サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

空調設備が一番わかる : 住まいからオフィスまで快適な屋内環境をつくり出す

大髙敏男, 佐々木美弥, 長澤敦氏, 村瀬伸夫 著

詳細情報

タイトル 空調設備が一番わかる : 住まいからオフィスまで快適な屋内環境をつくり出す
著者 大髙敏男, 佐々木美弥, 長澤敦氏, 村瀬伸夫 著
著者標目 大高, 敏男
著者標目 佐々木, 美弥
著者標目 長澤, 敦氏, 1956-
シリーズ名 しくみ図解 ; 056
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社技術評論社
出版年月日等 2016.5
大きさ、容量等 191p ; 21cm
注記 文献あり 索引あり
ISBN 9784774180427
価格 1880円
JP番号 22735558
トーハンMARC番号 33432123
出版年(W3CDTF) 2016
件名(キーワード) 空気調和器
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC NA266
NDC(9版) 528.2 : 建築設備.設備工学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 空調設備が一番わかる : 住まいからオフィスまで快適な屋内環境をつくり出す
  • 空調設備が一番わかる目次
  • はじめに 3
  • 第1章 空気調和の基礎 11
  • 第1章 1 空気調和と空気 12
  • 第1章 2 空気調和を実現する4要素 14
  • 第1章 3 気流と室内環境 16
  • 第1章 4 炭酸ガス(二酸化炭素)による人体への影響 18
  • 第1章 5 浮遊粉塵 20
  • 第1章 6 保険空調と産業空調 23
  • 第1章 7 快適性の環境指標 25
  • 第2章 空調設備の種類と特徴 29
  • 第2章 1 空調方式と暖房方式 30
  • 第2章 2 セントラル空調と個別分散型空調 32
  • 第2章 3 全空気方式 34
  • 第2章 4 水・空気方式 36
  • 第2章 5 空調に用いられる冷凍機 38
  • 第2章 6 空調に用いられる熱サイクル-蒸気圧縮式冷凍機- 42
  • 第2章 7 空調に用いられる熱サイクル-ターボ冷凍機- 44
  • 第2章 8 空調に用いられる熱サイクル-吸収式冷凍機- 46
  • 第2章 9 いろいろな冷凍機 48
  • 第2章 10 デシカント空調 52
  • 第3章 空調設備に必要な基本構成 55
  • 第3章 1 主要な構成機器 56
  • 第3章 2 熱交換器 58
  • 第3章 3 冷却塔(クーリングタワー) 60
  • 第3章 4 弁 62
  • 第3章 5 圧縮機 64
  • 第3章 6 送風機 66
  • 第3章 7 除湿装置と加湿装置 68
  • 第3章 8 フィルタ 70
  • 第3章 9 冷媒 72
  • 第3章 10 配管・ポンプ・インバータ 76
  • 第4章 空調システムを選ぶ 79
  • 第4章 1 規模による空調方式の比較 80
  • 第4章 2 機器の性能と性能表示 82
  • 第4章 3 耐用年数、更新性 84
  • 第4章 4 費用と地球温暖化対策 86
  • 第4章 5 建物の調和と振動・騒音対策 88
  • 第4章 6 LCAと地球環境防止 90
  • 第4章 7 資源の有効活用と化学物質管理 92
  • 第4章 8 空調機器に関連する法規 94
  • 第5章 セントラル空調 97
  • 第5章 1 システム設計のポイント 98
  • 第5章 2 計装設計について 100
  • 第5章 3 周辺スペースの確保 102
  • 第5章 4 一般的な施工手順 104
  • 第5章 5 機器の設置(施工)方法 106
  • 第5章 6 配管工事 108
  • 第5章 7 ダクト工事 110
  • 第5章 8 計装工事 112
  • 第5章 9 試運転調整 114
  • 第5章 10 維持・管理 116
  • 第6章 個別分散型空調 119
  • 第6章 1 システム設計のポイント 120
  • 第6章 2 機器選定時の留意点 122
  • 第6章 3 能力補正について 125
  • 第6章 4 外気処理 127
  • 第6章 5 集中コントローラー 129
  • 第6章 6 一般的な施工手順 131
  • 第6章 7 据付け(施工)時の留意点 133
  • 第6章 8 振動・騒音対策 136
  • 第6章 9 試運転 138
  • 第6章 10 日常点検と定期点検 142
  • 第7章 エアコン(家庭用、店舗用) 145
  • 第7章 1 空調面積と簡易負荷計算 146
  • 第7章 2 機器の選定 148
  • 第7章 3 据付け工事の一般的なプロセス 150
  • 第7章 4 手始めはカタログの見方から 152
  • 第7章 5 性能検定 154
  • 第8章 空調設備における換気 157
  • 第8章 1 換気の必要性 158
  • 第8章 2 室内空気の汚染 160
  • 第8章 3 換気回数と必要換気量 162
  • 第8章 4 換気の方式 164
  • 第8章 5 換気経路と圧力損失計算 166
  • 第8章 6 換気と還気 168
  • 第8章 7 換気の住宅と非住宅における考え方の違い 170
  • 第8章 8 外気冷房 172
  • 第9章 空調設備の維持・管理 175
  • 第9章 1 室内の温度と湿度の計測 176
  • 第9章 2 冷暖房能力と風量の測定 178
  • 第9章 3 結露とその対策 180
  • 第9章 4 設備の診断と経年劣化 182
  • 第9章 5 清掃・メンテナンス 184
  • 第9章 6 さび止め塗装 186
  • 参考文献・資料 188
  • 用語索引 189
  • コラム|目次
  • 家庭内のエネルギー消費 41
  • サーバー・ルームの空調 43
  • 窓下にあるラジエタ 47
  • 中世ヨーロッパの陶製ストーブ 54
  • 潜水艦と「フロン式冷凍機」 74
  • 竪穴式住居の空調 78
  • 日本のエネルギー削減 96
  • 只(ただ)の風 118
  • 温熱感の不思議 123
  • 乗り物の冷房設備 130
  • トータルに先端商品を理解できる技術者 144
  • 日本の伝統暖房『コタツ』 156
  • Follow the Moon 173
  • 羽根のお話 174
  • 用語索引
  • ア行
  • 圧力損失 166
  • 安全衛生管理 104
  • イニシャル費用 86
  • インバータ 76
  • 運転費用 86
  • エアーサイクル 49
  • エアコン 12
  • 液-液熱交換器 58
  • 液-ガス熱交換器 58
  • エネルギー消費効率 82
  • 塩害地 186
  • 遠心式圧縮機 64
  • 遠心式多翼送風機 66
  • 欧州REACH 92
  • 横流送風機 66
  • オープンネットワーク 100
  • 汚染物質 160
  • 温度検出器 112
  • 温度補正 125
  • カ行
  • 外気冷房 172
  • 開放サイクル 38
  • 返り空気 168
  • 化学物質管理 92
  • 隔壁式熱交換器 58
  • ガス-ガス熱交換器 58
  • 風 56
  • 家庭用空調機器 80
  • 壁掛形 148
  • 乾き空気 12
  • 還気 168
  • 換気設計 170
  • 乾球温度 176
  • 換気量 166
  • 乾湿球温度計 176
  • 機械換気方式 164
  • 気化式加湿 68
  • 期間SEER 42
  • 吸収剤 46
  • 吸収式冷凍機 46
  • 吸着式冷凍機 50
  • 凝縮・蒸発-ガス熱交換器 58
  • 業務用空調機器 80
  • 局所換気 164
  • 空気圧縮式冷凍機 48
  • 空気調和 12
  • 空気調和機器 12
  • 空気調和の4要素 14
  • 空気用弁 62
  • 空気流路 102
  • 空調機器 12
  • 空調設備の選定手順 98
  • 空調方式 30
  • グリーン購入法 94
  • グルーピング 120
  • 建築物衛生法 170
  • 工業工程空調 23
  • 黄砂 22
  • 更新性 84
  • コールドドラフト感 168
  • 個別分散型空調 32
  • コンセプト 98,120
  • サ行
  • サービススペース 102
  • 再熱除湿方式 68
  • 作業空調 23
  • 3R 92
  • 産業空調 23
  • 磁気熱量効果 49
  • 磁気冷凍機 49
  • 軸流式送風機 66
  • 資源有効活用 92
  • 自然換気方式 164
  • 室外機 150
  • 室内環境指標 25
  • 室内機 150
  • 室内形態 122
  • 湿り空気 12
  • 湿り空気線図 176
  • 省エネ運転 114
  • 省エネ法 94
  • 蒸気式加湿 68
  • 蒸気配管 76
  • 蒸気噴射式冷凍機 48
  • 初期故障期間 84
  • 塵埃 20
  • 振動規制法 88
  • 振動・騒音対策 88
  • 振動対策 136
  • 新標準有効温度 26
  • 新有効温度 26
  • 推奨空調面積 146
  • 水用弁 62
  • スターリング冷凍機 50
  • 成績係数 42
  • 施工工程表 104
  • 設置条件補正 125
  • 全水方式 30
  • 全体換気 164
  • セントラル空調式 32
  • 全熱交換ユニット 168
  • 騒音規制法 88
  • 騒音対策 136
  • 送風機 66
  • タ行
  • ターボ冷凍機 44
  • 耐用年数 84
  • 対流暖房方式 30
  • ダクト材料 110
  • 単一ダクト方式 30,34
  • ダンパー 62
  • 暖房方式 30
  • 地球温暖化防止 90
  • 直接接触式熱交換器 60
  • 直接接触熱交換器 58
  • 直接暖房方式 30
  • 直膨外気処理ユニット 127
  • 直膨コイル付全熱交換ユニット 127
  • 通年エネルギー消費効率 82,178
  • 定格 178
  • 定格暖房低温能力 178
  • 定格暖房標準能力 178
  • 定格冷房能力 178
  • 定期点検 116,142
  • デシカント空調 52
  • 天井埋込形 148
  • 天井カセット形 88,148
  • 天井吊形 88,148
  • ドレン配管 131
  • ナ行
  • 二酸化炭素 160
  • 二重ダクト方式 34
  • 日常点検 116,142
  • 熱源機器 106
  • 熱負荷計算 146
  • 能力 122
  • 能力測定温度条件 178
  • ハ行
  • 配管の抵抗 108
  • 配線工事 112
  • バスタブ曲線 84
  • バルブ 62
  • 搬入経路 103
  • 必要換気量 162
  • ビル衛生管理法 182
  • ファンコイルユニット方式 36
  • 風量の測定 178
  • 負荷 122
  • 不快指数 25
  • 輻射暖房方式 30
  • 輻射冷暖房方式 36
  • 浮遊粒子状物質 21
  • フロン系冷媒 72
  • フロン排出抑制法 94
  • ペルチェ効果 51
  • ペルチェ式冷凍機 51
  • 変風量ユニット 34
  • 保健空調 23
  • 保守・点検 116
  • ホルムアルデヒド 160
  • ポンプ 76
  • マ行
  • 摩耗故障期間 84
  • マルチエアコン 32
  • 水 56
  • 水・空気方式 36
  • 水配管 76
  • 密閉サイクル 38
  • ヤ行
  • 誘引ユニット方式 36
  • 有効温度 26
  • 有効換気量 166
  • 床置形 148
  • 容積式圧縮機 64
  • 横流送風機 66
  • 予測平均申告 25
  • ラ行
  • ライフサイクルアセスメント 90
  • リサイクル 92
  • リデュース 92
  • リユース 92
  • ルームエアコン 80
  • 冷却塔 60
  • 冷暖房能力の測定 178
  • 冷媒 46,56,72
  • 冷媒配管 76,131
  • 冷媒弁 62
  • 冷媒方式 30
  • 冷房消費電力 178
  • 冷房能力 178
  • 英数
  • APF 42,82
  • COP 42,82
  • JRA耐塩害仕様 186
  • LCA 90
  • PM2.5 22
  • PMV 25
  • RA 168
  • RoHS規制 92
  • SPM 21

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで