195
  • 変形状態図 129
  • 偏在 83
  • 偏析 46,82
  • 変態 12,46,80
  • 変態誘起塑性 111,171,244
  • ポアソン比 76,90
  • 保護フィルム 148
  • ボルツマン定数 169
  • ポルトバン 15
  • ホーロー 150
  • ●ま行●
  • 曲げ試験 186
  • 曲げ成形 128
  • 曲げ破断 129
  • マチーセンの法則 205
  • マトリックス 35
  • マフラー 217
  • マホービン 38
  • マルテンサイト 13,42,87
  • マルテンサイト系ステンレス鋼 16,18,32,141
  • 耳 176
  • ミラー指数 62
  • ミルシート 29,110,341
  • 無拡散変態 47,51,141,234
  • 面角一定の法則 56
  • 面間隔 62
  • 面欠陥 71
  • 面心立方結晶構造 17
  • 面心立方格子 48,61
  • モフォロジー 42
  • ●や行●
  • 焼入れ 33,141
  • 焼入れマルテンサイト 141
  • 焼付き 157,345
  • 焼きなまし 141
  • 焼きならし 141
  • 焼戻し 33,141
  • 焼戻し脆性 141
  • 焼戻し二次硬化 164
  • ヤング率 89
  • 有効Cr量 166
  • 融合加工法 323
  • 有効歪 274
  • 有効粒径 274
  • 優先方位 67
  • 有理指数の法則 62
  • 陽極 93
  • 溶射 150
  • 溶接 154
  • 溶銑予備処理 26
  • 溶断 128,131
  • 溶着 345
  • 溶融塩腐食 108
  • 溶融めっき 148
  • 予備精錬 26
  • ●ら行●
  • ラーベス相 206
  • ラミネート 148
  • ラルソン-ミラーのパラメーター 119
  • リジング 166,192
  • リトラクターゼンマイ 267
  • リニアモーターカー 324
  • 粒界型応力腐食割れ 102
  • 粒界すべり 119
  • 粒界脆性破壊 167
  • 粒界破壊 78,119,195
  • 粒界腐食 91,101
  • 流体潤滑領域 157
  • 流動層浸炭 149
  • 粒度番号 240
  • 粒内型応力腐食割れ 102
  • 粒内偏析 83
  • リラクセーション試験 187
  • レーザー照射 154
  • レベラー工程 29
  • 連続焼鈍酸洗 28
  • 連続鋳造法 28
  • 連続冷却変態状態図 46
  • ローピング 166,192
  • 炉外精錬 26
  • ロックウエル硬さ 111
  • ●わ行●
  • 割れ 343
  • ●ギリシア文字・英字●
  • α破断 129
  • β破断 129,247
  • γループ 48
  • δフェライト 245
  • σ脆化 164
  • σ相 48
  • AOD 27
  • AYC鋼 290
  • BCC 48
  • BCT 48
  • Braggの法則 69
  • CVD 153
  • DBTTT 124
  • dimple pattern 79
  • DLC 153
  • EBSD 69,188,282
  • FCC 48
  • GNB 281
  • Hall-Petchの式 119,145
  • HCP 48
  • IF鋼 194,208
  • JAERI-BOX 306
  • JIS規格 21
  • KHMN 315
  • LDR 34,199
  • LMP 119
  • Ludwikの式 114
  • Md30(GS) 241
  • Md温度 170
  • Md点 122
  • Ms温度 170
  • Ms点 122
  • OIM 193
  • PVD 152
  • S-N疲労曲線 271
  • SAD 313
  • SFE 74,144
  • Tailerの式 155
  • TBTT 124
  • TRIP 113,163,244
  • TTS 98
  • VOD 27
  • X線ラインブロードニング回折法 274

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで