サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

救貧看護とフィランスロピア : 古代キリスト教におけるフィランスロピア論の生成

土井健司 著

詳細情報

タイトル 救貧看護とフィランスロピア : 古代キリスト教におけるフィランスロピア論の生成
著者 土井健司 著
著者標目 土井, 健司, 1962-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社創文社
出版年月日等 2016.3
大きさ、容量等 317,25p ; 22cm
注記 文献あり 索引あり
ISBN 9784423301357
価格 7200円
JP番号 22743896
トーハンMARC番号 33430452
部分タイトル 問題としてのフィランスロピア
部分タイトル 使徒教父と弁証家におけるフィランスロピアの用法と救貧思想
部分タイトル アレクサンドリアのクレメンスにおけるフィランスロピア論の形成
部分タイトル 疫病とフィランスロピア
部分タイトル どうすれば貧者の苦しみがあなたには見えるのか
部分タイトル カイサレアのバシレイオスと「バシレイアス」
部分タイトル ナジアンゾスのグレゴリオスとレプラの病貧者
部分タイトル フィランスロピアと終末論
部分タイトル ニュッサのグレゴリオスにおける救貧と否定神学
部分タイトル なぜ神は人間になったのか
部分タイトル 結論
部分タイトル 新約外典文書におけるフィランスロピアの用例
部分タイトル 「キュプリアヌスの疫病」考
部分タイトル ニュッサのグレゴリオスにおける「レプラ」の用法と意味
出版年(W3CDTF) 2016
件名(キーワード) キリスト教--社会事業--歴史--古代
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 愛 (キリスト教)
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC HP93
NDC(9版) 197.6 : 布教.伝道
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで